2006年からのLog - 大連日記(2017年~)

50歳になったのをきっかけに、2017年から中国 大連で暮らすことになりました。 中国の会社に現地採用。

雪 (2017/2/22 15日目)

朝起きると雪が薄っすらと積もっていました。
 s-IMG_20170222_063220
渋滞するかもしれないので早めに部屋を出ましたが、遅れることもなく無事に会社まで行けました。


 

Wechat Pay (2017/2/20 13日目)

中国ではスマホを使った電子マネーがすごい勢いで普及しています。
 クレジットカードが使える店は少ないですが、WeChat Payやアリペイはあちこちで使えます。
水道や電気代といった公共料金もWeChat Payでの支払いが可能です。
WeChatはもはやインフラといっても良いかもしれません。

ということでWeChatに銀行カードを登録してWeChat Payが使えるようにします。 
WeChatの「本人」をタップしてマイウォレットを選択します。
s-ss01

右上のCardsをタップして銀行カードを登録します。
s-ss02

「+Add a Card」をタップして登録開始。
 銀行カードの番号を入力したら、銀行口座開設時に登録した氏名、パスポートNo、電話番号を入力します。
口座開設時に控えをもらいますが、その通りに入力する必要があります。
名前がローマ字の場合、姓名の間の空白とか、姓名の順序が違っているとエラーになります
(多分。WeChatでないところで姓名の順序が違っていてエラーになりました)

またIDのタイプをパスポートに切り替えないとエラーになりますので注意して下さい。
入力がすむとSMSが届くので、そのコードを入れて、PINコードを設定すると終了です。
PINコードは銀行カードのPINコードとは違ってWeChat Payのコードですので間違えないように。

WeChat Payの使い方は3種類の方法があります。
1.自分のIDのQRコード、バーコードを表示させて、ハンドスキャナーで読み込んでもらう。
  マイウォレットの左上のMoneyをタップして画面にQRコード、バーコードを表示させて店員さんに見せると、ハンドスキャナーでコードを読み取ります。
s-ss04
 

2.お店や自動販売機に表示してあるQRコードを読み込む。
 「発見」をタップし、QRコードのスキャンを選択します。
 s-ss03
 QRコード読込み画面になるので、QRコードをスキャンします。

3.マイウォレットのメニューから選択
 光熱費などはマイウォレットのメニューから選択します。




お風呂  (2017/2/19 12日目)

借りたマンションですが、湯船は無くシャワーです。
日本人向けの浴槽があるマンションは高くて借りられません。
 
給湯器はタンク式で電気で温めます。
s-IMG_20170326_193810

温めたお湯が無くなると水になります。
電気で温めるので時間もかかります。朝の出勤前にシャワーを浴びるのは難しそうです。

大連には洗浴というスーパー銭湯のようなところがありますので、たまに行ってお湯につかることにしましょう。

livedoor プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
Amazonおまかせリンク
注意書き
・内容は個人の感想や調査したこと等であり、内容を保証するものではありません。
・当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

WCG
  • ライブドアブログ