.
「これって、ヨーロッパのどこかの町の絵だよね?
 ロンドンかい?」
「違うよっ! モンゴルだよ。」

「ええっ、モンゴルっぽくないけど・・」
「これ、未来のモンゴルの姿なんだ。」

「未来のモンゴル?」
「モンゴルでは、みんなが遊牧民をやっていて、
 馬とか羊とかを飼っていると外国の人は思っているけど、
 ・・そうじゃないって所をみせたいんだ。

 この国を、モンゴルを発展させて、
 ヨーロッパにも、アメリカにも、日本にも負けない
 豊かな国にしたいんだ。」

 首都ウランバートルに住む少年、
アマルサイハン君(十三歳)は、こう言った。
そして、このことが、彼にとって、
「一番たいせつなこと」なのだという。

 私は、NPO法人・宇宙船地球号の活動として、
世界中の子どもたちに「一番たいせつなもの」
の絵を描いてもらっているが、

モンゴルでも各地域から選ばれた
二百人の少年少女に参加してもらった。
その中の一人が、彼であった。

 その後、彼の家庭を訪問し、
お父さんにインタビューをさせて頂いた。

「モンゴルは一九九○年以前は、ソ連の影響で社会主義でした。
 あの頃は、(政治・宗教的)自由がなく、
 当初、様々な粛清が行なわれましたが、反面では、幸せでした。
 全ての人が同じだったからです。

 学校が無料で、住むためのアパートも国が支給してくれました。
 みんなが同じように働き、同じように暮らしていたのです。
 ところがソ連が崩壊してしまった後は、市場経済の時代になりましたが、
 貧富の差が、どんどん・・。」

 このモンゴルへの支援のために、様々な人が活動している。
青年海外協力隊のNさんは、派遣期間が終わった後も、
モンゴルに残り、自分で企業を起した。

「モンゴルの人口の半分は、首都ウランバートルに集中しています。
 首都に行けばお金持ちになれると思って、みんな田舎から出てくるのですが、
 実際は働く場所がなく、そのまま社会の貧困層となってしまう。
 失業率はかなり高いです。」

 このため彼が始めた活動は、会社を作り、人々の働く場所を作ること、だ。
私は以前、アフリカなどで医療援助をおこなったが、
その国を良くしたかどうかは疑問だった。
なぜかというと「自分が外国人だった」からかもしれない。

 本当に意味のある国際協力を行なうためには、
自分自身も、その社会の中に入って仕事をし、一般の消費者として生活をする。
その中で、意味のある援助とは何かを模索していくことが大切かもしれない。

 現代モンゴル社会は、社会主義から資本主義への激動の時期を迎えている。
そんな中、傍観者ではなく、その中に飛び込み、
この絵を描いた少年の未来を、モンゴルの未来を、覗いて見たい。

そう、思った。