このブログをまとめた書籍が、発売になります。
2007年6月14日ごろには、
紀伊国屋書店などの都内大型店の店頭には並ぶ見込みです。

題名は、「国際協力師になるために」
著者は、NPO法人・宇宙船地球号 山本敏晴
値段は、1800円プラス消費税

内容は、国際協力を、将来プロとして行いたい人に
知っておいて頂きたいことを書きました。


以下が目次です。

・・・

はじめに
 
第一章 国際協力師たち
 一 エリコ先生、がんばる
 二 国際協力師とは?
 三 おちつきのない男の子

閑話1 ああ、スーパーシート!

第二章 貧困を減らす仕事
 一 お金をあげるだけでは、ダメ
 二 貧困とは、将来の選択肢が少ないこと
 三 途上国が、みずから未来を良くする道

第三章 健康を守る仕事
一 鳥インフルエンザの脅威
二 プライマリー・ヘルス・ケア
三 人生の損失の指標

第四章 プロジェクトを動かす仕事
 一 プロジェクトを結集する力
 二 考える人、つなぐ人、やる人
 三 現地スタッフの扱い方

閑話2 てつこ

第五章 現場で使う方法論
 一 プロジェクト・マネージメント
 二 おちつきのない男の子の統計調査
 三 統計学が必要なわけ

第六章 国際協力の難しさ
 一 青年海外協力隊の良し悪し
 二 緊急援助と開発援助
 三 国際協力と安全管理

第七章 エイズという挑戦状
 一 HIV/AIDSの医学的側面
 二 HIV/AIDSの社会的側面
 三 HIV/AIDSの包括的対策

閑話3 思い出のバレンタイン

第八章 環境問題を知ること
 一 ペンギンは歩き、クマは飛ぶ
 二 世界の、人口増加問題
 三 水


第九章 企業が動かす世界
一 イラク戦争、今も続いてるの知ってる?
 二 企業の社会的責任とは?
 三 持続可能な社会への戦略

第十章 宇宙船地球号
 一 宇宙船地球号という挑戦
 二 世界に目を向ける子どもたちの育成
 三 モンゴルの見る夢 


まとめ その一 チャート式 国際協力師への道(一般向け)
まとめ その二 チャート式 国際協力師への道(医療系向け)


さいごに 百術ありといえども、一清にしかず

・・・

ご一読いただければ幸いです。


宇宙船地球号 山本敏晴拝