.
「そうだったの。
 ツバルって、そんなにたくさんの問題があったのね。

 地球温暖化で、沈むだけだと思ってたわ。

 まさか、現代社会の、様々な問題の「縮図」が、
 ツバルだったなんて。


 ・・でも、いったい、
 わたしに、何ができるかしら?

 この映画の最後に紹介されていた
 電気や水の節約、ゴミを減らすこと、などの、五つのことだけかしら?

 それとも、その後説明されていた
 「企業の社会的責任(CSR)」を、ちょっと調べてみようかしら?


 あ、
 そうか。

 もう一つあったわ。


 この映画ツバルは、感想や批判を書くことで
 どんどん、変わっていくと言っていたわ。

 この映画を見た人が、
 世界に目を向ける人になり、
 そして
 自分から具体的な行動を起こす人へ
 導いていくような映画になるように
 再編集される、
 と言っていたもの。

 そして
 この映画は、全国各地で上映されることが、
 既に決まってるとか。

 これから、たくさんの人が、この映画を見ることでしょう。


 だとしたら、
 映画を見終わったばかりの私に、
 今、できることが、もう一つあるわ。


 それは、この映画が、よりよいものになるように
 コメントをすること。

 私の意見が、もしも通ったら、
 それが反映された映画を
 日本全国で、たくさんの人が見ることになる・・


 不思議な感じがする。


 映画を見終わった、私にできる、
 世界に対して
 今すぐできることの一つが

 次に、私のように、この映画を見る人に
 影響を与えること、だなんて。


 ・・・でも、

 生きている映画、成長する映画、だなんて
 本当に、できるのかしら?? 」