.
毎年、10月から翌年の2月までにかけて
日本ユニセフ協会が、
国際協力人材養成プログラムという
15回の連続講座が行われている。

国際機関、政府機関、民間組織、大学
など、多妻な分野から
様々な人が呼ばれ、講義が行われる。

毎週火曜の午後6時半から
1時間半の講座が、
毎週行われていく、という形。

で、
私も毎年、この講座の講師を
行っているのだが、
その応募の締め切りがもうすぐなので
告知しておく。


応募は、
2009年9月4日(金)までに必着。

ただし、受験資格に英語力がある。

・・・

概要は、以下。(転載)


受講資格 :
実用英語技能検定準1級・
TOEIC730点以上・TOEFL-PBT550点(同CBT213点)
以上等の英語力を有し、15回の講義に出席可能な方。
  
使用言語 : 日本語(英語の場合もあり)

会 場 : 財団法人 日本ユニセフ協会 
     ユニセフハウス内 1階 大ホール

受講料 : 無料

募集人数 : 80名


Eメール: se-jcu@unicef.or.jp


参考ウェブサイト
http://www.unicef.or.jp/inter/inter_kouza.html

申込書
http://www.unicef.or.jp/inter/pdf/090617.pdf


・・・

以下、講座の日程と講師陣


開校日  2009年10月から2010年2月
開講時間 18:30〜20:00

回 日程 講師名 講義概要

1 2009/10/6(火) 武 徹
JICA研究所研究支援課 課長 新JICAの概要

2 10/13(火) James Harries
First Secretary
Energy & Environment Section
British Embassy,
Japan Climate change -general background,
UK position and actions, importance
of agreement in Copenhagen

3 10/20(火) 大久保 真紀
朝日新聞社 編集委員
子どもの商業的性的搾取から守る

4 10/27(火) 山本 和
国際基督教大学 総務理事
国際非営利組織の運営原理

5 11/10(火) 池上 清子
国連人口基金東京事務所 所長
世界の人口問題
リプロダクティブ・ヘルス/ライツの推進

6 11/17(火) 伊藤 賢穂
外務省国際機関人事センター 所長
国際公務員になるには

7 11/24(火) Junko Kunugi
ユニセフ東京事務所 代表 
Rights of the Child and the UN

8 12/1(火) 廣野 良吉
成蹊大学 名誉教授
開発途上国における人間の安全保障

9 12/8(火) 田中 康夫
日本赤十字社開発協力課 課長 人道援助の国際基準

10 12/15(火) Virasac Somphong
Counselor
Embassy of Lao PDR, Japan
Lao PDR and the Lao-Japan Relations

11 2010/1/12(火) 貴島 善子
外務省国際協力局人道支援室 室長
人道支援に日本の果たす役割

12 1/19(火) 村田 俊一
国連開発計画 駐日代表 国連開発計画の支援事業

13 1/26(火) 山本 敏晴
NPO法人宇宙船地球号 事務局長
宇宙船地球号の挑戦

14 2/2(火) 伊勢崎 賢治
東京外国語大学 教授
紛争と平和構築
アフガニスタン、シエラレオネ等を題材として

15 2/9(火) 城石 幸博
ユニセフ東京事務所 副代表
ユニセフとミレニアム・ディベロプメント・ゴールズ:
フィールドでの経験から