.
突然ですが、ボランティアさんの募集です。

今月末(2009年11月28日)に、
ケニアの、HIVエイズ問題に関する写真絵本を
出版する予定です。

このため、
当法人の名簿に登録されている、約9千人の方々に
案内ハガキを発送する作業を致します。

(ちなみに、上記の、9千人の方々は、
 これまでに当法人が開催してきた
 講演・写真展・上映会に来た人のうち、
 当法人からの情報提供を希望する、と
 意志の表明をした方々です。
 また、
 当法人の賛助会員・マンスリーサポーターの方、
 当法人にボランティアでご協力いただいている方々、
 当法人の取材をされた方、も含みます。)


具体的な作業の内容は、以下の二つです。

1.
既に製作してある、案内ハガキの「宛名面」に、
(上記した9千人の方の)
「住所が印刷してあるシール」を
貼りつける、こと。

2.
1.の作業を行ったハガキたちのうち、
郵便番号の最初の3ケタが同じものを
輪ゴムでまとめ、その枚数を数えること。

以上です。

誰でもできる、簡単な作業です。

・・・

条件は、以下です。

報酬はありません。無給です。

交通費は、お支払します。
(このため、関東圏の方を募集します。)

休憩時の食事代金は、自腹になります。

お菓子など、若干、おだしします。

・・・

集合場所は、
JR山手線・田町駅、です。

日時は、とりあえず、以下の4点です。


1.11月14日(土)午後1時から午後7時ごろまで(定員に達しました)
  (途中で、いつ帰ってもよい。)

2.11月17日(火)午前10時から午後7時ごろまで
  (途中で、いつ帰ってもよい。昼食休憩あり。)

3.11月18日(水)午前10時から午後7時ごろまで
  (途中で、いつ帰ってもよい。昼食休憩あり。)

4.11月21日(土)午前11時から午後5時ごろまで
  (途中で、いつ帰ってもよい。昼食休憩あり。)


集合時間は、作業の開始時間です。
集合場所は、JR田町駅です。

そこから、作業をする場所に案内します。

作業場所は、人数にもよりますので、まだ未定ですが、
田町駅から徒歩数分以内の、レンタル会議室等です。


細かいことは、Eメールを頂いた方に、個別に連絡いたします。


・・・


ケニア写真絵本の概要は、以下です。

題名:

「HIV/エイズとともに生きる子どもたち ケニア 
 〜あなたのたいせつなものはなんですか?〜」

出版社: 小学館
著者: 山本敏晴

定価: 1500円(プラス消費税)
印税: 定価の7%
   (すべてを、NPO法人・宇宙船地球号に著者が寄贈)

店頭出荷: 2009年11月28日頃(地域差あり)

内容:

ケニアの「HIV/AIDSとともに生きる子どもたち」に
「あなたの大切なもの」を絵で描いてもらい、かつ、

その子たちの家庭を訪問し、
どのような生活をしているのかを詳細に取材しました。

その結果、浮かびあがってきた数々の社会問題を写真で紹介しました。

それを知って頂いた上で、私たちが彼らに対してできることは何か、
をわかりやすく解説させて頂きました。

通常は、大学院で勉強するような専門的な内容を、
小学校高学年でも理解できるように、
絵と写真で簡明に表現してあります。


もう少し、付け加えるならば、
HIVエイズの問題を解決するには、
医療分野だけでいくらがんばってもダメで、

貧困の改善、教育の普及、差別の撤廃、
インフラ(社会基盤)の整備、などの
包括的な対策が必要だ、という

「良く知られているけれども、
 なかなかピンとこないこと」を、

子どもたちが描いた絵や、社会背景を写した写真をみることにより、
実感として理解できる、という構成になっています。


・・・

ご興味のある方は、
以下にEメールを送って下さい。

info@ets-org.jp

山本宛て

Eメールの本文に、以下を記入して下さい。

・・・

ケニア写真絵本の、ボランティアを希望する。

自分の名前(実名)。

Eメール・アドレス。

携帯電話の番号。

最寄の駅(なになに線の、なになに駅)
(これは、交通費を支払うためです。)
(あまりに遠い方は、断る場合があります。)

参加できる日時は、
○月○日の、○時から○時

○月○日の、○時から○時


(上記をコピー・アンド・ペーストしてから、
 必要事項を記入した方が、
 文章の作成が、楽になると思います。)


・・・・

以上の件、ご高配頂ければ幸いです。

宇宙船地球号 山本敏晴拝






関連ブログ:

エイズ第一章、HIV/AIDSの医学的側面 6,753字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51420328.html

エイズ第二章、HIV/AIDSの社会的側面 6,132字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51445550.html

エイズ第三章、HIV/AIDSの包括的対策 10,476字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51463531.html

それでも生きる子供たちへ
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65015071.html


書店: アマゾンへのリンク (まだ予約)

HIV/エイズとともに生きる子どもたち ケニア
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409726401X