.
美容師 「奥様、本日はどのような髪型になさいますか?」

奥様  「そうねぇー。
     この雑誌の、このページみたいにできるかしら?」

美容師 「了解いたしました。
     ・・ところで、奥様。

     もしも、OKが頂けるのでしたら、
     今日から、ちょっと時間をかけさせて頂いても
     よろしいでしょうか?」

奥様  「時間をかけるの?」

美容師 「はい。
     今月から当サロンでは、
     ドライヤーを極力使わないことにしたのです。」

奥様  「ええっ! ドライヤーを使わないで、セットができるの?」

美容師 「はい。
     技術があれば、特に問題ございません。
     髪は基本的に、徐々に自然乾燥していきますし、
     そのほうが、髪のためにも優しいのです。」

奥様  「へえ、そうなの。じゃあ、いいわよ。時間がかかっても。」

美容師 「ありがとうございます。」

奥様  「ところで、どうして、急にそんなことをするようになったの?
     ドライヤーを使わないなんて、他のお店では聞いたことないわよ?」

美容師 「実は、うちのサロンが入っている、
     この地域の美容師協会から連絡がきまして、
     美容業界としましても、
     今、マスコミで話題になっている、地球温暖化に対して、
     何かをやろう、ということになったのです。」

奥様  「あら、まあ」

美容師 「で、いろいろ調べましたところ、
     美容サロンで、もっとも電気を消費するものが・・」

奥様  「ドライヤー、なのね?」

美容師 「そういうことです。
     ドライヤーのワット数は、とても高く、
     1500ワットぐらいあります。

     これは、
     あわゆる家庭用の電気製品の中で、最大です。
     大型の液晶テレビや、電子レンジよりも大きなワット数なのです。」

奥様  「へえー、知らなかったわ。」

美容師 「ちなみに、ご家庭の場合も、同じですよ。」

奥様  「へっ?」

美容師 「一般家庭用の、ドライヤーも、まったく同じワット数です。」

奥様  「えっ? 業務用のドライヤーだから凄いんじゃないの?」

美容師 「違います。
     家庭用のドライヤーでも、1500ワットあるんです。
     ですから、注意をして使われたほうが、いいかもしれません。」

奥様  「なんか、ショックねぇ・・」

美容師 「・・その、車を運転される方のいない家庭の場合、
     家庭からでる二酸化炭素の量が、一番増えるのは、
     シャワーを浴びている時、ということがわかっています。

     これは、水を温水に変える時に、大量のガスや電気を使うため
     なのですが。

     で、これに加えて、
     シャワーの後に、出力1500ワットのドライヤーで、
     ご自分の髪を乾かした場合・・・」

奥様  「二酸化炭素が、ものすごく出る、というわけね!」

美容師 「そういうことです。
     特に、どうしてもすぐに髪を乾かす必要のある、
     『朝シャン』は、ものすごく環境に悪い行動になるのかもしれません。」

奥様  「あらぁーっ・・」

















・・・・・・

補足1:

車を運転する人がいる家庭の場合、
もっともCO2が発生するのは、
車のアクセルを急に踏んだとき。

車を運転する人がいない家庭の場合、
もっともCO2が発生するのは、
シャワーを浴びている時、
または、
お風呂を沸かしている時。


補足2:

ドライヤーのワット数は、
メーカーと機種にもよるが、
1000〜1800ワットと、
信じられないくらい高い。

是非一度、自分のご家庭の
ドライヤーのワット数を
確認されると良い。

テレビのワット数と比較すると
その、もの凄さがわかる。


補足3:

美容院で、ドライヤーを使わなくし、
自然乾燥にすると、
年間、20万円ぐらい、
電気代金が浮きます。

本当です。
データーが出ています。

よって、
地球にやさしいだけでなく、
経営にもやさしいです。


補足4:

美容師は、お客さんと接する時間が、
30分から60分もあるので、

実は、お客さんに、いろいろな情報を与えたり、
ある種の「教育」をすることに
最も適している職業の一つです。

上記した会話の例のように、
日常生活で、なにが環境に悪いのか、などを
お客様に伝えることができます。

髪を整えることと同時に、

世間話などの、場をつなぐ会話をする時に、
ある種のカウンセリングを行い、
お客様に「精神的な満足や安定」を与えながら、

ついでに、
ある種の「教育」をしてしまうこともできるわけです。

30分から60分もかけて。

(これほど、お客様と「しゃべりながら」接する時間が長いのは、
 この職種ぐらいです。)



美容師の皆様がた。


今日から、何か、やってみませんか?


地球のために。



















理美容新聞・サロンニューズマガジン: 
カーボン・オフセットの木植樹で温暖化防止に貢献
http://www.salon-newsmag.co.jp/index/e28.html

美容室経営コンサルタントのブログ: チームマイナス6%に参加
http://tuchi.air-nifty.com/blog/cat7079281/index.html

美容室Piero: 地球温暖化対ジャックスパロウ(スーパーポローニア)
http://piero.area9.jp/article/0030925.html

(注: スーパーポローニアは成長が速くCO2を大量に吸収するとする説と
   科学的根拠に乏しく、環境ブームにつけこんだ悪徳商法とする説がある。)

美容師日奈子の最新情報: 地球温暖化の要因
http://ivpoow4.earthblog.jp/e151229.html

美容師・山本ヒサヒロ作品集
http://0009.jp/hiroweb/index.html