.
いやはや。
患者さんというのは、大変ですね。

以下、入院初日(手術を受ける前日)の体験です。


・・・

病院の一階で受付をすまし、外来で血をとられた後、
入院病棟に上がった。

しばらく部屋で待っていると、
はたして、担当の看護師さんがやってきた。

「むつみ」さんという女性で、
なんと、けっこうな美人だった。

ラッキー!!

例の「マスク美人」ではなく、
本物の美人である。


参考ブログ:
看護師は、マスク美人 1594字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65317103.html


・・・

明日、手術を受ける私にとって、
「地獄で仏(ほとけ)」とはこのことかなぁ、と思いつつ、
彼女の顔に見惚れて(みとれて)いると、

彼女は、これからのスケジュールを説明してくれた。


「あの、まず、
 地下の売店にいって「T字帯」を買っておいて下さい。
 手術の時に、必要になりますからね。」

「T字帯って、あの、ふんどしみたいなやつ?」

「そうです。

 あと、手術後、24時間ぐらい、じっとしていてもらうため、
 足の静脈に血栓(血の塊)ができ、それが肺に流れていき、
 肺血栓(はいけっせん)、という病気を起こすことがあるのです。

 これを防ぐため、手術中からその後まで、足の静脈を締め付ける
 ストッキングをはいてもらいます。

 でも、長時間つけていると、締め付けによる痛みがでる方が
 いらっしゃいますので、
 手術前日の今日、3時間ほど、実験的につけてみて頂きたいのです。」

「は、はあ、わかりました。」

「じゃ、これ、はいて下さい。」

「は、はい。・・・


 (こ、これ、「ニーハイ」じゃん! しかも白・・)」


注: ニーハイとは、
膝の上まである、長いストッキングまたはソックスで、
現在、町で流行中(?)のファッションの一つ、である。



「(くすっ)

 あと、もう一つ、お願いがあります。

 手術では、電気メスをつかうのですが、
 その対極板(たいきょくばん)を体に設置します。

 通常、男性は、太ももに設置しますので
 今夜、入浴の時に、太ももの毛を、全部剃ってほしいのです。」

「前も、後ろも、ですか?」

「はい、そうです。

 後で、私が、確認させて頂きます。」

「(ええっ!)」



考えてみて下さい。

太ももをツルツルに剃って、
ニーハイの白いストッキングをはいた
腹の出た中年男性が、
うら若き、美人の看護師さんの前に立って、

「太ももの毛を剃ったことを確認してもらっている図」

は、あんまり想像したくない・・
と思うのは、わたしだけではないと思う。


で、でも、がんばって、やらなくちゃ。

むつみさんに、
「綺麗に剃れましたね」
と、褒めてほしいんだもん!


・・・

その後、
ニーハイを3時間はいてみたところ、
確かに、しめつけがすごくて、
足の、ふくらはぎが、痛くなりました。

それを、むつみさんに報告しました。


「あの、ちょっと痛かったんですけど・・」

「ええと、皮膚のかぶれは、でましたか?」

「いいえ」

「じゃ、明日は、我慢して、つけて下さいね」

「えっ ・・ (じゃ、なんのための実験をしたんだろう)」


と、思ったのですが、
むつみさんは美人なので、言うことを聞くことにしました。


・・・

数時間後、
お風呂の時間になり、
むつみさんから渡された、
1枚刃の(安い)安全(でない)剃刀(かみそり)で
私は、両方の太ももの、毛を剃りました。
前も後ろも。

すっごい、大変でした。
こんなこと、したことなかったので。

太ももの面積は広いし、裏側は、見えないし、
よく見えないとこを、剃っていたら、
皮膚がきれちゃったようで、
けっこうな出血をしました。

悪戦苦闘の末、なんとか、ツルツルにした太ももを
みせるため、
私は、ナースステーションにいきました。


「むつみさん、それましたっ!」

「じゃあ、見せて下さいね
 あら、まあ、両足とも、そったんですかぁ
 ま、裏側まで。

 うふふ。電気メスの対極版は、5cmx10cmぐらいなので
 手のひらぐらいの大きさを剃ればよかったんですよ。
 うふふ」

「えっ ・・(なんか、言われたことと、違う気がする)」

でも、でもいいや!
むつみさん、かわいいから。


・・・

「あと、今夜、お通じがでたか、あとで聞きにいきますから、
 教えて下さいね。」

「え、今夜、来るんですか? (夜這いでしゅか?)」

「はい。

 おしょうすいと、お通じの回数を、数えておいて下さいね」

「はい!、わかりました!(元気)」



実は、私は、旅行などにいって、環境が変わると、
緊張するせいか、便秘になるのです。

でも、そんなことを、むつみさんに、報告はできません。
男がすたります。

そうです。
私には、裏ワザがあります。

大人になってから、私は、牛乳を飲むと、
下痢をするようになりました。

子どもの頃はあった「牛乳を分解するための酵素(こうそ)」が
腸の中からなくなってしまったためです。

ともかく、
私は、大量に牛乳を飲めば、下痢をする体質なのです。


よち!

いきましゅ!

地下にある売店にいって、
牛乳をいっぱい買って、
一気飲みちて、

お腹を、ピーゴロゴロにちて、
トイレで、ぶりぶりぶりっ

と、するのでしゅ


むつみしゃんに、褒めてもらうためにっ!

しゅたたたたっ



(こうちて、手術前日は、いそがちく過ぎてゆき、
 手術に対する不安など、感じている暇は
 ありませんでちた!

 ありがちょー むつみしゃん!)