.
病院から逃げ出しまして、
退院しました。

娑婆(しゃば)に復帰です。

正月は、家で過ごします。
DVDの映画をみまくって、
本を読みまくります。

レビューにご期待?


ともかく、生きてます!




・・・

余談: 病院でつらかったこと(単なる、愚痴っス)

1.
入院する時、10万円の預かり金を
まず最初に、1階の受付であずけないと、
入院できないこと!

(びっくり)

2.
入院する時、
保証人(お金が払えないとき、代わりに払う人)

身元引受人(急に死んだときなどの連絡先)

(別な)二人から、サインとハンコをもらわないと、
入院できないこと!

(びっくり)

3.
ベッドの上で、安静にしていろ、と言われても、
ベッドが硬くて、腰が痛くなってしまい、
腰椎椎間板ヘルニアの私には、
けっこう地獄だったこと。

(いてて)

4.
点滴を刺すの、3回、失敗されたこと。
けっこう、痛かった。
こんなことから、自分で自分に点滴させば良かった。
わたし、けっこう自己点滴、得意なので。

(麻薬患者じゃないけど、喘息患者なので)

5.
左の手の甲(手背(しゅはい))に
点滴を刺されたら、
どうも、神経にぶちあたったらしく、
激痛が走り、
今でも、じんじん、痛みが続いていること。

(やっぱり、自分で刺せばよかった)

6.
エアコン(空調)の温度が高すぎで、
かつ、その音が夜、うるさすぎ。
しかも、自分で調整できない。
だから、眠れなかったこと。

(睡眠薬ぱくぱく)

7.
看護師さんを、ご指名できないこと。

(あたりまえ?)

8.
ナースコールを何度も押す患者は
看護師さんから嫌われるのを知っているので、
(舞台裏を知っているので)
それいやで
けっきょく一度も押せなかったこと。
舌と、腰と、手の甲が痛いのに・・

(えらすぎ?)

9.
ご飯を食べると、
手術でできた舌の穴(?)に
ご飯つぶが溜まって、それを
取り除く方法がないこと。

(つまようじを使おか?)

10.
ものを呑み込む時、
舌で、食べ物を、奥に送り込むため、
その動きで、
舌に激痛が走ること。

(いてて)


10.については、
舌を使わずに、
食べ物を呑み込む方法を(自分で)開発したので
問題なくなりました。

(少々のことでは、大丈夫)


ま、人間、
指1本でも、動くところがある限り、
元気に生きていきましょう。


さあて、世界と、もう「一勝負(ひとしょうぶ)」!