.

(都内の、某化粧品売り場で)


山本 あのー、花王(かおう)の製品で、
   一番売れているのって、何ですか?

店員 は?

山本 いや、あの、その、
   外国にいる、こ、恋人に送ってくれと頼まれて・・

店員 ・・ええと、
   ソフィーナ、ビオレ、などがありますが、どちらでしょう?

山本 ど、どう違うんですか?

店員 価格帯が、全然違います。

   ソフィーナは、2000円前後ぐらいから。
   ビオレは、1000円以下からもございます。

山本 じゃ、じゃ、ソフィーナ!

店員 化粧水関係でしょうか? それともメイクのほう?

山本 うっ・・ りょ、両方。

   と、ともかく、売れてるのは何なんでしゅか?

店員 ええと、では、まず、当店でも大人気なのが、
   「ソフィーナ・ボーデ 泡マッサージ洗顔料」
   でございます。

http://www.kao.com/jp/corp_news/2009/20090603_001.html

   売り上げはダントツで、
   「MAQUIA」(マキア)という女性ファッション誌の
   2009年、「コスメティック・オブ・ザ・イヤー」で、
   第一位になった商品でございます。

山本 へ、へえ。・・2940円かあ。


   (コスメティック・オブ・ザ・イヤーで、第一位。

    うちの団体の、CSRランキングでも、第一位だから、
    少なくとも、二冠、かぁ。)


店員 朝は、この商品をお使いになり、
   夜は、同じ商品の「ミルク入り」を使うのが、
   セットで大人気でございます。

山本 は、はぁ。・・わかりました。

   では、メイク関係のほうは?

店員 こちら、花王のソフィーナの中の、
   AUBE(オーブ)というブランドでございます。

   こちらの女優がつけている、
   アイシャドウとルージュのセットが、大人気です。

山本 これ、菅野美穂でしょうか?

店員 そうでございます。

   アイシャドウは、パープル系の505、
   ルージュは、ベージュ系のBE761

http://www.sofina.com/jp/aubecouture/aco_designingshadow_00.html

http://www.sofina.com/jp/aubecouture/aco_premiumrouge_00.html


山本 2700円の、2352円かあ・・

   (高いのか、安いのか、わからんが、)

   わ、わかりました。

   では、それを参考にして、
   外国の恋人に、Eメールでどれが欲しいか、
   確認してみます。

店員 わかりました。
   こちらのパンフレットをお持ち下さいませ。

山本 あ、ありがとうございましゅ・・




・・・

と、いうような「苦しいウソ」をついてまで、
わたしが化粧品を売っているお店にいって
「聞き込み」をした理由は、

うちの団体が、今やっている
2010年度、CSRランキングで、化粧品部門の
第一位に輝いた、「花王」

の商品には、何があるんだろう、
と、個人的に興味を持ったからである。


なお、CSRとは、
Corporate Social Responsibility
のことで、企業の社会的責任、のことである。

簡単に言うならば、金儲けの追求だけではなく、
環境に配慮し、社会の倫理をどれだけ守っているかを
総合評価したものである。


今年度の、うちのCSRランキングの特徴は、
調査した結果を、消費者にわかりやすく伝えることにある。

このため、
多少、宣伝になってもかまわないから、
わざわざ商品名まで、はっきり記載することにした。


なお、当たり前だが、
うちの団体は、花王を始め、調査対象になっている、
市場シェア上位5社の、いずれかからも、
寄付や献金を一切受け取っていない。

(調査をしている人間たちも、関係ない。)

完全に中立の立場で、各企業の調査を行うのが、
うちの団体、NPO法人・宇宙船地球号の
最大の「売り」である。


もちろん、上記の具体的な商品を「買って下さい」、
というわけではもちろんないが、

昨年度のCSR報告書および各社のホームページを
調査したところ、
「花王」が、現時点では、一番優れている企業だった、
ということを、みなさんに報告します、
ということである。

(来年は、変わるかもしれません。まじで。
 だから、毎年、調査しているのです。中立の立場で。)


なお、
各社の評価の前半部分の、星をつける項目になっている
「客観的評価」では、
資生堂と花王が、同率首位だったものの、

後半部の、さらに詳細な
「主観的評価」の部分で、
花王のほうが、明らかに資生堂より優れるため、

今年の化粧品部門の第一位は、花王、とさせて頂いた。

理由は、当法人のボランティアスタッフである
「椿」(つばき)さんの、以下のレポートを読んで下さい。

その後さらに、
両者の、それぞれのCSRリポートを読んでもらえれば、
花王のほうが、資生堂より優れる可能性が高い、
ことがわかるかと思います。


花王は、市場シェアでは5位のため、
5番目、すなわち、一番最後に登場します。


また、
こうした調査を、うちの団体に入ってやりたい人は、
CSRランキング・ボランティア希望と書いた
Eメールを、以下に送って下さい。

info@ets-org.jp

履歴書の提出が必要で、かつ、
非常に責任感の強い方のみを募集しています。






・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


化粧品

・・・

CSRランキング、2009年

1.資生堂              ☆☆☆☆☆☆
1.花王               ☆☆☆☆☆☆
3.ポーラオルビスホールディングス  ☆☆☆☆
4.コーセー             ☆☆
5.カネボウ化粧品          ☆

・・・・・

市場占有率、2008年

1.資生堂              23.6%
2.カネボウ化粧品          16.9%
3.コーセー             10.1%
4.ポーラ・オルビスホールディングス 8.2%
5.花王               5.9%





・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

資生堂  ☆☆☆☆☆☆

1.CSRリポート  なし       

2.CSRリポート(前年度) あり☆

   CSRレポート(資生堂 CSR ビジョン)  
     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/report/

3.GRI対照表  あり☆

     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/report/gri.html

4.第三者機関のコメント あり☆

   経済産業研究所
   コンサルティングフェロー
   藤井 敏彦 氏

     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/communication/third_party.html

5.自社への批判・苦言  あり☆

     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/communication/third_party.html

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし  

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  あり☆ 2004年9月

     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/compliance/compliance08.html

9.ISO14001の取得  あり☆

     http://www.shiseido.co.jp/kamakura/html/iso14001.htm

    ISO14001取得状況
     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/pdf/pdf2009/iso14001-2009.pdf

10.ISO26000への参加表明  なし


・・・


参考:

資生堂は、総合美容企業として一般によく知られている。

主力ブランドは、
アクアレーベル、エリクシール、
マキアージュ、クレ・ド・ボー ボーテ、マジョリカ・マジョルカ
などである。

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

紙媒体のCSRリポートがもらえるかどうかは言及なし。

PDF版は、サイト内で、場所が、見つかりやすかった。
レポート自体は、16ページと少なめで、実績データよりも
社員の話が大半を占めている。
イラストや、写真が豊富なため、
一般消費者に親しみやすいように作られている。

2.昨年のCSRリポートに関しては、

リンクが貼ってあり、バックナンバーも、読める。
但し、2008年6月版の次は2011年6月発行とのこと。
毎年発行ではない。

3.GRI対照表については、

記載はあるが、作成途中なのか、
記載ページのリンクが抜けている項目が多数あり。

4.第三者機関のコメントについては、

現実的な意見が多く述べられている。

また、ステークホルダーダイアログというコーナーは
社会の女性支援に特化した活動が取り上げられており興味深い。
     http://www.shiseido.co.jp/corp/csr/communication/dialog.html

5.自社への批判については、

動物実験への言及のみ。ほめた発言の方が多い。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、言及なし。


7.CO2削減については、

CO2削減に関し、年間排出量の国内工場版のみあり。
しかし工場は海外にも多く持っているので、
世界全体の総排出量の削減には、貢献していないかも。だから、微妙。


8.グローバルコンパクトについては、

特になし。


9.ISO14001については、

国内外全工場の取得が望まれる。


10.ISO26000については、

目標としても言及がない。


11.その他については、

WEBサイトの構成は、
商品・美容情報パートと企業情報パートの大きく二つに分かれており
必要な情報が探しやすくなっている。

CSR・環境活動欄は情報量も多いが、
CSRレポートが毎年の発行でない点が残念である。

今後の「女性支援」という強みを生かした
CSR活動により力を入れていくことが期待される。

(担当; 椿、27歳、女性、学生)





・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


カネボウ化粧品  ☆

1.CSRリポート  あり☆

    環境報告書(PDF版 30ページ)
     http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/approach/policy.php    

   

2.CSRリポート(前年度) なし

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし  

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  なし

10.ISO26000への参加表明  なし


・・・


参考:

カネボウの商品分野は、
メイクアップ、スキンケアの他、ヘアケアやサプリメントなど。

主な化粧品ブランドのうち、
ルナソル、などの百貨店ブランドと
低価格帯のケイトが売上を伸ばす。

一方、コフレドールなどの中価格帯は不振。

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

環境報告書があるが、WEB上の内容とほぼ同じであった。


2.昨年のCSRリポートに関しては、なし。


3.GRI対照表については、なし。


4.第三者機関のコメントについては、なし。


5.自社への批判については、なし。


6.昨年の問題を今年達成したかについては、

2008 年度の(環境分野)重点目標と実績データの記載あり。


7.CO2削減については、

全社総排出量については2007年以降しかデータなし。
生産拠点エネルギー使用量は1990年からのデータあり。

前年比4.2%増加で目標(前年絶対量1%削減)未達成。
ただし、
※電力会社の原発停止に伴う係数変更により増加 という補足付。

8.グローバルコンパクトについては、なし。

9.ISO14001については、

小田原事業所でISOは取得しているようだが
14001かどうか判断できないため、☆なし、とした。
     http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/approach/data.php

10.ISO26000については、

目標としても言及がない。


11.その他については、

環境報告書の構成がデータの羅列なため、
消費者にとってはあまり魅力的な報告書とは言いづらい。

またHPは商品情報が前面に出ており、
会社情報が目立たないのが残念である。

(担当; 椿、27歳、女性、学生)





・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


コーセー  ☆☆

1.CSRリポート  あり☆

 社会・環境報告書2009(PDF 17ページ)
 対象データ:2008年4月1日〜2009年3月31日
 (それ以外のデータ使用部分には注記あり)
    http://www.kose.co.jp/jp/ja/ir/company/ecology/report_2009/index.html

2.CSRリポート(前年度) あり☆

 社会・環境報告書2008
 対象データ:2007年4月1日〜2008年3月31日
 (それ以外のデータ使用部分には注記あり)
    http://www.kose.co.jp/jp/ja/ir/company/ecology/report_2008/index.html

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし  

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  なし

10.ISO26000への参加表明  なし


・・・


参考:

コーセーは、2008年の国内化粧品出荷額が落ち込んだ中で、
上位三位では一番落ち込み幅が小さかった。

主力ブランドは、
雪肌精、エスプリーク、ヴィセ、ファシオなど。

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

紙媒体のCSRリポートはサイト内のIR情報資料依頼先からリクエスト可。
    https://www.kose.co.jp/jp/ja/ir/inquiry/

2.昨年のCSRリポートに関しては、

リンクが貼ってあり、バックナンバーも、読める。


3.GRI対照表については、なし。

4.第三者機関のコメントについては、なし。

5.自社への批判については、なし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、なし。

7.CO2削減については、

CO2削減に関し、社会・環境報告書内の省エネルギー欄で2006年比で説明。
2006年度〜2009年度の三カ年計画で、
2006年比98.5%(原単位)とする目標を設定。
2008年度の目標達成率は98.9%。

8.グローバルコンパクトについては、なし。

9.ISO14001については、

ISO14001の考え方を参考に、独自の環境マネジメントシステムを採用。

10.ISO26000については、

言及なし。


11.その他については、

今回の調査したポイントの中で判断すると、
第三者意見など、客観性が足りないことが残念。

一方、地球への配慮の点ではデータ。内容共に充実していた。

(担当; 椿、27歳、女性、学生)





・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


ポーラオルビスホールディングス  ☆☆☆☆

1.CSRリポート  あり☆

 CSR REPORT 2009(企業の社会的責任報告書)
 報告機関:2008年1月1日〜2008年12月31日
 (それ以外のデータ使用を使用している場合は注記あり)
    http://www.po-holdings.co.jp/csr/report/index.html

2.CSRリポート(前年度) なし 

 2009年版が初めての発行。

3.GRI対照表  あり☆
    
    http://www.po-holdings.co.jp/csr/report/guideline/index.html

4.第三者機関のコメント あり☆

    株式会社インテグレックス
    代表取締役社長
    秋山 をね氏
    http://www.po-holdings.co.jp/csr/report/opinion/index.html

5.自社への批判・苦言  あり☆

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし  

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  なし

10.ISO26000への参加表明  なし


・・・


参考:

ポーラオルビスホールディングスは、
上位五社の中では唯一2008年のシェアを伸ばす。

主力商品は、
POLA、ORBIS、ザ・ミルクB.A など。

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

PDF以外に、デジタルレポートでも見られるので、
開くのに軽く、見やすい。

2.昨年のCSRリポートに関しては、

なし。2009年版が初めての発行。

3.GRI対照表については、

閲覧者を誘導するようにはっきり書いてある。

4.第三者機関のコメントについては、

閲覧者を誘導するようにはっきり書いてある。

5.自社への批判については、

努力を求めたい点、今後への期待、として記載あり。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、

三段階の自己評価記載あり。

7.CO2削減については、

CO2排出量2006年比で1%削減目標に対して、1.08%を削減し目標を達成。

8.グローバルコンパクトについては、言及なし。

9.ISO14001については、

ISO9001までは取得。
ISO14001については言及なし。

10.ISO26000については、

言及なし。

11.その他については、

今回が初版ということで、
とても丁寧に報告書が作成されている印象。

(担当; 椿、27歳、女性、学生)





・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


花王  ☆☆☆☆☆☆

1.CSRリポート  あり☆

 CSRレポート2009 (2009年3月期)
 実績データは、2008年度(2008年4月1日〜2009年3月31日)。
 ただし、労働安全および海外グループ会社に関するデータは、
 2008年(2008年1月1日〜12月31日)。
 また、活動は一部2009年度の内容も含む。
     http://www.kao.com/jp/corp_csr/pdf_reports_00.html

2.CSRリポート(前年度) あり☆

     http://www.kao.com/jp/corp_csr/pdf_reports_01.html

3.GRI対照表  あり☆
    
     http://www.kao.com/jp/corp_csr/r09_gri.html

4.第三者機関のコメント あり☆
    
    日本レスポンシブル・ケア協議会
    検証評議会議長 山本明夫氏

    レスポンシブル・ケア検証センター
    レスポンシブル・ケア検証センター長 中田三郎氏

     http://www.kao.com/jp/corp_csr/r09_rev.html

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし  

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  あり☆ 2005年4月

9.ISO14001の取得  あり☆

10.ISO26000への参加表明  なし


・・・

参考:

花王は、一般消費者向けに、
ビューティーケア、
ヒューマンヘルスケア、
ファブリック&ホームケア の三事業、
産業向けには、 ケミカル事業 を展開している。

ビューティーケア事業での主な製品ブランドは、
ソフィーナ、ビオレ、カネボウ(2006年に事業提携)などである。

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

非常に充実している。PDF・Web版CSRレポートで閲覧可能。
各項目非常に検索しやすく、見やすく作られている。
冊子も、以下即配ホットラインより請求可能。
環境報告書即配サービス エコほっとライン
     https://www.infoword.jp/ecohotline/?module=Public&action=Detail&cd=281

2.昨年のCSRリポートに関しては、2001年版以降、PDFにて閲覧可能。

3.GRI対照表については、
Web版CSRレポートで閲覧者を誘導するようにはっきり書いてある。

4.第三者機関のコメントについては、
Web版CSRレポートで閲覧者を誘導するようにはっきり書いてある。

5.自社への批判については、評価する点を中心に書かれている。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、言及なし。

7.CO2削減については、

CO2排出量2006年比で1%削減目標に対して、1.08%を削減し目標を達成。

8.グローバルコンパクトについては、特になし。

9.ISO14001については、

ISO9001まで。
ISO14001については言及なし。

10.ISO26000については、言及なし。

11.その他については、

非常にCSR活動報告が充実している印象。
PDF版、Web版に加えて、
冊子の即配サービスを実施していることはとても評価できる。

以下、CSRページの充実度は、今回の調査対象の中でもずば抜けていた。
     http://www.kao.com/jp/corp_csr/r09.html

(担当; 椿、27歳、女性、学生)




・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


総評(化粧品)

・・・

資生堂と花王が同率首位。

個人的なイメージでは、
資生堂は斬新で「一歩先行く」商品が多く、
 (残念ながら現在筆者が愛用しているアイテムはない)
花王は堅実で、長く愛用される商品が多い。
 (筆者は、花王のAUBEのアイシャドーを愛用している)

今回、CSRという観点で二社を見ると、
花王の方が断然CSRに力を入れていることが分かる。
資生堂は、企業イメージを優先し、
消費者受けが良いように構成されていた。

CMの華やかさからも想像できる。

しかし、資生堂の女性の社会支援に力を入れている点は
とても好印象で、日本を代表するビューティー企業として
今後のCSR分野でも活躍が期待される。


(担当; 椿、27歳、女性、学生)







・・・

参考ブログ:

企業の社会的責任(CSR)とは? 6,040字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/52280787.html

CSR評価システムが、世の中に必要な理由、SRIの黎明期 
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65075485.html

CSRランキング(2008年夏版)の問題点
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65081337.html

CSRランキング2010年、ボランティア募集
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65340211.html

宇宙船地球号とCSR(企業の社会的責任)の歴史
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65074017.html

賢い市民、コンビニでジュースを買うの巻
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65061305.html

賢い市民、家電量販店でエアコンを買うの巻
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65064439.html

CSR(企業の社会的責任)を実施。三位一体戦略 2,998字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/50990767.html

世界企業ランキング 2008 Newsweek
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65089216.html




・・・

昨年度までのCSRランキング:

CSRランキング2008(パソコン版)
http://www.ets-org.jp/csr/

CSRランキング2009(携帯電話版)
http://www.ets-org.jp/csr/m/





・・・

おまけ、花王のCMの動画:

いいなCM 花王ソフィーナ AUBE 相武紗季 & 菅野美穂
http://www.youtube.com/watch?v=6tUgimO7Uw4

CM 上戶彩 ueto aya aube 化妝品 06AUBE夏プロモーション
http://www.youtube.com/watch?v=Dhuif26GxvY

上原さくら 花王ソフィーナ CM 1998
http://www.youtube.com/watch?v=EPbp9FkWMTc&feature=related

花王ソフィーナ 高橋恵子
http://www.youtube.com/watch?v=oFaZ3taCNVE

花王 ビオレu CM
http://www.youtube.com/watch?v=onhhtx5jUNw

松下由樹 - ビオレ しっとりクリームin
http://www.youtube.com/watch?v=71U7-eDwjcE&NR=1


絢香 ayaka - みんな空の下  (花王 「アジエンス 」 CM Song)
http://www.youtube.com/watch?v=c8KXoGuTeV4&NR=1&feature=fvwp