.

みなさーん

チョコレートを買う時、
どの会社の商品を買っていますか?

今日は、ちょっと
どの会社が、一番、環境や社会のことを考えて
商品を作っているかを調べてみましょう。


まず、チョコレートを売っている
三つの大きな会社があります。

それらは、
明治製菓、ロッテ、森永製菓、です。


明治製菓は、
きのこの山、たけのこの里、ミルクチョコレート、など。

ロッテは、
コアラのマーチ、パイの実、ガーナチョコレート、など。

森永製菓は、
小枝(こえだ)、チョコボール、ダースチョコレート、など。


どれも有名ですよね?

さて、この3つの会社が、
環境に対して、どんな取り組みをしているか、
調べてみましょう!


・・・

まず、明治製菓です。

そのホームページで調べてみました。
http://www.meiji.co.jp/

1.
明治は、1990年比で、
CO2の削減を、28.5%も行っています!

2.
明治のお菓子の箱は、ほとんどが、再生紙か、
または、森林認証紙
(持続可能な森林管理のもとで得られた紙)
で作られています。

3.
明治は、企業活動に対する、
第三者からのコメントをもらっており、
(そうした人々から得られた)
自社への批判を正直に掲載しています。


・・・

次に、ロッテです。

そのホームページで調べてみました。
http://www.lotte.co.jp/


1.
ロッテは、1990年比で、
CO2の削減を、6%以上行ったかどうか、
不明瞭です。

(達成できた工場と、
 達成できていない工場がありました。)

2.
ロッテは、「エコボトル」と呼ばれる、
紙の胴体に、プラスチックの蓋がついた
新しい容器を発明したそうです。
これは、ロッテのガム製品などに使われています。

3.
ロッテは、企業活動に対する、
第三者からのコメントをもらっていません。
このため現在の問題点が、わかりにくいです。


・・・

三番目に、森永です。

そのホームページで調べてみました。
http://www.morinaga.co.jp/

1.
森永は、1990年比で、
CO2の削減、6%以上を行っていません。

2.
森永は、工場からの廃棄物のリサイクルを、
99.96%まで増やしています。
このため、川などに汚い水を流していません。

3.
森永も、企業活動に対する、
第三者からのコメントをもらっていません。


・・・

(3社とも、行っている環境への取り組みとして、
 ISO14001(環境マネージメントシステム)
 などが、ありましたが、
 差別化をするためには
 (どの企業が一番すぐれているのかを知るのには)
 参考にならないため、上の部分には記載していません。)

・・・


以上の結果を見ますと、今年度、
チョコレートを作っている会社たちの中で、
一番、環境に配慮した活動をしているのは、
明治製菓、のようです。


(この調査結果は、毎年行っていますので、
 来年はまた違う結果がでる可能性があります。)

(なお、実際の調査項目は、後述するように、
 たくさんの調査をしていますが、
 上記は、3社の特徴をわかりやすくするため、
 その中から抜粋し、単純化したものです。)


ともかく、今年、
みなさんが、チョコレート菓子を買おうと思った時は、
なるべく、明治製菓の商品を、買ってあげて下さい。


明治製菓の商品は、
きのこの山、たけのこの里、ミルクチョコレート、
などです。




・・・
・・・


以下、チョコレートを作っている会社たちの
CSRランキング調査の詳細です。




・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


チョコレート

・・・

CSRランキング、2009年

1.明治製菓  ☆☆☆☆☆☆☆
2. ネスレ   ☆☆☆☆☆
3.森永製菓  ☆☆☆
4.江崎グリコ ☆☆☆
5.ロッテ   ☆☆


・・・・・

市場占有率、2008年

1 明治製菓  29.6%
2.ロッテ   19.8%
3.森永製菓  10.7%
4.江崎グリコ  9.5%
5.ネスレ    6.0%

・・・

明治製菓 ☆☆☆☆☆☆☆

1.CSRリポート あり☆

  CSR報告書
  http://www.meiji.co.jp/csr/index.html  

2.CSRリポート(前年度) あり☆

  CSR報告書
  http://www.meiji.co.jp/csr/index.html

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント あり☆

  駿河台大学経済学部教授 経済研究所長 水尾 順一

5.自社への批判・苦言 あり☆

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 あり☆

7.1990年比でCO2削減6%以上 あり☆

  1990年比 28.5%減

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  あり☆
 
  6工場(すべて)、1研究所、1グループ会社

10.ISO26000への参加表明 なし 

・・・

参考:

主力商品:きのこの山、たけのこの里

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

  自社のキャラクター(カールのおじさん)
  などを使用し、わかりやすくかわいく説明をしている。

  資料請求も可能
  https://net.meiji.co.jp/cgi-bin/inq/input.cgi?THEME=4

2.昨年のCSRリポートに関しては、

  2001年度分からアクセスできる。

3.GRI対照表については、なし。

4.第三者機関のコメントについては、

  しっかりと褒め、来年度の改善点も
  指摘している。

5.自社への批判については、

  ”今後の改善に期待する点”というサブタイトルがついており
  指摘ポイントが明確であった。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、

  (1)未来世代への責任を意識した活動の強化と報告
  (2)会社と社員、労働組合の三位一体型CSR活動

  上記2点を2009年度に期待するとされていた。
  
 ・「きのこたけのこ里山学校」を開催、小学生と自然体験
   ・工場見学やイベントで子供たちとふれあい
   ・ノーネクタイ運動
   ・清掃活動
   などの活動報告が2009年の報告書に掲載されていた。

7.CO2削減については、

  1990年比は28.5%減だが、
  前年比では0.7万t増の13.3万t

8.グローバルコンパクトについては、なし。

9.ISO14001については、なし。

10.ISO26000については、なし。

11.その他については、

  2009年1月〜2月出荷分のミルクチョコレートの
  売上の一部を国連UNHCR協会へ寄付(10,059,780円)
  
  世界カカオ財団(産地の経済的・社会的発展や環境保護を通じ
  持続可能なカカオ経済を促進することをミッションとしている)
  2006年に加盟、支援、活動を行っている。


・・・

ロッテ ☆☆☆

1.CSRリポート  あり☆

  環境報告書
  http://www.lotte.co.jp/corporate/ecology/index.html

2.CSRリポート(前年度) なし

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし


(1990年比) 新宿  浦和 狭山  九州  滋賀
   2008年目標値 48.4% 99% 94.3% 81.7% 168%
   2007年実施値 40.6% 100% 94.3% 84.2% 165%


8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  あり☆

  5工場(すべて)

10.ISO26000への参加表明  なし

・・・

参考:

主力商品:コアラのマーチ、ガーナチョコレート、パイの実

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

  各工場での活動報告がのっていて  
  具体的でわかりやすい。
  
2.昨年のCSRリポートに関しては、なし。

3.GRI対照表については、なし。

4.第三者機関のコメントについては、なし。

5.自社への批判については、なし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、なし。

7.CO2削減については、

  各工場数はでていたが、
  総数も記載されているとより良いと感じた。


8.グローバルコンパクトについては、なし

9.ISO14001については、

  各工場で必要に応じて、ISO14001,ISO9001,HACCPを取得、
  本社の中央委員会で全社を統括して運用している。

10.ISO26000については、なし。

11.その他については、

   ホームページには、国際協力という項目がある。
   http://www.lotte.co.jp/corporate/society/exchange/international.html

   ・財団法人ロッテ国際奨学財団
   ・世界カカオ財団
   ・ガーナ基金
   ・ジョイセフ活動支援

   国際協力以外の社会貢献も多数行っている。
   参照→http://www.lotte.co.jp/corporate/ecology/index.html


・・・・

森永製菓  ☆☆☆

1.CSRリポート あり☆

  環境報告書
  http://www.morinaga.co.jp/company/e-2009.html 

2.CSRリポート(前年度)あり☆

  環境報告書
  http://www.morinaga.co.jp/company/e-2008.html 

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

  1990年度比4.0%増加
  2007年度比2.3%削減

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  あり☆

  5工場(すべて)

10.ISO26000への参加表明  なし

・・・

参考:

主力商品:小枝、チョコボール、DARS

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

  目標を掲げ、具体的な活動を紹介しているので
  目的が明確でわかりやすい。

2.昨年のCSRリポートに関しては、

2005年度分からアクセスできる。

3.GRI対照表については、なし。

4.第三者機関のコメントについては、なし。

5.自社への批判については、なし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、なし。

7.CO2削減については、

  工場からのCO2排出量を2010年度末までに、
  1990年度比6%削減を目標としている。

8.グローバルコンパクトについては、なし。

9.ISO14001については、

  1998年に日本の菓子業界初、ISO14001を取得。
  2000年には全社の一元管理部署「環境対策室」を設置。
  2008年から「環境戦略室」と改称。

10.ISO26000については、なし。

11.その他については、

   ・世界カカオ財団加盟
   ・エンゼル・スマイル・プロジェクト 

   などの社会貢献活動を多数行っている。
   参照→http://www.morinaga.co.jp/company/cinfo_001.html
  


・・・

江崎グリコ  ☆☆☆

1.CSRリポート  あり☆

  環境取り組み
  http://www.glico.co.jp/csr/kankyo/k08_download.htm

2.CSRリポート(前年度) あり☆

  環境取り組み
  http://www.glico.co.jp/csr/kankyo/k08_download.htm

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  あり☆

  工場、本社、生産会社、営業拠点、全社で取得。

10.ISO26000への参加表明  なし

・・・

参考:

主力商品:ポッキー、プレミオ(アーモンド・マカダミア)、バンホーテン

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

  数字と文字が多いので、もう少し
  写真などが入ったほうが見やすい。

2.昨年のCSRリポートに関しては、

  2002年度分からアクセスできる。

3.GRI対照表については、なし。

4.第三者機関のコメントについては、なし。

5.自社への批判については、なし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、なし。

7.CO2削減については、
 
  2009年度目標 98.8% / 2007年度比

  グループ全体で、CO2の排出量を削減するECO-GGプロジェクトをスタート。
  生産部門だけではなく、本社、営業、物流を含めて実行性のある施策を実行する。

8.グローバルコンパクトについては、なし。

9.ISO14001については、

  全社で取得したことは素晴らしいが、
  ただ取得したことだけをアピールしているように感じた。
  全社で取得しているからこそできることの強みを
  報告していただけたらより良い。
  
10.ISO26000については、なし。

11.その他については、

  1991年から環境問題対策委員会が発足しているわりには
  少し内容の薄い報告書だと思う。


・・・・

ネスレ  ☆☆☆☆☆

1.CSRリポート  あり☆

  ネスレ共通価値の創造報告書2008ー栄養と食生活
  http://www.nestle.co.jp/japan/j/csr/csv-report.asp

  「ネスレ共通価値の創造報告書」の冊子は下記より請求可能
  https://www.nestle.co.jp/consumer/question/

2.CSRリポート(前年度) あり☆

  ネスレ共通価値の創造報告書2007
  http://www.nestle.co.jp/japan/j/csr/csv-report2007.asp

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント あり☆

  ビューローベリタス、ロンドン、2009 年2 月

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 あり☆

  第三者より、
 「ネスレが直面している問題や課題を記述に含
  めることで前回の報告に比べ、改善が認められる。」

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得  あり☆

   工場(18%)が取得。

10.ISO26000への参加表明  なし

・・・

参考:

主力商品:キットカット、AERO、CRUNCH

・・・

担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては、

  2年に1度、包括的な「共通価値の創造」報告書を発行。
  それ以外の年は、栄養、水資源、農業・地域開発のそれぞれを
  深く掘り下げた報告をしている。2008年は栄養を取り上げている。
  
  2008年の報告書は69頁と長いが、要約版(28頁)にもアクセスできる。


2.昨年のCSRリポートに関しては、なし。  

3.GRI対照表については、

  GRIという言葉はでてくるが、
  GRI対照表がみつからない。
  最終的にGRIのサイトに辿り着いた。

4.第三者機関のコメントについては、

  もう少し具体的に書かれてあると分かり易い。

5.自社への批判については、なし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては、

  より透明性を向上させ、前向きな取り組みの背景を説明することや、
  経営組織に関し、詳細な情報提供をすべき、と指摘されていた。
 
  詳細な情報がたくさん記載されている。


7.CO2削減については、

  製品1t      1990 2000 2003 2004 2005 2006
  排出量  kg-CO2/t 496 527 461 516 511 526
  90年比  指数 100 106.3 92.9 104 103 106


8.グローバルコンパクトについては、

  グローバルコンパクトの10原則を全面に支持しており、
  ネスレの経営諸原則に組み入れられている。
  

9.ISO14001については、

  工場では、2010年までにすべての工場が取得する目標がある。
  
  ネスレグループでは、独自の環境マネジメントシステム
  “NEMS(ネムズ)”を1996年に確立。
  このNEMS(ネムズ)はISO14001を網羅しているので、
  あえてISO14001を取得する予定はない、と述べられている。

  
10.ISO26000については、なし。

11.その他については、

   報告書とホームページ上には、大量の情報が記載されており
   多すぎて分かりにくい点もあるが、
   それだけたくさんのことに取り組んでいる会社として
   好感を持った。


・・・


総評(チョコレート)
 
  ☆の数では2位のネスレに好印象が残る。
  他4社は、似たような活動をしているが
  ネスレは個性的で、一歩先をいく印象を受けた。

  しかし、明治製菓を筆頭に他の4社も
  次世代を考慮した、地球に優しい活動を
  しっかりと行っている。


(担当; タカハシさん、27歳、女性、会社員)

・・・





おまけ:明治製菓の宣伝動画

明治製菓 ミルクチョコレート
http://www.youtube.com/watch?v=AT_1Pyvx4lE

smap katori shingo 明治ミルクチョコレートCM
http://www.youtube.com/watch?v=JX4Pn7dHHuk&feature=related

CM-沢尻エリカ-明治製菓フランアロマティエ
http://www.youtube.com/watch?v=Othdkbilszw

ただ逢いたくて(明治製菓「Fran」CMソング)
http://www.youtube.com/watch?v=V4xukdzvtdY

明治製菓「クリスマス手作りチョコレート」CMソング
http://www.youtube.com/watch?v=dTH9IzWKY6s








・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

参考ブログ:

企業の社会的責任(CSR)とは? 6,040字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/52280787.html

CSR評価システムが、世の中に必要な理由、SRIの黎明期 
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65075485.html

CSRランキング(2008年夏版)の問題点
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65081337.html

CSRランキング2010年、ボランティア募集
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65340211.html

宇宙船地球号とCSR(企業の社会的責任)の歴史
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65074017.html

賢い市民、コンビニでジュースを買うの巻
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65061305.html

賢い市民、家電量販店でエアコンを買うの巻
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65064439.html

CSR(企業の社会的責任)を実施。三位一体戦略 2,998字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/50990767.html

世界企業ランキング 2008 Newsweek
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65089216.html




・・・

昨年度までのCSRランキング:

CSRランキング2008(パソコン版)
http://www.ets-org.jp/csr/

CSRランキング2009(携帯電話版)
http://www.ets-org.jp/csr/m/




今年度のCSRランキング2010:

化粧品は「花王」 CSRランキング2010 9215字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65342529.html

総合感冒薬は「武田薬品工業」 CSRランキング2010 7960字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65343015.html

清涼飲料水は「キリンビバレッジ」 CSRランキング2010 8540字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65343233.html

太陽電池は「シャープ」 CSRランキング2010 7180字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65343474.html

国内航空は「日本航空」 CSRランキング2010 6386字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65343847.html

デジタル一眼レフカメラは「キヤノン」 CSRランキング2010 12,280字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65344447.html