.

このブログは前回の続きです。


協力隊派遣前と後_村落開発_メイさん_派遣前その1 7202字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65351678.html

協力隊派遣前と後_村落開発_メイさん_派遣前その2 9792字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65351840.html

協力隊派遣前と後_村落開発_メイさん_派遣前その3 8951字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65355101.html

協力隊派遣前と後_村落開発_メイさん_派遣前その4 7426字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65355219.html




・・・
・・・

第11節、合格発表&研修


山本:それで…、それが1月12日ぐらいで、
   (最終的な)合格通知はいつだったんですか?

めい:(2007年)2月9日にネットで出て、
   10日に届くって感じですね。

山本:2月?

めい:2月。ちょうど(二次試験の)1か月(後)です。

   番号だけ(ネットに)出て合格だけとりあえずわかって、
   で、翌日にその書類で、どこに何次隊でっていうのが、
   ほんとにどこに行くか、いつから行くかがわかった。

山本:第1・2・3希望、もしくはそれ以外のどれかがわかるわけね。

めい:そうですね。
   まぁ、第1か第2か、第3しか嫌な人は
   そういう風に出して(指定して)おけるので…。

   私はどこでもよかったので、
   ほんとにどこに行くのかわからなかったんで…。

山本:それは、あの〜…第2希望だったけれども、うれしかった?

めい:複雑でしたね。

   結局、だから、途中から第3希望な(それでもいい)気持ちだったんで、
   (第一か第三の)どっちかがいいなって思ってたから、

   っていうか、
   (結局決まってしまった、第二希望の)アフリカの某国じゃなかったら
   正直他はどこでもいいやみたいな…

   で、(もっとも希望していなかった、第二希望の)アフリカの某国か…
   っていう…。

   (また一方で)なんかうっすらと、第一希望ダメだったら、
   アジアじゃなくてアフリカかなってなんとなく思ってたので、
   あぁ、やっぱりアフリカかって思った印象があります。
   第二希望かっていうよりも、やっぱりアフリカかって思いました。

山本:ふ〜ん…

めい:友達んちで開けたんですね。

   友達と遊ぶことになってて、
   合格したのがわかって行くことになってたので、
   じゃぁ、開けずに持ってこいって言われて、
   じゃぁ、一緒に御開封しようってことになって、
   友達んちで開けて、みんな、えっ?これ国?みたいな…

山本:あぁ、第二希望の「アフリカの某国」のその名前が?

めい:何?みたいな…

山本:なるほど、普通の人じゃ知らないよね。

   それはともかく、
   福島か長野の合宿があるよね?
   アフリカはどっちだっけ?忘れちゃった。

めい:私が行くのは、二本松です。

山本:福島の二本松?

めい:うん、でも、アフリカでも西アフリカの人はみんな駒ヶ根ですね。
   フランス語圏は駒ヶ根っぽいです。
   英語圏はこっちに来てます。

山本:なるほど。福島ね。
   え、で、それがいつからだっけ?

めい:(2007年)7月11日?

山本:2007年の7月11日から、65日間ぐらい。

めい:(手帳をみて)9月の13日まで!

山本:なるほど。
   で、その後いつから行くかはもう決まってるの?それともまだ?

めい:合宿中で…。で、私mixiとか見てたら、
   1次隊の人が、ちょうど、一昨日かな?
   (2007年6月)7日で終わってるんですよね。合宿。

   に、合宿終わって、18日に出発って書いてあったから、
   もうそんなもんなのかな?ってなんとなく思ってる。

山本:10日後ぐらいってこと?

めい:そうそう。

山本:なるほど。

めい:で、1週間から2週間ってみんな言うから

山本:あのさ、あなたの任地でのエイズの予防教育とかいうやつは、
   もうすでに、何年も前からやってるやつなの?

めい:わたしのやつ「新規」(の案件(要請))なんで…

山本:完全に新規なの?

めい:わたしのやつはね。

山本:でも、似たようなことをやってる人がいる可能性はあるの?
   だったらさ、そいつを捕まえてきてさ、
   話を聞くのが1番てっとり早いよね?

めい:あの…いろいろ見てると、
   その地域に行ってる人自体はすごい少なくないんですね。

山本:ふ〜ん。何とか県ってやつね。

めい:その、M県ってとこなんですけど、
   でも、私の前の1次隊の人で
   エイズ対策の人が行くのがもうわかっているので、
   これから徐々に入れていくのかなって。

山本:あぁ、そう。
.
めい:なんか、私と同じところの募集でも、
   M県のエイズ対策出てたし、今回の(募集で)も出てたので…

山本:これから、こつこつと入れて行くのかな?

めい:で、その要請内容も後で話しますけど、
   ここにJOCV(協力隊)のプロジェクトを作る予定があるみたいなことが
   書いてあるので、
   まぁ、今後いれるのかなって…
   どこまでほんとかさておき、これが一番信憑性があるかと…
   その、動向を見ていても。

山本:ちょっと、話がずれるけどさ、
   南アフリカ共和国の周辺にさ、
   成人のエイズの陽性率が、33%で3分の1以上の国が、
   スワジランドとか、3つ、4つあるんだけど、
   あなたの行く国って、どうだっけ?知ってる?パーセントとか、

めい:成人は、なんか、ひどい地域は3分の1って、やっぱり。

山本:ひどい地域っていうか、県によってってことだよね。

めい:みたいです。

山本;だよね。確か、国全体はそんなにひどくなかったと思う。

めい:あっ、結局、首都ってちょうど真ん中辺にあって、
   南のほうに大都市があるんですけど、
   人口が一番多い。こっちはよくなってきてる。

山本:南はいいって?

めい:よくなってきてるらしいです。
   北なんですよ。私が行くのは。
   そっちの方がやっぱりちょっと辛い…

山本:あぁ、そう。

めい:って、本にも書いてあるし、
   行ってた人もやっぱり全然そういう格差を感じるって…

山本:へ〜

めい:どこまでほんとかわかんない、
   まぁ、ひとの感覚でそういう感じって
   結構正しいのかなぁと、思うんですけど…

山本:ほぅ…わかりました。

   まぁ、で、話を戻して、と、
   で、えっと、7月11日から、合宿始まる前に、

   エイズのことを勉強しなきゃいけないってことで、
   JICAが研修を組んだりしてるよね?
   技術補完研修、という・・

めい:あの、結局、エイズ対策の人の研修に一緒に出るんです。

山本:あぁ、そうか、そうか、
   エイズ対策って職種が、青年海外協力隊であるんだよね。
山本:あれと一緒にでるわけだ。


特定非営利活動法人SHARE=国際保健協力市民の会
http://share.or.jp/share/


めい:その人たちの研修にご参加してくださいって…
   これ(紙)ですね。それが。
.
山本:これが何日間ぐらいなの?

めい:これが、一応フルで出た人が、16〜24の日曜日までって言ってた。

山本:何月?

めい:今月(6月)の。来週ですね。
   今月の。6月16日〜24日までで、1日お休みがあって、
   全部で、8日間って言ってた。

   で、あと私は途中から村落の研修とかぶってしまうので、
   残り2日出ないで、
   前半の7日出て、その後次の日から村落の研修に移るんですけど。

山本:なるほど。村落の研修は、何日間ぐらいなの?

めい:村落は…5日

山本:5日間。なるほど。どんなことやるの?

めい:村落はね、一応PCMとかが入ってましたね。


プロジェクト・サイクル・マネージメント
Project Cycle Management : PCM
http://www.fasid.or.jp/kenshu/pcm/pcm.html


山本:なるほど、

めい:村落のほうはね、見てもよくわかんないような…
   こんなんですね(紙を見せる)

山本:プロジェクトサイクルマネージメントの…

めい:でも、それも1日なんですPCMも。

山本:これ無理だと思うけどね…

めい:概要ですよね。

山本:あぁ、これほんと、概要だね。
   要するに村落開発とは何か、だけで終わってる感じだね。

めい:たぶんそうですね。

山本:これ実践的な、その、プラクティスみたいなもの、
   例えば、例題を出して、4人ぐらいで組んで…

めい:ワークショップ的なのですよね?
   行ってみないと、ほんとわかんないですけど…。

   でも、私の知ってる(他の村落に合格した)人は
   みんなこれ(村落用の技術補完研修)だけの人がいっぱいいるんです。

山本:ふ〜ん、なるほど…

めい:で、私はエイズがついてるだけ幸せみたいな感じで…

山本:あ〜なるほど。

めい:で、あとは結構これに農業系のに入る人は、
   農業のもっと長いアジア学院とか、寺子屋自然塾みたいなとこで、
   なんか、何か月も研修してる人とかもいるので…


アジア学院
http://www.ari-edu.org/main.html

NPO法人・寺子屋自然塾
http://terrakoya.or.jp/


山本:あぁ、そう。なんか畜産とかやる人?

めい:農業系なのかな?だから、わかんないんですよ。

山本:野菜とかあるよね、なんかね。

めい:まぁ、野菜とかの人もそうかもしれないし、
   でも、村落でも行ってる人はいるんですね。

山本:まぁ、1村1品運動とかやる人はさ、関係ある可能性あるよね。

めい:だから、(受講する技術補完研修のスケジュールは)
   農村とかからむ人とか、あと、要請内容ですかね。

   だから私は、同じエイズの(研修)に入る人でも、
   私一応(終わる)ぎりぎりまで行きますけど、3日間だけの人もいるし…

   ほんとにだから国と要請内容で、
   JICAがそのへんは多少調整してるみたいで…

山本:なるほど。

まい:みんなからうらやましがられます。エイズがついてるだけ。

山本:そうだよね。いいよね。
   だって、ただでさ、教えてもらえるもんね。

めい:そう、勉強できるし。

山本:あ、おれJICA関係者の友達が多いから、
   知ってるんだけれども、

   去年(2006年)、青年海外協力隊(で派遣されている人たち)に
   エイズ知識のアンケート調査をやったところ、
   あまりにもひどかったらしいんだよね。

   それで、
   協力隊にちゃんとエイズを教育しよう、
   エイズ関係じゃない人でも、教育をしようということで、
   ホームページを作ったんだよ。


青年海外協力隊:応募を考えている方へ:求められる技術レベル:エイズ対策
http://www.jica.go.jp/activities/jocv/application/level/ex_12.html


めい:えっと、あれですよね?
   今の協力隊のやつにエイズ対策についてって
   ぶわ〜ってすごい量の内容がアップされてますけど…
   それじゃないのかな。

   ここには一切読めっていうのはないんだけど、結構みんな読んでて、
   エイズのやりたかったらそこ読むといいよねっていう話はしてる。

   うん、すごい、トピックごとに分かれてて、
   で一応ここのやつにはこの本読んでおいてください。


参考文献:
エイズを知る
AIDS&Society 研究会編
角川書店 2001 年 ISBN 4-04-704057-6
など


   それについて話しますっていうのもあって、
   一応私それ読んだんですけど、
   そっちよりもたぶんホームページのほうが情報が新しそうなので、
   ちょっと今ゆっくり読み直してる感じですね。


エイズ対策入門: 青年海外協力隊用
http://www.jica.go.jp/activities/jocv/application/level/pdf/aids_all.pdf


山本:あぁ、絶対そっちのがいいと思うよ。最新だからね。

   ・・で、ええと、事前の研修は、結局・・

めい:そうですね。事前には、それだけですね。

山本:エイズの8日間ぐらいと、
   村落開発の、5日間ぐらいか、

めい:なかにはね、職種によっては
   ほんとにそういうのが全然ない人もいるので、
   合宿まで放置みたいな…

山本:なるほど…

めい:放置されないだけましかみたいな


・・・

第12節、合宿&語学学習


山本:さて、合宿では、主に、英語…

めい:語学ですよ、語学。

山本:だよね。午前中に割と基礎的なことをやって、
   午後は実践。

   現地に行ったふりをして、
   仕事で必要になると思われる会話をならう、らしいんだけど。

めい:なんか、1次隊の人のブログを読む限り…
   まぁ、同じかわからないですけど、
   レベル別のクラスと、あと職種別のクラスがあったって。
   だから、あぁそうなのかなって、

   同じ国に行った人のブログで読んだんですけど…
   研修の様子が書いてあって、けっこうまめに。
   読んだ限り、午前中は確かレベル別、午後は職種別…

山本:なるほど。おもしろいね。

めい:そんな、そこまでかわかんないけど…

山本:そっか…、っていうことは、

   (合宿が始まるまでに、どれくらい英語の力を
    上げておくかも、重要かも。

    なぜなら、合宿所の英語のレベル分けで、
    上のクラスに入ったほうが、
    よりレベルの高い授業を受けることができるから。)

    エイズの(技術補完研修が)…始まるのいつだっけ?

めい:6月16日
   来週の土曜日。

山本:じゃぁ、あと(の日のスケジュール)は何?
   あと1週間はベルリッツで英語やってるわけ?

   (このインタビューの前の、Eメール上の打ち合わせで、
    山本は、めいさんが、
    英会話スクールのベルリッツに通っているのを知っていた。)


Berlitz
英会話教室のベルリッツ
http://www.berlitz.co.jp/


めい:ベルリッツ行ってますね。

   で、7月のもうちょっとぎりぎりまで講座をとれるので、
   うまく(授業を)分散して通って、

   まぁ(技術補完)研修がある日は無理だからいけないから、
   そうですね、来週とまた研修明けの1、2週間で
   ぎりぎりまで取る感じですかね。

山本:ふ〜ん。
   (以前、自分でもやったことあるんだけど)
   ベルリッツの
   「トータル・イマージョン・コース」
   (朝から夜まで、ずっと英語漬け)
   っていうのを勧めて…

めい:そのコースは結局、お金の問題と、
   あと、あなたの予定に合うからってお勧めされたのが、
   ちょっと違うやつで、

   で、そのコースじゃないけど、
   1日4,5時間ガンガン詰め込んで、
   2週間行きつづけて、1日一応ベルリッツにこもらせてもらって、

   そう、午前中クラス、お昼もしっかりとって、
   午後そのまま勉強し続けるみたいなことを、
   そうですね、1月の後半ぐらいからやってた。

山本:自分のレッスンは、テープにとってる?

めい:とってました。

   最近は、ちょっと、課題もあって、
   自分の中で余裕もなくて、変に(録音したテープが)つもってって、
   授業がなぁなぁになるのが嫌なので、

   今はどちらかというと、
   授業にその場ですごい集中してって感じでやってます。

   でも、2月後半まで、
   学校にいくまでの間のその2か月の間の授業は全部とって、
   帰って復習してって、やってました。
   だから、自分のくせとか,確認できた。

山本:そっか。
   英語勉強しろって、けしかけたのおれだよね、違ったっけ?

めい:やんなきゃって思ってたけど、
   甘かったのが、覚悟が決まった感じです。

山本:あぁ、そうなの?なるほど。そんで…

めい:うち、おかげさまで、200点落ちたTOEICのスコアが戻りました。
   3月で。ってか落ちすぎだったんで。

   たぶんこの前の5月に受けたのがもうちょっと上がるので…
   上がらなかったらどうしよう(笑)
   大丈夫だと思うけど…上がるはず!

山本:うん。あぁ、そうですか。

   えっと、これで、大体(これまでの、めいさんの)概要かな。

   それで、えっと、7月10日ぐらいから合宿が始まって、
   65日で、ワクチンをうちながら、英語をやって、
   で、終わって、10日後ぐらいに、
   たぶん、わかんないけれども、
   アフリカの某国に行くんじゃないかと、ね。

   まぁ、任地の田舎に行くと、
   (おれみたいに衛星携帯電話持ってくわけじゃないから)
   インターネットできないだろうし・・

   月に1回ぐらいは、戻ってくるわけ?
   (インターネットカフェなどがある))首都圏に?

めい:と、あと私、行く地域この辺(地図をさす)なんですけど、

山本:ちょっと待ってね。上がこっちか、で、え?

めい:わたし、行くのここなんですよ。M県なんですね。
.
山本:首都はここで、行くのがここ、M県ね。
   (首都から結構離れている)

めい:で、もうちょっと下に、ちょっとだけ大きい都市があって、
   そこに行くとインターネットカフェとかあるみたい。

山本:なるほど。

めい:そこなら出やすい(任地から行きやすい)のかな。

山本:なるほど。まぁ、できれば、1か月に1回ぐらい
   (Eメールで)報告をくれれば。

めい:は、できるかなって思ってます。

山本:えっと、ここで、履歴書の確認を再びすると、
   TOEIC650点と…

めい:それ、絶対上がりますよ。

山本:あと、国連英検B級、漢字検定2級、

   普通自動車免許、普通自動二輪車免許、

   あと、教員免許、高校社会科公民…
   ということですね。
  
   趣味、読書、エアロバイクエクササイズ…
   エアロバイクエクササイズって何でしょうか?

めい:普通にエアロバイクをこぐんです。

山本:あぁ、室内にあるやつ?

めい:そうです。家にあるので、毎日こいでます。

山本:それ、ダイエットって言うんじゃないんですか?

めい:ダイエットですよ。だから…(笑)
.
山本:わかりました。
   それを趣味に入れるかどうかはまぁ、
   個人の主観によると思うけど…




(続く)
・・・

このブログの続きはこちらへ
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65356002.html