.


・・・マイクロファイナンスについて、軽く・・・


山本   マイクロファイナンスの件について
     カリメロさんに話を聞きたいなと思うので、
     (マイクロファイナンスを)簡単に言うと、
     バングラディッシュでモハメド・ユヌスという人が作った
     マイクロクレジット、マイクロファイナンスというのはですね、

     簡単に言うと、
     貧しい人が貧困から脱出するために、
     なんらかの事業を開始するための融資をする(お金を貸す)方法で、
     バングラデッシュでは、上手くいったんですけども、
     アフリカ等に持っていったら全然うまくいってないっ
     ていうのが有名な話なんですよ。

     これについては、(カリメロさんは)個人的には、
     なんでか(なんでうまくいかないか)という事等は
     リサーチしましたか?

カリメロ いや、してなくて、それも知りたいこともあってアフリカ。

山本   あ、そう

カリメロ なんでなんだろうって、知りたいなぁと思ったんですよ。
     日本でやりたいんですよ。
     北海道かな、日本でもいくつか紹介されていて。
     なんで、アフリカでは失敗したんだろうなって・・

山本   知りたいって思ったんだね、

カリメロ と、思った時点で思いついて、申し込んじゃった・・みたいなね・・

山本   レモンさんそれについて知ってる?なにか。

レモン  わかんないですけど、でも、
     U国のボランティア報告書読んでるかぎりでは、
     U国では上手くいかないだろうなって、思う理由が、
     「非常に疑り深い」っていうか、
     簡単に「人を信用しない」って。

山本   現地の人がね

レモン  そうです、人と人との信頼関係がなくて、
     共同で事を進めることが、実現しにくいみたいなことを、
     いろんな人が書いるのを読んで、
     こういう状況下でマイクロファイナンスとかあっても、
     実現しにくいだろうな、って。
     ボランティア報告書を読んでそんな事を思いました。

カリメロ ユヌスの本にも書いてあって、
     アフリカでは個人ベースのマイクロファイナンスに変えました。
     ・・団体はだめで、5人組みで、
     日本やアフリカで試してみましたが、上手くいかなかった。
     失敗したので、個人ベースでやっています。
     ・・それが、成功しているのかは分んないですけど・・

山本   それでも、駄目だったんじゃないの?

カリメロ なんでなんだろう?

山本   ま、これについては、また後で・・
     (この件は、長くなるので、また後日、詳細に記載します。)


・・・これから協力隊を受験する人に言いたいこと・・・


山本   あと、これから協力隊を受ける人に
     言いたいことはなどはありますか?

レモン  合格してから悩んだのが、
     開発コンサルタントになりたいというのを
     一応想定してたんだけれども、なんか、
     ブログとか色々情報検索してると、

     開発コンサルタントの(人のブログの)中に、
     「村落開発普及員と青少年活動は使えない」
     っていう定評があるっていうのを見て、
     まぁ、それは確かにそうだな、と。

     専門じゃないですよね。
     結局遊んでるかもしれないし、そういう情報をみて
     「あ〜」って。

     もっと「経済・市場調査」(という職種)にこだわって
     やるのが良かったかなって。
     でも、30(歳)とかいっちゃうなと思って。

     (青年海外協力隊に行くなら)できるなら専門(分野を)
     持っていかれたほうが良いと思います。

山本   年齢的な判断で、難しいこともあるよね。


(注:国際協力を職業としてやりたい場合、最大の目標の一つである、
 国連JPO試験の年齢制限が、35歳まで。これが一つ。
 また開発コンサルタント会社の職員募集も、35歳〜30歳ぐらいが多い。
 よって、この時期までに、大学院修士、語学力、協力隊等の経験が必要。
 会社員であればマーケティング・金融などのなんらかの専門性っぽい仕事を、
 はったりでもいいから、「私はその仕事で5年以上の経験があります」と
 言えるように「自分の経歴(専門性)を作成する」ことが必要。


レモン  そうですね、しかも、経済・市場調査の案件って、
     一回の部署に1件くらいしかないので、
     今回の秋募集で4人応募して・・とかなので、
     受かる可能性がとても低い。

     両方応募できれば1番いいんだけど、
     どっちか、1つの職種にしか絞れない、


(注: 村落開発の案件と、経済・市場調査の案件の両方を
 希望することはできない。
 第一、第二、第三希望に、両方を混ぜて書くことはできない。)


山本  1つの職種の中で第3希望までしか書けないってことね。

    経済市場調査の場合は応募の条件があるじゃない?
    経験5年以上とか、何らかの資格持ってるとか、
    なんて書いてありましたか?

レモン 忘れちゃった。


(注:2010年春の要請(1件のみ)では、
 応募条件は、社会人経験2年のみ。)
http://jocv-info.jica.go.jp/jv/index.php?m=List&jID=6001&n=y


山本  経験5年以上とかある?

レモン (2009年の)春募集の案件は
    確かそのくらい必要だったと思います。
    経営指導があるので、
    社会人歴は多めを要求されます。

    (2009年の)秋募集の案件は
    確か(私の経歴でも)合致していたと思うんですけど、
    経営指導とかは出来ないなと思いました。

    案件をみて自分がイメージできないものは希望には出しませんでした。

山本  じゃあ、カリメロさんのほうは、実はさっき、
    飯ってる時(スパゲティー喰ってる時)に聞いてしまったんですが、
    聞かなかったことにして、もう一度聞くとですね、

    今回、村落で、
    (自分の経験がないにも関わらず、やりたいという気持ちだけで)
    マイクロクレジットをするのにこだわりすぎていたと。

    青年海外協力隊に行くこと(だけ)を重要視するのであれば、
    例えばITコンサルタントやっているのであれば、
    そっち系の職種や案件を狙ったほうが通りやすいだろうと、
    一般論として、(私は)そう思いますけれど、
    そういう方向で最終的にはされるという事でよろしいですか?

    この(2010年)春(の募集に)応募すると。
    そして…受かったら・・?

カリメロ (会社に)休職願い出します、頼むよって。

山本  まぁ、そんな感じで、
    (カリメロさんの今後の予定は)
    非常に分かりやすくていいんじゃないでしょうか?

    あと、 2次面接の時に
    「あなたは、リーダーシップも取れて、
     案件も発掘できるような人だから、どこ行っても通用するよ」
    というような太鼓判を押されて、
    自分でも絶対受かったと思ったけど、
    3週間後位に通知が届いて、開けてみたら落ちていて驚いたと、

カリメロ (落ちた)理由はいくつか書いてあって、
     落ちた人に次に受けるときの参考のために
     4項目で理由が書いてあるんです。

     1・身体機能による理由
     2・技術不足による理由
     3・技術面に問題はないが、要請と不適合による理由
     4・・・・(忘れた・・(苦笑))

     救いだったのは、体だったらもうどうしようもないのですが、
     (落選の理由は)要請とアンマッチでしたという理由・・。

山本   今の4つの理由の中で3番だったってことね。
     技術はあるけれども要請案件とアンマッチでした、という理由ね。

カリメロ そうです、

山本   他の、落ちた人の話によると、
     面接官との話が合わなかった、
     人間的に合わなかったっていうことが、
     「私の落ちた理由だ」って言ってた人が
     俺がインタビューした人の中にいたんですけども、
     カリメロさんの場合、そういう感じでは全然ないですよね。

カリメロ 別に・・私の性格があるのかもしれないですけど、
     そんな感じじゃなかった、

山本   別にけんかしたわけでもないし・・面接官と

カリメロ 「会社の説得頑張ってね」って(言われて)終わった。

山本   明らかに、受かってるような雰囲気で終わった?

カリメロ …(落ちた時)会社に言ってなくてよかった、
     って思ったくらいだから・・・

山本   わかりました、確かにそうだよね。
     この経歴からみると、受かりそうだと思いましたけどね。

レモン  ね、ね、
     (カリメロさんが落ちたことは)不思議だなって思いますよね、
     純粋に・・・

山本  ・・以上ですね、
    ありがとうございました。


・・・彼氏との関係と、協力隊への派遣・・・


山本  あ、そうだ、1番肝心なこと、(忘れてた。)
    レモンさんは彼氏いるんですよね?

レモン あ、はい

山本  彼氏は(レモンさんが)
    協力隊に2年間行くことをどう思っていますか?

レモン えっと、去年の9月か8月位に、
    一緒に住もうという話をしていたんですよ。

    一緒に住むんだったら
    ゆくゆくは結婚することになっていたんですけど、
    その時にちょうど転職も考えていたんですよ、
    転職をしようかなぁ、と思って、
    一緒に住むんだったら結婚することになってしまって・・

    となると、
    2年間海外に行くこととか考えられなくなってしまうので、
    これで、自分、人生終わるのかと思ったら、
    なんか暗くなってしまって。

    で、その時転職も考えていたので、
    リクルートエージェントに行ったら、
    「今、不況すぎてあなたに紹介できる仕事はありません」
    といわれて、
    要するにあなたに紹介できる案件がないって言われて。

    凄いショックを受けて、あと、
    就職活動するんだったら1年後に来なさいって言われて。

    このままで人生終わりたくないなって、思って。
    結婚して、子供産んで、仕事続けてって、
    ワーキングマザーやって、って。

    ・・・今まで、新聞配達しながら、
    スナックで働いておじさんにお尻触られたりしながら、
    目指してきたのに、
    自分の人生これで終わるんだと思ったら、
    凄いショックだったから、
    どうしてもなんか自分がずっとやりたいって思ってたことを
    やろうと思って。

    彼氏に話をして、
    「私は、とりあえず、協力隊を受けたい」と言う話をして
    (彼氏は)「わかった」という話をして、
    彼もMBAのような経営系の大学院に行こうと思っていたみたいだから、
    2年ていう期間、ちょうどいいのかもしれない、
    というような話をしていて。

    で、いざ、受かって、フィリピンかもしれないと思っていたので、
    2次試験を受けた後は、
    フィリピンなら遊びに行けるねって言ってたんだけど、
    「受かったよ、U国だったよっ」て言うと、
    「U国かよ」って。

    じゃあ、お祝に祝杯をあげようって、祝杯をあげて、飲みながら
    「受かって残念だった?」って聞くと
    「どっちでもよかった」って言っていて。

    落ちたらずっと居るんだろうなって、
    でも、すっごい落ち込むんだろうなって思ってたから、
    受かっても落ちてもどっちでもよかった、
    っていう話をしていましたね。

    「ただ、浮気はするよ」って言ってましたけどね。(笑)
    「俺、絶対浮気とかしちゃうよ」・・って言ってました。

山本  2年後、帰ってきた時に
    彼氏が浮気とかしてても笑って許せたりするの?

レモン 浮気・・・浮気くらいだったら、ばれなかったらいいのかな?

    彼氏結構、「俺様な人間」なので、
    1年以上付き合った女の子って、
    大学の時付き合ってた娘と、私くらいで、
    後はほとんど短期で別れてるんですよ。

    帰ってきた時に、
    これからもずっと付き合っていきたいという女の子が
    出来ているんだったら、
    それはほんとにしょうがないんだなと思って、
    彼にも人生がありますし。
    今、32(歳)、4月で32歳になるし、

山本  あなたが、27(歳)。

レモン そうです、そうです。
    (彼)35歳までに子供が欲しいって言ってたし、
    彼にも人生プランはあるだろうから。

    で、私のわがままもちゃんと聞いてもらえたので、
    あまり、
    「待っててくれ」だとか、
    「何歳で結婚しよう」だとか、
    「子供は何歳からだとか」
    ってあんまり私のわがままで
    彼の人生を抑えつけたくないなって思ってます。

    だからもし、帰ってきた時に
    大事にしたい女の子を彼が見つけたんだったら、
    それはショックでしょうけど、仕方がない、許容できると思います。

山本  偉いっ!大人だね、いい女だね〜!
    これいいなぁ〜、男としては理想だよね。
    ・・ま、いいや、 カリメロさんのほうは彼氏いるんですか?

カリメロ いないですね〜・・

山本   でも、さっき、
     35歳くらいまでには子供欲しいって言ってたよね?

カリメロ そうですね

山本   そっか、じゃあ、忙しいな。
     ・・・じゃあね、ちょっと変な質問なんですけれども、
     協力隊帰国後もさんざんインタビューしてるんですけども、
     女性は、特に彼氏のいない人は、
     かなりの確率で

     「現地夫」(げんちおっと)と言ってですね、

     「現地彼氏」(げんちかれし)が、
     「テンポラリー・ボーイフレンド」(一時的な彼氏)が、
     出来る方が多いんですよ。

     もしかすると失礼かもしれませんが、事実を述べるとですね、
     アフリカとかに日本人女性が行った場合、
     (黄色人種ではなく)「白人」と呼ばれます。

     で、日本にいるときの10倍くらい、
     あるいは、100倍くらいもてるらしいんですよ。
     (日本人女性は)

     現地の中で一番かっこいい、痩せマッチョで、
     顔もいい、身体的にもいい、
     抽象的に言いますけど、いろんな意味でいいということで、
     現実問題、色々(そういう話は)聞いてるんですけども、
     そういうのどうですか?

     2年間限定の(外国での)ボーイフレンドとかは
     可能性としてありますか?

カリメロ あるとおもいますよ、私でも。

     私、黒人うけ超良くて、
     家が赤坂で、六本木にフラフラッ行っても、
     必ず黒人来るし、今ですら。

     なので、現地行ったらあるんだろうなと思います。

山本   じゃあ、次に(春募集)受けて、
     受かって帰国したら、そっちのレポートを
     カリメロさんでお願いしますね。

カリメロ 現地で・・(笑い)

山本   現地夫に関する現地レポートでもいいですけどね。



(以上で、協力隊の話は、終わり。)

(でも、なぜか続きます。)

(次回は、レモンさんの、水商売時代の話です。)