ルーマニア写真展DM_表面_共通_low-1ss











お世話になっております。
4月14日から4月26日まで、
新宿西口、センタービルの中にある
ペンタックス・フォーラムというところで
写真展をさせて頂くことになりました。

で、その案内葉書が、まだ数百枚余っております。
もしも、1枚でも、ご希望の方、
あるいは、私なら10枚〜100枚ぐらいは配布できる、という方、
下記へご連絡頂ければ幸いです。

info@ets-org.jp

写真展の題名や内容は、以下です。


・・・

作 品 名:「 ルーマニアの記憶 ・・大切なものは何?・・ 」

作  者  山本敏晴

会  期:2010年 4月 14日(水)〜 4月 26日(月)
時  間:10:30 〜 18:30 (最終日 16:00終了)

定 休 日:火曜日
入  場:無料

会  場:ペンタックスフォーラム
〒163−0690 東京都新宿区西新宿1−25−1 
新宿センタービルMB(中地下1階)
ペンタックス スクエア内 ペンタックスフォーラム
03(3348)2941 担当:松枝・江上


作品内容:

ルーマニアの少年少女たちに「大切なもの」の絵を描いてもらい、
なぜ彼らがそれを大切だと思うようになったかを取材し撮影した作品。
120枚から選ばれた絵10枚と、写真30枚でつづる、現代ルーマニアの叙事詩。


作者のコメント:

「大切なことは、自分がどこから来て、
 どこへ行くのか、それを忘れないこと」。

一人の少女は、私にそう告げた。

ルーマニアの少年少女たち、120人に
「あなたにとって一番大切なものは何ですか?」
という質問をし、その絵を描いてもらった。

すると自分の過去に関係する事象をあげた子どもたちが多かった。
過去があるからこそ、今の自分がある。
先祖がいるからこそ、私がこの世に生まれたのだ、と言う。

1989年にチャウシェスクの独裁政権を倒す革命が起きて資本主義となり、
以後、経済発展の時期を迎えようとするルーマニア。

ところが人々の間での「貧富の差」は拡大し、
民衆の不満は蓄積している。

激動する時代の中で、少年少女たちが、
自分の人生にとって、最も大切なものは何か、を訴える。

絵を描いた少年少女たちの肖像と、
その子たちがなぜそう考えるようになったのかを指し示す、
社会背景を写した写真たち。


・・・

参考リンク:

PENTAX FORUM
山本 敏晴 「ルーマニアの記憶 ・・大切なものは何?・・ 」
http://www.pentax.jp/forum/gallery/20100414/

PENTAX FORUM
オンライン写真展「ルーマニアの記憶 ・・大切なものは何?・・」
http://www.pentax.jp/forum/gallery/20100414/online/index.html

PENTAX FORUM
ペンタックス・フォーラム・アクセス
http://www.pentax.jp/forum/access.html

ルーマニアの大切なもの 6306字 (国際情勢、政治)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65318746.html

花たちの持つ色 1403字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65224548.html

写真絵本: ルーマニア どこからきてどこへいくの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4097263730