.

久しぶりに、映画ツバルの上映会があります。

映画ツバルとは、何かと申しますと、

正式には、
「ツバル 大切なものに導かれて」
という題名の映画(または映像作品)です。


2007年に、NPO法人・宇宙船地球号の予算で
製作したドキュメンタリー映画で、
いわゆる、自主製作映画です。

(このため、東宝などの映画配給会社を通していないため、
 一般の映画館では上映されず、
 学校などの教育機関、地方自治体、
 国際協力団体等の主催で、上映されました。
 当然、(ほとんどの会場が)入場無料でした。)

(2008年だけでも全国約100か所で上映され、
 1万人以上の方にご覧いただきました。
 NPO法人の活動としては、まあまあだったのではないか、
 と思っております。)

製作スタッフの、
プロデューサー、ディレクター、カメラマンに
テレビ局またはテレビ制作会社のプロを使用したので、
クオリティーはかなり高いです。

(テレビで放映される番組と同等のクオリティーを
 維持しています。)


その概要は、一番短く言えば、

「地球温暖化による海面上昇で沈んでしまうと言われている
 太平洋の島国「ツバル」の現状をとおして、

 この映画を見た方々に、
 本当の環境問題とは何か、を考えて頂こうというもの」

です。


具体的な内容は、

「ツバルの三つの学校の子どもたちに
 大切なものの絵を描いてもらったところ、
 様々な絵があった。

 地球温暖化を止めることが大切、と描いた子もいたが、
 それ以外にも、
 ゴミを減らすことが大切、
 最近、水が減っている、など、
 ツバルで起こっている本当の環境問題が、示される。

 全編すべて、ツバルの子どもたちや大人たちへの
 インタビューによって構成され、
 地元の人々の生の声が、そのまま収録されている。

 それらを通して、見て頂いた方に、
 環境問題とは、本当は何なのか、
 自分で何ができるのか、ということを
 考えて頂こうという作品」

です。


90秒の、予告編(トレーラー、CM)を
ユーチューブにアップしてあります。

http://www.youtube.com/watch?v=dJGUPRNwOGM&feature=player_embedded


なお、映画ツバルには、
大人向けとして、60分版、15分版、
子ども向けとして、30分版、8分版、
の4作品があります。

詳細は、以下へ。
http://www.ets-org.jp/hosoku/YouTube20080124.html


以下、今後、上映される、日時や場所の詳細。

とりあえず、4月、5月に、3回あります。


・・・

2010年 4月22日(木)
午後2時から午後2時半 映画ツバル30分版
午後9時から午後10時 映画ツバル60分版

あいこうまえ茶屋
秋田県秋田市保戸野金砂町2−37
018−864−9100
土井

一般の人に公開
入場無料

・・・

2010年 5月22日(土)
午後2時半から午後3時半 映画ツバル15分版・8分版

日本ユニセフ協会千葉県支部事務所
千葉市若葉区桜木北2-26-30ちばコープ本館1階
043(226)3171
福本

ユニセフ学習会参加者に公開(要問合せ)
入場無料

・・・

2010年5月23日(日)
午後2時から午後4時

八郎潟町農村環境改善センターホール
秋田県八郎潟町大道80
018-875-5777
佐藤

一般の人に公開
入場無料

・・・



あ、DVD,無料で貸し出しをしています。

が、個人には貸しません。
学校関係、地方自治体、国際協力団体、
NGO,NPO等であれば、貸します。

http://www.ets-org.jp/hosoku/YouTube20080124.html