.

国際協力の方法論は、
1960年代に、アメリカ国際開発庁(USAID)が作成した
ロジカル・フレーム・ワーク(ログ・フレーム)が有名だが、

日本は、これを模倣し、かつ日本型の国際協力にあったものに
(一応)改良した。

これをプロジェクト・サイクル・マネージメント(PCM)という。

既にたくさんの書籍が出版されているが、
とりあえず、研修で勉強したい人は、こちらも検討してみて頂きたい。


以下、転載。


・・・

募集案内:PCM手法研修 ECFA/FASID共催 計画


(社)海外コンサルティング企業協会(ECFA)と当財団(FASID)の共催で、
PCM手法研修計画・立案コースを開催致します。

実施日 :平成22年5月12日(水)−5月14日(金)【3日間】
対象者 :開発途上国の開発援助に携わる方
会場  :FASID研修室(九段下)
応募締切:4月26日(月)  ※ECFAに必着のこと。

※本コースの募集についてはECFAが窓口になっています。
募集要項及び応募書類は、ECFAのホームページに掲載しておりますので、
詳細については以下URLからご参照下さい。

http://www.ecfa.or.jp/japanese/hrd/hrd/pcm/data/2010_ecfa_fasid_PCM_bosyu.pdf

問い合わせ先:ECFA担当 河野(こうの)電話 03−3593−1171
:FASID担当 はいしま ? ? ?電話 03−5226−0304


・・・

参考リンク:

FASID: 財団法人・国際開発高等教育機構
http://www.fasid.or.jp/

社団法人海外コンサルティング企業協会(ECFA)
http://www.ecfa.or.jp/japanese/index.html

プロジェクト・サイクル・マネージメント(PCM)の紹介
http://homepage3.nifty.com/pcm/pcmwhat.htm