.

宇宙船地球号のお絵描きイベントに協力した件


山本 私に連絡をくれたのは、去年(2009年)の4月か

あまこ モザンビーグに行ってからだったんです。

山本 今が2010年5月7日ですけども、
   あまこさんから最初にe-mailがきたのが2009年4月ですね。
   この時はもうモザンビーグにいたんですね。

あまこ 3月からいたので、その頃(e-mailを送った頃)
    モザンビークで何をしようと考えていた時期で、
    その頃はネットがたまたまつながっていた時期だったので、
    色々探していた時にお絵かきとかのイベントを見つけて、

山本 宇宙船地球号の大切なものの「お絵かきイベント」

お絵描きイベント 宇宙船地球号
http://www.ets-org.jp/artevent.html

あまこ これならできるかもと思って、

山本 じゃあ、それまでは、
   宇宙船地球号の事も山本敏晴の事も知らなかったんですね。

あまこ イギリスでカンボジアの本をたまたま見つけて、知りました。

山本 なんでイギリスにあったんだろうね…

あまこ 多分、友達の誰かが持って来ていて、
    置いていったか何かだと思います。

山本 CICDの大学の寮で?

あまこ はい、(本を)読んで、
    その時は連絡しようとかそういう事は特に思わなかったんですけど、

山本 それじゃあ、あなたは、私の出してる
   「国際協力師になるために」や「世界と恋するお仕事」も読んでない…?

あまこ それもイギリスで読んだんです、
    同じ方が書いてるって知らなかったんです。

山本 CICDの寮に(本が)転がっていたという訳ですね。

あまこ はい、そういった関係の本がたくさん置いてあるんです。

山本 なるほど…、とにかく、
   お絵かきイベントにご協力いただいてありがとうございました。

あまこ ありがとうございました。(おじぎ)

・・・

日本に帰国した後の、就職活動は?


山本 (日本に)戻ってきたのが、去年の、2009年の秋ですか?

あまこ はい、そうですね、2009年の秋です。

山本 (大学)3年生に戻った?

あまこ はい、戻って…ちょうど就活の時期だったので…

山本 ちょっと、遅い位だよね。

あまこ はい。

山本 今、あせっていろいろ就職活動を始めたところですか?

あまこ そうですね、
    就活を帰ってきてすぐ始めたんですけど、
    海外に関連のある企業で働けたらいいかなと思っていたんですけど、
    就活を進めていく中でやっぱり思ったのは、
    やりたいのはアフリカに関係する事だし、
    あと、勉強もしたい、
    知りたいことも多いので…、

    今は就活もしているんですけど
    「大学院に行くこと」も考えて、迷ってます。

山本 院というのは、東京外国語大学の大学院ですか?

大学院総合国際学研究科 学部・大学院 東京外国語大学
http://www.tufs.ac.jp/education/pg/index.html

あまこ はい、東京外大の院に今年位から
    国際機関でインターンができる制度が導入されたらしくて、
    そういうところで働けたらいいなという部分もあって、
    予定はまだ未定な感じです。

山本 わかりました。

   欧米の大学院に行った場合に、
   修士を取るための大学院に在学中に
   国際機関(国連や世界銀行)へインターンとして
   各組織へ行ける機会がある程度用意されることが
   欧米(の大学院)では行われているんですね、

   日本ではそういうシステムが確立されている所がまだ少ないので、
   いくつかの有名大学ではやっていたと思うんですけど、
   東京外大では今年から始まりそうだという事ですね。

あまこ はい、もう始まっているみたいです。

山本 じゃあ、今大学院に行くか、就職をするかで迷っているんですね。

あまこ 迷ってる感じです。

山本 今、4年生になったの?

あまこ はい、4年生です。

山本 残り10カ月位だね…、
   JICAの就職試験とかは?

JICA 国際協力機構
http://www.jica.go.jp/

あまこ 受けたんですけど、ダメで…。

山本 何月に受けましたか?

あまこ 3月にエントリーシートを出して、4月に面接受けたけどダメで…

山本 ちなみに他なにを受けました?
   ジャイスとかは受けましたか?

JICE 財団法人 国際協力センターhttp://jice.org

あまこ ジャイスはエントリーしてたんですけど、
    今年は募集をしないという事だったので、

    ティックスもエントリーシートとかも面接まで進んだんですけど
    最終でダメで…後は…余り…
    国際関係とは直接関係ないことろだったので…

株式会社 ティックス
http://www.tics-jp.com/corp/greeting.html

JICS 財団法人 日本国際協力システム
http://www.jics.or.jp/

山本 ジェトロは受けてないんですか?

JETRO 日本貿易振興機構
http://www.jetro.go.jp/indexj.html

あまこ ジェトロは受けてないんです。

山本 開発コンサルタントとかは受けてないんですか?

あまこ 開発コンサルタントは受けましたけどダメでした。

山本 どこ受けました? 日本工営?

日本工営株式会社 
http://www.n-koei.co.jp/

あまこ 日本工営、受けましたけどだめでした。

山本 コーエイ総研?

株式会社コーエイ総合研究所
http://www.kri-inter.co.jp/

あまこ コーエイ総研も(履歴書を)出しましたけど、ダメでした。

山本 2つだけですか? IDCJ国際開発センターは?

IDCJ 財団法人国際開発センター
http://www.idcj.or.jp/

あまこ そこは多分新卒採用しないんだと思います。

山本 PCIとかは…聞いたことあります?

あまこ はい。

山本 元、最大手…一回(談合疑惑などで警察に)捕まってからは、
   (あまり)聞かなくなったんだけど…こんなもんですか?
   (開発コンサルタント会社は)3つくらい?

あまこ そんなもんですね。
    あとは、国際協力とは関係ない所を受けていますね。

山本 あと、商社ですか?

あまこ 商社もいくつか受けています。

山本 三井とか、住友とか、沢山ある所を片っ端から…
   英語を使えそうな貿易系ってやつですか?

三井物産 
http://www.mitsui.co.jp/

住友物産
http://www.sumikinbussan.co.jp/

あまこ 商社も受けてたんですけど、ちょっと違うなというところもあって…
    あまりピンとこなかったですね。

・・・

イギリスのCICDはお勧めか?


山本 (あまこさんは)今後、大学院いくか、就職するかで迷っていて、
   まだ分らないという感じですよね。

あまこ そうですね、今年中に決めたいんですけど…どうするかを。

山本 なるほど

あまこ でも、まぁ、企業に入っても関っていたいんですね、
    NGOとして関わるのでもいいですし、
    そういう事も考えていて…

    でもやっぱり、勉強したいなっていうのがあって、
    モザンビークでも、もうちょと勉強したいっていうのが凄くあって…、
    なので今は院(大学院)のほうを考えて行きたいです…
    という感じですね。

山本 欧米系の大学院は考えていますか?

あまこ 考えてないです。

山本 最後に、CICDという大学のプログラムに行きましたけど、
   これは別にあなたの大学と関係なしに行ったという事ですけども、
   大学生であれば誰でも行けるんですか?

あまこ はい、大学生でなくても誰でもいけます。
    18歳以上なら、日本人の社会人の方もいましたし。

山本 20代でも、30代でも誰でもいいんですか?

あまこ はい。日本人の方だと30代位までの方でしたが、
    他の国の方は、引退された方とか現役の先生も来てたので
    年齢は関係ない感じです。

山本 このプログラムお勧めな感じですかどうですか?

あまこ 私は行ってすごく良かったと思います。
    ただ、皆にいいかと言われるとそうではなくて、
    まず体力がかなりいるということや、
    余り指示されてすることがないので、自主性が求められます。

山本 すると、(青年海外)協力隊の様ですね…
   なるほどわかりました。
   時間もあれなので、この辺りで、ありがとうございました。

あまこ ありがとうございました。



(この後、あまこさんは、バイトのため移動。)



・・・

駅へ彼女を送る道の途中での会話から、補足


山本 イギリスのボランティア要請学校CICDの欠点を聞いたところ、

   具体的には1年間のうちの前半の半年間、
   座学で主に教わるということでしたが、

   (その内容は)何かと言うと2つで、
   (後半の半年間に派遣される国の)言葉と
   アフリカの開発全般の事だ、ということでした。

   言葉と言うのは何かと言うと、
   彼女の場合はモザンビークに派遣される予定という事で、
   ポルトガル語を半年間学ぶんですが、

   どうやって学んでいくかと言うと、
   ポルトガル語についても、
   国際協力全般の知識にしても、
   「eラーニング」
   つまりパソコンを使って自分で独学で勝手に学ぶんだそうです。

   それぞれの専門分野をもつ講師や教授が来て、
   彼女たちの前で講義するのではなくて、
   (基本的に)自分で勝手にパソコンで勉強しろと、
   そしてレポートを提出しろという体制だそうです。

   なんで、1年間で、50万円と破格に安いかと言う、
   (私が持っていた疑問の)謎がこれで解けました。

   (生徒が支払う)授業料が1人50万円では
   講師達の人件費が出ないはずなんですけども、
   この「eラーニング」(パソコンの教材で勉強すること)の体制であれば
   こういうことが可能かなと思い、私としては納得しました。

   あと、一部国際協力の経験者等が来て講義をするという事も
   あったそうなんですが、
   一部だそうで、
   「eラーニング」が基本だそうです。

   だから、彼女の友達によっては、
   「来たけれども期待外れだった」
   と不満を漏らしていた人もいたそうです。

   しかし、一方で、あまこさんは、
   自分は来て良かった、とも言っていました。

   以上。