.

青年海外協力隊から帰国後、国際協力を続けられるか?


山本  でちょっとあの、お聞きしたかったのはですね、
    (青年海外協力隊から)帰国すると、
    普通JICAで3日間くらいの、
    あの、これからどうしますかの
    相談会みたいなの(ブリーフィング)があるじゃないですか?

マック はいはい。

山本  あれ、昔だいぶ評判悪くて、
    (JICAは)改善したとかいってたんですが、
    (今でも)まだ評判悪いんですけども。(笑)
    
    まああの、直接的に協力隊後に国際協力やる人は
    10%もいないというデータもあってですね、

    もちろん(開発系の)大学院等に行く方もあるので、
    実際それよりは多いんでしょうけども。

    まあ、その後も国際協力をやりたい(人がいた)として、
    「JICA職員」を受験したところでね、
    (大学新卒にしろ、中途採用にしろ)
    倍率が20倍くらいだから、(まず)合格しないし。

    国連のJPO受けるには、
    大学院修士持ってないといけないので・・。
    (でも、ほとんどの人がそれを持っていないし。)

    あんまり(協力隊後すぐ国際協力の世界に進む道が)ないんですよ。

    で具体的にはJICAが用意してるのは、
    各都道府県に45〜50くらいの枠がある「国際協力推進員」。

国際協力推進員
http://www.jica.go.jp/about/structure/organization/suishin/index.html

マック はいはい、ありますね。

山本  各地方自治体の、
    財団法人・国際交流協会の中に、「JICAデスク」等があって、
    そこに座ってる人、というと怒られるかな。(苦笑)

    そこで仕事をしている、
    たしか月給27万円かなんかですね。

    昔は3年契約で、今は2年契約になったのかな?

マック 今も3年だと思いますね。

山本  あーそうですか。でも3年で終わりなんですよね。

マック そうですね、一旦、契約終了ですね。

山本  あれは更新できるんですかね?

マック どうなんでしょうか、周りには更新した人はいませんが。

山本  ですよね。

    私も更新した人周りには知らないんですけど。
    (だから、多分、更新できないんじゃないかと思います。)

    それとあとその、JOCAですね。
    社団法人・青年海外協力協会に行く方もいますよね。

社団法人 青年海外協力協会(JOCA)
http://www.joca.or.jp/

    あとは、福島、長野の訓練施設に就職する人も知ってるんですよ。

JICA二本松
http://www.jica.go.jp/nihonmatsu/

JICA駒ケ根
http://www.jica.go.jp/komagane/

マック そうですね。

山本  他に何か知ってます?

マック 国際協力関係ですよね?

山本  (国際協力)関係で、関われる、
    JICA職員や、開発コンサルタント(会社たち)や、国連(系)以外で。

人材募集・研修 - JICA
http://www.jica.go.jp/recruit/index.html

PARTNER - 国際協力キャリア総合情報サイト
http://partner.jica.go.jp/

国連JPO
http://www.mofa-irc.go.jp/boshu/boshu_aejpo.htm

日本工営株式会社 
http://www.n-koei.co.jp/

株式会社コーエイ総合研究所
http://www.kri-inter.co.jp/

IDCJ 財団法人国際開発センター
http://www.idcj.or.jp/

ICネット
http://www2.icnet.co.jp/

マック ですよね。うーん、それぐらいじゃないですかね。

    (国際協力)推進員は
    JICAと直接個人で契約を結ぶ形ですね、
    ああいう形の仕事って推進員以外にも幾つかあると思うんですが、
    他の名前の仕事が、
    国内○○なんとかかんとかがあるんですけど。
    そういう直接雇用契約を結ぶ仕事以外では、何かあるかな。
    JOCA(青年海外協力協会)でしょ。

・・・

マックさんの補足(青年海外協力隊後の就職先の候補たち)


マック その後、調べてみました。


    企画調査員(ボランティア)
http://www.jica.go.jp/recruit/volunteer/index.html
    
    JICAの在外事務所、支所等の拠点において、
    青年海外協力隊員やシニア・海外ボランティア等の
    ボランティア活動全般を サポートする人材で、
    契約期間は通常2年です。 
    当該国の開発課題に沿ったボランティア派遣計画の策定や
    各ボランティアの所属機関との交渉をはじ め、
    ボランティアの活動支援にかかる危機管理や経理・事務処理など、
    広範な業務を担います。

    勤務期間2年 最低1年以上の海外生活経験等 27歳以上65歳未満


    在外健康管理員
http://www.jica.go.jp/recruit/medicalstaff/zaigai.html
    
    JICAの在外事務所で、JICA関係者
   (職員、専門家、青年海外協力隊員等)
    の健康管理支援を行う看護師で、
    契約期間は通常2年か ら3年です。
    日常的な健康相談や開発途上国における疾病の予防対策、
    医療情報収集等の啓発活動から、
    病気や事故などの緊急時に、
    現地医療機関と JICA本部、
    顧問医との架け橋としての調整業務に携わります。    

    勤務期間2、3年 看護師免許 途上国経験 65歳未満 
   

    市民参加協力調整員
http://partner.jica.go.jp/shigoto/job/job_12.html
    
    JICA国内機関に配置され、
    担当地域の国際協力活動の促進・助長ために活動する人材で、
    契約期間は通常1年から3年です。
    草 の根技術協力事業に関する応募相談や案件形成、
    事業提案書の作成支援や、市民参加協力事業にも携わり、
    開発教育の支援業務等も担います。
    その他、各地域の ニーズに応じた幅広い業務に従事します。
    
    条件 1〜3年契約 専門分野業務経験5年以上 30歳以上
    

詳しくはパートナー参照。
http://partner.jica.go.jp/

・・・

青年海外協力隊後の、その他の就職先の検討


山本  (協力隊の)訓練所は?

マック あれもJOCAなんですよ。

注:
JOCA(青年海外協力協会)が、
派遣前の協力隊員の訓練を、JICAから代行(?)して行っている。

    あとはJICA関係では・・

山本  JICEとかありますかね。

JICE 財団法人 日本国際協力センター
http://jice.org/

JICS 財団法人 日本国際協力システム
http://www.jics.or.jp/

JETRO 日本貿易振興機構
http://www.jetro.go.jp/indexj.html

在外公館派遣員制度
http://www.ihcsa.or.jp/0000top.html

外務省 在外公館専門調査員制度
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/senmon/index.html

マック そうですね、JICEもありますね。
    JOCAもJICAの仕事を入札する事が多いんですが、
    他の業者ももちろん、公示ですので、入札には参加できます。

    私の今の業務も
    他のNGOなどが請け負う形もありうるわけですので、
    そんな会社や団体やグループなりが仕事としてはありますよね。

    たとえばエイズ(隊員の派遣前)の技術補完研修も、
    NGOのシェアが受託してますので、
    そんな感じでなら思いつくんですが。

山本  そうかそうか、それで思いつきましたけれど。
    NPOやNGOの中に、
    元JICA職員や専門家の方がやってるグループは
    結構いっぱいあるんですよ。

マック はいはい。(笑)

山本  例えばそのシェアも。

シェア=国際保健協力市民の会
http://share.or.jp/

マック 。。。。。

山本  シェアもJICAの(元)専門家の方、私の知人が、
    理事の一人をやってますんで、
    まあそういう
    (JICA関係者がからんでいる)NPOはいっぱいあるんですよね。

    あーそうかそうか、(協力隊後)そこに就職する手はあるな。
    それなら俺(自分で)調べられるな。

マック そうですよね。

    僕がもしエイズ関係のNPOをやっていれば、
    僕があの研修を受託して開催できる訳ですよね。

山本  シェアさんより安く、内容も豊富であれば。

注:
先日の事業仕分でも問題になっていたが、
政府系の業務を、一業者が独占して代行しているのは問題がある。
健全な(複数の団体からの)「競争入札」があって、当然。
青年海外協力隊の派遣前研修も、職種ごとに、
一つの団体が独占して訓練が行われている現状は、問題である。
福島・長野の二か月の研修も、
(職種ごとの)技術補完研修たちも、両方、ほぼ独占されているのが現状。

マック 割と色々なグループの中から、
    関係する事は出来るのかなとは思いますが。

    それ以外には、まあ他にあったら、僕が行きますよね。

    あとはNGOに入るとか?

JANIC(NPO法人・国際協力NGOセンター)
http://www.janic.org/

日本国際ボランティアセンター(JVC)
http://www.ngo-jvc.net/

    それぐらいなんですかね。

山本  例えば、(職種が)村落(開発普及員)の農業系の人とかが、
    村落じゃなくても農業の人とかが、
    アジア学院とかで
    (派遣前の技術補完)研修を受けてますけども、

    あそこも研修をJICAから請け負うと、
    結構な金が貰えるんですかね?
    へんな話ですけど(笑)

アジア学院WEBサイト
http://www.ari-edu.org/main.html

マック さあどうなんですかね。

山本  500万くらい、
    もしくは1000万くらい貰えるんですかね?

マック ねえーーー。

山本  だったら「乗っ取り」じゃないですけど、
    (他の団体がその業務を代行したい、という可能性があるかも)

マック 具体的な金額とかは見た事がないんですよね。
    でも乗っ取りも可能ですよね。

    僕も将来的には、全然違いますが、
    自分も農業には興味があるので、そんな場所を作って、
    国際協力と繋げて仕事ができたら良いなと思ってますけれど。

山本  農業に興味あるんですね、それは初耳ですね。

マック いつかはやりたいなと思いますね。

・・・

青年海外協力隊から帰国後、三日間の再就職アドバイスがある?


山本  あっそうだ、ちょっと戻って、その帰国して(から)、
    3日間の(将来のアドバイスの)研修(?)があるじゃないですか。
    あれは正確には3日でした?

マック 正確には2日ですね。

    2日間の帰国時研修、
    プラス3日目の就活セミナーですね。

    必ず出なければならないのは最初の2日間ですね、
    3日目は任意の参加です。

山本  そのスケジュールを具体的にお願いできますか?
    (まず)初日は?

マック (協力隊から)帰って来て、
    3日間の帰国研修のオリエンテーションがありますね。

    お帰りなさいみたいなのがあって、
    (広尾のJICA)地球広場で担当者に簡単な帰国報告をします。

    それで終わりかな。あとは書類なんかは貰いますね。
    それくらいですかね。

    2日目は健康診断と、公用パスポートの返却、書類提出などですね。

山本  このときは血は採らないんですか、検便とか?

マック はい、採りましたね。あとは超音波エコー検査。

山本  検便をするのは、寄生虫感染が非常に多いからですね。

注:超音波エコー検査は、
途上国には、マンソン住血吸虫(じゅうけつきゅうちゅう)、
ビルハルツ住血吸虫、という、
足などの皮膚を貫通して人体に侵入し、
肝臓の中に巣を作る(将来、肝硬変を起こす)寄生虫がいるため、
それを発見するためなどの目的で行われるはず。

マック 出発のときの健康診断と同じ内容だと思います。

山本  えー、で、2日目が健康診断と?

マック 公用パスポートを返却したり。

山本  外務省用の、濃い緑色の?

マック そうです、公用旅券ですね。
    それで自分の赤いパスポートを返してもらいます。

山本  はい。

マック そんな作業をしますね。
    健康診断が時間は掛かりますね、半日くらいですか、
    待ち時間やらなんやらで。

    2日目はそれくらいですね。

山本  じゃあ大した事やってないですね。

マック そんなに大した事はやってなかったと思いますが。

山本  で3日目ですか?

マック そう、もしよければ、
    就職のガイダンスがありますから、受けたい人はどうぞと。

山本  じゃあ3日目は受けない人もいるんですか?

マック ええ、もう仕事が決まってる人なんかは帰りますよね。

山本  「現職参加」の人とかもですね。

現職参加制度
http://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/incumbent_volunteer/incumbent_participation/

マック 僕のときは土日を挟んだんです。
    水曜の夜に帰国して、木曜日金曜日で帰国の仕事を済ませ、
    土日を挟んで月曜日が就職ガイダンスですね。

山本  あー間があったんですか。

マック そうです2日間が無駄なんで帰ってしまう人も結構いましたね。

山本  で、受けました?その就職ガイダンスは。

マック 一応出席しましたよ。

山本  何をやりました?

マック お一人が経営コンサルタントの方で、
    あとは国際機関で働いた事がある人のお話を聞きました。

    これから国際機関なんかで働きたい人に、
    どんなキャリアが必要なのか、
    みたいな話をされていたように思います。

    あとはどこかの就職斡旋所の職員さんもいらしてました。

ハローワーク・インターネットサービス
http://www.hellowork.go.jp/

山本  東京のかたですかね。

マック そうでしょうね。
    協力隊経験を、いかに履歴書に書き表すか、
    みたいなお話をされてました。

山本  どうやってアピールするんですか?

マック いやもう忘れちゃいましたよ。

山本  その方は職業訓練校の話なんかもされてましたか?

ハローワーク職業訓練〜職業訓練校面接・試験〜
http://kunrenkou.seesaa.net/

マック それはなかったですね。

山本  あーそうですか。

マック 個人的には知ってましたけど、話しはされなかったですね。
    あとは、一般企業の人事部の方がいらっしゃってました。
    面接のときの受け答えのようなお話をされてましたね。

山本  どういうふうにすれば良いんですか?

マック さあ、もう忘れましたね。

山本  あーそうですか。

マック そんなに変わった事はおっしゃってなかったですが。

山本  まあ一般的な事ですかね。

マック そうですね。

山本  じゃあ、国連とか狙うときのキャリアの説明と、
    履歴書の事をしゃべって、
    どっかの会社の重役が一般的な事をしゃべったと。

    以上3つで終わりですか?

マック その日は3つですね。
    で、その人達は全部で5人とかいるので、
    日替わりで組み合わせは変わるようですが。

山本  で、参考になりました?

マック 実はその当時、短期ボランティアでM国に戻る話しが進んでいて、
    あんまり聞いてなかったんですが。

短期ボランティア
http://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/short/

    戻るつもりでいましたので。
    結局は戻れなかったんですが。

    参考になったかと言えば、協力隊仲間に聞いても、
    あまり評判はよくないですね。

    就職を斡旋してくれる訳でもないですし、
    それを期待していくと、相当期待はずれですね。

山本  まあ大学院に行ってね、
    専門家を目指す人もいると思うんですけれども、
    大学院の具体的な紹介とかはありましたか?

マック 個別に相談していたと思います。

    何人かは進学組の話しも聞いてますが、
    彼らは帰国前から大学院進学を決めていましたから。
    帰国の時点では進路は決まってました。
    スケジュール的に間に合わないんですよね、6月帰国だと。

山本  まあ大学院に行くつもりの人は、
    協力隊後半の時期に願書を出しまくる事を
    やってるってことですかね。

マック 実際には、6月帰国だったので、同年度の受験は間に合わず、
    次の年に受験する人が多かったようですが。

・・・
・・・

このブログの続きはこちらへ
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469571.html