.


ひげさんは、修士取得後、どちらに進みたいか?


山本 で、えっとあなた的には、どっちに進みたいんですか?
   (国連系、政府系、民間系のどちらですか?)

   やっぱり、ま、協力隊上がりですから、
   まぁ普通に考えると、
   JICA系に行くのかなと、周りは思うと思いますけど?

ひげ そうですね、一応そのつもりが8割位ですね。

山本 はい。
   JICA系のエリートコース、勿論、
   JICA職員にね、中途採用等で・・

   あっ!これ聞きたいんですけど、
   大学院卒業後に、いわゆる「新卒」の枠で、
   新卒としてJICA職員を受験出来るんですか?

ひげ 出来る人と出来ない人がいます。
   というのも、社会人上がりで来てる人が、
   もぅ(入学者の)8割位なんですね。

山本 なるほど。

ひげ 学科自体が。
   だからその8割の人は、もぅ新卒じゃないです、既に。
   社会人経験があるんで、
   JICAの「中途採用」でしか受ける資格がない。

山本 分かりました。
   要するに、大学院卒業生といっても、
   大学からそのまま大学院に来たやつは新卒で行けるけれども、
   1回でも日本の会社で働いたやつは、
   (新卒の枠では)受けれないってことですね?

ひげ はい、資格が無いですね。

山本 謎が解けました。そういうことだったんですねぇ。

ひげ 要するに既卒扱いな訳ですね。

山本 なるほど。

ひげ はい。

山本 あなたはどっちなんですか?

ひげ 私は既卒ですね、サラリーマンを3年やって、

山本 あ、そう、そうでしたね。

ひげ (会社を辞めて、その後)協力隊を2年やって、
   で(長崎大学・大学院に)入ってますので。
   もう新卒は今から7年8年前に終りました(笑)。

山本 すると厳しいですね。
   えっと(その)理由は、

   新卒だと、例えば1000人受験して、ま、年によりますが、
   40人前後採用等の
   (過去の)数字(データ)があるんですけれども、

   中途採用の場合は、
   私が知ってる限り、確か去年は・・
   普通はですね400人受験して15人採用、
   位のことが多かったんですが、
   去年は確か1人だったという…、
   聞いてますか?

ひげ いやそこまでの詳しい数字は聞いてないんですけど、
   人数はかなり絞った、というのは聞いてますね。

山本 あの、(中途採用は)1人だったみたいですよ。

ひげ へぇー。

山本 ていう位、要するにまぁ、
   倍率400倍とかそういう話です。
   ちょっと(採用されるのは)無理だと思います。

ひげ 宝くじですね。

山本 そうですね。
   要するに、
   今言った(JICA)職員を狙う方法もありますが、
   (厳しいので)
   JICA専門家を狙うしか、はっきり言うと、ないのかな。

ひげ 大学院自体も、実はもぅ、入って来る時に、
   (国際協力の)「経験者を求む」で、
   (応募を)出してるんですよ。

山本 はい。

ひげ なのでまぁ、そもそも社会人が多いという。

山本 はい。

ひげ 私もそれで入ってるので、新卒ではないので、
   結局は(JICA)専門家を目指していく、
   という形にはなると思います。

山本 なるほど。
   じゃぁマスター(修士)取って…、

   なるほど、それで分かった。

   マスターだと、今、(国際協力をやりたい人の中で)
   マスター持ってる奴は、うじゃうじゃいるので、
   PHD(博士)まで取らないと、
   JICAの、技術協力専門家になれないよね、
   って思ってる人は、PHD(博士課程)へ行くでしょうね。

ひげ その可能性はあります。

山本 なるほど、分かりました。


・・・

国連JPO試験への可能性は?


山本 長崎のその同じMPHを取った後に、
   国連とかJPO行った人の話は聞いた(ことある)?

ひげ は、聞いてないですね。

山本 ないですね。
   分かりました、はい。

ひげ 結構あの、年齢がですね、
   1(期生)、2期生は、結構もぅ30…、
   平均年齢30超えてるはずなんですよ。

山本 なるほど。

ひげ JPO(の応募条件)が35(歳以下)とかですよね。
   半分はおそらく年齢的にー、(無理)なはずですね。

注:
同じJPOで派遣される場合でも、
ユニセフは、32歳までじゃないとダメという噂もある。

山本 なるほど。

ひげ 我々も、えーっとー、11人中20代は4人。
あとの7人は30超えてます。

山本 はい。

ひげ え2年経つと、ぎりぎりの人も出てくるということです。

山本 しつこいようですが、あなた今何歳でしたっけ。

ひげ 31です。

山本 ということは、卒業時は、

ひげ 33の年になりますね。

山本 じゃぁ、JPOは一応ぎりぎり受けれるということですね。

ひげ ぎりぎり受けられますね、えぇ。

山本 失礼ですけれども、JPOの場合は
   TOEFLEのCBTかIBTが必要だと思いますが受けた事あります?

ひげ ないですね。

山本 ないですか、じゃちょっと恐ろしいものもありますね。

ひげ えぇ。

山本 あのーもし受ける場合はね。

ひげ えぇそうですね。

山本 なるほど、だいたい状況は分かりました。

・・・

奨学金はとったか?


山本 あとは、奨学金か。
えっと今奨学金は何か貰ってますか?

ひげ 貰ってない、あ!今申請中です。
   育英会の。

山本 どの育英会ですか?

ひげ えーっと、日本…。

山本 学生、

ひげ 何とか機構。

山本 あ機構か。
   それ私の本に書いてあるやつですか?

ひげ 申請すれば、比較的貰えるようなやつです。

   (ひげさんが、そのサイトを、ネットで検索中)

独立行政法人 日本学生支援機構-JASSO 日本育英会
http://www.jasso.go.jp/

山本 日本学生支援機構、それ私の本にもだしてるやつ、
   1番有名なとこですね。

ひげ そうですね。

山本 の中にあるどれかってことですよね?

ひげ はい、あのー、1種と2種があって。

山本 あれ幾らくらい貰えるんでしたっけ?

ひげ えーっと、利子無しが8万8千円と5万円。

山本 月(にもらえる額が)?

ひげ 月ですね、はい。
   で利子有りが、えっと5万円から10万円超までありますね。
   私は…。

山本 それ、やっぱり返すの?

ひげ はい、基本的には。
   で、えーっと、一応成績次第で、減免かもしくは全免か。

山本 なるほど。

ひげ それ申請中で、6月に結果が来ると。
   で去年までは何か(みんなとれてた)。

山本 結構取れてたという?

ひげ そうですね、全員取って、1種で、利子無しで。

山本 なるほど。

ひげ えぇ。

山本 成績次第っていうのは、大学院での成績が、
   成績優良であることを証明する何かがあればいいと。

ひげ なんか、その点数があるみたいですね。
   あのー…、どういうのがあったかな、忘れちゃったけど。
   何か大学院で、各大学院で設定してるらしいんですよね、
   成績とか。
   ま、うちの大学は無いんですけど、チューターをやるとか、
   先生のチューターをやると点数が稼げて、
   それはあの、奨学金を返す時のポイントになるみたいな。

山本 先生のチューターって何ですか?

ひげ えっと、授業ありますよね。
   であの、授業行くと大学院生(が、授業の手伝いのために)
   いたりするじゃないですか、同じ部屋に。
   で、それ、あれですあれ。

山本 なるほど。

ひげ であれは、うちの大学院は学部が無いので、
   その制度が無いですけど、
   他の大学院だとそういったものが、
   減免とか全免とかのポイントになるらしいです。

山本 は、は、なるほど。

ひげ で詳しい内容はよう分からんですね。

山本 まぁその日本学生支援センターですかね。

ひげ 日本学生支援機構ですね。

山本 に申請中だということ。

ひげ えぇ。

・・・

JICAの国内長期研修制度(国長研)に応募しなかったのか?


山本 あともう1個聞きたいのがですね、
   あの、私、協力隊関係と非常に、ま、懇意にしてるんで、

   えっと、協力隊の経験があるとですね、
   (その後)例えば、JICAの

   「ジュニア専門員制度」(ジュニ専)とか、
   「国内長期研修制度」(国長研)に申請して、
   (奨学金のような)お金を貰って、
   それで大学院に行くやつもいるんですけれども、

   ま、その2つはですね、
   国内の大学院に行く場合でも、
   お金が貰える制度だったと思うんですけど、
   何でそれに募集しないんですか?

ジュニア専門員とは
http://www.jica.go.jp/recruit/jrsenmonin/index.html

平成23年度入学 海外長期研修及び国内長期研修
http://www.jica.go.jp/recruit/choukikenshu/index.html

   それ聞きたいです。

ひげ それはですね、
   「国内長期研修制度」のやつ(試験)とですね、
   去年重なってたんですよね。

山本 何が?

ひげ 受験が。

山本 あ、これの?

ひげ はい、大学院の。

山本 長崎大学・大学院の?

ひげ はい、なもんで、大学院の方、受からんと、
   奨学金も無いだろうということで、
   ま、諦めたというところもありますね。

山本 なるほど。
   あー、なんか、博打で嘘付いて、
   「受かった」とか嘘付いて
   申請することはしなかった訳ですね?

ひげ しなかったですね。

山本 なるほど。

ひげ あの、両方こう、あっち(国内長期研修制度)も
   色々書くことがありますよね。

山本 はい。

ひげ だから、まぁ両方やってて、
   両方潰れたら洒落にならんということで、
   年齢も年齢ですから、
   ま、大学院一発で決めたいということで。

山本 なるほど。

ひげ 大学院の方を取ったという形ですね。

山本 博打はしなかったということですね?

ひげ はい。

山本 ちなみに(やらなかったけど、検討したのは)
   どっちを申請しようとしたんですか?
   国長研の方ですか、ジュニ専の方ですか?

ひげ えっと、国長研(を検討したけど)応募しなかったです。

山本 (国長研)を、ちょっと見当したけれどもやらなかった。

ひげ やらなかった。
   「ジュニ専」の方は、ジュニア専門員はですね、
   むしろこの(大学院を)卒業した後に。

山本 やろうかなと?

ひげ そうですね、1つ道としてはあるのかなと思ってますけど。

山本 なるほど、それは分かります。

ひげ 実際、B国に派遣された、私の1こ上の先輩が、
   マヒドン行ってるんですけれども、やっぱり。

山本 タイのマヒドン大学?

Mahidol University, THAILAND -- Wisdom of the Land
http://www.mahidol.ac.th/

ひげ えぇ、
   MPH(公衆衛生学修士をとるコース)行ってるんですけれども、
   彼女が今年の5月に帰国するんですけれども、
   その後彼女は「ジュニ専」行くと思いますね。

山本 じゃぁ、ま、
   修士取ってから「ジュニ専」に応募した方が、
   より審査に通る可能性が高くなるということですか?

ひげ そうですね、
   確か修士が(応募)条件じゃなかったですかね?

山本 あ、そうですか。

ひげ ジュニ専は。

山本 確かね、修士を持ってるか、
   もしくは修士をとる見込みが確実なものとか…。

ひげ そうですね、そうですね。

山本 (応募条件に)よくわかんない書き方してるんですよね。

ひげ それ(修士)相当のもの、ですね。
   ごく稀に、学部(卒)の人間も受かるという。

山本 なるほど。

ひげ はい。
   ま、これに関しては、今のところ自分でやってて、
   奨学金を申請中と。

・・・


・・・

このブログの続きはこちらへ

http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65473979.html