.

当法人は、
世界中の人々に「大切なものの絵」を描いてもらっている
「お絵描きイベント」というのを行っております。

青年海外協力に参加されている方々も多数、
この活動に協力して下さっています。

今回は、宮澤久美子さんが、
青年海外協力隊で、アフリカのブルキナファソへの派遣中に、
当法人の活動を知って、
「大切なもの」の絵を子どもたちに描いてもらい、
集めてきて下さいました。

彼女は帰国後、
JICA駒ケ根・青年海外協力隊訓練所の協力のもと、
現在、地元の、長野県の各地で、この絵の展示会を行っています。

絵を描いた子どもたちの写真はありませんが、
代わりに、
ブルキナファソの民族衣装や楽器、
彼女自身が説明してくれるパワーポイントの映写などもあり、
かなりバラエティーに富んだものでした。

以下、今後のイベントの紹介です。


「アフリカ子どもの絵展〜大切なものは何ですか?」

8 月 1 日(日)〜 9 日(月)

長野市もんぜんぷら座 2 階 ミニギャラリーにて 
http://www.monzen-plaza.com/