.

しばらく、コメントの投稿を禁止にしていました。

理由は、以下です。


1.
最近、私のブログで、
国際協力をやっている人に対する
インタビュー記事を掲載していました。

(かなりの膨大な量をアップしました。)

http://www.ets-org.jp/hosoku/blog_000.html

で、私が(自分で思っていることを)書いた記事に対し、
私が批判されるのは、別にかまわないのですが、

インタビューに応じて頂いた方に対する、
なんらかの批判や悪口が、
コメントに書かれるのは困る、と考えています。

実際、そういうことは時々あったため、
即座に、そうしたコメントは削除しました。

しかし、私は、1日中、パソコンの前に座っているわけではないので、
すぐに削除できないことがあります。
こうした場合、そうした問題のある投稿を、
一般の読者やインタビューを受けて下さったご本人が
読んでしまう可能性があります。

ですので、
これを防ぐために、コメントの投稿を禁止にしていました。

また、
インタビューに応じて頂いた方は、
なんらかの理由で、自分の名前や所属する組織を隠したいから
匿名にしているのにも関わらず、

コメントの中に、その人の名前や所属する組織を、
書きこんでしまう方も、いらっしゃいました。

これを行われると、
インタビューを受けて頂いた方に、
多大な迷惑がかかります。

基本的に、私のブログ上でのインタビュー記事は、
本人の名前と、所属する組織名を隠すことによって、
通常の、マスコミでは報じられない、
国際協力の表と裏の両方を紹介する、
という方針で構成しています。

私は根本的な部分で、
国際協力をする人を増やす活動をしているので、
裏の部分の、
いわゆる国際協力組織の悪口だけをとりあげる気もないので、
結果として、
非常に中立で公正な、正しい情報を読者に届けられると、
考えています。

が、ともかく、これを行うためには、
インタビューされた方の、
本名や所属組織を、
コメントする方が、勝手に曝露してしまっては困る、ということです。

通常、国際協力組織の雇用は、
長くても2年程度の、短期雇用です。
それが終わったら、
また次の就職先を探して、奔走しなければなりません。
(同じ組織に、再び短期雇用で再就職する場合も、多々あります。)

よって、
ご自身の将来の就職先を「せばめる」ことがないように、
インタビューに応じて頂いた方が、
「自分の所属する組織の悪口を言っていた」
などということが、読者に曝露されては困るのです。

ですので、コメントをされる方は、
上記のことに配慮して、投稿して頂ければ幸いです。


2.
ブログに対する投稿は、誰でも可能なため、
インターネットカフェなどから
悪意のある投稿をされると、
(発信者自身のIPアドレスを特定できないため)
それを防ぐことができません。

(家庭や職場からの投稿であれば、
 指定したIPアドレスからの投稿を、
 やろうと思えば、こちらで禁止できます。)

mixiやtwitterの場合、
(匿名にせよ)本人が特定されるため、
強烈な悪意のある投稿は少ないのに比べ、
ブログに対するコメントは完全に野放し状態なので、
管理のしようがないのが実情でした。


3.
私のブログでは、私の実名を公開して行っており、
連絡先の(事務所の)住所や電話番号なども、
NPO法人・宇宙船地球号のサイトの方に
明記して活動を行っています。

つまり、責任を持った形で、
記事を書いています。

しかしながら、
ブログに対するコメントは、
まったくの匿名で、
(Eメールアドレスなどの個人情報もわからず)
しかも、
一方的に(論理的な根拠のない)悪口(誹謗中傷)が
書かれることがあり、
対応に困ることもありました。

まあ、幸いなことに、
私は一般の人にはそれほど有名ではないので、
こうした悪口は、まだコントロールできる数なのですが、
たまに
マスコミに出ることがあるため、
今後、あまり増えすぎては困る、と考えています。


と、いうような状況で、コメントを投稿禁止にしていたのです。


が、
インタビュー記事の連載が、ほぼ一段落したため、
いったん、コメントの投稿を可能に戻します。

なにか、言いたいこと、書きたいことがある方は、
この間に、ご投稿下さい。

また、私からの返信が欲しい方は、
コメントではなく、
Eメールを以下に送って頂いたほうが、
私が返事をする可能性は高いです。

info@ets-org.jp

(NPO法人・宇宙船地球号の
 Eメール管理担当者が、まずこれを受信しますが、
 その内容が山本宛ての場合、
 私に転送されてきますので。)