.

保健師、助産師は、持っていないこと


山本 そうですか。
ま、ここで(読者のために)少し解説的質問をすると、

やまこ はい。

山本 あの、あなたは、看護師は持っているけれども、
保健師と助産師はもっていないと?

やまこ あ、持っていないですね、はい。

山本 ですよね。

で、協力隊の要請案件の中に、
    保健師が、
(保健師)的なものが多いのは知っていたけれども、

やまこ 知ってました。

山本 (自分がそれを)持っていないことも
わかっていたわけですね。

やまこ 知ってました。

山本 わかりました。
えっとこれは解説のためにしゃべってます。

(注:要するに、青年海外協力隊に行きたいなら、
 看護師だけじゃなく、
 通常、(国家試験に合格すれば)
 看護師と同時に取得できる保健師や、
 看護師取得後、1年で取得できる助産師も、
 あったほうがよい。
 その方が、途上国からの要請案件に適合し、
 選ばれる(合格する)可能性が高くなる。)

やまこ はい。

・・・

保健師的仕事か、教育係か、看護師として直接医療か?


山本 で、結局その(一回目と二回目で)落ちたのは
    (話が長くなるから)ちょっと聞かないで、

3回目に受かった時に、そのー、
3つ書くじゃないですか、あのー、えっと、
自分が行きたい要請案件を。

(注:協力隊の応募用紙に、通常、第1から第3希望まで書く。)

やまこ そうですね、はい。

山本 第一、第二、第三希望書きますよね。

やまこ はい、はい。

山本 ま、第一希望は、えー、
派遣された国、南米のC国だったんですかね?

やまこ そう、そうですね、はい。

山本 南米のC国で、えーと看護師の案件で、

やまこ はい。

山本 えーっとあのー、
    (青年海外協力隊の場合)

    看護師の案件は、ま、
    大きく分けて3通りくらいあってですね、

やまこ はい。

山本 私の認識では。
ま、

    1)保健師的な公衆衛生、住民の衛生教育(をする)
     っていうやつと、えとー、
    2)途上国側の看護師などに日本の看護技術等を教える
     のと、
    3)自分で(直接的に医療を)看護師(として)やる、
     っていうので、

やまこ はい、そうですね。

山本 基本的に協力隊の看護師の案件は、
    ま、一番多いのは保健師的なやつで、

やまこ そうですねー、
    プロモーション(振興・啓発・教育)ですよね。

山本 2番目(に多いの)が教育、
    3番目に一番少ないのが、自分でやるというやつ。

で、(あなたの合格した要請案件の場合)
    結局どれでした?

やまこ プロモーション・・・。
    いや、まあ保健師的な・・・保健師寄り??
    の、プロモーションの案件でしたね。

山本 保健師寄りの。

やまこ はい、予防教育、
    
山本 予防教育。

やまこ と、(C国の地域の)診療所の、まぁ日頃のお手伝い。

・・・

どんな予防教育をしていたのか?


山本 予防教育は普通の村民、村の一般民・・・
    
やまこ いや、子どもです。

山本 あ、子ども。

やまこ はい。

山本 子どもに対する予防教育。

やまこ はい。

山本 感染症

やまこ いや、南米のC国は、あのー、
    決して途上国ではなく中進国なので、

(注:途上国と先進国の間の国を、中進国と言う。
 英語だと
 more developed country : MDC
 または
 newly industrializing economies : NIES
 という。
 なお、南米のC国は、
 BRICSやNEXTイレブンなどの、
 いわゆる新興国(emergent nation, emerging country)
 には入っていないが、
 (欧米と日本などで構成される)
 経済協力開発機構(OECD)
 (Organisation for Economic Co-operation and Development)
 のメンバーなので、
 先進国にかなり近い存在と言ってよい。
 要するに、彼女が協力隊として行った国は、
 はっきり言えば、『ほぼ先進国』だったのである。)

山本 はい。

やまこ 日本とわりと(成人に多い病気も)似てて、
    慢性疾患(成人病、生活習慣病)とか(が多く)、
    たばこの予防とか(の啓発が必要で)、

山本 はぁ。

やまこ ま、そういう・・・

山本 はい。
    (あなたの言う)慢性疾患って、
    生活習慣病系(のこと)ですか?

やまこ そうですね、そうですね。

山本 所謂(いわゆる)、糖尿病、高血圧とか。

やまこ もう、そういうのも入ります、はい。

山本 はい。あと、タバコ吸うな、と。

やまこ はい。ま、それも入ります。

国が
    (酒、タバコ、麻薬などを予防するため、
     子どものうちから、そうした教育をする)
    プロジェクトをやってるのに、
    まー、マンパワー(が足りなくて)・・・、

    (それを補うために、青年海外協力隊が派遣され)
    若干マンパワー的なところで、
    (その政府のプロジェクトを)やるーという感じですね。

山本 あー、なるほど。

やまこ はい。

・・・

南米だけど、麻薬と内戦は?


山本 ちょっと、余談ですが、私、あの南米はですね、

やまこ はい。

山本 ブラジル、ペルー、コロンビアと行っているんですけど、

やまこ はい。

山本 ま、特にコロンビア、麻薬と内戦とかがすごいんだったかな、

やまこ はい、その辺は、はい。

山本 C国はー、麻薬は?

やまこ は、あるっては聞いてますけど、
    多分コロンビアと比べてしまうとー

山本 ええ。

やまこ そこまで(はひどくない)。

山本 なるほど。

・・・

駒ヶ根の青年海外協力隊、派遣前研修へ


山本 ま、そうですね。
で、えーっと次は、駒ヶ根の、
    えーっとじゃあ、
    南米のC国は福島の二本松じゃなくって

やまこ はい。

山本 えっと長野県の駒ヶ根に行くんですね?

(注:青年海外協力隊の派遣前の二ヶ月間の研修は、
 長野県の駒ケ根にいく場合と、福島の二本松に行く場合がある。
 派遣される国や地域によって、分かれている。
 いずれにしても、
 現地にで必要になると思われる語学の勉強が中心になる。)

やまこ はい。

山本 えー、で、そこでー、2ヶ月間ちょっと・・・

やまこ そうですね、64日間

山本 はい。

やまこ 大分、あのー、
    (最近、事業仕分などの影響で)
    日数が減ったと聞いたんですけど、

山本 はい。

やまこ 64日間。
    (私の代は)
    シニア(ボランティア)の方と初めて合同で(合宿が)始まった、
    という代ですね。

(注:シニア・ボランティアとは、
 20歳から39歳までが応募できる青年海外協力隊に対して、
 40歳から69歳までの人が応募するための枠組み。
 より高い専門性が必要とされるが、給料は2倍以上もらえる。
 国によっては、
 住居などもかなり良く、プール付きの家などに住める。
 あまりに待遇が良すぎたので、最近やや質素にされた。)

山本 なるほど。

やまこ はい。

山本 もう2年前ー

やまこ そうですね。ちょうど、はい。

山本 それでー、えーっと、
    (駒ケ根の二ヶ月間の研修では)言語を、
    ま、主に言語を勉強すると思うんですが、

やまこ そうですね。

山本 じゃあ、スペイン語をやったと?

やまこ そうですね。
    もう全くゼロからのスタートでー、

山本 はい。

やまこ えーと、もう、アルファベットから数字から全部、
    もう全くゼロからのスタート。

で、噂に寄ると私のいた語学のクラスは一番下だったって(笑)

山本 なるほど。

それは重要な情報で、
    要するにスペイン語が全くできない人が、
    南米の案件に応募しても、受かることがあるという・・・

やまこ そうですね、というのはやっぱり
    (青年海外協力隊の)試験の時、
    英語(の試験)じゃないですか、

山本 はい。

やまこ でも、あれはある程度ラインを超えてればー、
    大丈夫だっていう噂を聞いてたのもあったので、

そういう(風に)、先輩の方からも(聞いてました)。

山本 はい。

やまこ 対策とか、いろいろ聞いて。

山本 はい。
英語ははっきり言って
    中2(が終わった)ぐらいのレベルで、
    通る(と聞いています)・・・

やまこ そうですね、
    本当に中学校のドリルを試験対策で、
    ま、一ヶ月前くらいから、
ま、ちょこちょこ勤務間みてやってた感じですかね。

山本 ええ、そうですよね。

やまこ はい。

山本 でも、あれ落ちる人はなかなかいないって・・・

やまこ そうですね、はい。

山本 なるほど。
で、まぁスペイン語ゼロから、
    まあ(合宿で)2ヶ月、勉強しましたと。

やまこ はい。

山本 で、
    (午前中は、基礎的な語学で、)
    例によって、午後はー、もうちょっとそのー、
    実際に現場に行った時に使うと思われる表現の練習で、
    看護隊員同士でお互いにー、

    (看護師と患者さんのふりをして、医療現場の練習をしたり、
     あるいは、子どもに予防教育をするために、
     教える役と、教えられる役を、代わりばんこにしたり)

やまこ やりましたねー。自主講座。

山本 ですよね。やったと。

やまこ はい。

山本 で、終わりましたと。

やまこ はい。

・・・

・・・

このブログの続きはこちらへ

http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65484393.html