.

逮捕

英警察当局は2010年12月ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジュを逮捕。英BBCなどが報じた。スウェーデンの裁判所から強姦などの容疑で逮捕状が出され、国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配。 8月にスウェーデンでアサンジュ氏に会ったとされる女性2人が強姦などの容疑で被害届

ウィキリークスのジュリアン・アサンジが2010年12月ロンドンで逮捕。警察によると午前9時半頃、警察署に現れ逮捕された。ウィキリークスのスポークスマンは「これまで通りの運営を続ける。アサンジに関するいかなる展開があろうとも情報の公開に関する予定に変更はない」。アサンジは容疑を否認

民間の内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏(39)の弁護士が、2010年12月、スウェーデン当局が同氏に対して出している強姦容疑での逮捕状は「有効ではない」との見解。スウェーデンと欧州の法律、また国際法のいずれの下でも、有効な逮捕状は出ていない、と主張。

スウェーデンの検察当局は2010年11月イラク戦争に関する機密情報などを暴露して注目される民間告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジュに対し、強姦などの容疑で逮捕状を請求した、と発表。アサンジュが海外を転々としているため国際指名手配する。8月に同様の容疑で逮捕状

・・・

妨害

ウィキリークスに対し、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは、サーバー貸し出し(ホスティング)を停止した。このためウィキリークスは、スイス・ドメインを取得し、サイトを再開した。 http://wikileaks.ch  または http://213.251.145.96/

・・・

目的

Wikileaks(ウィキリークス)とは、匿名による、政府や、企業、宗教に関わる機密情報を公開するウェブサイト。2006年から活動開始。120万の機密文書をデータベース化。ハッカー、ジャーナリスト等からなる。「我々の主目的は、アジア、旧ソ連、サブサハラ、中東の圧制を曝露すること」

ウィキリークスの創設者・ジュリアン・アサンジュは2010年10月、ロンドンで記者会見し、「民主国家は戦争を始める際に常にウソをつく。イラクでもそうだった。そのウソを暴いていく」と述べ、さらなる米軍の機密公開に踏み切る考え。彼自身は天才的なハッカーで米政府機関内に何度も侵入している

・・・

イラク戦争

ウェブサイト「ウィキリークス」が2010年10月、イラク戦争を巡るアメリカ軍などの機密文書約40万件(2004~9年)を公表。1)イラク戦争の死者は10万9千人で、6万6千人が民間人。2)米軍がイラク当局による拷問を黙認していた http://www.wikileaks.org/

ウィキリークスが公開して、イラク戦争でのアメリカ軍の非人道的行為は、1)イラク民間人の虐殺が6万6千人。2)米軍がイラク警察と軍による何百件もの虐待、拷問、強姦、殺人を調査しなかった。手足を縛られ、殴打やムチ打ち、電気ショックなどで6人の囚人が死亡。(なお個人名は削除されている)

・・・

アフガニスタン戦争

漏洩(ろうえい)文書を公開する民間組織ウィキリークスが、2010年8月、アフガニスタン戦争に関連する約7万6900の機密ファイルを公開。「Afghan War Diary」 しかし公開したURLは削除されてしまった。が、復活。 http://wikileaks.ch

ウィキリークスが公表した米外交公電。アフガニスタンでは、「閣僚名簿で汚職疑惑のないのは1人だけ」。「閣僚の信任投票で議員が賄賂を要求」。在アフガン米大使館は2010年1月の公電で、予想される新内閣のメンバーを紹介。ラヒミ農相について「賄賂の疑惑のない唯一の大臣とみられる」

・・・

原子力・核開発問題

ウィキリークスが公表した米外交公電。国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が2009年の就任直前、「重要な決定で常に米国側に立つ。幹部の人事案件からイランの核兵器開発疑惑への対応まですべての重要な戦略的決定で米側に立つ」と、米国の駐ウィーン国際機関代表部大使に述べていた。

ウィキリークスが公表した米外交公電。「サウジアラビア国王が米国に対し、核開発計画をやめさせるためにイラン攻撃を何度も強く促す」「中国政府の工作員らが2002年以降、米政府や企業、グーグルなどのコンピューターをハッキング」「米政府が、国連幹部らのクレジットカード番号等の調査を指示」

ウィキリークスが公表した米外交公電。イランが核兵器開発に成功した場合、サウジアラビアとエジプトの両国首脳が自国も核開発に着手する可能性があることを米国に警告。イスラム教シーア派国家イランの核保有をきっかけに、サウジ、エジプト両国など対立するスンニ派の中東各国による「核ドミノ現象」

・・・

北朝鮮

ウィキリークスが公表した米外交公電。「北朝鮮は駄々っ子だ」。北朝鮮の後ろ盾とみられている中国がその扱いに手を焼き体制崩壊に危機感。1)韓国の管理下での朝鮮半島再統一を望ましいとする中国高官の私的見解。2)中国が北朝鮮の体制崩壊時に軍事的な国境封鎖。3)難民30万人までなら受け入れ

ウィキリークスが公表した米外交公電。2010年2月、米中韓の高官が一緒に昼食をとった際の非公式記録で、韓国高官は「金正日総書記の死後2、3年で体制が崩壊する」と指摘。中国も「金総書記の死後の北朝鮮崩壊は止められない。北朝鮮に対する中国の影響力は大方の人が信じているよりずっと弱い」

ウィキリークスが公表した米外交公電。北朝鮮による弾道ミサイル発射実験後の2009年4月30日付の米国の北京大使館発の公電では、中国外務省の何亜非次官が米国の代理公使との昼食時、「北朝鮮は大人の注意を得るために『駄々っ子』のように振る舞っている」と表現した。英紙ガーディアンの報道。

ウィキリークスが公表した米外交公電。外交の場では、正式な会合以外に、その前後でランチ・タイム等を使った、食事をとりながらの、ざっくばらんな話し合いも行われることが多い。これは公式ではないのだが、お付きのものが、一応、記録に残す。その記録までも、ウィキリーキウスは入手し公開している

ウィキリークスが公表した米外交公電。北朝鮮が沿岸に海中核施設を極秘開発したとの情報を中国の専門家が2008年9月、米政府に通知。北朝鮮は同年6月、核開発計画を6か国協議の議長国・中国に提出。寧辺にある黒鉛炉の冷却塔を爆破し非核化に向けて前向きな姿勢を示していた、とされていたが・・

ウィキリークスが公表した米外交公電。中国政府内では北朝鮮批判を公言することは最大のタブーの一つだった。しかし漏洩により中国外務次官などが、「北朝鮮は大人の気をひく『駄々っ子』のような行動をする」「中国も北朝鮮のことが好きではないかも」「朝鮮半島はソウル支配のもとで統一するべきだ」

・・・

パキスタン

ウィキリークスが公表した米外交公電。駐パキスタン米大使は2009年2月4日付の公電でワシントンに「最大の懸念は武装勢力が核兵器を丸ごと盗むことではなく、施設で働く誰かが物資を盗み続け最終的に核兵器を製造すること。」 米国は対テロ戦でタリバンに対するパキスタンの支援を断ち切れず苦慮

ウィキリークスが公表した米外交公電。ロシア外務省は「パキスタンの核・ミサイル開発計画に直接携わっているのは12~13万人。全員が100%忠実できる保証はない」。米国は2008年「経済破断が差し迫っているのにパキスタンは世界中のどの国よりも速いペースで核兵器を製造している」。と指摘

ウィキリークスが公表した米外交公電。2001年以降パキスタンはテロとの戦いの名目で米国から160億ドル以上の援助。レーダー整備費として7千万ドル受け取ったがタリバンには空襲能力がなく「極めて疑わしい。米国の援助で武装勢力に対する支援を放棄するのに十分な見返りと考える可能性はない」

・・・

ドイツでスパイ

ウィキリークスが公表した米外交公電。ドイツ連立与党・自由民主党(FDP)党首のベスターベレ外相の側近が在ドイツ米大使館の情報提供者だったことが発覚、解任された。漏洩情報の例は「ドイツに配備された米核兵器の撤去を求めるベスターベレ氏に、キリスト教民主・社会同盟のショイブレ氏が反対」

ウィキリークスが公表した米外交公電。その漏洩情報によりドイツ外相の側近(元・秘書室長)が米国のスパイだったとして解任に。こうした不法なハッキングによる情報漏洩は、真実ではなく捏造である可能性も高いので、無視するのが一般的。今回のケースは本人が自白したため、処分に及んだと考えられる

・・・

武器輸出三原則

ウィキリークスが公表した米外交公電。日米両国が2014年をめどに共同開発を進める海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」について、2009年9月、米政府が欧州への輸出を可能とするために、日本政府に『武器輸出三原則』の見直しを求めていた。「将来的にはNATO等に売却する可能性」

・・・

企業の内部資料も公開

ウィキリークス広報担当のクリスティン・フラフンソンは2010年12月初旬、企業関係の内部資料も公開していく方針を明らかにした。ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ氏は2010年11月発行の米誌フォーブスのインタビューで2011年初めに大手米銀の内部文書を大量に公開すると発言

ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジは2010年11月29日発行の米誌フォーブスで2011年初めには大手米銀の内部文書を大量に公開すると発言。これを受け翌30日の米株式市場では、銀行大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)がウィキリークスの標的になるとの懸念から3%下落した。

ウィキリークスが、企業の内部文書も公開してゆくと言う。これは面白い。現在、欧米の多国籍企業の年間収支は、並みの大きさの国家の収支よりも大きくなっている。だから米政府の不正だけを正すのでは片手落ち。大企業ひしめくウォールストリートの不正を暴いて欲しい。CSRを浸透させるきっかけに!

・・・

各国の首脳の評価(米外交官

ウィキリークスが公表した米外交公電。「ベルルスコーニ伊首相は、軽率でうぬぼれが強く無能」「メルケル独首相は、リスクを避けめったに創造性を発揮しない」「カルザイ・アフガニスタン大統領は、被害妄想に駆られている。」「リビアのカダフィ大佐は、色っぽい金髪ウクライナ人看護師をいつも同伴」

ウィキリークスが公表した米外交公電。「ロシアのプーチン首相は主人公のバットマンで、メドベージェフ大統領は相棒のロビン」「北朝鮮の金正日は、体がたるんだ年寄りで精神的・肉体的トラウマを抱える」「フランス・サルコジ大統領は、怒りっぽく独裁主義的」