.

14人

「イベントをするくらい環境に悪いことはない」。一般的にそう言われている。1)大量の光熱費(電気等)を使う。2)大量のゴミが出る。3)大量の物資と人の運搬。4)大量の展示物の作成と破棄。やるなとはいわないが、これら負の要因を帳消しにするほどの効果があるかを常に自問自答する姿勢が必要


13人

よく有名なミュージシャンを招いて環境問題のイベント等を行うが、私は否定的。1)まずイベント自体が(電気を使いゴミを出すので)環境に悪く、2)イベントに参加して「きっかけ」だけもらっても何をしたら良いかわからない。3)仮に教えられてもそれを1年以上継続できる人は稀。つまりほぼ無意味


12人

日本の木材自給率(林野庁、木材需給表)。1955年、94.5%。1970年、45.0%。1980年、31.7%。2000年、18.2%。2009年、27.8%。木材の7割は(安価なものを)海外から輸入。このため国内の林業は荒廃。戦後植林した木々が成熟し収穫時期なのに働く人がいない


10人

「児童労働の背景には、教育や法制度の不備などからくる貧困の連鎖がある。単純に禁止するだけでなく、親の世代に『働きがいのある人間らしい仕事(ディーセントワーク)』をもたらす仕組みを作らなくてはいけない。」 ILO(国際労働機関)駐日事務所の長谷川真一代表、2010年12月、大阪にて


9人

「児童労働をなくすために今、何が必要か―児童労働の現状と撤廃に向けた課題―」 日時:2011年1月19日(水)18時30分から20時、講師:大間知 久美子氏(国際労働機関(ILO)駐日事務所)、場所:JICA地球ひろば1階市民のひろば http://bit.ly/eqUOGS


8人

NGOの人材募集を知りたいならここへ。ボランティア、インターン、アルバイト、契約社員・嘱託社員、正社員などの募集情報。大学生、大学院生、子育てが終わった主婦の方、退職後の方も。JANICの情報掲示板 http://www.janic.org/janicboard/recruit/

自殺率(人口十万人当たり自殺者数2009)。1位ベラルーシ35.1、2位リトアニア30.4、3位ロシア30。0、4位カザフスタン26.9、5位ハンガリー26.0、6位日本24.4。自殺率の高い国は旧ソ連や東欧などの元社会主義国家が多い。経済格差の拡大と不必要に増えた情報が原因か?

オバマ米大統領の妹、マヤ・ソエトロ(40歳)が2010年12月、講演のため沖縄を訪問。糸満市のひめゆりの塔で献花。ひめゆり学徒隊の生存者の新崎昌子(82歳)が案内して沖縄戦の悲惨さを伝え、「戦争をするのも、やめるのも人間です。世界の平和のために、ぜひ大統領に伝えて下さい。」

「世の人は我を何とも言わば言え。我なすことは我のみぞ知る」 坂本龍馬(1836- 1867年) 「わしは気づかんうちに、人を傷つけ人の恨みを買ってるかもしれん。しかしわしはのう、自分にできることをしただけぞ。お前もそうじゃ。お前の思うように、思うように好きに、好きに生きたらええ」


7人

同性愛が死刑となる国は9つ。サウジアラビア、イエメン、アラブ首長国連邦、イラン、アフガニスタン、スーダン、ソマリア、モーリタニア、ナイジェリア(北部のいくつかの地域)


6人

BOPビジネスの例。ある途上国では栄養失調が問題になっている。ビタミン等をサプリメント(錠剤)でとってもらえば良いのだが、現地の方は「おなかいっぱいになることを優先する文化がある」ため(小さい錠剤を)受け付けない。よって現地にある食材に日本式の「ふりかけ」をかけることを提案した。

原子力関係者の間で頭の痛い問題が原発から出るごみの処分場。原発は「トイレなきマンション」と呼ばれる。ただ、「マンション」の建て替えが議論になり始めた今になっても「トイレ」の位置が決まらない。原子力発電環境整備機構が全国から公募。しかし候補地に名乗りをあげている市町村は一つもない


5人

「日本が終戦という難局に直面した時から現代まで、時代をささえたのは女性たちだった。14万8千点の中から211展の写真を選んだ」日本写真家協会「立ち止まらない女性たち」11月13日~12月26日、日本新聞博物館(横浜市)。山本敏晴も1点寄贈 http://bit.ly/5nn4Pv

イランのテヘラン革命裁判所は2010年3月に治安当局に逮捕された映画監督ジャファル・パナヒに禁錮6年の判決。さらに監督活動などを今後20年にわたって禁じた。女性が男子サッカーを観戦できないイランの現状を皮肉った「オフサイド・ガールズ」で2006年のベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞

大学4年生から相談。「青年海外協力隊に落ちた。どうしたらいいか?」1)そもそも卒業後すぐ協力隊に行くのは勧めない。まず企業で社会人経験を。2)協力隊の倍率は職種にもよるが数倍。数回は受験する根性。3)他の選択肢(国連ボランティア、NGOインターン等)をJANICやパートナーで調査

林業の現状。1)就業者数は1965年26万人、2005年5万人弱。2)高齢化率は、1965年4%、2005年26%(全産業の高齢化率は9%)。3)所得は1年間で10万円(2008年、租収入178万円ー経営費168万円=10万円)。放置された森林はCO2吸収低下と火災などの自然災害

世界の難民(UNHCR、2008年)は、1)パレスチナ472万、2)イラク460万、3)コロンビア343万、4)アフガニスタン337万、5)コンゴ民主共和国192万、6)ソマリア186万、7)スーダン173万、8)ウガンダ86万、9)コートジボワール71万、10)スリランカ65万

イギリスBBCはトップニュースとして日本が防衛政策を大幅に変更したことを2010年12月に報道。中国の海洋軍事戦略の拡大傾向と、核武装した北朝鮮からのミサイル対策のため、陸上自衛隊よりも海上の防衛とミサイル迎撃に力をいれていくことなどを伝えた。一方、中国は「平和の為の力だ」と説明


4人

中国で映画の製作を禁止された、社会派映画監督、ロウ・イエ。「ふたりの人魚」(2000)でロッテルダム国際映画祭アワード。「天安門、恋人たち」(2006)。今回、『スプリング・フィーバー』(2009)を渋谷アップリンクで12月25日から上映 http://bit.ly/cTjo8H

映画「442」。第二次世界大戦当時、アメリカにいた日系人は、苦難な状況にあった。敵国人への差別と迫害。しかし彼らで編成された部隊は、ヨーロッパに派遣され勇猛に戦った。そしてアメリカ史上最強の陸軍に。12月25日より渋谷アップリンクXで上映 http://bit.ly/gng4fJ

ミレニアム開発目標。1)貧困と飢餓の撲滅、2)初等教育の完全普及、3)ジェンダー平等と女性の地位向上、4)乳幼児死亡率の削減、5)妊産婦の健康改善、6)HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止、7)環境の持続可能性確保、8)開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

BOP(Base of the Pyramid)ビジネスと言っても2種類ある。1)本当の「底辺」にいる人は所得も学歴もゼロのため顧客にも雇用対象にもならない。2)実際BOPの対象になるのは新興国(NEXT11など)に含まれる経済発展の著しい国。道路や港湾設備のインフラがあるから

BOPビジネスは通常の新規事業と変わらない民間事業であり市場ニーズに合致した商品等の提供が前提。市場ニーズの把握は国内より遥かに困難のため一般にそれを理解するNGOとの協力が必要と言われている。が、NGOの人は概してビジネス経験が乏しい。BOPを推奨する大学等の開発系研究者も同様

ノーベル平和賞と民主化。1989年ダライ・ラマ14世(中国)1990年ミハイル・ゴルバチョフ(ソ連)1991年アウンサンスーチー(ミャンマー)1993年ネルソン・マンデラ、フレデリック・デクラーク(南ア)2003年シーリーン・エバーディー(イラン、女性)2010年劉暁波(中国)

NGOを支援するNGO、「JANIC」(国際協力NGOセンター)が、日本のNGO、289団体を紹介している「NGOダイレクトリー」が公開されています。NGOへの就職、ボランティア希望の方は一度目を通した方がいいかも。 http://www.janic.org/directory/

ウッドマイルズとは「輸送距離x輸入量」なので、単位は「百万km x 立方m」。各国比較は、日本384422、アメリカ84152、ドイツ17787。つまり日本はアメリカの4倍,ドイツの20倍の重油を輸送のために消費。日本の一戸当たりの平均的ウッドマイルズは14万6,170km・m3

ウッドマイルズ(wood miles, 木材総輸送距離)とは食材輸送の環境負荷であるフードマイレージの概念を木材にあてはめたもの。農林水産政策研究所所長篠原孝が考案。日本の木材自給率は約20%で、年々国産材の自給率は低下。理由は、1)外国の木材の方が安い。2)国内林業の後継者不足

死刑を刑罰としている国は、日本、アメリカの(約50州のうちの)35州、中国、インド、インドネシア、(イスラム教の)中東諸国、(中東に近い)アフリカ北東部の国々など。死刑を廃止した国は、(ベラルーシを除く)ヨーロッパの全ての国々、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ロシアなど

「ELLE(エル)」「25ans(ヴァンサンカン)」等の月刊誌を発行するアシェット婦人画報社は世界的な二つの森林認証を取得し、国内の出版社としては初めて定期刊行物に認証済みの紙を使う。2011年から。森林管理協議会(FSC)と森林認証プログラム(PEFC)の二つの国際機関から取得

ハイチのコレラだが、2010年12月中旬、感染者は114,497人、死者数は2,535人。中心となるのはアルティボニット県。日本赤十字社によれば、1)もともと不衛生で、雨が降るたび山のようなゴミが流れてきてさらに不衛生に。2)コレラ患者専用のベッドが足りない。医療従事者が足りない

11月15日は坂本 龍馬の誕生日で命日。『いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、卑しくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ』 旧暦の、天保6年11月15日に誕生し、慶応3年11月15日に死亡した。

外務省、医療滞在ビザの創設、2010年12月。6月の「新成長戦略」においてアジアの富裕層等を対象とした健診,治療等の医療を観光とも連携して促進していくとの国家戦略が掲げられ,その実現のための施策の一つとして,「医療滞在ビザ」を創設する http://bit.ly/elBFmK