.
世界には、
HIV/エイズとともに生きる子どもたちが
たくさんいます。

最近、治療法が開発されたため、
きちんと薬を飲んでいれば、
子どもたちは
死なずに生き続けられるようになりました。
しかし、

子ども用の薬は、大人用とちがって、
シロップ(甘い液体)なのですが、
もともと苦い味の薬の粉を溶かすため
変な味がします。

この味が苦手で飲めない子もいます。

でも飲まないと死んでしまうので、
親などが無理矢理飲ませています。

また飲んでいる子のうち、
薬の副作用が出る子がいます。

頭痛、吐き気、腹痛、貧血などがでた場合、
本来なら違う薬に変更するべきなのですが、
子どもの場合、代わりの薬はないのです。

(注:アフリカなどの途上国の場合の話です。)

このため子どもたちは、
少々副作用がでても、
今の薬を飲み続けることになります。

さらに、
元々まずい薬のため、
子どもたちは時々飲むのを「さぼって」しまいます。

そうするとウィルスは
あっというまに「耐性化」を起こし、
もう薬は効かなくなります。
すると子どもたちは、やがて死んでしまうのです。

ですので
国際協力団体たちは製薬会社たちに、
新しい子ども用の薬を作ってくれ、
とお願いをしています。

ところが、なかなか作ってくれません。

理由は、
エイズの薬を開発した場合、
「人道上の理由」で、
製薬会社は著作権をほぼ放棄して、
とても安い値段で国際協力団体に売らないと
いけないことになっているのです。
これは当初、良いことだったのですが、
皮肉なことにこのせいで、
製薬会社は新しいエイズの薬を
作ってくれなくなってしまいました。

もうからないからです。
いったい、どうしたらいいのでしょう?

一つの方法は、
まずくて苦い薬ですが、
子どもたちが「さぼらない」ように
周囲の人が励まし続けることです。

耐性化を防ぎ今の薬でなんとか生きていけるようにする。
それが今できることの一つです。





・・・

補足1.
某メディアに投稿したエッセイです。
発売後2週間以上過ぎたので掲載。

補足2.
HIV/エイズに関するこれまでの記事を、
以下に掲載しておきます。


・・・エイズの基本情報・・・

エイズ第一章、HIV/AIDSの医学的側面 6,753字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51420328.html

エイズ第二章、HIV/AIDSの社会的側面 6,132字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51445550.html

エイズ第三章、HIV/AIDSの包括的対策 10,476字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51463531.html

国連エイズデー、HIV世界の現状 7191字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65328372.html


HIV/エイズの日本の現状 4876字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65330271.html

日本のエイズ対策の現状。生島嗣さんの話20100902 5376字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65492746.html

HIV/エイズの講演20101206岩本愛吉先生 6791字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65513207.html


国連合同エイズ計画・新事務局長の講演20100902その1 9198字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65490898.html

国連合同エイズ計画・新事務局長の講演20100902その2 11063字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65490899.html


HIV/エイズの世界と日本の現状 5300字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65489296.html


・・・エイズの最新情報(ツイッターのツイート形式)・・・

HIV/エイズに関するツイート20101201まで 世界の潮流と予防 13881字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65507005.html

HIV/エイズに関するツイート20101201まで 世界の治療と人権 13281字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65507006.html

HIV/エイズに関するツイート20101201まで 日本編 5200字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65507007.html


・・・エイズの啓発のために

HIV/エイズとともに生きる子どもたち ケニア 2323字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65327489.html

それでも生きる子供たちへ (書籍・映画レビュー)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65015071.html

エイズをなんとかするには?(小学校の先生向け) 1000字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65487723.html


・・・青年海外協力隊・エイズ対策隊員へインタビュー・・・

青年海外協力隊ケニア、エイズ対策あず帰国後その1 5224字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65434027.html

青年海外協力隊ケニア、エイズ対策あず帰国後その2 7786字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65434029.html

青年海外協力隊ケニア、エイズ対策あず帰国後その3 7949字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65434032.html

青年海外協力隊ケニア、エイズ対策あず帰国後その4 6326字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65434034.html


世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_1 5890字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469563.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_2 5351字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469564.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_3 5836字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469566.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_4 5652字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469567.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_5 5408字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469568.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_6 7049字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469569.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_7 5797字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469570.html

世界自転車旅行の後に38歳で協力隊その後_8 6010字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65469571.html


・・・医学生時代からエイズ関係のNGO、将来は国連かJICAへ

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_1 4876字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477538.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_2 4633字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477539.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_3 5315字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477540.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_4 4953字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477541.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_5 4451字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477542.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_6 5100字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477544.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_7 3927字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477545.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_8 4558字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477546.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_9 5725字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477547.html

医学生の時エイズ対策NGO創設、医師になった今後は国連か政府系国際協力_10 3002字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65477548.html


・・・関係する、結核・・・

最強の感染症が復活 XDR-TB(超多剤耐性結核)その1 6005字 (新興感染症のコントロール)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65339093.html

最強の感染症が復活 XDR-TB(超多剤耐性結核)その2 5569字 (新興感染症のコントロール)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65339094.html


・・・関係する、性・・・

性の決定 4260字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65234572.html

性同一性障害 8837字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65245013.html