.

17人

「私には夢があります。蝶や鳥が舞う大森林を見ることです。でも毎年たくさんの動物が死に絶えています。絶滅した動物をどうやって生き返らせるか知らないでしょう?砂漠になった場所に森を蘇えらせる方法も知らないでしょう?どうやって直すかわからないものを壊すのは止めて下さい」セヴァン・スズキ


13人

同性愛が死刑となる国は9つ。サウジアラビア、イエメン、アラブ首長国連邦、イラン、アフガニスタン、スーダン、ソマリア、モーリタニア、ナイジェリア(北部のいくつかの地域)


11人

ヤマトホールディングスは、2011年9月にマレーシアで「宅急便」事業を始める。海外進出は台湾、上海、香港、シンガポールに次ぐ5カ所目。届ける時間帯を指定できるなど日本と同様のサービスで、通信販売や贈答の市場拡大を取り込む狙いがある。早ければ2012年度にタイやインドネシアにも進出

1992年、リオデジャネイロで「地球サミット」が開催。12歳の少女、セヴァン・スズキが、「伝説のスピーチ」を行い、世界中の首脳を感動させ、「気候変動枠組み条約」と「生物多様性条約」を誕生させた  http://www.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg


10人

世界最大の問題だと思っているのは、1)人口増加と、2)より豊かな生活を求める人間の性質(それによる経済発展)から生じる、『資源の枯渇』。A)エネルギー源(石油等)、B)水(清潔で安価な淡水)、C)リン鉱石(人口増加を支えるための高い農業生産に必須)、のいずれも数十年で足りなくなる

「私には夢がある。『万人は生まれながらにして平等』という理念が実現される日が来るという夢が。いつか元奴隷の子たちと元奴隷所有者の子たちが、友愛の精神を持ち同じテーブルを囲む日がくるという夢が。私の子どもたち4人が肌の色でなく中身で判断される、そんな国に住むという夢が」 キング牧師

「私には夢があります。それは、全ての生物にとっての『持続可能な世界』を作ること。そのために、1)人間の数(人口)を適正な範囲に抑えること。2)経済活動による資源の減少と廃棄物の生成を、原則禁止にすること。3)全ての生物に人権のような『生命権』を認めること」 宇宙船地球号・山本敏晴


9人

ダルビッシュの社会貢献。2007年から途上国への水支援を行うため日本水フォーラムと「ダルビッシュ有 水基金」を設立。公式戦で1勝するたび十万円を寄付。2008年から1勝するたび生まれ育った羽曳野市に10万円寄付。「子どもの福祉に」。同市は「ダルビッシュ有 子ども福祉基金」を設立。

「2011年の後半には世界人口が70億人に。1987年に50億人、1999年に60億人と増えてきている世界人口は、2050年には約91億人に。70億人目の赤ちゃんが、いつ、どこで生まれるのか。それが、人々が人口問題に関心を持つ機会となるのではないかと期待」 池上清子、国連人口基金


8人

日本で「持続可能な社会」を実現するには?1)人口を(循環型社会が可能だった)江戸時代と同じ3千万人程度にする。2)食糧自給率を70%程度まで上げるため、政府が国内農業を保護し財政支援。3)エネルギー自給率を百年後に70%程度まで増やすため再生可能エネルギー開発に国家予算を大量投入


7人

私の2010年のツイートで「お気に入り」に5人以上が登録したもののまとめ。3月23日から始めて現在6千人がフォロー。国際協力・国際情勢・環境問題・写真撮影等の話題。 「2010年、5人以上がお気に入りに登録した私のツイート 12116字」 http://bit.ly/etY7OP

yamamoto1208 在日難民に関するシンポジウム「新たな難民受け入れと新宿区~第三国定住開始にあたって私たちにできることを考える~」2011年1月22日(土)14:00 早稲田大学早稲田キャンパス 8号館 地下1階「B102教室」 認定NPO法人難民支援協会 http://bit.ly/bVd3RC

アフガニスタン保健省によると、カブールでは大気汚染呼吸器疾患で年間3千人が死亡。大半が5歳以下の子ども。人口と車の急激な増加が原因。日本製の旧式中古車がガソリンの質が悪いこともあり黒煙の排ガス放出。標高1800メートルの盆地で雨が少なく大気汚染が起きやすい。さらに冬はストーブで薪

日本の人口推移。8千年前(縄文早期)2万人。西暦200年(弥生時代)59万人。1192年(鎌倉幕府)684万人。1600年(関ヶ原合戦)1227万人。1716年(江戸時代・享保改革)3128万人。1867年(明治維新)3330万人。2006年(平成)1.28億人でピーク。以後減少


6人

スーダンは北部と南部の経済的格差が大きい。教育・医療機関などは北部の首都ハルツームに集中。南部はインフラが未整備で、ナイル川にかかる橋も一つだけ。道路も学校も少ない。400万人が食糧支援を必要としている。そこから難民の流出や、テロリスト育成の温床に。国際社会からの支援が必須の地域

劉暁波のノーベル平和賞授賞式典に欠席を伝えた国。中国、アフガニスタン、アルジェリア、アルゼンチン、イラク、イラン、エジプト、カザフスタン、キューバ、コロンビア、サウジアラビア、スーダン、セルビア、チュニジア、パキスタン、ベトナム、ベネズエラ、モロッコ、ロシア。返答なしはスリランカ

女性器切除有病率1)ソマリア97.9%、2)エジプト95.8%、3)ギニア95.6%、4)シエラレオネ95%、5)ジブチ93.1%、6)マリ91.6%、7)スーダン90%、8)エリトリア88.7%、9)ガンビア78.3%、10)エチオピア74.3%、11)ブルキナファソ72.5%

再婚相手を募集していたマレーシアの110歳の男性が、82歳の女性からの申し出を受けて結婚。孫20人、ひ孫40人がいるアフマド・モハマド・イサは、目や耳が徐々に不自由になってきたとして、「1人暮らしは孤独で、1人で眠るのは恐ろしいことだ。妻がいれば面倒をみてくれる」などとコメント。

動物の絶滅危惧種が多い国、1)アメリカ、948種、2)オーストラリア、733種、3)インドネシア、701種、4)メキシコ、636種、5)マレーシア、455種、6)コロンビア、429種、7)フィリピン、425種、8)インド、413種、9)中国、370種、10)エクアドル、369種

徴兵制を施行。 ドイツ、デンマーク、オーストリア、フィンランド、ノルウェー、スイス、ギリシャ、ロシア、トルコ、イスラエル、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、マレーシア、中国、台湾、韓国、北朝鮮、コロンビア、アルジェリア、キューバ、エジプト。女子徴兵はマレーシア、イスラエル

ブラジルで2011年初頭ジルマ・ルセフ(63歳)が同国初の女性大統領に就任。「ブラジルの民主主義は成熟した」と述べた。軍政時代には非合法の左翼ゲリラのメンバーとして活動し国家反逆罪で3年近く投獄された経験も。経済発展をなしとげた前ルラ政権では鉱業エネルギー相だったことが評価された

日本の木材自給率(林野庁、木材需給表)。1955年、94.5%。1970年、45.0%。1980年、31.7%。2000年、18.2%。2009年、27.8%。木材の7割は(安価なものを)海外から輸入。このため国内の林業は荒廃。戦後植林した木々が成熟し収穫時期なのに働く人がいない


5人

「ダルビッシュ有 水基金」。日本水フォーラムはこの基金を使って、安全な水供給のための途上国の草の根活動をサポート。井戸掘り、組みあげポンプの修理・設置。雨水貯留タンクの設置等のプロジェクト http://www.waterforum.jp/jpn/darvish/what.htm

アグロフォレストリーとは、同じ土地で樹木と農作物(や家畜)を組み合わせて育てることにより総合的・長期的な生産力の向上を目指すシステム。有限の資源である「土地」を、林業・農業(あるいは畜産業)だけに使うのではなく総合的に利用する。森林破壊が問題となっている熱帯地方で特に積極的に導入

JICA地球ひろばには、地球案内人と呼ばれるガイドがおり、体験ゾーンの展示を説明したり、国際協力に関する相談に乗ったり、NGO団体への施設の貸出業務をしていますが、その地球案内人をお手伝いしてくれる「ボランティア地球案内人」の方々を募集。 http://bit.ly/g2jy2E

ライオンがマレーシアのパーム油に由来する界面活性剤で洗剤「トップ」を製造するようになったが、1)CO2排出量は1990年比で51%と減ったとしているが、2)マレーシアでの農園開発のため、森林伐採が進み動植物の生息域が縮小。結局、本当に環境に良いかどうかは事業全体を包括的にみて判断

「児童労働をなくすために今、何が必要か―児童労働の現状と撤廃に向けた課題―」 日時:2011年1月19日(水)18時30分から20時、講師:大間知 久美子氏(国際労働機関(ILO)駐日事務所)、場所:JICA地球ひろば1階市民のひろば http://bit.ly/eqUOGS

ロシアのセルジュコフ国防相が2011年1月5日、北方領土の択捉島(えとろふとう)を訪問。社会経済開発だけでなく軍事的観点からも北方四島を実効支配。2010年11月のメドベージェフ大統領の訪問はクリル諸島(千島列島)社会経済発展計画(2007)に基づくインフラ整備の視察が目的だった

日本のカロリーベースの食料自給率は40%。60%の食糧を『海外にある水』を使って作ってもらっている。つまり日本人は海外の水(バーチャルウォーター)に依存して生きている。だから、海外での水不足や水質汚濁等の水問題は日本と無関係ではない。近年、地球温暖化による気候変動で各国が水不足に


4人

スーダンの安定化は国際的に有益。1)内戦のため約200万人が周辺に流出。流出先で問題となり新たな紛争も。2)内戦地帯の貧困層はテロリスト育成の温床になり易い。3)スーダンは石油やレアメタルの埋蔵量が大きく石油メジャーや中国企業が進出。4)面積がアフリカ最大で将来莫大なインフラ事業

世界最大の人道危機と言われるスーダン内戦の影響で隣国のチャドに大量の難民が流出。地元民とのトラブルもありチャドの治安も悪化。国連はPKOを派遣し安定を図った。しかし先日チャド政府の要望でPKOが撤退することに。チャドは大統領選を前に、与党が「治安の改善」をアピールしたいらしかった

日本が2011年4月から、「南鳥島(小笠原諸島の1つ)」近海で海底資源調査へ乗り出す。レアメタル(希少金属)やレアアース(希土類)を豊富に含む「コバルト・リッチ・クラスト」の埋蔵を調査。マンガンやコバルト等のレアメタル、ネオジム、ジスプロシウム等のレアアースが埋蔵されている可能性

ブラジルのアマゾンで自然環境に配慮した農業の実践と普及に取り組む日本人移住者が「地域発展貢献賞」を受賞。森林を伐採して胡椒などを育てる大規模単一栽培をやめ森の中で果樹やカカオなど多様な農作物を育てる「アグロフォレストリー(森林農法)」の技術を確立。鹿児島出身の小長野道則(52歳)

1979年のイスラム革命で追放されたイランの故パーレビ国王(モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー、1919-1980年)の息子、アリレザ・パーレビ(44歳)が2011年1月ボストンの自宅で死亡。銃による自殺。パーレビは革命後、米国に移住。コロンビア大学やハーバード大学で学んだ

中国軍が、レーダーに探知されにくい最新鋭の次世代ステルス戦闘機「殲(せん)20」の試作機を完成。2017年にも実戦配備。中国軍は初の国産空母建造に乗り出すなど外洋進出に力を入れているが、空軍力でも近代化。F22より大きく大型ミサイルを搭載可能。空中給油で米領グアムまで飛行できる。

地球温暖化による被害が既に起こりつつあり将来さらに激しくなる恐れがあるとして環境省は被害を防ぐため2011年初頭、自治体への指針を有識者による検討会で作成。熱中症患者の増加、農作物の品質低下、西日本の米の収穫量低下、大雨・土砂災害・高潮の被害増加など。それらに対する対策を自治体へ

医療関係者(医師・看護師等)の中で、数%程度だが、1)日本で崩壊している地域医療を改善し、同時に、2)途上国の保健・医療問題をなんとかしたい、と考えている人がいる。これらの受け皿となり、ある程度の収入を保障し、安定した活動ができる組織を作ろうという動きが、現在、いくつか生じている

国立国際医療センター・国際医療協力部にいて、国際協力機構(JICA)の保健・医療関係のプロジェクトを多数実施してきた、仲佐保医師らが、NPO法人「SANTE」を設立。目的は、「地域医療分野、国際保健分野で活躍できる保健医療人材を育成」。 http://npo-sante.org/

アフガニスタンの首都カブールで、大気汚染が深刻化。人口と車の急激な増加が原因だが、冬場は特に悪化、健康被害で死者も。政府は2010年12月から週休2日制を導入し、交通量を減らす試みを始めたが、「焼け石に水」の状況。治安の安定が最優先の同国では、援助の関心は環境問題にまで及ばない。

2010年12月、NHKラジオに出演しましたが、関東周辺でしか放映されなかったようなので、事前に書いておいた「話そうと思っていた内容」をブログにアップしました。 「NHKラジオ20101216環境問題で今年一年を振り返る 6284字」 http://bit.ly/hjjVBo

「私には夢があります。それを実現することは無理だと周りの人から言われます。それはHIV/エイズに関係する『三つのゼロ』の実現です。1)HIV新規感染者数がゼロ。2)HIVに感染した人に対する差別がゼロ。3)エイズが原因で亡くなってしまう人がゼロ」ミシェル・シディベ(UNAIDS)

持続可能な世界を作るには、現在、地球において「特権階級」である人間が、1)無制限な増殖を続けることと、2)資本主義社会の継続による資源枯渇および環境問題続発には限界があることを認識し、いつの日かその「特権」を捨てることに同意する必要。が、その為にはきっかけとなる大きな破局が必要か

「持続可能な社会」を作りたい場合、最大の障害が「世界人口の増加」。西暦0年の人口は3億人で、以後千年以上、数億人で横ばいだった。しかし1760年代からの産業革命により人口は爆発的に増加。1810年に10億を突破すると、わずか200年の間に68億。国連世界人口予測は2060年に百億

フード・マイレージの各国比較(農林水産省、2001年、単位:トン×キロメートル)は多い順に、1)日本9002億800万、2)韓国3171億6900万、3)アメリカ2958億2100万、4)イギリス1879億8600万、5)ドイツ1717億5100万、6)フランス1044億700万