.

66人

アメリカ陸軍は2009年の兵士の自殺者が160人で過去最悪だったと発表。アフガニスタン等の戦争で、多くの兵士が精神的な病を抱えている。2004年以降毎年増え続け、2009年は160人、自殺未遂も1713人。自殺や薬物の過剰摂取などで死亡した兵士が、戦闘で死亡した兵士の数よりも多い


30人

国際協力をしようと言う人は多いが、ほとんどの人が「自分がやりたいこと」をやる。だから、教育・女性の権利・子どもの命を救うなどに集中。私は「自分がやりたくないこと」であっても「客観的に考えて最も世界に必要なこと」から行動したいと思う。また可能なら、そうした考えの人を増やしていきたい


26人

「従順な女は、天国にいくが、生意気な女は、どこへでも行ける」 ウーテ・エーアハルト(Ute Ehrhardt)。ドイツの心理学者。「いつも受け身でいるのをやめよう。少しずつ生意気になろう。『自慢日記』をつけよう。うまくいったら自分の実力と思おう。人生は小さな喜びに満ちたものたち」


24人

ブラジルのリオデジャネイロに男性用、女性用とは別にゲイやレズビアンら専用の「第3のトイレ」が設置。「興味本位の目にさらされず、自由に化粧や、用が足せるようにしてほしい」との要望を受けたもの。一方、同性愛者の人権活動家は、同性愛者らを隔離するものだと批判。「差別を助長するだけだ」


22人

『本当に意味のある国際協力』とは、自分がやりたいことをやって『自己満足にひたる』のでも、自分に専門性があることをやるのでもなく、『それ』が必要なことであれば、自分がどんなにやりたくないことでも実行し、専門性が必要ならそれを身につけていこうと努力してゆく、『姿勢』を言うのである。


13人

自殺についての私の考えを書いた。批判されるんじゃないかと思ったが、意外な反応が。 「自殺に対する私の個人的な考え方(20歳未満禁) 6791字」 http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65488086.html


12人

国際協力は自己満足であってはいけない。1)数字で結果を出す、2)持続可能性、3)現地文化尊重、4)現地住民の主体性(ownership)、5)現地のニーズ把握、6)社会的弱者に配慮、7)環境及び社会性へのアセスメント、8)定期的PDCA(Plan,Do,Check,Action)


11人

ピースコー(Peace Corps)とは、アメリカの青年海外協力隊。まず大学院に1年間行き、次に途上国へ2年間派遣されて現地で実践。その後、再びまた大学院に戻って1年勉強。合計4年のプログラムとなるが、理論と実践の両方を包含。 http://www.peacecorps.gov/


10人

先日、岡田外務大臣が「日本自身の経済成長のためにもODAを使う」と発言しNGOたちから批判を浴びたが私は批判する気はない。ODAは元々日本の外交上または経済的な利益のために途上国を支援するという「枠組み」で、日本の利益のほうが先に来る。現在日本経済は低調なのだから、彼の発言は当然

国連内でのポストの奪い合い。昇進するには、1)履歴書をいかに印象的に書くか。2)議論になった時、他人の意見を聞かず自分の意見を大きな声で言い続ける。3)実際は現地にほとんど行っていないのに報告書を読みずっと現地にいたふりをする。4)自分のライバルを蹴落とす噂を流す。などの側面も

国際協力の矛盾は数多いが一つが就職先争奪戦の汚さ。国際機関等に就職するためには、最低条件である修士などを取得した後は、「コネ」の世界。自分を売り込むため組織関係者に接触し顔を覚えてもらうような努力が必要。人を助ける仕事のはずが自分の売り込みをしないとその職場に入ることすらできない


9人

元・三菱商事の人から聞いた話。「ザイールの川に、1983年頃まで15年間かけて、日本は230億円のODA(政府開発援助)で、巨大な橋を作った。列車が通るための線路が敷いてある橋だ。しかし、出来上がってみたところ、その橋の前後に、つなぐ線路がない。つまり無駄な橋を作ってしまった。」

国連や世界銀行などの国際機関の職員になるには、基本条件となる、英語力、大学院修士、2年間の勤務経験がまず必要。が、これを満たす人も多いため就職倍率は十倍以上。コネがものをいう。例えば青年海外協力隊でとりあえずJICAと接触し、現地のJICA事務所や大使館で人脈作りにいそしむことも

国際協力をやりたい人は多いが、有給で、かつ永久就職できる枠(職場の数)は少ない。国連職員もJICA専門家も数カ月から2年までの短期雇用の繰り返し。一生就職活動を続けるのが嫌になり、ある段階で辞めるのが普通。その後、大学の講師や、なんらかの一般企業に就職し、安定を求めることが多い。

フィリピンではストリートチルドレンによる犯罪や薬物使用が社会問題。その更生のために「ヒップホップダンス」が使われることがある。ストリートチルドレンを支援する現地NGOが薬物使用からの脱却のため、「自分に自信を持たせる」ことからと、ダンスの訓練を指導。コンテストに出場させ社会参加へ

国際協力には二つある。1)紛争地帯で行う「緊急援助」と 2)紛争が終わり政府が確立してからの「開発援助」。1)緊急援助は「外国人が」食糧をあげ、医療などをしてあげる、「あげる」援助。2)開発援助は「住民が」主体となり、持続可能な開発を目指す「あげない」援助。この場合、外国人は脇役

NGOの国際協力の長所は、1)国の外交政策に影響されず純粋な「人道主義」のもと活動する、2)スタッフの給与が安いため募金されたお金のほとんどがプロジェクトに使用。短所は、1)思い込みが激しく偏った思想、2)予算が乏しくスタッフがすぐ辞める、3)学問的背景がなく数字で結果を出さない

WHOは既にタバコの健康被害を証明し、各国での広告の自粛と税金の増額を要求してきた。2010年春、アルコールに関しもほぼ同様の決議をした。アルコールは直接的な肝障害などの健康被害だけでなく、飲酒運転、家庭内暴力、自殺など、社会的な悪影響が大きいと結論。若い人へ向けた広告規制を指導

NPO法人ライフリンクは自殺の起きる経緯を五百の遺族のデータを使用し精神科医と弁護士が分析。4つ以上の要因が連鎖して起こるのが典型。例えば、自営業者が、多重債務で、家族が病気になりその看病疲れも重なり、生活が困窮、うつ病を発症、自殺へ。ポイントは家族・健康問題を抱えている人が4割


8人

養護教諭が受けた生徒からの相談。いじめの相談91.4%、避妊や妊娠の相談81.3%、摂食障害の相談73.9%、性感染症の相談67.7%、自殺の相談60.8%、エイズの相談32.6%、性同一性障害の相談18.3%、女性同性愛の相談16.9%、男性同性愛の相談9.6%、両性愛7.4%


7人

「日本には多額の赤字国債があり経済も不況なのに、なぜ途上国を援助するのですか?」「岡田外務大臣も発言している通りODA(政府開発援助)の最大の目的は途上国への支援ではなく日本企業が経済活動する場所を途上国まで広げることです。原料調達、安い人件費での生産、商品の販売など全てが有益」

ベトナムは2030年までに14基の原発建設を計画。第一期はロシアが受注。第二期を日本が獲得。日本にとって官民共同による初の原発輸出。今後、日本の「途上国のインフラ整備外交」(と商売)に弾みをつける。経済成長が続くアジアでは電力不足が続き今後15年間の原発建設の市場規模は100兆円

国連や世界銀行が行ってきた国際協力の失敗の歴史を、以前ブログに記載しました。開発系大学院修士課程で習う内容。 国際協力の歴史(国際機関編)その1 http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65094484.html

政府系の国際協力の長所は、1)二国間の協力により多数の省庁が連携し包括的な活動が可能、2)ODAという1兆円近い予算を使える。短所は、先進国の外交上または経済的な利益ために途上国を開発しているのが本質。援助した代わりに国連常任理事国になれるよう推薦の依頼、資源の獲得、市場の拡大等

日本の自殺者数は1998年に急に増え3万人台になり以後の12年間はほぼ横ばい。4年前に自殺対策基本法ができたが統計上は効果なし。2010年、国はデータを公開。月曜日に多い。月始めと月末に多い。地域による差も。新宿区は20代女性。練馬区では主婦。足立区では失業者。弘前では農林漁業者

自殺率(人口十万人当たり自殺者数2009)。1位ベラルーシ35.1、2位リトアニア30.4、3位ロシア30。0、4位カザフスタン26.9、5位ハンガリー26.0、6位日本24.4。自殺率の高い国は旧ソ連や東欧などの元社会主義国家が多い。経済格差の拡大と不必要に増えた情報が原因か?


6人

劉暁波のノーベル平和賞授賞式典に欠席を伝えた国。中国、アフガニスタン、アルジェリア、アルゼンチン、イラク、イラン、エジプト、カザフスタン、キューバ、コロンビア、サウジアラビア、スーダン、セルビア、チュニジア、パキスタン、ベトナム、ベネズエラ、モロッコ、ロシア。返答なしはスリランカ

「人間としての基本は、自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取ることである」 マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher,1925年生)。イギリスの政治家。女性として初めての保守党党首及び英国首相(1979-1990年)。「鉄の女(the Iron Lady)」

2010年9月1日にJICAが公示した「国際協力士の実現可能性調査」についてブログにまとめましたので「プロの国際協力師になりたい」人はご一読を。 http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65494202.html

現在、世界で解決しなければならない問題(国際協力に含まれる分野)は多数あるが、その中で、「どの問題が最も重大な問題なのか?」ということを、あくまで客観的に科学的な根拠のもとで判断し、その最も重要な問題から解決してゆく努力をしなければならない。自分が興味のあることをやるのは自己満足


5人

「鉄鉱石の物産」と呼ばれるほど鉄鋼に依存する三井物産だが、日本の産業セクターごとCO2排出量を調べると最も多いのが発電と鉄鋼。今後、鉄鋼事業は縮小か?これに関係してか(三井物産の輸入先の)オーストラリアも2012年に資源税(炭素税?)を40%に増税。同社は戦略の見直しをせまられる

国際協力をやりたい人が、海外の大学院を選ぶための学校、アジア経済研究所のイデアス。 「国際協力の予備校、開発スクール・イデアスの情報2010年」 http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65348551.html

国連系の国際協力団体の長所は、ほぼ二百の国や地域が集合し国際的な決議ができるほぼ唯一の国際機関であること。短所は、1)内政干渉できないため国連決議に強制力はなくガイドラインに過ぎない、2)常任理事国五カ国(米・露・中・英・仏)に拒否権があり、第二次世界大戦の戦勝国に都合のよい体制

韓国ドラマ「冬のソナタ」で有名になった韓流スター、パク・ヨンハさんが自殺したが、「飲酒後」だった。2010年5月、WHOは、アルコールの社会的な悪影響は、タバコに匹敵すると発表。飲酒後、自殺率が明らかに高くなること、家庭内暴力の増加、若年者の非行化など。今後、広告の規制もあるかも

自殺率の国際比較で日本は6位(人口十万人当たり自殺者数2009年)。1位ベラルーシ35.1、2位リトアニア30.4、3位ロシア30.4位カザフスタン26.9、5位ハンガリー26.0 6位日本24.4 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html


4人

外務省、南部スーダン住民投票の開始2011年1月。日本は南部スーダンの分離独立を問う歴史的住民投票が開始されたことを歓迎。2005年の南北スーダン包括和平合意(CPA)の集大成。日本は選挙監視団を派遣し公正かつ平和裡の住民投票の実施に寄与 http://bit.ly/f07Vij

BOP(Base of the Pyramid)ビジネスと言っても2種類ある。1)本当の「底辺」にいる人は所得も学歴もゼロのため顧客にも雇用対象にもならない。2)実際BOPの対象になるのは新興国(NEXT11など)に含まれる経済発展の著しい国。道路や港湾設備のインフラがあるから

核拡散防止条約(1968年)策定の後、インドは1998年に核実験。当時は「悪だ」とされて欧米や日本は経済制裁。しかし今やインドは巨大インフラ事業の受注を巡り各国の投融資先に。原子力産業にさえ欧米も日本も協力。インドは世界経済発展のための「友好国」に。世の中に善も悪もないという好例

数百ある私のブログの記事の中で、最もヒット数の多いのが、「青年海外協力隊の良し悪し 5,455字」、ですが、現職やOBの方からのコメントも投稿されているので、それらも含めてご覧下さいませ。 http://bit.ly/avyQU4

スーダン南部の分離・独立に向けた住民投票が2011年1月9日に実施。南部自治政府のサルバ・キール大統領は、「南部の住民が待ち続けた歴史的瞬間」。内戦のため難民として海外で暮らす人が多く、米国やケニアなど一部の外国でも投票可能。しかし有権者390万人の多くの人が投票するために帰還。

韓国がインドと原子力協定を結ぶ。韓国は国家をあげて原子力産業の海外受注を進めているためだ。NPT非加盟国であるインドに原子力技術を移転することは、同じ立場にある北朝鮮に有利に働く。アメリカは2005年既に米印原子力協定を結んでおり、韓国と日本に同様の協定を結ぶよう圧力をかけている

日本国内の外国人労働者の「メンタル・ヘルス」(精神保健)が問題に。2008年のリーマンショック以降、自動車工場等で働かされていたブラジルなどの南米から来た外国人労働者が大量にリストラされた。再就職が決まらず将来の不安が鬱積。五千人に調査した所、約1割が「自殺を考えたことがある」と