.

267人

ヨーロッパに来ると、あの男に会う。彼は警察手帳を取り出しながら言う。「私は警察官だ。パスポートを見せなさい。」私は次のように対応する。「じゃあ一緒に警察に行こう。」私は彼の手首をつかみ、ひきずるように歩きだす。彼は仰天して逃げだす。ヨーロッパ全域に日本人をカモにするニセ警官がいる


80人

「なぜアフリカでは人口が増えるのですか?」理由は、1)男児は十歳前後で性交開始、2)女子は初潮の始まる頃から出産開始、3)部屋が一つのため両親の性交を幼少時から見る、4)他の娯楽がないので夜は性行為、5)子は宝、6)宗教が「産めよ増やせよ」、7)多民族国家では自民族を増やすと有利


40人

6月27日は「同性愛者の権利を世界に訴える日」だが、2010年のこの日アイスランドの女性の首相が同性のパートナーと結婚した。彼女は同性愛者であることを公言した世界初の首相になったと同時に、同性と結婚した最初の首相となった。アイスランドでは同性愛に対する国民の理解が高いことが背景に


39人

ウガンダで、同性愛行為に対し、死刑などの厳罰を課す「同性愛禁止法案」が成立の見込みだと2010年10月与党議員が発表。これに対し欧米政府はウガンダへの援助を打ち切る方向。また人権団体などが圧力をかけている。ウガンダで同法案が通れば、世界で10カ国めの「同性愛が死刑となる国」になる


31人

国際協力をしようと言う人は多いが、ほとんどの人が「自分がやりたいこと」をやる。だから、教育・女性の権利・子どもの命を救うなどに集中。私は「自分がやりたくないこと」であっても「客観的に考えて最も世界に必要なこと」から行動したいと思う。また可能なら、そうした考えの人を増やしていきたい


29人

「絶望は報道できない」NHKのディレクターと話しをした。世界人口増加から来る資源の枯渇等で現代文明が崩壊する可能性は高い。しかしそれを報道すると景気が悪くなり株価が下がるから報道しない。企業がスポンサーの民放はもっと報道できない。最も重大な問題が報道されないのがマスコミという虚構

インドの人口は12億。1日1ドル以下で生活する人は3割、2ドル以下の人は8割。子どもたちは小学校を途中でやめ、綿花の人工受粉をする。小さい手の方がやりやすく、人件費も安いため。このインドの子どもたちが作った綿花は、中国で加工され服になり、日本で売られ、今、あなたが着ているものに。

ナイチンゲールという女性の実像は、1)献身的な白衣の天使という側面は少なく、2)統計学的な根拠に基づく近代看護学と衛生的な医療現場を構築した科学者であり、3)また家柄の良さを利用して政治的改革から保健医療を大幅に改革した「したたかな女」である。おそらく、圧倒的にプライドの高い女性


27人

「人」の隣りに「夢」と書いて「儚い(はかない)」。「人」の「為」と書いて「偽(いつわり)」。夢は儚いものにすぎず、人の為に尽くすことことも偽りにすぎない。漢字を発明した人は皮肉屋だろう。それでも倒れそうな「棒」が二本寄りかかり合うのが「人」という字。それが彼の「願い」であったか。


25人

「買い物とは、『未来に残っても良い』とあなたが思った企業に対する投票です。もしも全ての人が、『環境に配慮し、社会に貢献する企業の商品しか買わない』と決意したならば、そうした企業だけが未来に残り、そうでない企業は淘汰されていきます。あなたの買い物で世界が動いているんです」 山本敏晴

「最近、若い女性に『クリエーターの先輩として、私たち若い世代の背中を押してください』と言われて、きれた。先人をなぎ倒しながら新しいことをやっていくのが若者の特権じゃないか。おやじ世代のおれたちに「背中を押して」なんて、ふがいない」 坂本龍一。1952年生、東京出身。東京芸術大学卒


22人

誕生日の、誰かさんへ。「我々は年をとるにしたがって、良くも悪くもならないが、より自分らしくなってゆく。」 「他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。」 「時間は流れない。それは積み重なる。」


21人

ビタミンDが季節性インフルエンザ予防に効果があることを東京慈恵会医科大の浦島充佳准教授らが発表。発症が半分近くまで減ると言う。ワクチンより安価。のどの粘膜細胞にデフェンシンという物質を分泌させ感染を防ぐ。ビタミンDは太陽光で活性型になるためそれが少ない冬にインフルエンザが流行する

「現在、(宗教などの理由で)同性愛を禁じる法律のある国が、80以上ある。9カ国が、いわゆる同性愛の性的志向があれば、死刑に値する、としている。これは本当に恐ろしいことだ。」 国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長・ミシェル・シディベの講演(2010/09/02)より

ポーランド人女性には美人が多いと言われているが、なんと彼女たちから日本人男性は人気があるらしい。街を歩いていると、確かに日本人男性とポーランド人女性のカップルを見る。ただ欠点があり、東欧の女性は10歳代後半が最も美しく、20歳代後半からどんどん巨大化し、40歳代の頃には、もう・・

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から血糖値を下げるインスリンを分泌する組織、『膵島(すいとう)』を作ることに東京大学の宮島篤教授がマウスで成功。これまでインスリンを出す細胞自体はできていたが他の細胞とともに立体構造になった膵島作りに成功した例はなかった。糖尿病治療につながると期待。


20人

「君たちに戦争責任はない。でも、それを繰り返さない責任はある。・・そしてそれは多分、私も同じなのだ。」アウシュビッツを訪れたドイツ人の若い世代に対して強制収容所博物館元館長のカジミエシュ・スモレンは言う。彼はユダヤ系ポーランド人で、この収容所内に収容されていたが奇跡的に助かった人


19人

同性愛が死刑となる国は9つ。サウジアラビア、イエメン、アラブ首長国連邦、イラン、アフガニスタン、スーダン、ソマリア、モーリタニア、ナイジェリア(北部のいくつかの地域)

「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ。」後藤新平(1857-1929年)は、脳溢血で倒れた日、こう言い残した。野村克也(1935年生)監督が同様の発言をしている。「人間は何を残すかで評価が決まる。人を残すのが一番。」


18人

教育には元々疑問を持っている。一般に教育は「子どもたちに未来の可能性を与え、貧困問題も解決する」とされる。しかし、「その教育システム」に適合した子どもだけが一流大学に入り社会で成功しやすくなり、結果として「貧富の差を産む」のが教育の本質。つまり教育を始める前に、まず倫理教育が必須

「処女を強姦すればエイズが治る」。この噂がアフリカで出回っている。もちろん、医学的根拠はなく、ウソ。しかし、多くの男性が信じており『確実な処女』である、10歳以下の(初潮前の)女児が強姦されるケースがあいついでいる。HIV感染者の男性に強姦された場合、感染してしまう危険性が高い。


17人

日本人が(世界の現状について)知らないことの一つが、アフリカなどの途上国にいる人は、『全員が貧しいわけではない』、ということ。その国の中で約1割の人がその国の富を独占しており、残りの9割が貧しい状態にある。で、富を独占している方の人は、間違いなくあなたの10倍以上のお金持ちなのだ

終電を逃してしまった時、まずは後悔する。静まり返った駅の構内に心細さを感じるが、ふと急に不思議な解放感が訪れる。私たちの日常は老後の心配など不安だらけ。しかしいざ現実となってみれば新しい視野が開けることも。世界が終わってしまえば、世界が終わるという不安におびえることはないのだから


16人

核問題の報道に関し日本のマスコミは大きく偏っておりイランと北朝鮮ばかり。現在、世界最大の核問題はイスラエルの核保有を同国が認めず、このため国際原子力機関(IAEA)の査察すらできないことである。イランはその是非を議論されているだけまだまし。アメリカに養護されているイスラエルは最悪

「人間の行動には循環性がある。1)富が傲慢を導く、2)傲慢が嫉妬を導く、3)嫉妬が戦いを導く、4)戦いが貧困を導く、5)貧困が謙虚を導く、6)謙虚が平和を導く、7)平和が富を導く。8)そして富が傲慢を導き、それらは永遠に回り続ける。これが「現世」である。」 ピーテル・ブリューゲル

赤十字という団体がある。大きくなるにつれ内部に考え方の違いが生じ、国境なき医師団などが分裂。その国境なき医師団も巨大になり、多数の団体が分裂し、多数の個人が去っていった。NGO(非政府組織)は大きくなるにつれ、それを繰り返すのが宿命か。人は、共感したい心と反発する心の相克で生きる

国際協力は自己満足であってはいけない。1)数字で結果を出す、2)持続可能性、3)現地文化尊重、4)現地住民の主体性(ownership)、5)現地のニーズ把握、6)社会的弱者に配慮、7)環境及び社会性へのアセスメント、8)定期的PDCA(Plan,Do,Check,Action)

世界を廻った私の結論は「世の中に正しいことも悪いこともない」。「人間の命は大切だ」という命題さえ「世界の人口爆発」を考えると必ずしも正しくない。迷走する価値観の中で生まれたのは「人はどんな生き方をしてもよい」。100%エゴでも、100%社会貢献でも、その中間でもよい。上下などない


15人

バニラアイスクリームに使用されるバニラは、メキシコ原産で中南米等で栽培される植物。授粉に「ハリナシミツバチ」が必要なのだが、最近森林伐採等で減少し授粉に支障。代わりに手の小さな女児が、手作業で授粉を行う。「あなたがバニラアイスを食べるために、中南米で女の子が児童労働させられる?」


14人

東欧ルーマニアでは2011年1月から「魔女」に所得税16%が課せられることになった。 同国には元大統領が魔女を雇っていたとの噂もあるほどで、今回、駐車係らとともに納税すべき職業に。これに対し魔女らは「猫のフン、犬の死体を使って大統領を呪う」と激怒。


13人

「人権」などというものは無い。「毛の無い猿」が作った妄想だ。増え続け、50年後に百億を超える数の猿が地球を喰い尽くした時、水・食糧・電気が足りなくなり、一気に大半の猿が死ぬ。そこでようやく気付くのだろう。必要なものは、人権ではなく、他の生物たちと共存する、「生命権」だったのだと。

女性写真家の織作峰子。1)女性を「小顔」に撮るには、上から下に見下ろす角度。だから椅子に座らせる。なければしゃがませる。2)目を大きくするには、レンズよりも上を見させる。3)しわを消して笑顔で撮るには「唇の下」の筋肉を使う。具体的には「ういー」と言う。事前に鏡を見ながら要練習だが

国際協力を長くやっていると経験するのは、「本当の最貧国では、医療とか教育とかは必要とされていない」ということ。彼ら・彼女らにとっての最大の問題は、「飢え」と「渇き」。だから必要とされるものは、「食糧」と「水」。中村哲医師もそれに気付き、アフガニスタンで、「井戸を掘る医師」となった


12人

よく有名なミュージシャンを招いて環境問題のイベント等を行うが、私は否定的。1)まずイベント自体が(電気を使いゴミを出すので)環境に悪く、2)イベントに参加して「きっかけ」だけもらっても何をしたら良いかわからない。3)仮に教えられてもそれを1年以上継続できる人は稀。つまりほぼ無意味

日本の自殺者数は1998年に急に増え3万人台になり、以後の12年間は、ほぼ横ばい。4年前に自殺対策基本法ができたが統計上は効果なし。2010年、政府はデータを公開。月曜日に多い。月始めと月末に多い。地域による差も。新宿区は20代女性。練馬区では主婦。足立区では失業者。

人に感染すると6割近い致死率を示す高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)がインドネシアで豚に感染し一部が人ののどや鼻の細胞に感染しやすいウイルスに変異したと、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らが発表。豚では症状を起こしにくく感染した豚は無症状だったため気づかないうちに広がった可能性

「どこかに行った時、帰りも同じ道を通ると、帰り道は凄く速く感じる。記憶に残っているからだ。若い頃は日々起きることが新鮮だった。歳を取れば取るほど、毎日が一種のルーチン化してしまい、1年の過ぎるのを速く感じてしまう。だから毎日新しいことを始めれば人生は新鮮なものに蘇える」 角田信朗

「空を飛ぶことを可能にしたのは、空を飛ぶ夢である。」 カール・ポパー(1902-1994年)。オーストラリア生まれのイギリスの哲学者。反証主義で有名。 「人生の意味とは、見つけたり発見できるような、どこかに隠されているものではない。自分自身で、自分の人生に意味を与えるものなのだ」

「美しい唇であるためには、美しい言葉を話しなさい。美しい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい」 オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn、1929-1993)。イギリスの女優。家族は第二次世界大戦で無一文。1953年「ローマの休日」でアカデミー賞最優秀主演女優賞

僕は南京に生まれ育った。完璧な反日教育を受け、行き場のない怒りを日本に向けていた。そんな僕を変えたのがインターネット。新聞やテレビなどは当局のチェックが入るので本当の情報は出ない。だから中国では、本当に信頼できる情報は、新聞やテレビではなくネット上にある。」 マイケル・アンティ

TPPに、民主党内でも反対意見がある理由。日本の農家に対し、戸別所得補償制度で補填(ほてん)すればよいという意見もあるが、コメだけで1兆7000億円、乳製品なども含めれば3兆円の予算が必要になる。さらに、関税収入1兆円分がなくなるので、計4兆円分の新たな財源を生み出す必要が生じる


11人

よく1日1ドル以下で生活している貧しい人が世界には何人いますという言い方をするが、間違い。食糧などの生活必需品も1ドル以下で買えるなら問題ない。問題は、あやまった開発をおこなうことにより、貧富の差が拡大しインフレも起こり、1ドル以下では食糧等が買えなくなる状態を作っている経済構造

バーチャル・ウォーターの具体例。1)1kgのトウモロコシを生産するには灌漑用水として1.8トンの水が必要。2)牛はこうした穀物を大量に消費しながら育つため牛肉1kgを生産するには、その10倍以上の水(20.6トン)が必要。世界の水使用量の内訳は、農業に7割、工業に2割、生活に1割

「わたしは女性です」、と思っている方、是非読んでみて下さい。あなたの性と、あなたの恋愛観が、ひっくり返るかもしれません 「性の決定 4260字」 http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65234572.html

『本当に意味のある国際協力』とは、自分がやりたいことをやって『自己満足にひたる』のでも、自分に専門性があることをやるのでもなく、『それ』が必要なことであれば、自分がどんなにやりたくないことでも実行し、専門性が必要ならそれを身につけていこうと努力してゆく、『姿勢』を言うのである。

最近また、バックパッカーで世界一周をする、という若者に出会った。アドバイスを求められたが、なんと言ってよいやら。旅行をしただけでは、ほとんど意味はなく、そこで得た経験をもとに「自分は世界の何も知らない」ということを知って、日本に戻った後、勉強することが大切・・と言えば良かったかな

「ポーランドの家庭では、クリスマスの日の食卓に、一人分の席を余分に用意しておく習慣があります。クリスマス料理にありつけなかった人が訪ねてきた場合、見知らぬ人でも温かく迎えるためだそうです。微笑ましい光景だと思います。」 兵藤長雄・元ポーランド大使 ・東京経済大学現代法学部・教授

健康十訓。1)小肉多菜、2)小塩多酢、3)小糖多果、4)小食多噛、5)小衣多浴、6)小言多行、7)小憂多眠、8)小欲多施、9)小車多歩、10)小憤多笑。 これは、某企業のトイレに貼ってあったものです。

「なになにの為に行う、ことは止めなさい。それが失敗した時、相手や事情のせいにする心が生まれるし、うまくいった時は自分の手柄だと慢心するから。本当は自分のために行っているのだ。そもそも純粋な愛から行われる行為なら、なになにの為にという言葉など決して始めから出てこないもの」 ニーチェ

「あなたの記憶の中の、別人の私によろしく」。そう言われた。20歳の頃、片想いしていた女性に久しぶりに連絡をし「私の記憶の中で貴女は今も変わらず輝いています」という主旨のことを書いたら前述した返事。「最近は著しく衰えており、その分子どもはエネルギーを吸い取るように大きくなりました」

祖母の一言いろいろ。「トイレには女神様がいて毎日掃除すれば美人になれる」。「困った問題が起こってもとりあえず前に進みなさい。山より大きな猪は出ないから」。「泣きたい時はお風呂に入りなさい。温かいお湯が体も心も包んでくれるから」。「腕の太い、尻が大きい、体毛の薄い嫁をもらいなさい」

TPPは農業にとってデメリットばかりか?野菜の関税率は既に1けた台と低く外国産が入る余地は多いが国内スーパーに並ぶのはほとんど国産品。安全性や品質が高く価格競争面でも外国産に勝る。果物は海外でも人気。ブランド米の海外輸出を進めたい農家にはTPPは有利。中国富裕層でブランド米は人気

バレンタインデー。1)元は269年にローマ皇帝の迫害で死んだ聖ウァレンティヌス記念日。2)現在は男女の愛の日。3)チョコレート会社の販売戦略で、職場での義理チョコ、女性同士の友チョコ、家族へのファミチョコ。4)フェアトレード等を利用した「チャリチョコ」。ガーナ等の子どもの教育支援


10人

「ELLE(エル)」「25ans(ヴァンサンカン)」等の月刊誌を発行するアシェット婦人画報社は世界的な二つの森林認証を取得し、国内の出版社としては初めて定期刊行物に認証済みの紙を使う。2011年から。森林管理協議会(FSC)と森林認証プログラム(PEFC)の二つの国際機関から取得

自殺率(人口十万人当たり自殺者数2009)。1位ベラルーシ35.1、2位リトアニア30.4、3位ロシア30。0、4位カザフスタン26.9、5位ハンガリー26.0、6位日本24.4。自殺率の高い国は旧ソ連や東欧などの元社会主義国家が多い。経済格差の拡大と不必要に増えた情報が原因か?

「人類由来CO2による地球温暖化」を支持するデータは、実は捏造されていたことが発覚した「クライメートゲート事件」。知らなかった人は、是非ご一読を http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65340863.html

人間とは、どこまでを「自分と同じ仲間」とみなすかで行動が変化する動物。自分だけが豊かなら良いか?家族もか?友達までか?同じ民族あるいは同じ国までにする?同じ人間までか?それとも同じ生き物?あるいはそれすらもとりはらって、この宇宙に住む「同じ存在」として、ひたすら共存を望むべきか?

「かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならないわ」 ココ・シャネル(Coco Chanel、1883-1971年)。フランスのファッションデザイナー。 「20歳の顔は生まれつきのもの、30歳の顔は生活を物語り、50歳の顔はあなたの責任よ」

「今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返してもかまわない、という生き方をしてみなさい。」 フリードリヒ・ニーチェ。「最初の一歩は自分への尊敬から。そうすれば悪いことなんてできなくなる。他の人も見習いたくなるような人間になっていき、それはやがて自分の可能性を大きく開拓する」

WFPバレンタイン募金。「今年のバレンタインは、WFPを通じて途上国の子どもたちに栄養たっぷりの給食を贈りませんか。大好きな人にあなたの特別な愛をつたえるように、子どもたちにも、愛をプレゼントしてください」 http://bit.ly/hPegPB

各国の首脳の年収。シンガポールのシェンロン首相は218万ドル。オバマ米大統領は40万ドル。フランスのサルコジ大統領32万ドル。ドイツのメルケル首相30万ドル。イギリスのキャメロン首相23万ドル。ロシアのプーチン首相12万ドル。中国の胡錦濤首席1万ドル。インドのシン首相4100ドル

妊婦の超音波検査について、日本産科婦人科学会は2011年2月、胎児の染色体や遺伝子の異常を調べる「出生前診断」になり得ると位置づける見解(指針)案をまとめた。超音波検査は近年、画像の精度が上がり、画像上の特徴から異常が推測できるよ。夫妻に十分説明し出生前診断として実施する際は同意


9人

林業の現状。1)就業者数は1965年26万人、2005年5万人弱。2)高齢化率は、1965年4%、2005年26%(全産業の高齢化率は9%)。3)所得は1年間で10万円(2008年、租収入178万円ー経営費168万円=10万円)。放置された森林はCO2吸収低下と火災などの自然災害

緑の革命の問題点は、1)穀物メジャーから種を買う必要。2)大量の化学肥料と農薬を使い続けなければ収穫量を維持できない。その購入コストで豊作貧乏。3)化学肥料の元、リン鉱石等が各地で枯渇。3)化学物質による土壌汚染・公害。4)遺伝子組み換え作物の環境への問題。5)在来種の駆逐・絶滅

「経済学とは金儲けの学問ではない。金銭の流れを目のあたりにした時に、人間が、どう行動するか、ということの学問だ。企業が事業を行う時あるいは国が開発を行う時、生態系などの価値を可視化し、同時に事業にかかるコスト、それによる利益などを全て可視化する。そして『説明』しようとする学問だ」

国際協力機構(JICA)は、非上場企業に天下りしたOBの報酬などの情報開示を拒否しており「聖域」にしている。このため昨年の事業仕分以後も天下りは止まない。なお、JICAはプロジェクト実施前に行うべき「環境アセスメント」の内容も公開せず、NGOなどが批判できない隠蔽体質が続いている

「人生とは思い切った冒険。さもなくば無意味。」 ヘレン・ケラー(1880-1968年)。1歳で高熱により視力・聴力・発語を失う。しかし成人後、教育者かつ社会福祉事業化となった。 「盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。」

「AV女優は、AVを辞めてもAV女優としてしか扱われない」。白石 ひとみは、1990年にデビューしたAV女優だが、1995年AV業界から足を洗った。以後は一般の芸能活動をしていたが前述の発言をし引退した。その後、本名の落合雪恵として映画の脚本を執筆。「銀河鉄道の夜」、「斜陽」など

「人に優しいことをすると、その人も他の人に優しくしてくれて、世界に優しさが広がってゆく、という考え方があるんです」 山本敏晴。著作「彼女の夢みたアフガニスタン」に記載。「相手が自分と異なっていることを、『この人は間違っている』と思うところに全ての問題があるのではないでしょうか?」

「空気は、無料ではなかった。土も、水も、森も、林も、そして『光』さえも、決して無料ではなかったのだ。今、その勘定書が回ってきた。人間たちがこの『ツケ』を返済しないかぎり、大自然は地球の上に人間たちが住むことを許さないだろう。未来永劫、決して、許さないだろう 」 井上ひさし(作家)

「吾唯、足るを知る(われただ、たるをしる)」。今を満ち足りたものとし現状に不満を持たない者は満ち足りた心で生きていける。自分の分相応を知り、それ以上を望まないことが豊かに生きるということ。周りと自分を比較し、それに追いつき追い越そうとする限り、際限がないため永久に幸せにはなれない

大学時代後半の就職活動で、国際協力関係、外資系コンサル、マスコミ系、商社系を受けて、JICAに合格するも商社系総研に就職した24歳女性へインタビュー。前半 http://bit.ly/hfoYVI 後半 http://bit.ly/f7QspM


8人

「ナプキンのテレビ宣伝は、『漏れない、むれない、臭わない、かぶれない』を何十年も繰り返している。つまり、それらは改善されていないということ。『布ナプキン』にすれば、1)少なくとも、『かぶれない』、は無くなる。2)環境に優しい。3)高分子吸収素材は健康に害がある可能性」 地球洗い隊

スカイプは2010年12月、国連難民高等弁務官(UNHCR)が活動する世界120拠点において接続性の低いネットワークであってもネット上で音声ビデオ通話を可能とするソフトウェアを開発。低価格で提供。既にイラク、スーダン、アフガニスタン、アルジェリア、バングラデッシュ、チャド等で使用

国立感染症研究所・エイズ研究センター・武部豊は、1)日本全体のMSM(男性と性交する男性)の間で流行しているHIVは、欧米型のサブタイプB。2)長野県や茨城県では異性間の性交が主要なリスクで、サブタイプはCRF01_AEが中心。地域的な感染の実状に応じた、HIV/エイズ対策が必要

生物多様性と、世界と日本のつながりの、両方を見るなら、築地市場が最適。1日に取引される海産物の種類は、480種。イカは、イエメン、オマーンから。タコはモーリシャスから。クロマグロは、マルタ、クロアチア、スペインから。エビは、インドネシア、ベトナム、アルゼンチン、アイスランドから。

世界の新聞発行部数。1)読売新聞1002万、2)朝日新聞804万、3)毎日新聞390万、4)BILD(独)386万、5)中日新聞344万、6)日本経済新聞305万、7)参考消息(中国)262万、8)人民日報(中国)250万、9)The Sun(英)241万、10)朝鮮日報237万

「私には夢があります。それは、全ての生物にとっての『持続可能な世界』を作ること。そのために、1)人間の数(人口)を適正な範囲に抑えること。2)経済活動による資源の減少と廃棄物の生成を、原則禁止にすること。3)全ての生物に人権のような『生命権』を認めること」 宇宙船地球号・山本敏晴

「日本から(アフガニスタンにボランティアで)来た若い医師は、CTスキャンがなく超音波エコーもないと病気を診断できない。電気がないと何もできない。これには困りました(笑)。であれば、アフガニスタンの医学部を卒業した現地の若い医師を教育した方が早いし、将来的にも有意義です」 中村哲

「日本人はすばらしい文化を持っていながら、ヨーロッパに追いつこうとするあまりに、欧米人の合理的な心も一緒に輸入しようとする。器用な日本人は、近い将来彼らが作り出す製品をはるかにしのぐ製品を生み出す。だがそうなった時、もう日本人は日本人ではなく、日本人に良く似た西洋人に」 小泉八雲

外国の有名な人は講演後、質問受付時間に質問が来た時それがどのような質問であれ、まず次のように言う。 "That's a very good question" その後、おもむろに回答を考える。理由は質問をした人を褒めることでその後どんな回答をしても納得してもらえる確率を上げるため

「愛する。それは、お互いを見つめ合うことではなく、一緒に、同じ方向を見ようとすること」。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900年-1944年)フランスのリヨン生まれ。軍用機の操縦士から、民間の郵便輸送機の操縦士へ。以後26歳で作家に転身。1943年、『星の王子さま』を執筆

「薬を10錠飲むよりも、心から笑った方が、ずっと効果があるはず」 アンネ・フランク(1929-1945年)。ユダヤ系ドイツ人。収容所で永眠。「「アンネの日記」の著者。本当に他人の人柄がわかるのは、その人と大喧嘩をしたときです。その時こそ初めて、その人の真の人格が判断できるんです」

WWF(世界自然保護基金)は来る3月26日(土)の20:30~21:30の1時間、世界中で消灯イベント、Earth Hour(アースアワー)を開催。 ~つながる気持ちが 世界を変える~。地球温暖化問題を解決したいという思いをこの1日に共有 http://bit.ly/dqaRub

スーダン南部の分離・独立を問う住民投票の最終結果が2011年2月に発表され賛成98.83%で独立を承認。住民投票管理委員会から北部政府のバシル大統領に手渡され大統領は南部の独立を受け入れる大統領令を出した。南部自治政府による暫定統治期間が終わる7月にアフリカ54番目の国として独立

日本の内閣総理大臣の給与(年収)は、5141.1万円(50万ドル以上)で、アメリカのオバマ大統領よりも高くヨーロッパ諸国と比較しても1.5倍から2倍と高い。ただし近年、減少傾向 http://nensyu-labo.com/koumu_kokka_naikakusouri.htm

TPPに農業団体が反対する理由。コメの場合、米国の生産者米価は1俵3000円弱、日本は1万2000円で、4倍も高い。関税をゼロにすれば米国の安いコメが入ってきてコメ作りは成り立たなくなる、というのが農家の主張。乳製品や砂糖などでも、豪州などのものは安く、国産との価格差は3~5倍。

ルーマニアには政府が正式に認めた魔女がいる。2006年4月、31歳のガブリエラ・チャンカー(Gabriela Ciucur)は魔法を職業と受け入れるように当局を説得し何カ月もの交渉の後にルーマニアで初の法的に登録された魔女(witch)に。占星術と霊界との接触を取り扱う会社を設立