.

概説

アフガニスタンのマザリシャリフでの国連アフガン支援団(UNAMA)事務所の襲撃。きっかけとなったのは、米フロリダ州のキリスト教会で2011年3月、牧師がコーランを焼いたとされる事件。この教会は2010年も、同時多発テロが起きた日に合わせてコーランを焼く計画を公表して国際的に批判。

・・・

アメリカの小さな教会でのコーラン焼却の計画と実施

米フロリダ州のキリスト教会が同時多発テロ事件から9周年に当たる2010年9月11日にイスラム教のコーランを燃やす行事を計画。アフガニスタンやインドネシアで数百人がデモ。フロリダ州の教会「ダブ・ワールド・アウトリーチ・センター」は「邪悪な宗教であるイスラム教の危険性についての啓発」

アメリカのフロリダ州にある小さな教会「ダブ・ワールド・アウトリーチ・センター」の牧師テリー・ジョーンズが2011年3月20日イスラムの聖典コーランを焼却 Quran Burning Issue: Terry Jones vs World  http://bit.ly/bYULsK

テリー・ジョーンズ。58歳。米国の牧師。以前はホテルのマネージャー。欧州で30年の伝道活動の後、1996年フロリダ州ゲーンズビルのキリスト教原理主義の教会ダブ・ワールド・アウトリーチ・センター代表に。「邪悪なイスラム教のコーランを燃やす」との言動を繰り返し2011年3月ついに実施

アフガニスタンでデモ隊が国連事務所を襲撃した事件。問題の発端となった米フロリダ州のキリスト教会は2011年3月イスラム教の聖典コーランを「公開裁判」にかけて有罪判決を下し、燃やすまでの様子を記録した映像を自分たちのインターネットサイトに掲載 http://bit.ly/IqxzA

・・・

アメリカ社会での背景

米同時多発テロから10年となる米社会でイスラム系市民への差別が再燃。民主党のダービン上院議員は2011年3月29日の議会公聴会で、一部の議員や宗教家が「『米国にはモスクが多すぎる』とか、イスラム教は『邪悪だ』と言っている」と問題視し「著名人の扇動的な発言が差別の土壌を作っている」

原理主義(fundamentalism)と言えば、イスラム教原理主義を思い浮かべる人が多いと思うが、歴史的にはそれは間違い。単に「原理主義」と言った場合、キリスト教プロテスタント系の一部を言う。20世紀初頭にアメリカで隆盛した。根本に還るという意味で原理を重視し、世俗主義等を憎む

・・・

アフガニスタンの国連事務所の襲撃と国連職員などの殺害

アフガニスタン北部マザリシャリフで2011年4月1日、米国でイスラム教の聖典コーランが焼かれたとされる報道に怒ったデモ隊が国連事務所を襲撃。外国人職員を含む少なくとも11人が死亡。ノルウェー、スウェーデン、ルーマニア人の国連職員とネパール人警備員ら4人など。国連安保理は非難声明。

米国でのコーラン焼却の復讐にアフガニスタンの国連事務所が襲撃。北部のマザリシャリフは比較的治安が安定しており2011年7月NATO軍からアフガン警察や軍に治安権限が移譲される予定。国連事務所は地域の復興支援の中心。コーラン事件への怒りの矛先が欧米人がいる身近な国連事務所に向かった

千人を超す群衆に襲われたマザリシャリフの国連アフガニスタン支援ミッション事務所は自爆テロを警戒して高さ3メートルのぶ厚い壁に囲まれていた。群衆に対し地元警察は警告射撃で解散させようとしたが失敗。群衆の一部は武装。壁によじ登り警備員から銃を強奪、火を放った。国連の外国人職員7人死亡

国連アフガニスタン支援ミッション(United Nations Assistance Mission in Afghanistan、UNAMA)。国連 平和活動(PKO)の一つ。NATO率いる国際治安支援部隊(ISAF)のほか、NGO等と連携して、人道開発支援事業を統括している。

アフガニスタンで国連職員らが2011年4月に殺害された事件だが米国でのコーラン焼却が原因。米国人を殺すならまだわかるが殺されたのは北欧などの人。残念なことに、アフガニスタンの人から見れば、欧米人は一緒に見られ、また彼らを助けようとする援助関係者でも、そうでない人でも同じに見える。

米国の教会でのコーラン焼却による、アフガン国連事務所襲撃。殺害された(北欧等の)外国人職員3人と同事務所代表のロシア人男性は防空壕に身を潜めていたが暴徒に発見された。現地語を話すロシア人男性はイスラム教徒を装って難を逃れたが、他の3人は射殺され、うち1人はさらに首を刃物で切られた

behead(他動詞)。人の首を切る。これから派生した表現で、「(切腹後に)介錯(かいしゃく)する」 assist someone in committing hara-kiri by beheading him

コーランが米国で焼かれたことに抗議するデモ隊が暴徒化、アフガンの国連事務所が襲われた事件で、国連アフガニスタン支援団のデミストゥラ代表は「デモ隊に7〜15人の武装勢力が紛れ込んでいた」。反政府武装勢力ヘクマチアル派の活動が活発な東部カピサ州やタリバーン根拠地の南部カンダハル出身者

グルブッディーン・ヘクマティヤール(1947年生)。アフガニスタンの軍閥の一つ「ヘクマティアル派」の指導者。パシュトゥン人。ラバニらが作ったムスリム青年組織に入団するも対立し自らイスラム党を創設。ソ連撤退後のムジャヒディン政権では首相に。パキスタンのアフガン難民の権利を保護し名声

国連アフガニスタン支援ミッション事務所が2011年4月1日に襲撃された理由。1)3月の米国教会でのコーラン焼却が直接的原因だが、2)背景としてはこの事務所が米国兵が中心となるNATOのISAF(国際治安支援部隊)の本部だったこと。3)近年、民軍連携が進み援助機関と軍隊の境界が曖昧

アフガニスタン国際治安支援部隊はアメリカ軍7万8420人、イギリス9500人、ドイツ4400人、フランス3750人、イタリア3300人、カナダ2830人、ポーランド2500人、オランダ1955人、トルコ1710人、オーストラリア1550人、スペイン1470人、ルーマニア1140人

・・・

背景として、アフガンでは米軍やNATOによる誤爆など

アフガンの一般市民の間では、以前から、米軍などの軍事作戦による市民の巻き添え(誤爆等)に、批判が渦巻いていた。非武装の民間人3人を殺害した米軍兵士が2011年3月、軍法会議で禁錮24年の判決。その兵士らが遺体をもてあそんでいる画像をドイツ誌が報じ、アフガンのテレビでも放送された。

アフガニスタン南部ヘルマンド州で2011年4月初旬、米軍の無人機「プレデター(Predator)」による攻撃に巻き込まれて23歳と26歳の米兵2人が死亡。誤爆と見られる。米無人機による誤爆で米兵が死亡した例は今回が初めてだが民間人の犠牲を多く2月にも子どもを含む23人が誤爆で死亡

アフガニスタンに展開する北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)は2011年3月東部クナール州で誤爆し民間人9人を殺害。犠牲になったのは12歳以下の少年たちで、まき集めをしていた。武装勢力からロケット弾の攻撃を受けたため発射地点とみられる場所に爆撃したがミス

アフガニスタンに展開する北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)は2011年1月、誤爆でアフガン警官3人を死亡、3人を負傷。パトロール中の部隊が警官隊を武装集団と誤認、航空機による爆撃。アフガンでは駐留外国部隊によるアフガン治安部隊への誤爆が相次いでいる。


・・・

アフガンでの国連職員殺害に対する、米教会の牧師テリー・ジョーンズの反応

コーランを2011年3月20日に燃やした米国のキリスト教原理主義の牧師、テリー・ジョーンズは、(それに抗議するアフガニスタンでのデモからの暴動で)2011年4月1日に国連職員ら11名が殺害されたことに対し、「衝撃を受けた」としながらも、「責任があるとは感じない。行いも変えない」

・・・

日本政府の反応

外務省、アフガニスタンにおける国連事務所の襲撃について、2011年4月。4月1日マザリシャリフ市において国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)が襲撃。米フロリダ州で3月20日キリスト教の牧師がイスラム教の聖典コーランを焼却する事件 http://bit.ly/eIaJTk

・・・

国連の反応

アメリカのフロリダ州にある教会の牧師が2011年3月20日イスラムの聖典コーランを焼却した。イランのハザーイー国連大使が国際連合事務総長・潘基文に対し、このコーラン焼却事件を非難し、これに関する本格的な捜査を行なうよう求めた。「16億人に上る世界のイスラム教徒の感情を逆なでした」

米教会のコーラン焼却に対するイランの国連事務総長への苦情に対する返答。「国連は各宗教の調和と協力の向上に向けて努力する。聖典コーランへの冒涜は容認しがたく、怠慢が引き起こしたもの。私は、様々な人々と社会の間に亀裂をもたらす目的で行われたこの偏見に満ちた行為を、はっきりと非難する」

・・・

民軍連携の増加との関係

ここ数日、私のツイートを見ていた人はご存知の通り、「近年、増えてきた中東等での『民軍連携』のため、援助関係者の死亡数が増加している理由」を私は解説してきた。コーラン焼却による国連職員らの殺害の背景にあるものの一つが、この民軍連携。残念なことに、タイムリーな記述になってしまった。

近年、国際協力関係者(国連職員・NGO職員ら)の死亡数が(民軍連携の影響で)紛争地帯で増加している理由と背景は以下です。 http://bit.ly/fGe40Y また、紛争地帯で国際協力をするための安全管理・危険回避については以下です。 http://bit.ly/foVbhk