.

126人

生活保護を受けているのは140万世帯。多くは高齢者と障害者。ところが最近増えているのは、厳しい雇用状況のため失業している「現役世代」。2011年は24万世帯に増加(1994年は6万世帯)。年齢は40代。新卒の20代でも就職が厳しい中、中高年の就職はさらに厳しい。うつ病の発症も増加


122人

第二次世界大戦の枢軸国だった日独伊は脱原発へ。連合国だった米仏などは原発を続行。理由は、戦後の世界を旧連合国主導で行うため五大国が国連安保理の常任理事国となり、それらで核兵器を独占するため1957年IAEA創設、1970年NPT発効。核兵器を維持するため原発も捨てられないのが理由


118人

原発事故で海外から巨額の賠償を負わされる恐れ。国境を越えた損害賠償訴訟を事故発生国で行うことを定めた国際条約に加盟していないため、外国から提訴された場合、その外国の裁判所で判決が下されてしまう。菅政権は危機感を強め条約加盟を検討。IAEAの「原子力損害の補完的補償に関する条約」等

小泉純一郎元首相は2011年5月、福島第一原発の事故について「日本が原発の安全性を信じて発信してきたのは過ちだった。これ以上、原発を増やしていくのは無理だと思う。日本が1970年代の石油危機の教訓から石油への依存を減らしてきた。世界に先駆けて自然エネルギーを推進しないといけない」


86人

ナイジェリア警察は2011年6月、人身売買用の子供を産ませようとして32人の16歳前後の少女を妊娠させた病院経営者を逮捕。産んだ子供を1万5千円で男に売る手はず。貧困につけ込んだ人身売買ビジネスが横行。この手の病院は「赤ちゃん工場」と呼称。売られた子どもは奴隷、呪術の儀式の生贄に


63人

国際協力に関係ある映画。 ,修譴任眄犬る子供たちへ(All the Invisible Children)2006年。 △垢戮討楼Δ里燭瓩法Beyond Borders)2003年。 8 -Eight- (ミレニアム開発目標が題材) http://bit.ly/c4K115


58人

新疆ウイグル自治区ウルムチ市の騒乱後も、町中に八千台もの監視カメラが設置されたままになっている。ウイグル人は、ウイグル語を話すことは禁じられ、中国語を話すことを強要、イスラム教の宗教行為を行うことも制限(18歳以下の子どもはモスクに入れず、宗教教育を与えることも禁止)


50人

緑のカーテンの問題点。〆虫が集まるため、マンション等で近隣の迷惑。除虫薬を使用した場合、その健康被害。▲┘▲灰鷦竺圧ー辺に設置した場合、熱交換効率の低下で逆効果。火災の恐れも。J斌未保持する水分量が増すため、雨水で壁が劣化。た∧の根の根酸でコンクリートが劣化。土壌も酸性化


45人

天下り。JICAの理事10人は、様々な省庁からの天下り。しかも高額(年収で千数百万円)の給与をもらっており、かつ実質何もしていない。全員首にしたほうがいい、という意見も。JICAが無駄なのではなく、天下りされてしまう高位のポストが無駄。なお、JICA職員の平均給与は約830万円。


44人

天下り。JICA本部は元々、新宿にあったが、最近、麹町に移転。だがここも家賃が高額。2009年以後、無駄が多いと事業仕分で叩かれているJICAは、都内中心部ではない「和光市」に移転を計画。だが来年JICAへ天下り予定の財務省幹部が「そんな遠くへ通勤したくない」と言ったため、中止に


38人

「科学は人々の死生観まで支配するようになった。人間は臓器、細胞、遺伝子、原始からなり命はその営みととらえる。それが進めば、ある臓器が悪くなったら取り換えればいいと。だが科学では分析できず交換もできない『精神性』を取り戻さなければ死を受容することがかえって難しくなるかも」 柳田邦男


34人

福島第一原発の事故で、県内の淡水魚から基準を超える放射性セシウムの検出が相次ぎ、農林水産省と同県は、検出された流域で(通常は6月初旬の)アユ漁解禁を延期する検討。セシウムは湖や川に堆積し、淡水魚は海水魚より吸収し易い。いわき市の夏井川のアユ、阿武隈川のヤマメなど。観光に打撃。


31人

日本ユニセフ協会・国際協力人材養成プログラム・国際協力講座。毎年10月から2月にかけて毎週火曜の18時半から90分、国連・政府・NGO・大学・CSR等の分野から十数人の講師を招いて実施。私も講師の一人。興味のある方は6月頃、応募して下さい http://bit.ly/cKaR4q


29人

外務省、「フェイスブック」及び「ツイッター」の外務省公式アカウント開設、2011年6月。ツイッターは、MofaJapan_jp http://bit.ly/mkp0oW

クラウドコンピューティング。情報の保存管理のためのウェブ・サービスとしても利用。無料で、最大容量なものは、Windows Live SkyDive が、25GB。オフィスがインストールされていないパソコン等でもワードやエクセルが使用可能。 http://bit.ly/rqCto


27人

「病気の告知とは、残された時間をどう生きるのか、本人が考えて選択できる権利を大切にするということです。逆に告知をしないと、自分の人生の終末をどのように送りたいかを選ぶ権利を奪うことになってしまう。やりやかったことをやり遂げて、人生の最終章を納得できるものにするために」 柳田邦男


26人

中国内モンゴル自治区で遊牧民が炭鉱労働者の車にひき殺されたことに反発するモンゴル族住民による抗議のデモは国外のインターネットサイトや携帯メールで拡大。「リーダーなき反抗」に当局は対応に苦慮。2011年5月末。遊牧民が石炭を運ぶ車にひき殺されたのは10日。国内メディアは報じなかった


25人

国交省の最大の天下り先「建設弘済会」と「空港環境整備協会」が解散に。同省の発注業務を独占的に受注しOBを受け入れ。700億円をため込んできたが、退職金などを支払った残りは国庫に返納。2010年7月。

天下り。^貳嵬戮る商売の一つが国と癒着しての事業。このため官僚と企業は癒着。↓,鯔匹阿燭甦盈修錬嫁毎に配置転換されるのが通例だが、それでも発生。4盈修退職した後、付き合いのあった財団などの役員に。原因の一つはキャリア官僚の早期退職慣行。50歳前後で辞めるため再就職先が必要。


24人

多くの乳幼児が感染するロタウイルスによる胃腸炎の予防を目的としたグラクソ・スミスクライン(GSK)社のワクチン「ロタリックス」について、厚生労働省は2011年5月30日、製造販売を承認する方向。世界保健機関(WHO)が接種を推奨するワクチンの一つだが、国内では承認されていなかった


23人

財政の無駄を減らすために「天下り」を止めさせるのは間違いか?官僚はピラミッド型組織で上にいくほど人数が少ない。早期に退職しており、だから天下り先(次の職場)が必要だった。もし天下りを止めさせるなら全ての官僚を65歳まで雇うことになり逆に人件費が増える。約1千億円の人件費が2割増加

MENA(ミーナ)とは、ポストBRICsとして注目される中東と北アフリカを合わせた市場。Middle East と North Africa。サウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェート、カタール、オマーン、バーレーン、トルコ、イスラエル、ヨルダン、エジプト、モロッコの11カ国


22人

ウィキリークスが公表した米外交公電。日本各地の原子力発電所のテロ対策に米国が憂慮。2007年2月26日付。米側は各地の原発に武装警官を配置できないか日本政府に質問、文部科学省は「原発の事業者と警察当局が判断する」。米側は武装部隊の必要性を念頭に置いていたことが示唆されるやり取り。

イタリアは閉鎖中の原子力発電所の再開の是非を問う国民投票を2011年6月中旬に実施予定。その前月、原発再開を無期限に凍結する法案が5月24日、下院で可決された。既に上院は通過している。イタリアは1986年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故後、原発6基を順次廃炉にしており、現在はゼロ


21人

国際協力機構(JICA)は、非上場企業に天下りしたOBの報酬などの情報開示を拒否しており「聖域」にしている。このため昨年の事業仕分以後も天下りは止まない。なお、JICAはプロジェクト実施前に行うべき「環境アセスメント」の内容も公開せず、NGOなどが批判できない隠蔽体質が続いている


20人

民主党は天下りについて、「2万6千人の国家公務員が4700の法人に天下りして年間12兆6000億円の税金が、そこに流れている」と言い、あたかも「天下り」先を(事業仕分で))つぶせば、12兆6000億円の財源になるように言っていた。だが実際は事業仕分では、7000億円しか捻出できず


18人

貧困ビジネス。誰にも頼れなくなった人の、その寄る辺なさにつけこんで利潤をあげるビジネス。湯浅誠の造語。広義では、貧困層をメインターゲットにして短期的な利益を追求するビジネス。狭義では、貧困層をターゲットにし、かつ貧困からの脱却に資することなく、むしろ貧困を固定化してしまうビジネス


17人

緑のカーテンとは、植物を建築物の外側に生育させることにより建築物の温度上昇抑制を図る省エネルギー手法。つる植物などを窓を覆うようにカーテン状に繁茂させる。ツタ、キヅタ、アサガオ、キュウリ、トマト、ゴーヤー等が使用される。個人や市民ベースの小規模なものが多いが学校や公的機関でも使用


15人

天下り。東京電力は2011年5月、顧問一覧を初めて公表。現在21人が年間報酬2億1900万円。21人のうち官僚OBは、東電副社長も務めた元通産省基礎産業局長の白川進と、国土交通省出身の川島毅、旧建設省出身の藤川寛之、警察庁出身の栗本英雄の4人。ほか、国際協力銀行出身の近藤純一も。

福島第一原発事故調査のため来日したIAEA報告。…吐箸料枋蠅過小評価で対応できなかった。2畊鷸故(シビアアクシデント)への対応が電力を入手できることを前提にしていたことが問題。ぃ稗腺釘舛錬廓前に日本政府に原子力安全・保安院に独立性を持たせて監査させるべきと指摘していたが無視


14人

ネタニヤフ・イスラエル首相が2011年3月17日、福島第一原発事故を受け、原子力発電所建設の計画を見直すと発言。だが実際は別の側面も。仝業はイランやテロ組織から攻撃される危険性。原子力の民間利用を行なうにはNPTへの署名とIAEAの査察が必要。同国は核保有を隠しているため不可

クラウドコンピューティング。使用の例。.僖愁灰鵑破損した場合のバックアップ。外出先でも情報をスマートフォン等で閲覧可能。2搬押⇒Э諭⊆莪先と情報を共有可能。ぬ昌鼻▲譽掘璽函蔑亮書)等を携帯で撮影して管理。イ佞班發んだアイデアをメモとして記録。Γ妊瓠璽訶の無料メールなど

国際協力機構(JICA)の天下り先である旅行会社(国際サービスエージェンシー(KSA))の社長の年間報酬額が(事業仕分けで「高すぎる」と批判を浴びたJICA理事長の報酬と同レベルの)2千万円超。社長は5代連続でJICAからの天下り。毎年JICAから60億円分の航空券発行事業を独占

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区には、もともとイスラム教徒の「ウイグル族」が多かった。しかし20世紀から漢民族が移住し、両者の人口比率は半々に近くなってきた。2009年7月、中心都市ウルムチで暴動が発生。民族間の対立から少なくとも200人、実際は、3000人以上が死亡した。


13人

福島原発事故で判明した「原発テロ・核テロ」の危険性。仝胸厦Г鯒鵬しなくても使用済み核燃料プールにある核燃料を破壊すれば放射能放出。電源を破壊すれば冷却できないため炉心溶融(メルトダウン)で原子炉の底が抜け大事故に。サイバーテロで可能。9匐機をハイジャックし突入すれば破壊可能

三菱重工は2011年6月、原子力関連事業の受注見通しを公表。福島第一原発の事故の影響で他の原発の補修工事が増え当初の2千億円を上回る見込み。2012年度も補修工事の増加で4千億円。新規建設は14年度に約6千億円とする従来の目標を変えない。米国では引き続き新規の原発建設が進むため。

全国に120万人?いる生活保護者。その生活保護費を狙って利益をあげる貧困ビジネス。ホームレスを勧誘し、住居や食費等を提供。その代わり保護費をもらう商売。月12万円程度の生活保護費のうち十万円を業者に提供。高いと文句を言うと住居から追い出される。業者は百人から月四百万の利益を得る。

2009年、新疆ウイグル自治区ウルムチ市において暴動が発生した理由は、1)漢民族が移住し人口比率が互角、2)漢民族との経済格差の不満、3)ウイグル文化と宗教(イスラム教)が失われる焦り。以上の背景のもと、工場でウイグル人のリンチ事件があり、公平な解決を求めてデモを実施、警察と衝突

原発事故で農地が汚染された福島県飯舘村で2011年5月28日、土壌から放射性物質を取り除くための実証実験が開始。同県内に計3ヘクタールの実験用農地を確保し、ヒマワリなどを植えるほか、重機を使った表土のはぎ取りや水田の土壌洗浄などを試す。8月末までに効果を見極める予定。

緑のカーテン。環境省によれば、「ツル性の植物(ゴーヤ、ヘチマ等)による壁面緑化で、夏の強い日差しを和らげ、葉の蒸散作用により周辺温度を下げることで室温の上昇を抑える効果がある。「板橋区地球温暖化防止地域推進計画」の重点取組に位置付け」 http://bit.ly/ivfGTU


12人

ドイツで発生した腸管出血性大腸菌O(オー)104の感染が広がり死者が18人。当初感染源とされたキュウリ等のスペイン産野菜を買い控える風評被害も。WHOは2011年6月2日「大腸菌はこれまでに見つかったことのない感染力と毒性の強い菌」。感染はデンマーク、フランスなど十カ国1600人

トヨタはハイブリッド車プリウスを非常用電源として使える検討。2012年発売のプラグインハイブリッド車も含め家電に電気を供給可能に。現在ミニバンに1500ワットの充電機能が標準装備されている。キャンプ場などでの利用を想定した機能だが東日本大震災の被災地で携帯電話の充電等に使用された

クラウドコンピューティング、3種。SaaS。インターネット経由のソフトウェアパッケージの提供。PaaS。インターネット経由のアプリケーション実行用のプラットフォームの提供。データベース等も。HaaS。ネット経由のハードウェアやインフラの提供。自分でOSからシステム構築可能。

路上生活者を囲い込み、保護費を徴収する、「貧困ビジネス」は、大阪などで警察による摘発が進んでいる。2011年5月に問題が露呈した、さいたま市のケースは、原告側弁護団によると、「ユニティーという会社が、住宅30軒以上に300〜400人を住まわせ、全国最大規模。実態を明らかにしたい」

世界には8つの保健機関があり通称「ヘルス・エイト」。世界保健機関(WHO)、ユニセフ、国連人口基金、国連エイズ合同計画(UNAIDS)、世界銀行、世界エイズ結核マラリア対策基金(global fund)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、GAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)。

ウイグル自治区の騒乱を鎮めるため、中国政府はテレビ等のマスコミで「ウイグル自治区では漢民族とウイグル族が仲良く暮らしている」という主旨の報道。もちろん共産主義国家なので思想統制のため政府からの指示。またウイグルの学校では生徒に毎日、国旗の掲揚と国歌の斉唱を義務化した

カルピスはモンゴル遊牧民族の伝統食品の発酵乳を集め乳酸菌から新商品を開発。新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した官民共同プロジェクトでモンゴルとの事前交渉は製品評価技術基盤機構(NITE)が担当。できあがった商品はアミール、アレルケア、LTP(ラクトトリペプチド)

米原子力規制委員会(NRC)のボーチャード事務局長は2011年5月26日福島第一原発の炉心溶融について「震災が発生した数日後には確信。当時観測されていた高いレベルの放射線は深刻な燃料損傷が起きない限りあり得ないため。それが50マイル(80キロ)圏内の米国人に避難勧告を出した理由」


11人

コールドチェーン(cold chain)とは、生鮮食品や医薬品などを生産・輸送・消費の過程の間で途切れることなく低温に保つ物流方式。国際協力の分野では、アフリカなどの熱帯地域で、子どもに接種するためのワクチンを10度以下に保ちながら、どうやって接種場所まで運搬するかが問題となる

福島原発事故で判明した「原発テロ・核テロ」の危険性。仝胸厦Г鯒鵬しなくても使用済み核燃料プールにある核燃料を破壊すれば放射能放出。⊆臈展擦藩夙電源を破壊すれば冷却できないため炉心溶融(メルトダウン)で原子炉の圧力容器の底が抜け大事故。9匐機をハイジャックし突入すれば破壊可能

JICAの事業仕分け。調査研究費を3割削減。理事の平均年収が1600万円で13人もいるが不要。海外勤務者の、在外勤務手当が、給与の他に(比較的安全な北京で)毎月64万円だったのを44万に減らしたが、まだ高いと酷評。取引契約関係も天下り先に依頼することが多く問題。

湯浅誠。1969年生。社会運動家。自立生活サポートセンター・もやい事務局長、反貧困ネットワーク事務局長、内閣府参与。日本の貧困者の問題に関し、「五重の排除」があると主張。ゞ軌蕾歡からの排除、企業福祉からの排除、2搬科〇磴らの排除、じ的福祉からの排除、ゼ分自身からの排除。

元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ(1980年生、30歳)が2011年5月12日、「国会の選挙に出るんです」と、2012年6月に行われるモンゴルの国会議員選挙への立候補を表明。15歳でモンゴル相撲。1997年に日本の明徳義塾高校に相撲留学し、2年後に角界へ。2003年横綱

ドイツ政府が福島原発事故後、新しいエネルギー政策の検討のために立ち上げた諮問委員会の最終会合が2011年5月28日に開かれ、「脱原発は10年以内に可能」とする報告書。運転延長から、脱原発に政策を転換。国内の17基の原発をいつまでにすべて閉鎖するのかなどが焦点になっている。


10人

ソフトバンクは夏の節電で3割減らす。.フィスの3割を防火シャッターで閉鎖。空調や照明を停止。勤務場所を集約化。⊇仄區与瑤鮓此∈濛雍侈海悄サマータイム。せ超叛限。ヅ杜六藩僖圈璽時にパソコンを切りタブレット端末で業務。Γ況遒らTシャツ・ポロシャツで勤務。Т間は7月〜9月

富士通は2011年6月から糖尿病患者のために携帯電話を使って血糖値・食事・投薬・歩数計などの健康情報を管理できるサービス開始。インターネット経由で情報を管理する「クラウドコンピューティング」を使用。患者が血糖値を測った後、測定器を専用ケーブルで携帯につなぐと専用サーバーに送られる

トルコの駐日大使が2011年5月27日、日本側と交渉を進めているトルコの原発建設計画について、「変更する必要はない」と述べ、福島第一原発の事故後も引き続き、日本へ発注。トルコは国内2基目となる原発建設を黒海沿岸シノップに予定。2010年12月から建設交渉を開始、東芝などが強い関心

来日した国際原子力機関(IAEA)の調査団が2011年5月27日、事故を起こした東京電力の福島第一原子力発電所を視察。調査団は英国原子力規制機関長のマイク・ウェートマン団長、仏原子力安全機関委員のフィリップ・ジャメ副団長、米国、ロシア、中国、韓国、インドなどの専門家18人が参加。