.

目次

その1
これまでの経緯
ロンドン大学大学院から国連JPOでWHO
WHOのどの部署で、どんな仕事をするか?
修士をとってからJPO応募まで

その2
途上国での経験がないので、それを獲得
noncommunicable disease(非伝染性疾病)
国連職員の給与形態の説明
大学院での出会いとインターン

その3
海外の大学院にいくためのお金(授業料と生活費)
国際精神保健を志すなら、どの大学院がいいか?
大学院で勉強し5年前から考えが変わったか?
これから国際精神保健をやる人にアドバイスは?
国際精神保健をやっている組織は、どこ?


・・・

2011年5月28日のインタビュー。

.

これまでの経緯


山本 お久しぶりです、どうも。 

天使 お久しぶりです。

山本 最初、(過去の)記録を見て(紹介します)。

   (5年前の)2006年11月に履歴書を送ってもらって
   あのー、当時の『未来の国際協力師たちへ』って企画で 
   当時はスコーネさんって言う名前で
   (インタビューしましたね)。


参考:
未来の国際協力師たちへ
http://www.ets-org.jp/mirai/

未来の国際協力師たちへ・ケース9
将来は国際精神保健を 2006年11月頃
スコーネさん 28歳(当時)、女性、精神科医
http://www.ets-org.jp/mirai/case/category/case09

山本敏晴のブログ 2009年05月頃
国際精神保健を目指した「天使」 9735字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65256432.html


天使 あぁ、そうですね。

山本 (インタビューを)やってましたね。
   えぇっと、
   (あだ名の)スコーネってのは何でしたっけ? 

天使 昔住んでた地区の、 
   スウェーデンの地区の名前です。 

山本 あぁ、そうでしたよね。
   幼少のころにスウェーデンにいらしたということで。
   何歳から何歳のころ(に住んでいたのですか)?

天使 10歳から12歳ぐらいです。

山本 10歳から12歳。

天使 (うんうん。)

山本 なるほど。
   うーんと…。
    
   年齢が当然どんどん変わってまして、
   (インタビューしたのが)
   28歳ぐらいだったような気がしましたけども、当時。

天使 ははっ。
   そうですねぇ。

山本 今、そうすると
   (年齢は)…。
     
天使 33(歳)になりました。

山本 33(歳)ですよね。

   で、簡単に経歴を言うと、

   えっと…。

   T…T…
T(大学)医学部を卒業した後に
   Y大学の精神科の医局に入って

(注:T大学は東京大学ではない)
   
天使 そうですね。
   
   あっ、えっと、(T)大学を卒業して
   研修医もそこの(T大学の)附属病院でして…。
   
山本 あぁ、そうですか。 

天使 その後、…

山本 T大の方で、研修医で(働いた)。 

天使 そうですね。
   (研修医を)しました。

山本 で、Y大の精神科の医局に入って
   で、そこには結局何年いたんですか? 

天使 えっと、3年(働いた)…。
   今も(医局に)名前は残ってますけど。 

・・・

ロンドン大学大学院から国連JPOでWHO
   
    
山本 (Y大学の精神科の医局に、今も)
   所属はしてるんですか。 

天使 実際(Y大で)働いたのは(卒後)3年で
   (卒後)4年目始まるときに
   「大学院に行きたいので」ということで
      
   えーっと、  
   4年目の9月からイギリスに行きました。

山本 その(卒後)4年目というのは 
   西暦何年になるんですか?

天使 えーっと、20…
   去年(2010年に)(大学院を)卒業したので
   2009年の9月から2010年の9月までの1年間が
   公衆衛生大学院の(学生でした)。

山本 イギリスのロンドンの大学の、
   えっとまぁ、
   熱帯医学と公衆衛生の複合した
   大学院みたいなところに行ったんですよね。

天使 そうですね。

   London school of Hygiene & Tropical Medicine
   (LSHTM:ロンドン大学衛生学熱帯学大学院)の
   Master Science of Public health General stream
   というところで1年(修士の取得を)やりました。


参考:
London School of Hygiene & Tropical Medicine
LSHTM, Global Health
http://www.lshtm.ac.uk/

Masters Degrees, LSHTM
http://www.lshtm.ac.uk/prospectus/masters/


山本 えーっと 
   (ウェブ上の)記事になってるやつ、拝見しました。
   これですか?

(本名が公開されているためURLは掲載せず) 

天使 あぁ、そうです。そうです。
   こんな様子で1年過ごしまして
   この大学院に所属の間に
   JPO(Junior Professional Officer)の
   応募の準備を始めたのと


参考:
JPO(ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー)とは、
日本人の国連職員を増やすために、外務省が作った制度。
(国連職員なのに日本政府が給料を払う。)
日本人だけが選考の対象となるので、
国連競争試験などよりは合格しやすい。
そうは言っても、倍率は15〜25倍程度と高い。
「国連職員への登竜門」とされる。
現在は、2年間程度、希望の国際機関に派遣される。
応募条件は、
‘本人であること
■械戯舒焚
B膤惘―せ琉幣
け儻賣蓮▲侫薀鵐晃賣呂両斂
ィ嫁間の社会人経験
(イ榔募条件にない年もある)
外務省国際機関人事センター
http://www.mofa-irc.go.jp/
JPO派遣制度の御案内
http://www.mofa-irc.go.jp/boshu/jpo_haken.htm


   あと、インターン…、
   WHO(世界保健機構)でのインターンも
   ロンドン大学の教授に紹介いただいて
   準備を始めました。


参考:
WHO、World Health Organization
世界保健機関。
1948年設立の国連の専門機関の一つ。
スイスのジュネーヴに本部があり、
各国の代表が集まって世界の保健課題に対して
討議を行い、WHO加盟国が守るべき
ガイドラインなどを策定する。
例えば、新型インフルエンザ発生時の対策など。
ここに就職した場合、
NGO(非政府組織)のように
医師や看護師として、
自分で直接、患者を診療することはなく、
途上国の保健省(厚労省)を指導するなど、
行政上の仕事がほとんどとなる。
http://www.who.int/en/


   で、卒業と同時にWHOの本部、ジュネーブで
   Department of Mental health and substance abuse
   (精神保健の部署)で
   3ヶ月インターンをしました。


参考:
WHO Mental health 精神保健
http://www.who.int/topics/mental_health/en/


山本 なるほど、わかりました。

・・・

WHOのどの部署で、どんな仕事をするか?


山本 で、あのなんか、メールでは、
   えーっと…

   (国連JPO試験に受かったので、
    WHOに正式に派遣されることになり)
   (2011年)6月ぐらいからは
   WHOのどっかの部署に行くって
   書いてありましたけど、
   (配属先は)決まりました?   

天使 はい。
   
   6月30日から2年間の予定で(決まりました)。
   WHO本部、
   ジュネーブにある本部の
   インターン先と同じ
   Department of Mental health and substance abuseに
   所属(する予定です)。
  
山本 substance abuse ?

天使 substance abuse、
   (意味は)物質乱用とかですかね。
   薬物、アルコール(の乱用)などなど。


参考:
WHO Substance abuse
薬物乱用(物質乱用)
アルコール、不法・不道徳な薬物、
それらの依存症候群、離脱症候群など。
http://www.who.int/topics/substance_abuse/en/


山本 なるほど。 

天使 で、(そこ)に、
   2年間行くんですけれど。

山本 はい。 

天使 ポジションとしては
   テクニカルアドバイザーで、
       
   4分の…。


   『MHギャップ』(mhGAP)っていう途上国の
   精神保健サービス向上のために
   WHOの勧めているフレイムワーク(枠組み)があるので、
   それに私の時間の4分の1は使って。


参考:
WHO Mental Health Gap Action Programme (mhGAP)
精神障害・薬物乱用などの患者の
75%は低所得国にいるが、
彼らは必要な治療にアクセス(入手)できない。
低所得国で、そうした精神疾患に対する保健サービスを
スケールアップ(拡大)する。
http://www.who.int/mental_health/mhgap/en/



   もう4分の1は
   えっと、
   Mental Health and Human rights、
   精神保健と人権(問題)の関係
   (があることが指摘されているので、
    その部署でも働く。)。


参考:
WHO,精神障害を持つ人の人権を守るには?
How can the human rights of people
with mental disorders be promoted and protected?
http://www.who.int/features/qa/43/en/



   もう4分の1は
   開発という大きな視点で見たときに
   精神障害者にも、もっと
   あの、重視すべきである。


参考:
WHO、精神保健の改善は国の発展に重要
Mental Health Improvements for Nations Development:
The WHO MIND Project
Mental health improvements are central to nations' development
http://www.who.int/mental_health/policy/en/


山本 はい。 

天使 例えば女性…。

   開発の分野で、
   ジェンダー(性)は一つ大きなトピックですけど


参考:
WHO,Gender
性的な差別があることは、
健康状態と、保健サービスへのアクセスの両方において、
男女間の不平等を起こす。
http://www.who.int/topics/gender/en/

   
   Mental Healthの患者さん(に関する問題)も
   開発(の課題として)に乗り遅れないように。

   あのー、
   『脆弱な(vulnerable)』グループとして
   (そこに)焦点を当てるべきであるというのを
   テーマに持っている仕事が
   まぁ4分の1。


   残りの4分の1というのは
   えぇーっと、
   南太平洋地区の精神保健向上のための
   フレイムワーク(に時間を割いている)。

   (そのフレイムワークが)
   Pacific Islands Mental Health Network
   って言うんですけれど、


参考:
The WHO Pacific Islands Mental Health Network (PIMHnet)
2005年3月、太平洋の島国の保健省の会議で議題に。
ニュージーランドが支援し、WHOがネットワークを設置。
精神保健を向上させる目的。
http://www.who.int/mental_health/policy/pimhnet/en/

   
   まぁ、(以上の)4分の1(たち)に基本的に…。
 
   4分の1ずつ私が時間を使うことに
   TORの契約上はなってますね。

参考:
山本 はい、なるほど。

   (これを読む人のために説明すると)   
   TORとは Terms of reference の略称で
   自分もしくは組織の行う仕事を
   箇条書きにしたもの、のことをいいますね。

   えっと…、
   WHOは Job Descriptions という表現よりも
   TORという表現の方が使いますか?


参考:
Job Descriptions
仕事の説明が箇条書きに書いてある文書。
TOR(Terms of reference)とほぼ同義だが、
前者は、比較的、個人の仕事内容、
後者は、比較的、組織的な実施項目を言う。
だが、団体によって使われ方が異なる。


天使 そうですね。
   TORで…。

山本 (TOR)の方を使ってると。 

天使 はい。
   TORはインターンをした時ももちろんTORでしたし、
   どんな時も役割で入る時もTORで(行っていた)。
   
   TORに基づいて仕事を
   すすめるということに(なっている)。

山本 はい。 
   あと、一応、勤務などは
   WHO本部ということなんですけれど。

   今その、太平洋地区と言ってましたけど
   確か、WHOは世界を確か、7つに分類していて…?

天使 (世界を)6つに分類していて    
    太平洋地区はウプロ(WPRO)、
   West Paccific Resion…
 
山本 ウプロ(WPRO)だから、
   West Paccific Resional …
  
天使 … Office

山本 で、ウプロ(WPRO)…

天使 そうそうそうそう(笑)


参考:
WHO regional offices
世界を6つに分けて管轄している。
1.Regional Office for Africa : AFRO
  北アフリカ沿岸部以外の、ほぼ全てのアフリカ
2.Regional Office for the Americas : AMRO (PAHO)
  北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の両方全て。
3.Eastern Mediterranean Regional Office : EMRO
  中東(西アジア)と北アフリカ沿岸部のイスラム圏
4.Regional Office for Europe : EURO
  ヨーロッパ全てと、ロシアも含む。
5.Regional Office for South-East Asia : SEARO
  インドなどの南アジアと、東南アジアの西側半分
  北朝鮮は、地理的に離れているが、
  社会主義国に理解のある国が多いこの地域に含まれる。
6.Regional Office for the Western Pacific : WPRO
  東アジアとオセアニアと、東南アジアの東側半分。
  日本はこの、WPRO(ウプロ)に含まれる。
以上のように、単に地理的な要因だけではなく、
政治的・宗教的な要因も加味されて分類されている。
北朝鮮が、地理的にかけはなれたグループに
所属しているのが、その象徴。
一度、以下をクリックして地図を見るべし。
http://www.who.int/about/regions/en/


天使 で、(フィリピンの)マニラにある事務所が、
   えーっと、(WPRO全体の)地域事務所。
    
   で、フェジー…、
   フェジーにはカントリーオフィス(国事務所)があったり


参考:
WHO フィジーの国事務所
http://www.who.int/countries/fji/en/index.html


   えーっと…   
   ラオスとかにもカントリーオフィスはありますし。

   日本もウプロ(WPRO)の範囲に(含まれています。) 
   カントリーオフィス(国事務所)はないですけれど。

   …って言う感じで
   国によってカントリーオフィスを
   持っている国もあります。

   ちょうど、この間は、
   うーんと、
   今年の2月…
   3月から6月…
   ちゃうちゃう。
   
   すいません。
   3月から5月の終わりまでの9週間を
   フィジー大学の医学部の招へい医師という


参考:
The University of Fiji
フィジー大学
http://www.unifiji.ac.fj/

        
   精神保健サービス向上のお手伝いみたいなことも
   してたんですけれど
   そこにもフィジーカントリーオフィスがあって。

   えっと…、
   で、たまたまなんですけれど、
   今後私が本部でやる仕事の
   カウンターパート(仕事の相棒)に会うことができたんで。
       
山本 (それは)よかったですね。 

天使 ちょうどよかったなぁって思って。
   
山本 なるほど。

・・・

修士をとってからJPO応募まで


山本 そのちょっと時期関係が不明だったんですけれど
   
   で結局ロンドン大学にMPHを取りに行ってたのが
   2009年の9月から2010年の何月まで(ですか)?

天使 9月(まで)の1年間。


参考:
MPH
Master of Public health
公衆衛生学修士
WHOなどの国際機関や、
JICAなどの政府機関に行き、
国際協力を医療の分野で、
かつ政府レベルで行いたい場合、
ほぼ必須となる資格。
大学院の修士課程に行って取得する必要がある。
昔は、欧米の大学院に行く必要があった。
日本には、東大、名古屋大学などに一応あったが、
最近は、長崎大学、帝京大学などにも、
MPHを取得できるコースが作られ、
間口が広がった。
長崎大学大学院・国際健康開発研究科
http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/mph/
長崎大学大学院・国際保健健康開発研究科・学生インタビュー2011年、その1 10970字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65574185.html


山本 1年間。

   12ヶ月ですか?
   それとも12カ月よりも 
   もうちょっと長かったですか?

天使 9月の終わりに始まって、
   翌年の9月のいっぴに
   修士論文を提出して終了だったので。
       
   まぁ、ほぼ12カ月ですね。
   
山本 なるほど。
   で、JPO…
   JPOって、あのー…
     
   例えば(今年は)6月3日ぐらいが(JPOの)締切りですけれど
   昨年も(締切りは同じぐらいでしたか)?

天使 (JPOの締切りは)同じくらいの(時期でした)。
   ちょうど出しました。

山本 なるほど。
   それで、合格通知が出たのって
   いつだったんですか? 

天使 えーっと…、
   (一次試験の合格通知は)7月ぐらいですかね。
   8月のちょうどお盆頃に東京で
   (二次試験の)面接だったので
      
   7月ぐらいに一次審査を通りましたっていう通知が
   メールで来て
   で、8月のお盆に東京で受けました。

山本 なるほど。

天使 で、それ(二次試験、面接)の結果は、
   9月…。
   ちょうどインターンが始まる頃にわかったので
   9月の中旬ぐらいにJPOの合格通知は来ました。   

山本 なるほど。 

天使 で…。

山本 昨年(2010年)の応募者数って…。
   最初の応募者数と
   一次試験に受かった応募者数と
   最終的に残った合格者数って数を知ってますか?

天使 えっと、見たんですけれど、
   あのウェブサイトに載ってますね。
   JPOのサイトに。


JPO派遣候補者・選考試験 応募者数・合格者数
http://www.mofa-irc.go.jp/boshu/boshu_aejpo_kanren.htm


天使 で、やっぱ20倍くらい、
   倍率20倍ぐらいなんだなぁって思った気がするので、
   
山本  はい。
    やっぱり、
    最終的に60人前後の採用でしたか?
    (採用人数は)40?    

天使 いや…、
   (全部で)25人だと思います。


参考:
JPO派遣候補者・選考試験の、
応募者数と、合格者数の、近年の傾向。
 ̄募者数: 
1994年494人、
2004年1012人と漸増したが
2008年294人に減少。
だが就職難のため
2010年621人。
合格者数: 
1994年46人、
2000年65人に増えたが、
2010年27人まで減少 


山本 やっぱ、(採用人数は)減ってるんですね。
   要するに(JPO用の)予算が減ってるってやつですね。

天使 そうだと思います。

山本 ODAの削減と関係あるんですか(笑)?  

天使 えーっと、仕分けの対象になりそうだったけど…。
   (仕分けの対象に)ならずに済んだってのは
   聞いたんですけど
   ちょっと細かいことは分かんないです。  

山本 自主的に減らしたんでしょうね。
   社会的な影響と圧力で、
    
   ODAも1兆円から6000億円に減ったところですから。


参考:
日本の政府開発援助(ODA)の金額は、
1989年、アメリカを抜き世界1位になった。
しかし1997年をピークとして以後は徐々に減少、
ここ10年で半減した(現在は世界第5位)。
この原因の一つは、
1997年7月にタイから始まった、
アジア通貨危機。
アメリカのヘッジファンドの空売りによる、
アジア各国の通貨下落


天使 あぁ、そうですね。
   
山本 じゃぁ、JPOも65人ぐらいから
   (採用人数が)20数人に減ったっていう。 

天使 私の同期は25人ぐらいです。

山本 なるほど。
   で、20倍のってことは
   昔は5年くらい前は
   1000人ぐらい応募して65人合格だったのが
   今は600人ぐらい応募して25人ぐらい合格っていう。
    
天使 そうですね。

山本 (1000人ぐらい応募して65人合格が
   600人ぐらい応募して20人合格になる)
   ぐらいに、合格者数も、
   応募者数も減ったってことですか?

天使 そうですね。
   (応募者数も減ったんだと)思います。

山本 応募者数が減ったってのは、
   何ででしょうかね?

   うーん…。

天使 (1年の間に、二回も)
   第1回、第2回という風に募集をやって
   試験をやるようになって今年が2年目になるので
   
山本 なるほど。 

天使 その前までは年に1回だけだったんですけれど。
      
山本 はい。 

天使 だから、 
   もしかしたら今年も6月締切りのタイミングで
   重要なポストに人材が、
   適切な人材がいないとなると
   また年明けぐらいに第2回…。

山本 追加募集。 

天使 (追加募集を)するんじゃないかと思うんですけど。
   
山本 なるほど。
   ちなみにその1次試験や2次試験の
   簡単な内容っていうのは

   まぁJPOですから
   (その条件から言うと)
   最初に提出する書類が、

   ‘本国籍があって
   35歳以下で
   B膤惘―せ里鮖っていて
   TOFEL等々で英語力などを点数で示す、
   イ△伴匆饋遊亳海、
    自分の専門分野での勤務経験が2年以上あるっていう証明
   の5つぐらいだと思うんですけれど、

   まぁ最初(に必要な応募条件が)それだとしますよね。

   それに加えて、面接って、
   もう1次試験の段階でありましたか?
 
天使 1次試験は面接はなくて。
   1次試験はもう純粋に書類だけで
   
   私の時から英語の点数はえっと、
   面接の時の(やつを)持ってきてくれればいいということで。

山本 はい。 

天使 書類には書かなくても良かったんですけれど。
   私はもう2年以内に取った
   TOFELの点数があったので。    
   さしあたりそれを書いておいて、
   面接の時に1年以内の結果を
   またあらためて持って行ったという感じでした。

参考:
TOEFL
http://www.ets.org/toefl/

   英語に関しては
   少しやり方が変わっているみたいですけど。
   
山本 あの、小論文みたいな
   「なんで志望したのか」
   みたいなのは1次試験の段階で(提出した)? 

天使 もうとっくに。
   書類の中の項目の一つにありました。
 
山本 なんていう課題でしたか?
 
天使 それが、なんかあの…。
   ワード上だと4行ぐらいしか書けないようには
   なってるんですけれど。
 
   記載するうちに欄がすごく広がったので。
   私はどのくらいかわからなかったので
   まとめみたいな感じで4行書いた後、
 
   えっと、行をあけてちょっと詳しく。
   3分の2ページぐらい詳しく書いたんですけれど。
   内容に3分の2ページぐらい、
   まぁちょっとわかんないんですけど。
 
   まぁ詳しく書いて、    
   だから2構成みたいな感じで書いたんですけれど、
   どれくらい求められているかはわからないです。

山本  文字数はわかんないですよね?
    (紙は)A4で何枚?

天使 A4で、
   全部合わせたら1ページぐらいですけど。
   4行ぐらいまとめを書いて
   その肉づけした詳細を
   残りに書いた感じにしたので。
   
山本  英語、日本語?

天使 日本語で。

山本  そうですか、わかりました。

天使 志望動機書は日本語で書いたんですけれど
   それ以外の書類は両方の言葉で書くようになっていて
   日本語の部分と英語の部分の欄が
   あったんですけれど

   えっと、一応、

   ,匹鵑併纏をしてきて、
   ◆吻,侶覯漫砲匹鵑蔑呂ついたかとか、
   0豐喟があるかとか、
   のれがあった方がいい、

   とは言われました。


参考:
余談だが、
履歴書の書き方については、以下のブログに詳述した。
一貫性のある『ストーリー』の構築など。
ネット金融から国際協力。NGO経験と修士取得。31歳女性。国連JPOか社会企業へ、その1 12119字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65621568.html
ネット金融から国際協力。NGO経験と修士取得。31歳女性。国連JPOか社会企業へ、その2 9605字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65621569.html


山本 はい。

天使 志望動機書まで含めて(一貫性を流を作ること)。

   履歴を(書くときに)
   何年に何をして何をしたっていう
   所属(とその仕事)だけを羅列するんではなくて

   ここではこんな仕事を任せられて
   こんなで成果をあげましたっていう

   なるべく、あの…、
   想像しやすいように書く方がいいって風な
   助言を受けました。
   
   日本の一般的な履歴書と
   少し雰囲気が違うとこかなと思いました。

山本  あ、そうですか。
    
    …(言うかどうか、考え中)
 
    いや、あの、
    私、結構人生相談を
    あのー、(いろんな人から)受けるんですけれど
    履歴書は、日本でも、その、
    (大学院を目指す時も、就職の時も)
    一貫性というか
    過去にこういった経験があったから
    こういう(学校に入り、その)学歴を得てきて
    現在こういう資格を取って
    こういうところで働いている。
    
    だから、将来はこういう展望を持っていて、
    今までの学歴等の延長として、
    大学院の進学だろうが、就職だろうが、
    (一貫性を持って)書くってのが
    日本でも主流のようですよ。

天使 そうですね。
   私が医者だから、
   あまり世間知らず…。(笑)

山本  医者しかやっていないと、
    こういう一般的なことを
    知らないっていうのはあると思います。

天使 まぁ、大学院で
   えっと、書いた志望動機書と考え方は
   一緒だなって思ったので
   
山本 はい…。

・・・

続く
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65648966.html