.
自己紹介と生い立ち


山本 まずニックネームを決めるんですが、
   「本名と同じではないニックネーム」、
   何かありますか?

マンボウ マンボウですね。

山本 では、マンボウでいきます。
   …ええ、ここで、
   「ご本人(の見た目)が、マンボウに似ているかどうか」
   について、私がコメントすると、
   殴られる可能性があるので、何も言いません。

マンボウ (笑)

山本 生まれは何県ですか?

マンボウ 兵庫県です。

山本 関西弁をしゃべるということで…?

マンボウ はい。

山本 中学、高校ぐらいまで、兵庫県ですか?

マンボウ 中高大と、全部、兵庫県です。

・・・

大学時代の学部は何か?


山本 大学と学部は?

マンボウ K大学、人間科学部です。

山本 学科は?

マンボウ 学科も人間科学科なんですが、その中の専攻が、
     人間環境科学専攻。

山本 それは何を勉強する所なんですか?

マンボウ けっこう幅広くて、環境そのものだったり、
     あたしは生態学の方にいったんですけども…。
     あとは、少し医療系の話を聞いたり。
     わかりやすいように、今(学科の)名前が変わって、
     環境バイオサイエンス学科になっちゃいました。


山本 その学部って、それを卒業した後に、
   それを生かせるような就職場所は、あるんですか?

マンボウ ほぼ皆無ですね。
     大学院に行けば多少はあるかもしれませんが、
     それほど就職先はなく、学部卒では、ほぼ0ですね…
 
山本 そうですよね…私の知る限りでは、茨木県に国立環境研究所という
   シンクタンクがありますが、それくらいしか思い浮かばないですね…
   では、なぜその学部へ行ったんですか?


参考:
国立環境研究所(NIES)
http://www.nies.go.jp/


マンボウ 私は中高大とエスカレーター式の学校で大学が上についていたんですね。
     生徒の大半は大学進学せず他の大学へ行くんですが、
     私は中高と全く勉強しなかったので、受験する気はなく、
     進学先の大学には、文学部、人間科学部、
     あとは特殊な芸術系の学部しかありませんでした。
     消去法で行くと、心理学か環境だなと思い、
     好きなのは生物系なので環境にしようと思い、そんな決め方でした。

山本 高校から就職の事は全く考えていなかったんですか?
   
マンボウ 考えていないですね。

山本 中高大一環だとすると、普通に考えると、
   お嬢様学校なのかなと思いますけど…

マンボウ そうですね…世間では言われていますね…

山本 キリスト教等のミッション系でしょうか?

マンボウ そうですね、プロテスタント系の学校です。

・・・

大学卒業後は、製薬会社に勤務


山本 大学卒業後は何会社に勤めましたか?

マンボウ A会社です。

山本 どんな職種ですか?

マンボウ 製薬会社で営業をしていました。

山本 (これまでの経歴を)簡単に言うと、
   (その会社を)退職後、青年海外協力隊に行くという訳ですね。

マンボウ そうですね。

・・・

国際協力に興味を持った、きっかけは?


山本 国際協力の世界におぼろげながら興味をもった過程なんですが、
   小、中、高、大学、社会人とありますが、
   どの段階で興味を持ちましたか?

マンボウ 中学ですね。

山本 きっかけは?

マンボウ 中学の時の体育の先生が青年海外協力隊に
     現職(参加)で行っていまして、
     帰国後、体験談を聞く機会が多くて、それがきっかけになりました。
     
山本 青年海外協力隊の『現職参加』というやつですね…
   2年ほど赴任し、元の(地方自治体の)学校に戻ってくる、という、
   非常に『いいパターン』ですね。
   どこの国に行ったんでしょうか?

マンボウ ジンバブエと言っていました。

山本 南アフリカ共和国のやや北東にある国ですね。
   スポーツ隊員だったんですか?

マンボウ 青少年活動で行ったという事でした。

山本 青少年活動は、ごちゃ混ぜ…
   (いろいろな案件(要請内容)があるため、
    依頼された内容によって、仕事が大きく変わるので)
   「吐きだめ」というと怒られますが…
   その先生は、何をしていたんでしょうか?
マンボウ ソフトボールの普及をしていたそうです。

山本 では、事実上は、スポーツ隊員ですね。

マンボウ そうですね。

山本 ソフトボールが専門だったんですか?

マンボウ そのかたは、ソフトボールが専門という訳ではなかったんですが、
     街でフラフラしている子どもが余りにも多かったので、
     集めて何かできることはないかなという事で、ソフトボールを始めた、
     という事でした。

山本 という事は、要請された案件ではなく、
   現地に行って開拓した事だったんですね?

マンボウ そうですね。

山本 なるほど…何故、ソフトボールだったんでしょうね?
   普通、(途上国では、道具があまり要らないため)
   サッカーなんですけどね…

マンボウ ソフトボールでした…

山本 その理由は聞いていませんね?

マンボウ はい…

山本 面白いですね…
   (あなたが、国際協力を始めるきっかけは)
   中学の時に体育の先生が青年海外協力隊に行っていたからだと
   いうことでしたが、
   他に、特に具体的に、興味を持つきっかけはありましたか?

マンボウ 他に、特にきっかけになる事はなかったのですが、
     (青年海外協力隊の)応募資格は20歳を超えてからという事を
     聞いていたので、なんとなく私も青年海外協力隊に行きたいなと思って、
     高校生の時に5,6回説明会に行きました。

山本 JICA(日本政府の外務省所管の国際協力機構)の?
   春秋の説明会?

マンボウ はい、そこで高校生で来ているのが珍しかったのか、
     色々な人が話しかけてくれて、
     体育(学部を)出で来た人や、
     スポーツで来た人の話を聞くことができて、
     具体的にどの職種で行きたいなとかを思うようになりました。

山本 なるほど…
   やや、失礼ですが、
   あなたは、女性にしては色が黒く日焼けされてますが、
   テニスをされてたんでしたっけ?

マンボウ はい。中高大とずっとしています。

山本 世間的に、あなたが言われているようなお嬢様学校であった場合、
   日焼けをガンガンして、青年海外協力隊に行くという考えを持つ、
   (ようになった)あなたは、異端児のような存在でしたか?

マンボウ 中高の卒業生の中にはJICAに就職する人もいるので、どうなんですかね
     さすがに青年海外協力隊に行きたいと言う人は居ないらしいんですが、
     まぁ…そんなもんか…という感じだったとは思います。
     

・・・

自分より優秀な人が青年海外協力隊を受けて落ちたのがショック


山本 大学時代に強烈な出会いがあったという事はありませんか?

マンボウ ないですね…
     テニスをずっとしていたので
     テニス隊員で行けたらなと思ってはいましたので、
     説明会もそういった事を考えて聞きに行っていました。
     だけど、私より上手で、
     コーチ経験も豊富な方が協力隊に受けて落ちたんですね…
     それを聞いて、私には無理だと思って、
     いったんその時、(協力隊への思いは)途切れていますね。

山本 自分より経験のある人が(青年海外協力隊を)受けて落ちたのを見て、
   自分は止めたという話はよく聞くんですが、
   実際にそういう判断をする必要は、全くなくて、気にせず進んでください、
   と、このブログを読んでいる人に言いたいですね。

   というのは、青年海外協力隊を落ちる最大の理由は、健康問題です。

   生理痛がひどい事や、アトピーや喘息がある、頭痛持ちだ、
   精神的な悩みが多い、などの理由で落とされることが多いです。

   どんなに経歴が素晴らしくても、何らかの健康問題があれば、ダメ。

   また、それとは別に、
   その優秀な人が受けた年に、
   その人よりも、もっとすごい経歴の人が受けていて、
   その理由で落ちた可能性も高いです。

   逆に、
   あなたの受ける年に、
   あなたよりも経歴の凄い人が受けなければ、
   あなたは合格することになります。

   このように、相対的な比較で決まる側面も強いのです。

   私は、100人以上の、
   青年海外協力隊の合格者も、不合格者も見てきましたが、
   以上のように考えています。

・・・

大学院に行きたかったが、学費が足りず就職した


山本 さて、話を戻します。
   学校を卒業して、
   学科と関係ない製薬会社に就職したのはどんな理由によるものですか?

マンボウ 製薬会社に就職したのは偶然に近いんです、
     大学3年生の夏くらいの時には、
     大学院に行きたいと思っていたんですが、
     どこの大学院に行こうかと考えだして、いろいろ調べていく中で
     一人暮らしに必要なお金と、
     大学を卒業してから、
     更に修士号を取るまでの2年間にかかる費用を考えた時、
     とてもじゃないけど、親に出してくれとは言えないなと思ったんです。

     それを考えて、(まず)就職をして、
     (後で大学院に)行きたかったら行けばいいか、
     という考えで就職しました。

     手当たり次第に就職先を探して、
     製薬会社は内定が出るのが早いので、
     製薬会社ばかりが最初に集まってしまって、
     景気のいい時だったので内定が決まってしまったので、
     他を受けるは止めようと思って、流れで入った感じですね。

山本 その時期は、大学3年の秋くらいですか?

マンボウ 就職活動を始めたのが大学3年の11月位ですね。

山本 内定が出たのは?

マンボウ (翌年の)2月位ですね。

山本 一般に製薬業界等の医療業界は、
   (国家予算の社会保障費(医療費)から、お金が流れてくるため)
   景気に全く左右されずに安定している、とは言われているんですが、
   そこに加えて「景気も良かった」という事で、
   (それに)乗っかったということでしょうか…

マンボウ そうですね。

山本 (就職活動の)戦略としては正しいですね…。
   あとは、
   製薬業界は一般的に高収入だといわれていますので。
   (合格して)良かったですね、
   今の学生から見たら羨望の的(まと)ですね。
   今の学生は(大卒後)20%が就職出来ておりません。
   2011年現在ですが。

   さて、製薬会社にいたのは何年ですか?

マンボウ 5年ちょっとです。

・・・

国際協力もしたいが、結婚もしたい


山本 転職したのもありますが、5年ちょっと(製薬会社に)いて…
   あと、大学院に行きたいと言っていたと思うんですが…

   (あなたにとって、今後の)選択肢はいろいろ考えられて、
   その会社にずっといるとか、
   (もっと)いい会社に転職するとか、
   大学院とか、
   結婚とか…

   あ、そうか。結婚…したんだ…

マンボウ 結婚しました。

山本 結婚と協力隊(への応募)は、どちらが先だったんですか?

マンボウ 協力隊に行きたいな…結婚したいな…
     と、同時位ですね。

山本 そうですか…、
   国際協力に関心を持つ人の6割程の人が結婚もしたいし、
   国際協力にも関心があると答えるんです。
   3割の人は結婚に全く興味を持たないんです。

   あなたは、前者の方だったという訳ですね…

マンボウ そうですね。

・・・

なぜ会社を辞めて、青年海外協力隊へ?


山本 では、協力隊の話を聞きますね。
   旦那さんの話は、あとから聞きます。どうせ(話に)出ますので。

   まず、何故、製薬会社にいた時に青年海外協力隊に行こうと思ったんですか?
   何か、(会社で)嫌な事でもあったんですか?

マンボウ というよりは、周りが営業職だったので、女性を見ていると、
     女性がこの業界の営業職で、
     働き続けることが厳しいと思うようなことが多かったんです。
     辞めていく女性を見ながら自分がずっと生きていく世界として、
     正しいんだろうかと思うようになりました。

     
     それを考えると、40,50歳になって
     この業界で営業を続けていける女性が、
     この業界の中にどれほどいるんだろうか?
     と思ったんですね。
     実際に40・50で営業を続けている女性も社内にいなかったですし。

山本 いないんですか?

マンボウ 今はほとんどいないんです。
     

山本 余計な事を申し上げますと、
   私、「企業の社会的責任(CSR)」を推進する団体を運営しているので、
   詳しいんですが。
   日本に「企業の社会的責任」が入ってきたのが2002年で、
   RICOH 、SONY等が始めたんですが、
   女性を(男性と同じくらい)上位職に配置することなどが、
   CSRの一環として決まったのが2002年ぐらいからですから、
   まだ、9年位しかたっていないんです。
   22〜24歳に就職しても(9年しか経っていないから)
   一番年上でも、31〜33歳までなんですよ…
   だから、40歳の人がいないのは当然な気はするんですけどね…


参考: 戦後の日本の女性の歴史。
1975年(国際婦人年)から、女性の地位は向上。
1981年ILO総会で男女労働者の機会均等に関する条約、
1985年に「男女雇用機会均等法」が成立
1991年、育児休業法、

参考:
内閣府、男女共同参画局
http://www.gender.go.jp/
内閣府、仕事と生活の調和推進(ワーク・ライフ・バランス)
http://www8.cao.go.jp/wlb/


   それ(私の個人的な意見)は、置いておいて、
   あなたは、周りに40歳まで続けている女性がいないので
   (女性で製薬会社の営業を続けていくのは)無理だと思った、
   という事ですね?
   
マンボウ 無理なのかな、どうなのかな…と思いながら、
     協力隊にも少し未練があったというか…
     そういえば昔、行きたいと思っていたなと(思いだし)
     やっぱり挑戦したいな、と思って。
     (35歳までに国連JPO試験を受けることなどを考えて)
     年齢を考えて逆算していくと、
     20代で受けておきたいなと思うところもありましたね。

・・・

逆に、なぜ今まで、青年海外協力隊に行かなかったのか?


山本 高校時代からさんざん考えていたし…という事ですね。
   そうすると、逆に、
   なぜ、今まで行かなかったのか、という事になりますよね?

   大学卒業後に、行きたくもない製薬会社に入らなくても、
   大学卒業後すぐに行くこともできたでしょうに…

マンボウ 一番怖かったのが、協力隊の説明会の報告書を読んだ時に知った、
     その内容でした。

     帰国後の隊員の報告書に、
     多分、就職に苦労されているんだと思うんですが、
     「帰国後はただのプー(無職)です」と書いてあったんですね。
     帰国後仕事がないのは怖いなと思って、
     新卒で行くのはやめておこうと思ったんです。

山本 やはり、あなたは、新卒で協力隊にいくよりも、
   社会人経験をして行く方が再就職のチャンスは高いと思いますか?

マンボウ 私がいた業界に関して言えば、戻れると思います。戻る気はないですが。

山本 もしも、製薬会社の営業職に再就職する場合は、過去に5年の経験はあるから、
   新卒で社会人経験もなく、
   年だけ2年取った人よりは、再就職できる可能性は高いという事ですね(笑)

マンボウ そうですね(笑)

山本 それはそうですよね…私もそう思います。

   私の本にも、青年海外協力隊に行く時には、大学卒業後すぐに行かずに
   最低でも社会人経験を2年してから行くように勧めています。
    私の描いている本の2冊に書いています。


参考:
世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093876401/
国際協力師になるために
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4560031630


   それは、やっぱりその通りだと思います。
   青年海外協力隊から帰国後、200万円位貯まっているものだから、
   半年ぐらいは、プーやニートをしている人が多く、
   その後、フリーターになることが多い、という事は、
   社会問題になっていますからね。

   協力隊は毎年1500人派遣されて45年やっていますから、
   OBやOGが数万人いますから
   そういった(定職のない)方がかなり多くいるという話ですね。

    話を(あなたの話に)戻すと、
    \里ら青年海外協力隊に興味はあったけれど、
   ▲廖爾砲覆襪里嫌で、社会人2年以上経験したし、
   このまま(営業職を)40歳以上(になっても)やっていく自信もない、
   という3つ位の理由から、いろいろと考えて出した結果、
   ここで一発(青年海外協力隊を)受けようかということですね。

   で、(その試験を)受けました。

・・・

青年海外協力隊への応募、まず、一次試験


山本 さて、次ですね…

   最初に1次試験、書類審査があるんですが、
   最近、毎年のように、システムが微妙に変わっているんですけども、
   前は、A3位の紙に
   (希望の要請案件を)第3志望とかまで記入したりしてたんですが…

マンボウ 国名だけ書きましたね。


山本 あなたが今回行く国が、I国だとして、
   職種を(環境教育に)決めて、
   その職種のなかで、3つ国名を書くんですよね。

   志望動機とかも書くんですよね?

マンボウ はい、志望動機は書きます。
     この国を選んだ理由を書いてもいいんだと思うのですが、  
     私は、青年海外協力隊を選んだかの理由を書きました。
     なぜ、この国がいいかという理由はあまり書かずに。

山本 それって、何文字くらいですか?

マンボウ 行で言うと、志望動機は6,7行位だったと思います。

山本 A4の用紙に?

マンボウ そうですね、履歴書のような紙がA4(のサイズで)、
     裏表に志望動機、自分にできる事、
     そういった内容、同じような内容をひたすら書かされました。

山本 そういった内容を記載するために、何か勉強させられましたか?
   (合格するために必要な)型(かた)みたいなやつ…

マンボウ ネットでさんざん調べたんですが、
     誰かと内容が被っても嫌だったので、
     ネットの情報は見なかった事にして、自分で書きました。

山本 だいたい、履歴書を書くときには、
   _甬遒離好函璽蝓爾函
   現在自分に出来る事と、
   将来の自分の予定とかを関連付けて、
   ある意味度自分の経歴を美化して書くと合格しやすい、
   と一般的に言われているんですけども。
   そういった事をやるのが嫌なので、やらなかったという事ですね。

マンボウ でも、結局は同じ事やっていますね。
     大学の時の研究の話をして、
     それを無理やり今の仕事に結びつけて。
     今の仕事を、協力隊でどう生かせるか、という事に結びつけて、
(という風に、書類試験の対策を)やっていますね…

山本 大学時代に人間科学の環境(の勉強)をやったみたいですけども、
   社会人時代は製薬会社で営業やってたわけですが、
   何か関係があるんですか?

マンボウ ほとんど関係ないんですよね…

山本 どうやって(無理やり)関連付けたんですか?

マンボウ 毎日やっていた事が、虫を調べる事やったんですね、
     クマバチというハチをずっと追いかけていたので…

山本 なんで?

マンボウ ハチの生態を調べるためにしていました。

山本 学生時代に?

マンボウ はい、そうです。
     毎朝、毎朝、同じ時間に行って、
     ずっと同じことを繰り返すというような…
     そんな忍耐強さを身に付けたという…
     それが仕事に繋がってというような…。
     まぁ、無理やりですね…

山本 こじつけですね…どう考えても…なるほど…

マンボウ あとは、大学時代の部活の事をこじつけましたね…
     
山本 テニス?

マンボウ はい、

山本 主将とか、やっていたんですか?

マンボウ はい、やっていました。

山本 それはいいですね。
   実際、体育会系の方が、
   国際協力では使えると言われているんですね…

   主将とかやっていれば、
   「リーダーシップをもっている」等を書けますからね。

   ところで、
   健康診断の結果を今、1次審査の段階で出しますよね。
   病院とかに行って、診断書を医師に書いてもらって。

   2000円位だして書いてもらったんですか?

マンボウ いえ、全部で1万数千円

山本 そうか、血液検査等もしてもらうんだもんね。

マンボウ そうです。

山本 紙(応募書類)、健診(健康診断の証明書)、あとは何だっけ…

マンボウ あとは、職種別問題もあったので、
     6項目位、問題が、環境教育の場合あったんですが、
     内容みると、私の時と春募集と変わっていないんです。

山本 あれって、うちに試験内容が送られてくるの?

マンボウ インターネットでJICAのほうにアップされるので、そこから開くんです。
     
山本 それは、何かを見ながら書くんですか?
   (何かを見ながら書いてもいいんですか?)

マンボウ そうですね。
     ただ、私の場合は、環境教育の場合は、
     (自分の)経験に基づく話だったんですね。

     環境教育を受けた経験、
     環境教育をした経験、
     ボランティアをした経験、
リーダーシップを発揮した経験、
     そういった事を書きました。

     私も、何かを参考にできるのなら、参考にしようと企んでいたのですが、
     全く、なにも参考にできなくて…

山本 あ、そうなんだね。

   (同じ、看護師や教職などの資格のいらない職種である)
   エイズ隊員の試験の場合は、
   エイズに対する基礎的な知識等、聞かれる場合があるんですけど。
   それは調べればすぐにわかる事なんだけど。

   でも、(環境教育の試験の場合)、それでは、無理ですね…

・・・

青年海外協力隊に応募する、きっかけとなった直接的な理由は?


マンボウ 話すのを忘れていましたが、
     青年海外協力隊に行こうと思った最大の理由が、
     2010年の5月に、
     スタディーツアーでスリランカの
サルボダヤというNGOを
     視察に行くという話がスタディーツアーでありまして、 

山本 そのNGOは何をやっている団体ですか?
   教育ですか?環境ですか?

マンボウ サルボダヤは、開発…
     なんでもやっていますね…。
     教育も、村を…

山本 経済開発?


マンボウ そうですね…
     村をフェーズ1〜5に分けて、フェーズ3か4になると、
     マイクロクレジットを入れていいとか、そういうので段階を決めて。


参考: マイクロクレジット。
低所得者に、無担保でお金を貸し、
貧困から脱出させるための事業を始めさせる手法。
バングラデシュのグラミン銀行のムハマド・ユヌスが始め、
ノーベル平和賞を受賞した。


     村をどういう状態に持っていくかという事をやっている団体なんですね。
     そこの団体に短期間ですが行かせてもらえたので、
     その時に見た事や、話して思った事なのですが、
     「短期間なら何も出来ないな」…など。
     サルボダヤの方からも、英語が出来るならボランティアに
     来てもらえると助かる、ただし長期で。
     というようなことを言われたのもありまして。


     その言葉を聞いて、現地で長くボランティアしたいなと思って、
     (2年間いく青年海外協力隊に)応募しました。

     で、協力隊に応募したのは2010年の秋なので11月です。

山本 分かりました、そのへんで、つじつまがあいますね…

・・・

二次試験は、英語の試験と、技術面接と、人物面接


山本 英語のテストは?

マンボウ 英語のテストは、2次試験の時ですね…TOEICだけですね。

山本 11月に応募受けたということですが、
   (最初の書類を)送ったのが、11月?

マンボウ 確か、締め切りが11月…3.4日だったと思います。
     なので、10月中に書きあげて、11月中に提出するという形ですね。

山本 それ(一次試験)の合格通知はいつですか?

マンボウ 12月の中旬だったと思います。

山本 2次試験は、いつでしたか?

マンボウ 2011年1月11日です。

山本 そこで、英語?

マンボウ 英語TOEICと、面接が2つの、3つです。

山本 面接は2つありましたよね、何と何でしたっけ?

マンボウ 人物面接と、技術面接ですね。

山本 それぞれ、どんな事を聞かれますか?

マンボウ 技術面接は、
     元々提出したシートをもとに、自己紹介をしてください。
     あなたがしてきた経験、どういう事が協力隊に生かせますか?
     とか、私は環境教育を受けた経験はあるけど、教育をした経験はない。
     というと、
     あなたは、環境教育をした経験はないのね…困ったわね…、
     と言われて…
     困ったわねと言われても私も困りますね…と思って…。
     当たり障りのない事をニコニコ話していた…。感じですかね…

山本 それはどちらの面接ですか?

マンボウ 技術面接です。
     面接官の方もすごく優しい方だったんですね、
     帰国後何をしたいか?現地でどういう事をしたいか?
     本当に、一般的に聞かれるであろうことを質問されました。
     あと、何故、志望した国に行きたいのか?
     3つ記載していたので、3つとも聞かれて、語学力を問われて…

山本 英語どのくらい出来るの?

マンボウ 全然できないです。笑っちゃうくらい出来ないんです。

山本 I国は(共用語)何語?
   植民地時代に支配していた国は?…

マンボウ 英語はしゃべれる人多いんですが、現地語を話す方が多いです。

山本 では、首都だけで英語が通じるわけですね…

   さて、それが、技術面接で。
   人物面接の方は?

マンボウ 人物面接は、ものすごい『圧迫面接』だったんですね…
     何故行きたいか?
    「でも、あなたが行って、いらないと言われたらどうするの?」
     と聞かれて、
    「長期に途上国に住んだ経験がないと大変だと思うけど、
     どの辺が大変だと思いますか?」
     と聞かれて
    「困難な時どうやって立ち向かっていくんですか?」
     と聞かれて、
     何を答えても、でも、でも、と返されるんですよね。

     「でも、こうですよね…」
     と、どんどん追い詰められていくんですよ。
     そんな感じの面接が10分位ですね。

     聞かれるのは
     「帰ってきてからどうしたいですか?」
     「何何がしたいです」 
     「でも、それって現地じゃなくてもできますよね?何故行くんですか?」
     とか、
     「青年海外協力隊?」
     「何故、青年海外協力隊じゃないといけないんですか?」
     「他のNGOでもいいじゃないですか?」
     とか…

山本 『圧迫面接』というのは、青年海外協力隊の受験者の間では有名なもので、
   はじめてこのブログを読む人のために書くと、
   実際に協力隊で途上国に行くと、
   何をしていいかわからないとか、
   当初聞いていた話と(プロジェクトの内容が)違うとか、
   カウンターパートと呼ばれる現地の地方公務員などの仕事の相棒の人と
   人間関係が悪くなったり…、
   というような事が起きるんですが、

   そういう時にどうやって門題を克服するのか、
   そういう精神的にストレスがかかった時に、
   なんとか解決する、あるいは耐える能力があるのかどうか、
   ということを、
   JICAは当然チェックする必要があるので、
   (圧迫面接をするわけです)。


参考:
青年海外協力隊を一人、海外に派遣するには、
国民の税金から、一人当たり、およそ1千万円が使われる。
直接給与としてもらえる200〜300万円だけでなく、
飛行機などの交通費、宿泊費、(様々な)研修費、現地の安全確保、健康診断など、
彼ら彼女らをサポートするために、周りで、ものすごい量のお金と人が動いている。
このため、いい加減な人を途上国に送るわけにはいかない。


   少々のことで逃げ出したり、
   (多少の精神的ストレスで)まいってしまう人を雇う訳にはいかないので、
   圧迫面接はそれなりに雇う側としては必要なのかなと思いますね。
   で、それは、うまく切り抜けたんですか?


マンボウ そうですね、人物面接については、切り抜けたと思えなくて、
     帰ってきてから、「これは、終わった」と思いました。

     どちらかというと、技術もニコニコしていたものの、
     答えていた事は大したことないんですよね。

     ボランティアを受けた経験や、
     何故ボランティアをしたいのかとか、それくらいの話なので…。

     帰り道に、こりゃだめだ…と思いながら帰りました。

山本 若干補足すると、
   2次面接も完璧に答えたと思っていたのに落ちている人も多いですし、
   駄目だと思っていたのに合格する人も多いんですよね。

   その年に他の優秀な人材がいないと、あなたが合格しますし、
   あなた以外に優秀な人がいると、
   (あなたがいくら優秀でも)その人が合格するんですね。
   青年海外協力隊の試験とは、そうした「相対的」な側面も強いです。

・・・

青年海外協力隊の合格と、会社の辞職


山本 最終試験が今年の(2011年)1月でしたね。
   合格通知が来たのはいつですか?

マンボウ 2月8日です。

山本 (青年海外協力隊に応募した場合の)ポイント(の一つ)は、
   勤めていた製薬会社を「辞める」と会社に言いだしたのはいつですか?

マンボウ 2月の末ですね。

山本 (完全に)合格が決まってから言いだしたんですか?

マンボウ はい。

山本 「2年したら戻ります」ではなくて、
   「完全に辞めます」と言って、退職したんですか?

マンボウ はい、完全に辞めますと、退職しました。
     会社の方からの提案としては休職を使わないかと言われたんですが、
     休職して行ってしまうと、
     帰国してからも3年位はいないといけないなと思ったので、
     年齢を考えると…。
     「いいです、辞めます」…と

     青年海外協力隊に2年間行った後に
     国際協力の世界にいたいと思っていたので、
     休職し戻っても、
     (製薬会社で)仕事をしないだろうと思っていたんです。
    
山本 なるほど、今の話、今後の話題に影響しますので、後でまた話します。

   さて、次に進みます。
   退職の話を2月末にして、辞めたのはいつ?

マンボウ 7月末です。

山本 それで、今(2011年8月に)
   うちの団体(NPO法人・宇宙船地球号)の
   お絵描きイベントを手伝っていただいているという訳ですね。
   この夏に…。

   M国を担当していただいて、
   M国の社会問題と、それに対する各国際協力団体のプロジェクトを
   調べて頂いているんですよね。
   ありがとうございます。

・・・

派遣国での要請(依頼された案件)の内容は?


山本 さて、次です。
   基本的に、日本政府のやっているODA(政府開発援助)は、
   途上国の政府か地方自治体が、
   援助国(先進国)に対して要請してくる案件に対して応じる、
   『要請主義』というのを取っているんですけれども、
   あなたの案件で要求してきたのは、
   地方自治体のどこかだと思うんですけども、
   I国のどの辺で、どんな内容でしたか?

マンボウ I国の首都からだいぶ離れた島で、
     「教育省」が行っている環境教育の普及と言うか…、
     環境教育自体を熱心に行いたいようなんですね。

     現実を聞いていると「ほんまかなぁ?」と思うんですけど。
     日本は経験が豊富だろうという事で要請をした、という事です。
     新規の要請なので…

山本 (青年海外協力隊の同じ案件の)前任者は居ないという事ですね?

マンボウ はい。

山本 その島自体には、協力隊は居ますか?

マンボウ 沢山いますね。
 
山本 では、特に問題ないですね。

マンボウ 教育省の方は過去に協力隊はいないと言っていました。
     海外からの協力隊は
     コイカ(韓国のJICA)からコンピュータの人がいるだけ、
     他は居ないと言っていました。


参考: 
コイカ。韓国国際協力団。韓国のJICAに相当。
外交通商部(外務省)に所管される機関で、
韓国の無償協力(贈与、技術協力)を行う
Korea International Cooperation Agency(KOICA)


山本 もうちょっと具体的に何をやるか書いてありましたか?
   
マンボウ .┘灰丱奪の普及
     ▲灰鵐櫂好箸両匆
     1卆源愼魁兵蠕い指導、トイレの使い方)
     ぅ謄スト作成(環境衛生に関する資材)

山本 コンポストは生ごみ等から農業の堆肥を作る事、
   ということでよろしいですか。

マンボウ そうですね。
     I国はコンポストがうまくいっているらしいんですね。
     それもあって、普及活動の中に入っているらしいんですね。

山本 前例もあるという事ですね。島で、ですね…

マンボウ 島と言っても大きいので、日本の本州に行ってきますと言う感じなので…

山本 B島ですか?

マンボウ S島ですね。

・・・


(次回に続く)

http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65659792.html
または
http://bit.ly/qJk33Z