.

たまーに、掲載している、女性ポートレートのシリーズ。
今回は、「舞台裏」編です。

撮影の時の『ライティング』の配置と、
その結果、撮れた写真を掲載しています。

また、
撮影している最中の、モデルさんと私の会話と、
(2時間足らずで撮影された)
2千枚の写真の選考の際に、
モデルさんと私が交わした会話も掲載します。

というわけで、今回は「舞台裏」編なのです。


では、スタート。


・・・
・・・

01_1DS3_50mm_0081a1

01_1DS3_50mm_0081a1











ゆう おはようございまーす。
   今日は、よろしくお願いしまーす。

山本 よろしくお願いします。
   久しぶりですね。
   2年ぶりでしょうか。

   ところで、例によって、
   最初に聞いておきますが、
   撮影されて嫌な部分とか、
   いやな角度とか、ありますか?

ゆう わたし、自分の顔の輪郭が嫌いなんです…

山本 …ええと、2年前も言ってましたが、
   顎の、いわゆる「えら」が張っているところ、
   でしょうか?

ゆう …はい。

山本 了解です。
   では、そこを写さないようにするか、
   (絞りを開放にして)ぼかすか、
   光で(白く)飛ばすかで、
   目立たないようにしますね。


・・・

02_5D2_70_200mm_0013a1

02_5D2_70_200mm_0013a1






ゆう 鏡、借りていいですか?

山本 はい

ゆう ドライヤーの電源、どこですか?
   髪の毛が、ボサボサすぎるので、
   ヘア・アイロン、使います。


・・・

03_kissX5_8_16mm_0040

03_kissX5_8_16_0040a






山本 お菓子、ここでいいですか?

ゆう はい。
   これ、初めてみたー。

山本 明治の、ガルボの、イチゴ味?

ゆう うん。おいしいです。


(補足:
 今回のライティングの構成は、
 モデルの真正面から、1番と2番のライトを当てて、
 さらに、その二つのライトを、
 顔のすぐ下にあるレフ版(銀色)で反射させ、
 合計4つの光を、目の中に入れることにある。
 この、目の中の光のことを、撮影用語で
 「キャッチライト」と言う。
 どのように、4つの光が目の中に入るかは、
 後述の、06、の写真を見れば、わかります。
 以上に加え、
 3番のライトを、髪の毛に直撃させることにより、
 撮影者から見ると左(モデルから見ると右)の髪の毛などに、
 ハイライト(明るく光る部分)ができる。)

(補足2:
 さらに細かいことを言うならば、
 1番と2番のライトの中には、それぞれに、
 東芝の蛍光灯(100ワット、昼白色、EFD21EN)が
 6灯ずつ入っており、
 つまりそれぞれが600ワットになっている。
 それを、RIFA(写真電気工業)という機材(ライトボックス)で
 光を拡散させ、影のできにくい『柔らかい光』に変えている。
 この、柔らかい光は、女性ポートレートの撮影には、必須。
 一方、3番のライトの方は、
 スポット型の電球(タングステン、3200K、500ワット)を直撃させ、
 『堅い光』をあてることによって、
 髪にハイライト(光る部分)を作っている。)
 本当は、さらに、4番ライトとして、
 モデルの、真上やや後方から、
 髪の毛全体のために、もう一発ライトを入れたいところ。)

(補足3:
 今回は、大型フラッシュを使うのではなく、
 徹底的に、『定常光』で、ライティングを行っている。
 もともと、自然光を使うことが多いドキュメンタリー写真家の私は、
 目で確認できる、定常光の方が、好みであることが、
 写真をはじめて30年を超えた最近、ようやく気付いた。)


・・・

04_5D2_70_200mm_0317a1

04_5D2_70_200mm_0317a1











山本 この写真、
   今日、二人とも、いいと思った、
   数少ない写真の一つですね。

   どこがいいんだろう?

ゆう なんとなく、構図がいいです。

   この服の特徴の、だぼっとした感じが、
   少し出ているところかな。

山本 だぼっとしていなければ、
   この写真の、
   あなたの左腕の脇の下に、
   なにもない空間ができているはず…

ゆう そうね。そういうことね。   
   そういう意味では、成功かな?

山本 つまり、『着ている服の、特徴』を出そうとしてるんだ。
   いやあ、プロのモデルだねぇ。


・・・

05_1DS3_50mm_0118a

05_1DS3_50mm_0118a











山本 これも、いいと思うんだけど、どう?

ゆう 髪が、ものたりない感じ。
   やっぱり、ヘアメイクできる人、
   呼べばよかった…。

山本 (あなたの)左後ろから、
   (髪の毛を、さらに光らせるために)
   もう一発、ライト当てるとかじゃ、ダメなの?

ゆう もっと、髪形自体で工夫したい感じだわ。

山本 最初に掲載した、01、の写真の方が好きなの?

ゆう そうね。
   写真としては、
   こっちの方が、まとまってる気がする。

山本 01、の写真は、
   右の顎のラインを、ぼかして撮ってるけど、
   そのせいかな?

ゆう …そうかも。


・・・

06_5D2_100mm_0061a

06_5D_100mm_0061a






ゆう ふつうに、いい。
   これ。

山本 そうだね。
   ふつうに、いい。

   …顎のラインが、
   シャープに見えるからかな?

ゆう うんうん。
   アイドル女優の写真みたい。


・・・

07_5D2_70_200mm_0212

07_5D2_70_200mm_0212











ゆう めずらしい色。
   この色、すっごく好き。

山本 へぇ。
   青っぽいところ?

ゆう うん。


・・・

08_5D2_70_200mm_0152a1

08_5D2_70_200mm_0152a1











山本 これ、普通に美人だと思うけど、
   なんで、気に入らないの?

ゆう あざとい。

山本 あざとい? どこが?

ゆう メイクが変。
   リップが、『この色』じゃない感じ。
   グラビアアイドルなら
   これでいいかもしれないけど、
   この写真で求められているものとは
   違う感じがするわ。

山本 求めてるもの??

   (今回は、あまり何も考えずに、
    普通に撮影してたんだけど。)

ゆう …それに、この写真、
   すごい、老けて(ふけて)見えない?

山本 いや、全然。

ゆう そう…


・・・

09_kissX5_8_16mm_0080

09_kissX5_8_16_0080a











山本 ポテトチップは食べないの?

ゆう 今は、撮影中で、気をはってるから…

   ポテトチップは、
   夜、気が抜けた時に食べるの。

   味が強いから、その後、
   ずっと、口の中が、気になっちゃうので。


(補足:
 狭い事務所で、全身のライティングをするのは、
 ちょっと無理だった。
 なんといっても、高さも、横幅もなさすぎる。
 定常光のライトも、5灯ぐらいは持っているのだが、
 それを設置する場所がない。)

(補足2:
 とりあえず、全身に柔らかい光を当てるため、
 同じ方向から、1番と2番のライトを照射。
 これだけではつまらないので、
 撮影者からみて左(モデルからみて右)やや後方から、
 アクセントライトとして、
 3番ライト(電球)を直撃させている。)

(補足3:
 基本的に私は、ある程度、方向性のある光が好きで、
 女性ポートレートの撮影の際でも、
 柔らかい光だけで構成することは、あまりない。) 


・・・

10_5D2_100mm_0133

10_5D_100mm_0133






山本 ここで、15分、休憩です。

   次は、全身のカット、撮るので、
   ライティングの配置を変えて、
   (1番、2番、3番の光の強さを変えて、それぞれ)
   調整しているので。

ゆう はあい。


・・・

11_5D2_70_200mm_0787a

11_5D2_70_200mm_0787a













山本 全身のカットですけど、これはどう?

ゆう (私の)足が短いなあ。
   体が小さいし。

山本 (よく言っているように)
   やせすぎてるってこと?

ゆう 骨格が小さいと思う。
   バランスが変。

山本 …写真として、綺麗だと思うけど。


・・・

12_5D2_70_200mm_0754a

12_5D2_70_200mm_0754a













山本 この写真は、全身写真の中では唯一、
   二人とも気に入った写真ですね。

ゆう そうですね。

山本 ちょっと変わってるポージングだからかな。
   あまり、ファッション誌でみない恰好だし。

ゆう 構図として、なりたってる感じがいい。
   バランスがいいと思うわ。
   光の感じも、なんとなく…


・・・

13_5D2_70_200mm_0660a

13_5D2_70_200mm_0660a











ゆう この写真、あまり好きじゃないわ。
   髪形とか、光の感じとか、どっちも。

山本 光の感じって?

ゆう オレンジっぽいところが…

山本 前の写真と、同じライティングだけど?

ゆう えっ、こっちの方がオレンジ強いと思う…

山本 うーーん…

   (この写真、個人的には、
    すごい好きなんだけどなぁ)


・・・

14_5D2_70_200mm_0355a

14_5D2_70_200mm_0355a











ゆう この顔、なんか、眠そう。

山本 そうかなぁ(笑)。
   ボーグとかのファッション系雑誌で、
   こういう感じのカット、多いと思うけど。


(補足:この写真からの3枚は、1番、2番ライトを共に消して、
 3番からの『サイド光』(横からの光)のみ。
 それだと、反対側の影が、きつくなりすぎるので、
 適当に、レフ版で(光を)起こしているいる。)


・・・

15_5D2_70_200mm_0371

15_5D2_70_200mm_0371













ゆう これ、『アー写』(あーしゃ)みたい。

山本 「あーしゃ」って、
   「アーティスト写真」のこと?

ゆう そう。そんな感じね。

山本 ふうん。
   ちなみに、どんなアーティストが好きなの?

ゆう 中高の時は、GLAYが好きだったわ。


・・・

16_5D2_70_200mm_0329

16_5D2_70_200mm_0329











ゆう こういうライティングだと、
   肌の荒れが目立つから、
   自信ないの…

山本 そう?

   俺は、こういう感じの「光」の写真、
   好きなんだけどな。

   さみしげな写真が好きなので…。

ゆう …この(私の)顔、輪郭が嫌いなのよね。


・・・

17_5D2_100mm_0138

17_5D_100mm_0138






ゆう なんで、こんなの撮るのよ!(怒)

山本 いや、かわいいじゃん。

ゆう 全然かわいくないわよ

山本 いや、ま、この辺で、『笑い』をとらないと。


・・・

18_5D2_70_200mm_0430a

18_5D2_70_200mm_0430a











山本 これ、けっこういいと思うけど?

ゆう …ふつうな感じ。
   わりといいけど。
   なんか、ちょっと…

山本 (そうか、右の顎の輪郭が出ているのか…)


(補足:この写真から4枚は、
 2番を消して、1番と3番ライトだけを使用している。
 この場合、
 メインライトは3番からのサイド光となり、
 これによって生じてしまう、顔の反対側の影を、
 1番ライトで消す(影を消して明るくする)
 という構成になっている。
 この場合の1番の立場を、撮影用語で、
 「フィルインライト」と言う。)

(補足2:で、左からの強い堅い光は、黄色で、
 右からの弱い柔らかい光は、昼白色(やや青緑)なので、
 顔の左が黄色、顔の右が青、という不思議な色合いになっている)


・・・

19_5D2_70_200mm_0429

19_5D2_70_200mm_0429











山本 こういう、目線を斜め下にずらしたのは、
   (俺は好きだけど、あなた的には)どうなの?

ゆう この顔、あたし、よくするのよね。

山本 確かに、そうですね。

   で、カメラマンに、この顔を撮れって、
   (モデルとして誘導して)
   撮らせてるんじゃないの?

ゆう ううん、違う。
   癖なんだと思う。
   普段から、そういう顔、してると思うの。
   あたし…


・・・

20_5D2_100mm_0117a1

20_100mm_0117a1






山本 この写真もアップだけど、
   さっきの、06、の写真の方が好きなの?

ゆう なんか、眉間に皺がよってる気がするの?

山本 そうかなぁ?

ゆう 構図や、色の感じは、
   こっちの方が好きなんだけど、
   なんか、
   眉と眉の間に、力が入っているような気がして…

   自分でも、気を付けているんだけど。


   …写真として、成立しないといけないのに。

山本 …うーむ。


・・・

21_5D2_70_200mm_0447

21_5D2_70_200mm_0447











山本 こういうのは、どうなの?
   自然だけど。

ゆう 髪の毛を、ただ結んだだけ。
   普通の、スナップ写真みたい。

山本 (苦笑)
   …なんとなく、いいと思うんだけどな。


・・・

22_5D2_100mm_0041a

22_5D_100mm_0041a











山本 美容院は、どのくらいの頻度でいくの?

ゆう 一か月半に一回ぐらいかな。

山本 一回、何時間?

ゆう 3時間。

山本 お金は?

ゆう 1万7千円も飛ぶの。

山本 そりゃ、すごい!
   俺なんて、(頭、坊主だから)千円。

ゆう …人間、何に価値を置くか、よね?

山本 確かに。


(この写真は、モデルさん(ゆうさん)が、
 撮影後、自分で選んで追加した写真の一つです。)


・・・

23_5D2_70_200mm_0567a

23_5D2_70_200mm_0567a













ゆう …わたし、どっちかっていうと、
   自分の顔が、あまり好きじゃないの。

   本来、(モデルは)
   常に、目の前に、『鏡』があるつもりで、
   それを意識してなきゃいけないのに…


(この写真は、モデルさん(ゆうさん)が、
 撮影後、自分で選んで追加した写真の一つです。)


(補足:この写真は、個人的には、失敗作で、
 背景の白いスクリーンの左下に、
 はっきり傷があるのが見えるため、
 フォトショップでデジタル的に消さない限り、
 ちょっと使えない感じ。)


・・・

24_5D2_70_200mm_0159a

24_5D2_70_200mm_0159a











山本 馬鹿笑い系は、どうなの?

ゆう あんまり、好きじゃないんだけど、
   ま、たまにはいいかと思うわ。

山本 そう。


   …以上ですね。
   お疲れ様でした。

ゆう おつかれさまでーすっ!