.

目次

欧州全体における、女性のイスラム教徒の、服装の禁止の潮流
ベルギー
フランス
イタリア
オランダ
スイス
イラン
イスラム教における女性の差別または平等


・・・
・・・

欧州全体における、女性のイスラム教徒の、服装の禁止の潮流


イスラム教徒の女性がブルカなどを着用するのは、.魁璽薀鵑法嵌しい部分は隠し、夫のみに見せるべし」と書いてあるため。△發Π譴弔蓮∪鐐茵ζ眄錣続く中東で、女性の強姦を防ぐため、男性を性的に挑発するような体のラインを強調した服を、着させないため。つまり女性を守るためだ、という側面も

女性のイスラム教徒が、宗教の教義に基づいて、ブルカやニカブを着用しているが、欧州では相次いで禁止に。ベルギー、フランスでは既に国会で可決。現在イタリアで法令化が進行中。背景にあるのが、_そでのイスラム教徒の増加。△泙織謄蹐増加しており、武器や身元を隠しやすい服装に対する懸念。


・・・

ベルギー


ベルギーのブラッセルで行われたブルカのコントロール(警察官が身分証明のためにベールをめくりイスラム教徒の女性の顔を確認すること)を行おうとした際、夫が拒否し警察官を殴った。2011年9月。全治3日の怪我。夫は公務執行妨害と傷害の容疑で逮捕。ベルギーでは公共の場でのブルカ着用が禁止


・・・

フランス


フランスの議会でイスラム教徒の女性が(顔を隠すための布)「ブルカ等の使用禁止」が可決された。今後、上院と憲法評議会でも審査されるが、フランス国民の65%以上がこの法案に賛成する世論調査の結果がある。同様の法案は、ベルギーでも議会を可決。スペインやイタリアでもこうした法案が検討中。

フランスの下院で女性が全身を覆う衣装のブルカとニカブの着用を禁止する決議が可決。ブルカは全身を覆う布で目も網目状の布で隠す、ニカブも全身を覆うが目は出す。以上の二つが禁止の対象になった。対象外なのは、チャードル(全身を覆うが顔は出す)、ヘジャブ(髪の毛だけをスカーフ状の布で覆う)

フランスでイスラム教の女性が顔を隠す「ブルカ」の使用禁止が可決されたが違反した場合、罰金1万7千円を科せられるか、フランスの習慣を学ぶ市民教育の受講を義務づけられる。また女性に着用を強制した夫などへの罰則はさらに厳しく最高1年の禁固刑か罰金170万円。ベルギーに続いて欧州で二つめ

フランスでイスラム教徒の女性がブルカを使用することが禁止された。女性の社会的迫害を許さないためと言うが、これはむしろ個人の「信教の自由」を認めない「人権侵害」にあたる。フランスは国際協力の世界でも自国の文化や価値観を途上国に押しつける傾向があり、現地(途上国)寄りのNGOから批判

フランスで(イスラム教徒の女性が顔を隠すために使う)「ブルカ」や「ニカブ」を公共の場での着用を禁じる法案が可決。理由は、1)女性の人権侵害を助長、2)(犯罪やテロに使用される可能性など)治安上の問題。だがイスラム教を信じる女性には到底受け入れられない。イスラム国家からの反発もある

イスラム教徒の女性が顔を含む全身を覆い隠すブルカやニカブの公共の場での着用を禁止する法律が2011年4月11日、フランスで施行された。違反者には、罰金150ユーロ(約1万8千円)が科せられる。法律の施行に抗議していた主婦(37歳)は「これを着続ける。私の信条の一部だから」と訴えた

イスラム教の女性がブルカ等で全身を隠す理由は、コーランに「女性は美しいところを夫や親族以外に見せてはならない」と明記されているため。一方、フランスのサルコジ大統領は「ブルカは、女性を隷属し、いやしめることの象徴だ」と発言。フランスではブルカ着用すると罰金1万7千円などが国会で可決

フランスでは既に2004年にブルカ等を公立学校で禁止。公立学校では、顔も隠すブルカ等だけでなく、髪だけを隠すヘジャブ等のスカーフ類も禁止。理由は宗教色を排除するため。ドイツ、イタリア、デンマークなどでも公立学校では同様に禁止。世界では逆にスカーフを使用する女性は増えているのに逆向

フランスがブルカを禁止にした理由は、1)顔が隠れていると本人確認ができず役所の窓口や空港で混乱、2)車の運転が危険、3)テロへの警戒(服の下の爆弾で自爆テロ等)。フランスのイスラム教徒は、550万人だが、ブルカ等を着用している女性は二千人程度。これだけの数のために禁止政策を国会で

パリ近郊の警察裁判所で2011年9月、顔全体を覆う服装で市役所を訪れて検挙されたイスラム系女性2人に対する公判が行われ、被告にそれぞれ120ユーロと80ユーロの罰金刑。フランスで4月、公共の場所で全身を覆う衣装の着用を禁じる法律が施行されて以降、裁判で判決が言い渡されたのは初めて

イスラム教徒の女性が顔や全身を覆う「ブルカ」「ニカブ」などの衣服の着用禁止を欧州で初めて決めたフランスで2011年9月、違反者の初の裁判が行われ、パリ近郊の裁判所は2人に計200ユーロ(約2万600円)の罰金刑。32歳と36歳の女性は市役所に目だけ出すニカブを着用し訪れ検挙された

フランスとベルギーで相次いで施行された、公共の場でのイスラム教徒の女性の顔や全身を覆い隠す服装を禁ずる「ブルカ禁止法」に反対し、法廷闘争を開始する動き。だが、世論の反応は概して低調。2011年9月。敗訴を続けても、国際的な注目が集められる『欧州人権裁判所』での論争に持ち込む方向。

フランスの市民団体「イスラモフォビー(イスラム嫌い)に対抗する集団(CCIF)」によると欧州最大の600万のイスラム系市民が暮らす同国では、かつての人種差別が反イスラムという宗教差別に変質。イスラム教の女性が髪を覆うスカーフ「ヘジャブ」に「街を歩いていて後ろから火をつけられた」等


・・・

イタリア


女性のブルカ着用を禁止した、イタリアのカルファーニャ機会均等相。「狭い文化の枠に閉じこめられている女性を救い出すものだ。彼女たちが社会にとけ込めるようにしていく」と下院の憲法問題委員会での可決を評価。「全身を覆うことは決して女性の選択の自由ではない。文化的、物理的な抑圧の象徴だ」

イタリア下院の憲法問題委員会は2011年8月イスラム教徒の女性が顔や体を覆い隠すブルカやニカブを公共の場で着用することを禁じる法案を中道右派与党などの賛成多数で可決。9月の本会議で議論へ。着用した女性に300ユーロの罰金を科すほか、そうした服装を強要した者には罰金や12カ月の禁錮


・・・

オランダ


オランダのルッテ政権は2011年9月、イスラム教徒の女性が身に着ける「ブルカ」や「ニカブ」を念頭に公共の場で顔を覆い隠す衣類の着用を禁止する法案を閣議決定。法案が成立すれば、フランス、ベルギーに続き、欧州で3番目のブルカ禁止国。同政権に閣外協力する強硬右派、自由党が同法導入を主張


・・・

スイス


スイス国民議会(下院)は2011年9月、イスラム教徒の女性衣装ブルカについて公共交通機関での着用禁止を義務付ける法案を可決。全州議会(上院)での審議を経て可決されれば成立。2009年の国民投票でイスラム礼拝所の塔(ミナレット)の新設禁止を主導した右派政党「国民党」のメンバーが提案


・・・

イラン


「イランでは、女性だけに服装規制が存在するのではない。たとえ真夏のテヘランの街なかであってもノースリーブに半ズボンという服装で闊歩している男性にお目にかかることはない。それはイスラムの見地から、男性も肌をいたずらに露出しすぎることのないように、とされているため。」 イランラジオ


・・・

イスラム教における女性の差別または平等


イスラム教が、男尊女卑で女性を差別している、と一般に言われている理由。〔祥世了人(婚外性交渉をしたら家族がその女を殺す)。⊇子割礼(性器の一部を切除)。女子嬰児殺し(貧困地域で女児を間引き)。ご蕕簑里魃す服装(ブルカ等)。グ貮彗榛福女子の就学制限。Ы児の早婚。暴力

イスラム教のコーラン等における男尊女卑あるいは男女平等の問題。|棒優位とする根拠。男女がそれぞれ独立した社会活動を行い、権利の差異がある、と記載。男女同権とする根拠。法的に女性の遺産相続、離婚、学習の権利を認める文言が記載。女子割礼はイスラム誕生より前から存在するので無関係

名誉の殺人(honor killing)。女性の婚前・婚外の性交渉を女性本人のみならず「家族全員の名誉を汚す」ものと見なし、この行為を行った女性の家族が、家族の名誉を守るために、その女性を殺害する風習。イスラム圏で普及しているが、イスラム誕生前からあった風習でイスラムとは無関係。

ジナ。イスラーム法(シャリーア)における犯罪行為で婚外性行為と結婚前性行為を重罪とする。「姦通した女と男はそれぞれ100回鞭打て」とクルアーンに明記。男女ともにその罰の対象となっており、法律上は女性差別の記載はない。ただし地域の民衆意識として、女性の罪の方が重いとされる傾向がある

「イスラム教の男女差別についてですが『差別というより男女の違いを認めている』という感じです。女性が肌を隠すのもその一つ。男性が女性を性的な目で見るのを防ぐためで性的な感情が生まれると女性が強姦される可能性が出てくるから。本人は自分の身を守っているだけなので差別とは感じていません」

イスラム教における、男女の平等。コーラン(クルアーン)女性章124節。「男性でも女性でも、良い行いをする者が信仰者であり、彼ら彼女らは、皆が楽園に入り、誰一人不当にあつかわれることはない」 http://t.co/2FrtS9wP