.

目次:

経歴と死亡
本人の言葉
死んだ後の、他人の言葉
その他


・・・

経歴と死亡


スティーブ・ジョブズ(Steven Paul Jobs、1955-2011年)。米国の実業家。1977年、アップル社を設立。1981年、内部対立で独立。1984年マッキントッシュを発売。1996年アップルに復帰。2001年iPod、2007年iPhone、2010年iPadで革命

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)が死去。2011年10月。アップルがホームページ上で明らかにした。ジョブズ氏は、iPhoneやiPadなど、世界的な大ヒットになった商品の開発・販売を主導しアップルを再生させた。健康上の理由で8月、CEO職を退任


・・・

本人の言葉


「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?? そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)

「あなたの時間は限られている。ドグマ(他人が作った既存の常識)にとらわれるな。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消さないように。最も重要なのは自分の心と直感を信 じる勇気。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものを既によく知っているのだから」スティーブ・ジョブズ

「すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれをみつけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ」スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)

「イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。アップル社がマックを開発したとき、米IBM社は少なくとも私たちの100倍の金額を研究開発に投じていた。大事なのは金ではない。抱えている人材、いかに導いていくか、どれだけ目標を理解しているかが重要だ」 スティーブ・ジョブズ

「私達は自分の食べる食べ物を作っていない。他人の作った服を着て他人の作った言葉をしゃべり他人が創造した学問を勉強している。何が言いたいかというと私たちは常に何かを受け取っているということ。だからその『知識の泉」に何かをお返しができるということは素晴らしい気分」スティーブ・ジョブズ

「当時は分からなかったが(自分が設立した)アップル社に(内部対立で)解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わった。不確かさは増したが私は解放され人生の中で最も創造的な時期を迎えた」スティーブ・ジョブズ

「ハングリーであれ。馬鹿であれ。」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年) 「毎日、今日が人生最後の日かもしれない、と考えるとすれば、いつか、必ずその考えが正しい日が来る。」

「あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)。

「自らの死を意識していることがビジョンを生み出す大きな原動力となっている。なぜなら、死の前では外部からの期待、プライド、恐れ、困惑、失敗といったことはほとんど全て消え失せ、本当に大切なものだけが残るからだ」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)2004年膵臓癌と診断された

「自分が間もなく死ぬであろうということを常に意識していることが私にとっては人生の大きな選択をする上で最も重要なツールとなっている。死んでゆくことを忘れずにいることが、何かを失うことにとらわれずに済む最善の方法だ。人は既に裸の身だ。自分の心に従わない理由はない」スティーブ・ジョブズ

「方向を間違えたり、やりすぎたりしないようにするには、まず『本当は重要でもなんでもない』1000のことに『ノー』と言う必要がある。」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)。「30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。」

「私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)。彼は、「ソフトウェア主導」のコンピューターが最高のコンピューターであることを示唆する発言を過去にしている。

「われわれの『トイ・ストーリー』は、50年前に米ウォルト・ディズニー社が『白雪姫』を公開し、アニメーションの歴史が始まったとき以来、最大の前進だと確信している」スティーブ・ジョブズ談。トイ・ストーリーは1995年の米アニメ映画。ピクサーCEOジョブズが4年で5千万ドルを投じて制作

「『iPod』より高価なスニーカーもある」 スティーブ・ジョブズ(1955-2011年)。 1977年アップル設立。2001年iPod、2007年iPhone、2010年iPadを発売。 「画面にはとても見た目のよいボタンを配した。思わずなめたくなるだろう」


・・・

死んだ後の、他人の言葉

スティーブ・ジョブズの死。パソコン産業創生期からのライバルだったビル・ゲイツは「私たちは30年近く前に出会った。人生の半分以上は競争相手であり、友であった。スティーブのように、何世代先にも深く影響を与えるような人物はめったに現れない。彼と働くことができたのは大変な名誉だった」

スティーブ・ジョブズの死。親しかったソフトバンクの孫正義社長は、「とても悲しい。スティーブ・ジョブズは芸術とテクノロジーを両立させた現代の天才だった。数百年後の人々は彼とレオナルド・ダビンチを並び称することであろう。彼の偉業は永遠に輝き続ける」

スティーブ・ジョブズの死。オバマ米大統領は、「世界はビジョナリー(先見の明のある人)を失った。知らせを聞き、悲しんでいる。スティーブは米国の偉大な革新家であり、(人とは)違うことを考える勇気があり、自分が世界を変えられると信じる大胆さを持ち、実際にそれを実行する才能があった」


・・・

その他


米アップルがクラウドコンピューティングなどのコンテンツ配信事業に参入。『iクラウド(アイクラウド)』などについて2011年6月のスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)の基調講演で発表。iTunesで購入した楽曲を米国内に設置したサーバーに保存。ネット経由でどこでも利用可能に

「商品の偽物では飽きたらず、お店の偽物まで建てました」。中国南西部の雲南省・昆明(こんめい)市に、米アップルが全世界で展開する直営店「アップルストア」の偽店舗が登場し、世界中の話題に。米アップルの最高経営責任者スティーブ・ジョブズは、「あまりのそっくりぶりに怒りを通り越して驚嘆」