.

840人

カダフィの功績。‖震餌温餡箸任泙箸泙蕕覆ったリビアを、独裁体制とはいえ長期的に安定化させた。王制を打倒。形式的とはいえ直接民主制の導入。石油産業の国営化による収益で国民に厚い福祉。教育・医療などが無料。経済も含んだ統計指標で開発度がアフリカでトップクラス。そ性の教育を支援


404人

カダフィによる、リビア国民への『厚い福祉』。教育・医療・国が運営する各種サービスは、ほとんどが無料だった。これは、国営化した石油産業からの莫大な収益による。このお蔭で、アフリカ諸国の中で、リビア国民の就学年数・平均寿命・一人当たりGDPなどの統計指標は、全てトップクラスだった。


304人

カダフィの功績。リビアでは女性の方が男性よりも高等教育の奨学金制度を利用。多くのリビア女性が科学者、大学教授、弁護士、医師、政府職員になっている。カダフィ政府は一貫して女性がその生き方を自由に選べるような政策。イスラム教の導師の中にはこの政策に反対する者もいたが政府はその声を抑制


272人

カダフィの功績。リビアの女性の教育を向上。女子士官学校を開設し、教育の機会均等を実践するなど「女性の解放」では先駆的。2009年6月、イタリア訪問時、女性団体での会合では「アラブでは女性がこれまで家具のように扱われてきた」と述べ、アラブ諸国での女性の地位・権利向上に理解を示した。


182人

カダフィ大佐への批判。‘蛤曄政権を血縁者と出身部族で固めた。反体制派の家族や友人にも拷問。70年代パレスチナゲリラや日本赤軍のテロ支援。88年米パンナム機爆破。ぅ▲薀屬僚佞量閏膕愁妊發納国民を空爆。ソ性だけのボディガード。Γ横娃娃糠アラブ首脳会議で自らを「王の中の王」


116人

カダフィの生き様。資本主義の米国と共産主義のソ連との「冷戦」の狭間で、そのどちらでもない「第三の道」を模索し、イスラム教のもとで、民族主義(当初アラブ、後にアフリカ)で、かつ高福祉国家を目指し、それを実現。集大成となる「緑の書」を著作し、自らを「王の中の王」と称し世界に覇を唱えた


88人

リビアのカダフィ大佐を巡る国際情勢。アフリカ連合は創設者のカダフィを最後まで支持。反政府軍との和解策を何度も模索していた。国際刑事裁判所によるカダフィの「人道に対する罪」による逮捕にも協力しない方針。ギニアビサウ、アルジェリア、ニジェール、ブルキナファソなどは亡命の受け入れを表明


86人

カダフィの方針。.ぅ好薀犇気砲茲觴匆饉腟租治という新しい思想。アラブ人の民族主義と社会主義と民主主義を融合。◆岾很針 廚鮖楾圈5腸颪廃止され直接民主主義へ。政党も解散。4覿箸利潤を求めるのは人民に対する搾取として廃止。労働者によるストライキ禁止。ね想のため外的を暴力で排除


70人

国際協力に関係ある映画。 ,修譴任眄犬る子供たちへ(All the Invisible Children)2006年。 △垢戮討楼Δ里燭瓩法Beyond Borders)2003年。 8 -Eight- (ミレニアム開発目標が題材) http://t.co/E5dCyQQK


64人

リビアのカダフィ殺害の是非。々餝阿任蓮∧同冓が石油利権獲得と市場グローバル化のため軍事介入主張。中露は内政干渉だと反対。国連ではまとまらずNATOが侵攻。国内では、石油国営化で高福祉国家を実現。女性の教育も支援。だが政府は血縁ばかりで民主化デモを虐殺。結局、正義でも悪でもない


54人

リビアのカダフィ大佐は「アラブの風雲児」と呼ばれた異色の中東指導者だった。1960年代は民族主義の流れに乗って旧王制を打倒、『イスラムと社会主義を合体した理想社会』の建設に燃えるイメージをアピール。だが40年以上の歳月と石油への過度の依存は血縁偏重の独裁者へと変質させてしまった?

カダフィ大佐。リビアの最高指導者。1942年生、北部シルトの遊牧民の子。陸軍士官学校を卒業後、英国に留学。帰国後の69年、青年将校団を率いて無血クーデター。77年に革命理論をまとめた「緑の書」に基づく独自の直接民主制。公式の職務から名目上退き「大佐」。反欧米のため「アラブの狂犬」

「金が欲しいも、女が欲しいも、困っているやつを助けたいも、世界を守りたいも、全部、『欲する』という意味では、同じだ。すなわち、どれでも『欲望』の一つだ。 俺に言わせりゃ、欲に、いいも悪いもねぇ。欲っつうもんに、偉そうに格付けするから、人間はややこしいんだよ」 『鋼の錬金術師』より


52人

紛争地で援助活動するなら必読。「途上国で国際協力をするための安全管理・危険回避について」 その1http://t.co/Y2cT1fJA その2http://t.co/bqvcgNvY その3http://t.co/3zF8nXX4 その4http://t.co/8wzQwzrv

日本が批准していない条約・議定書の一覧。ヽ吠軸鏘愡濔鯡(NWC)。▲献Д離汽ぅ評鯡鵝塀乎鳥Τ穏瓩遼瓢澆よび処罰に関する条約)。人身売買議定書。ぞ祿下垳⇒条約。ゥ汽ぅ弌屡蛤畩鯡鵝死刑廃止条約(「国際人権規約」の中の市民的及び政治的権利に関する国際規約の第2選択議定書)。


50人

リビア、カダフィ大佐の死亡、彼の業績に関する追悼のツイート http://t.co/FaCwgChI カダフィ大佐への批判 15000字 http://t.co/aDfplTam 反政府運動、米英仏侵攻2011年2月から9月 16091字 http://t.co/K74dNN4Z

カダフィはユダヤのシオニズムと米国を敵視しテロ活動等。。丕味六抉隋▲Εンダ暴君イディ・アミン支援。フィリピンのミンダナオ島のイスラムゲリラ支援。ぃ稗劭岨抉隋1986年西ドイツのディスコ爆破。米兵殺害。1988年パンナム機爆破。92,93年に国連安保理が経済制裁を決議


44人

カダフィを支持する声。アメリカ在住のアラブ系女性の新聞投書。「反カダフィ勢力がカダフィ政権を打倒することに反対しているのはリビアの女性たち」。カダフィが負けると昔のイスラム教の民族衣装に戻ることを懸念。『アバヤ』はイスラム文化圏の女性の伝統的民族衣装で全身を黒色の布で被うスタイル


42人

世界中のことを勉強すると「正しいことも間違っていることもない」ということがわかってしまう。私は「中庸な内容の本」を書く都合があるため、あやうく「人の道を踏み外そう」という所からかろうじて戻ってきているが、もし、そんな必要がなくなれば…。良くも悪くも、『人』を超えてしまうんだろうな


40人

カダフィ大佐によるリビアの統治。〃前上、代議員が存在せず、直接、国民の声を政治に反映させるとする「直接民主制」の国家を建設。■苅闇以上の治世で、王政時代から顕著だったとされる(リビア国内での)東西対立を押さえ込み、(多民族国家の)国民を「リビア人」として統合してきた。

内部告発サイト「ウィキリークス」は2011年1月スイスの大手銀行ジュリアス・ベアの元銀行マンから2千に上る個人・会社の口座情報などを受け取った。世界の富裕層の脱税暴露につながる情報が含まれている可能性。タックスヘイブン(租税回避地)の英領ケイマン諸島に駐在する銀行幹部が情報を提供


39人

資本主義と市場のグローバル化では世界中で貧富の差が拡大する。世界人口増加もあいまって資源はやがて枯渇し持続可能ではない。だからといって共産主義は官僚の独裁で国民が不満。結局「第三の道」を目指すしかないのだが、実際にその理論を作り、彼なりの理想国家を作りあげた男に、ただ敬意を表する


36人

カダフィ。中学生の頃、エジプトで自由将校団による王制打倒を達成したナセル中佐の影響を受け革命に憧れた。資本主義とも共産主義とも違う「第三の世界理論」。書き上げたのが「緑の書」。政治的には直接民主制、経済的には国有化。イスラム教の下に社会主義と民族主義を取り込んだ「ジャマヒリヤ」。


34人

米政府は『日本から韓国へ』アジアの最大の友好国を転換。2011年10月。‘本は4年で4回も首相が変わるなど、政治的リーダーシップの脆弱性があり、共通の政治方針を維持していくことが困難。中国軍の海洋進出のため安全保障は急務だが、沖縄の米軍基地問題で、日本政府は何の対策も示さない


32人

「人は、女に生まれない。女になるのだ」というシモーヌ・ド・ボーヴォワールの発言は、これだけ見ると女性になることを肯定的にとらえているように思える。ところが実際は違う。彼女の原著を読むと、「社会的圧力によって女性は、女性らしい、従順で服従的な性格にされてしまう」というネガティブな意


31人

リビアのカダフィ大佐を巡る国際情勢。カダフィは当初イスラム教を前提とした上で高福祉国家でアラブ民族を主体とした民族主義を提唱していた。だが2000年前後からアフリカ民族主義に転換。このためアラブ連盟は2011年3月からのリビア動乱の早期からカダフィを切り捨て米英仏の軍事介入に賛同


29人

世界同時デモ。2011年10月。震源はスペイン。スペインの失業率は21%、若者に限れば45%にのぼる。だが、政府に景気対策を打つ余地は乏しい。重ねた債務(借金)の多さが金融市場で問題視され、緊縮財政に動かざるを得ないため。「1%の金持ちでない『われわれ99%』のための社会を!」


27人

リビアのカダフィ大佐を巡る国際情勢。中国は「新植民地主義」と呼ばれるアフリカの資源獲得とインフラ事業の受注を推進している。米欧がカダフィに経済制裁を科す中でも、ある程度、取引を続けており「リビアを友好国」としていた。だがカダフィの敗北が決定的となって裏切り、反政府軍を政府と認めた


25人

カダフィが核放棄するまでの半生について。「カダフィの野望」 http://t.co/kPkYxF5j

リビアのカダフィ大佐による「女性の解放」について。 「中東/アフリカの女性たちを救う?」 藤永 茂 (2011年8月17日) http://t.co/8MDcvpbP


23人

国連安保理の決議に基づき、「保護する責任」という大義名分で2011年3月、リビアに多国籍軍が派遣。しかし、英仏はカダフィ政権の体制転覆を明言しており、理念と矛盾する。「保護する責任」において軍事行動が正当化されるのは、「体制転覆が目的でなく、人民を害する能力を無力化」することのみ

インビジブル・チルドレン(Invisible Children)。ウガンダで3人のアメリカの大学生が2003年に撮ったドキュメンタリー映画。ウガンダの「神の抵抗軍 (LRA) 」に誘拐され子ども兵にされた子ども達に焦点があてられている。後年この3人はNPOを創設し心のケア等の活動


21人

カダフィの挫折と方向転換。1992年の国連経済制裁後、米国と和解。アラブ主義からアフリカ主義へ。2000年、西アフリカのトーゴで開かれたアフリカ統一機構(OAU)サミットの往復の際、アフリカ諸国から大歓迎。「アフリカ連合(AU)」の実現を呼びかけ2002年に実現。アフリカの盟主に

「人は、女に生まれない。女になるのだ」 シモーヌ・ド・ボーヴォワール(1908-1986年)。フランスの作家、哲学者。サルトルの事実上の妻。フェミニズムの立場から女性の解放を提唱。ジェンダー論の基礎を作った。著書『第二の性』の中で、「女性らしさは社会的に作られた約束事に過ぎない」

リチウムイオン電池の原料に不可欠なレアメタルを使わず、大容量バッテリーを開発することに、大阪大の森田靖准教授と大阪市立大の工位武治特任教授の研究グループが成功。2011年10月。コバルトを使用せず、代わりに石油からとりだした有機分子「トリオキソトリアンギュレン(TOT)」を使用。


20人

ムアマル・カダフィ。1969年、無血クーデターで国王を追放し軍事政権樹立。反帝国主義を掲げ、石油資本の国有化。側近を親族で固めて反対派を粛清し、豊富な石油資源による外貨収入などを背景に長期独裁体制。パレスチナ過激派を公然と支援、88年の米パンナム機爆破等のテロにも関わったとされる

百分の1ミリの緑色の藻類がセシウムやストロンチウムなど放射性物質を効率よく取り除くことを山梨大等が確認。2011年11月に土壌を洗ったり建物の壁に塗ったりして除染に使えないか実験。日本バイオマス研究所が、めっき工場の廃液処理施設で見つけた。単細胞で葉緑素を多く含む新種『バイノス』

山本敏晴の講演。法政大学での講演が一般公開に変更。2011年10月18日(火)16時50分より19時30分まで。途中10分休憩。市ヶ谷・外濠校舎3階S305。内容は文系の学生向けの国際協力の話。問合せ:法政大学・市ヶ谷ボランティアセンター http://t.co/jRbpf1Li