.

目次:
1.まず、社会起業家って、何?
2.起業のタイプと、起業までの過程
3.企業する前に、まず知識・情報を入手
4.事業の形成
5.起業に必要な予算の算定(予測)
6.組織形態をNPO法人にするか株式会社にするか
7.助成金の獲得
8.NPOバンクも活用
9.助成金を獲得するコツ
10.募金や寄付を募るコツ
11.専門的なボランティアの獲得、プロボノ
12.事業の効果・結果を示す必要性
13.さいごに


・・・
・・・

チャート式、社会起業家への道

1.まず、社会起業家って、何?

社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)とは、
事業を通じて社会問題の解決を図るために起業する人。
社会起業家が起こした会社を「社会的企業」と言う。

社会的企業(ソーシャル・ビジネス)とは、
環境、福祉、教育などの社会的課題に取り組む事業体。
ー匆饑(今解決が求められている社会的課題に取り組むことを事業活動とする)。
∋業性(ビジネスの形を示し収入を得て事業を継続可能とする)。
3弯契(新しい社会的商品・サービスやそれらを提供する仕組みを開発する)。

2.起業のタイプと、起業までのの過程

3つの始める形がある。
‖膤慇犬涼膣屬燭舛杷ぐ嫦賃里箸靴導始し、
少しずつ活動を広げ、将来的にNPO法人取得を狙う。
ともかく始めるケース。
大学時代にインターンシップで社会企業で働き、
経験を積んでから卒業後に起業を検討。
0貳夢覿箸納匆饋遊亳海鮴僂澆覆ら、
NPO法人を設立し「週末社会起業家」に

社会起業家になっていく過程。
ヽ慇源代に人生をかけてやりたいテーマ(社会問題の解決)を決定。
⊂霾鵑鮗集し過去に解決しようとした事例を研究。
社会起業家支援団体や大学の講座を受講。
ごにある社会的企業でインターンかボランティア。
イ泙詐規模に余暇と週末で起業。
λ/猷修兄業拡大へ

3.企業する前に、まず知識・情報を入手

.札潺福次講座

社会起業塾イニシアティブ(ETIC.エティック)
http://www.etic.or.jp/svip/
東京都中小企業振興公社(アスプラザ)
http://www.tokyo-kosha.or.jp/
アキュメンファンド・グローバルフェローズプログラム
http://www.tkfd.or.jp/fellowship/program/news.php?id=118

▲好ール

社会起業大学(リソウル株式会社)
http://socialvalue.jp/
ソーシャルビジネスネットワーク大学(地域社会雇用創造事業)
http://www.chiikisyakai-koyou.jp/group/socioengine/
ソーシャル・ビジネス大学
http://social-design-net.com/member_guide

インターン

NPO法人ETIC.(エティック)3か月以上参加
http://www.etic.jp/
アイセック(AIESEC) 6週〜6か月の派遣
http://intern.aiesec.jp/

じ鯲する場、情報交換のネットワーク

社会起業家フォーラム
http://www.jsef.jp/
ソーシャルビジネス・ネットワーク、ソーシャルエコー
http://www.socialecoo.jp/
ソーシャルビジネスネットワーク
http://www.socialbusiness.jp/
社会起業家マップ(信頼資本財団)
http://shinrai.or.jp/entrepreneur/
社会起業家.JP
http://www.shakaikigyoka.jp/
ソーシャル・チェンジ・カフェ
http://www.etic.or.jp/svc/services/seminar/111010cafecop.html

4.事業の形成

プロジェクトの形成の手順。
〆い辰討い訖佑鮹か。ニーズの調査はしたか。
△修凌佑困っている原因は何か。
そうした社会問題に対し、どんな解決(ゴール)を望むか。
い任呂修譴魏魴茲垢襪砲蓮△匹里茲Δ癖数の事業(選択肢)が考えられるか。
キい涼罎任眸羈單効果が高く、比較的「人・物・金」が用意しやすいのはどれか。

コーチングの「GROWモデル」の応用。
.粥璽襦別槁検砲鮴瀋蝓
△修里燭瓩離螢宗璽后併餮察Э諭κ・金・情報(知識・技術など)を検討。
自分の持つ資源だけではなく利用できる社会の制度(助成金等)も書きだす。
同時にリアリティ(現実の困難さ)も考える。
オプション(選択肢)を複数用意する。
ぅΕル(意志)を確認し、1日ごとの行動日程を組む

5.起業に必要な予算の算定(予測)

事業に必要なお金。
A)支出:
\瀏資金(途上国に学校を建設など、ずっと使う物)、
運転資金(人件費、家賃など)、
つなぎ資金(助成金獲得まで立て替え)。
B)収入:‘睇資金(自己資金、会費、寄付・協賛金)、
∋業収益(自主事業、受託事業)、
3杏資金(補助金・助成金、融資、株式、少人数私募債、疑似私募債)

社会的企業。利益を出す4つのパターン。
 憤貳婿毀院行政機関、地方自治体、教育機関等に対し)
オリジナル商品(またはサービス)を開発し販売する。
∋業資金を捻出するため、別に収益事業を行う。
8朕佑箚覿氾から寄付を受ける。
す顱⊆治体、NPOバンク等にある助成金・寄付金制度を利用する

6.組織形態をNPO法人にするか株式会社にするか

ソーシャルビジネスの現状。経産省の調査によると組織形態は、
NPO法人が46.7%と約半分、
営利法人(株式会社・有限会社)は約2割(20.5%)、
8朕融業主(10.5%)。ち塙隋6.8%)など。

NPO法人に関する誤解。
。裡丕亘/佑枠鷦益活動だけでなく、収益活動も行うことができる。
ただし後者には通常の企業と同じように約3割の税金がかかる。
■裡丕亘/佑睛給職員を普通に雇うことができる。
ただし理事は3分の1までしか(理事職としては)有給になれない。

NPO法人を選ぶと利益より社会性を追求していることをアピールできる。
一般市民から寄付を募る場合も、政府や自治体から助成金をもらう場合も、
NPO法人の方が得やすい。
だが特定非営利活動促進法により最低10人のメンバーが必要。

社会的企業を、
ヽ式会社として興した場合、株券を売って資金を獲得できるが、
経営方針に口出しして欲しくない場合、少人数私募債がある。
■裡丕亘/佑箸靴洞修靴疹豺隋∋たようなものに、疑似私募債がある。
具体的には、地域振興債、福祉債等と名付けられた民法上の債権。
通常、身近な人からの借金。

7.助成金の獲得

公益財団法人・助成財団センター
http://www.jfc.or.jp/
社会福祉法人 全国社会福祉協議会(全社協)
http://www.shakyo.or.jp/
NPOWEB NPO 法人シーズ
http://www.npoweb.jp/
NPO法人助成金・融資情報ドットコム
http://www.npo-joseikin.com/
NPO法人設立運営.NET
http://www.npo-with.net/
NPOに対する助成金情報
http://www3.ocn.ne.jp/~npo-kama/joseikin/index.htm
NPO法人edge
http://www.edgeweb.jp/
ボラ市民ウェブ by 東京ボランティア・市民活動センター
http://www.tvac.or.jp/
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)
http://www.sv-tokyo.org/
財団法人 損保ジャパン記念財団
http://www.sj-foundation.org/
日本財団 NPOやボランティアを支援する助成財団
http://www.nippon-foundation.or.jp/
アキュメン・ファンド
http://www.acumenfund.org/jp/
アショカ財団
http://www.ashoka.org/

8.NPOバンクも活用

日本のNPOバンク一覧。15組織
http://www.npo-joseikin.com/npo-bank/
市民バンク
http://www.p-alt.co.jp/bank/
未来バンク事業組合/未来舎
http://www.geocities.jp/mirai_bank/
コミュニティ・ユース・バンク momo
http://www.momobank.net/
ap bank(櫻井和寿(Mr.Children))
http://www.apbank.jp/

9.助成金を獲得するコツ

助成金の申請のコツ。たくさんの応募の中から、どうやって目立つか? 
―駑狆紊良堡を無くす。▲櫂ぅ鵐箸鮃覆襦ニーズの説明は簡潔に。
げ燭鬚垢襪を具体的に書く。セ業に必要なお金を、実例(予定)をあげて書く。
事業の効果(予定)を記載。Ч告のキャッチコピーのような短い文章も使用

助成金の申請のコツ。
.潺奪轡腑鵝蔽賃里了般拭砲浪拭2燭里燭瓩鵬燭鬚靴燭ぁ
¬榲の妥当性を説明。事業(企画)の実現性。過去の実績または専門家の協力。
ね住擦寮姐臉。計画的出費の予定。テ帆論や先駆性。オリジナリティー。
社会への効果、貢献度。事業成功時の社会への波及効果、広がる可能性

国際協力の世界では、以下が事業を評価する場合の基準になっている。
経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)の評価5項目。
‖電性:受益者のニーズや出資者の方針と矛盾しない。
⇒効性:過去の実績。専門家の協力や試算。
インパクト:直接・間接的な社会への波及効果。
じ率性:費用対効果。投入した金・人・物・技術・時間に見合う結果が予想できる


ゼ立発展性:事業終了後の長期的利益。リスクが発生しても自力で修復できる。

10.募金や寄付を募るコツ

募金・寄付を第三者から得る方法。
A.効果が見える。
B.払い手にもメリットがある。
例えば、毎月千円払う会員になれば、
‘会時にパンフレット等の会員セットを送り、
∨莉気泙燭亘莊逎瓠璽襯泪ジン等で報告、
G一回は事業報告と収支報告、
こ萋阿覇世蕕譴新覯未鮗命燭覆匹量椶埜える形か数字で示す。

11.専門的なボランティアの獲得、プロボノ

社会的な活動家に必要なのは、情報リテラシー(情報活用能力)。
当初、お金がないため、最も活用されるのはインターネット。
ウェブサイト、ブログ、ツイッター、フェイスブック・ミクシー等のSNS、
メールマガジン等。
自分自身で使いこなすか、あるいはその能力を持つ人をパートナーにする必要がある

「プロボノ」(Pro bono)とは、元は弁護士が無報酬で行うボランティア活動。
最近、大企業が、スキルを無償でNPO法人などに提供する「プロボノ」活動を始めた。
IBM、インテル、ファイザー、GAPなどが既に実施。
会計士、コンサルタント、SE、マーケティング、広報など、
あらゆる業種の人が社会人(会社員等)でありながら無償の活動。

12.事業の効果・結果を示す必要性

社会起業家の活動の評価。
一般企業は営利目的なので、年商や収益などの数字で事業の成果を測る。
だが社会的企業の場合、それが目的ではないので、
「社会問題をある程度、解決に向かわせた」ということを、
なんとかして数字で示す必要がある。
「どうやって数字で(お金をくれる)支援者に見せるか」ということが最大の問題。

はっきりした「数字」になって示せない場合、
対象地域の人々にアンケート調査などを実施し、
そのデータからの「質的研究(qualitative study)」
で結果を出す方法もある。

一つの参考になるのが内閣府の
「幸福度に関する研究会報告」に書かれている指標。
これらの指標のうちのいくつかを使用する方法も検討。
http://www5.cao.go.jp/keizai2/koufukudo/shiryou/4shiryou/1.pdf

13.さいごに

「自分のやりたいことって、なんだろう?」
という迷いを持っている人が多いが、次のことを参考に。
「最近ちょっと思ったことではなく、
子どもの頃から今まで、あなたにとってずっと変わらなかったこと、
きっと将来も、変わらない部分(価値)は、なんですか?」