.

目次

前置き
母性保護
母親が死ぬと子も死ぬ確率が高くなる
妊産婦死亡率という言葉の間違い、定義
まず知っておく、用語
妊産婦死亡の原因疾患
妊産婦死亡の測定方法
人口保健調査(DHS)
シスターフッド
WHOの2010年版の推計方法
WHOの2010年版の推計方法が生まれた背景
どの地域で死んでいるか
生涯死亡リスク
妊産婦死亡率の特徴
プロセス指標
EOC(基本産科ケア)、EmOC(緊急産科ケア)
産科合併症
バイアス
都会と田舎の格差
アンメット・ニード
外務省
女性の教育との関係
統計
さいごに
過去の参考ブログ:


・・・
・・・

前置き


「世界の問題は、単純ではない。様々な要因が重なった結果、その問題が起こっており、複雑な背景がある。…そうはいっても、それを解決しようと思って国際協力のプロジェクトを、世界で広く行いたい場合、ある程度、単純化しないといけない。…あるいは、複雑なまま、その問題を扱うことができるのか」


・・・

母性保護


母子保健(Maternal and Child Health)。子どもが心身ともに健やかに育つことを目的に、主に思春期から妊娠・出産・育児期における一連の保健支援。具体的には、妊産婦健診、妊娠期の両親学級、乳幼児健診、妊婦や乳幼児へ予防接種、妊産婦・乳幼児へ健康教育、家族計画など

母性保護(Safe Motherhood)。ゞ控繊妊娠中の健康管理、異常の早期発見と受診、安全な出産、産褥期の健康管理など。広義:途上国では女性が主要な労働力であり、家事・育児に加え過重労働。母性の保護に対する家族や住民の理解も低い。このため周囲の家族や住民に対する働きかけも。

WHO,The Safe Motherhood Initiative and beyond(母性保護イニシアチブ) http://t.co/fIewGWuy 1987年提唱。だが、現状は改善されず。毎年少なくとも320万の死産、400万の新生児死亡、50万以上の妊産婦死亡。

安全な母性プログラム/イニシアチブ(Safe Motherhood Programme/Initiative)1987年ケニアのナイロビの「家族計画を通して女性と子供の為のより良い健康の国際会議」で提唱。UNFPA, UNDP, UNICEF, WHO, 世銀, NGOが共同開催

安全な母性プログラム/イニシアチブ。1987年に提唱。2000年までに妊産婦死亡率を半分にする目標。妊産婦の主要な死因の、産後の出血、遷延分娩、子癇 、産褥熱、人工妊娠中絶の合併症に焦点。このためSBA(訓練を受けた出産介助者)による分娩、助産師教育、必須産科ケア(EOC)に注力


・・・

母親が死ぬと子も死ぬ確率が高くなる


妊産婦死亡。母親が死亡した場合、子が死亡する可能性が高くなる。(貎討生存していれば新生児期に5%死亡するが、以後は10歳までに10%死ぬ程度。∧貎討死亡した場合、生後1年までに75%死亡。なんと25%しか生き残らないというデータがある。ロンドン大が出したバングラデシュでの結果

母親が死亡すると、子は1年以内に75%が死亡。バングラデシュでのロンドン大学の研究 Effect of parent’s death on child survival in rural Bangladesh:a cohort study http://t.co/vY7ByeFj

「母親が出産等で死亡した場合、10歳までに24%の子供しか生き残らなかった(76%は死んだ)。一方、母親が生きている場合、10歳までに子どもが生き残る確率は89%だった。なお、父親の死亡は、子どもが10歳まで生き残る確率に影響していなかった。」バングラデシュでのロンドン大学の研究


・・・

妊産婦死亡率という言葉の間違い、定義


妊産婦死亡率の日本語の間違い。英語ではmaternal mortality rateで直訳すると妊産婦死亡比。分母は「出生10万当たりの」で、分子は「妊産婦死亡」。分母と分子が全く異なる場合はrateで「比」。分母の中に分子が含まれる場合はratioで「率」。これは統計学の基本。

妊産婦死亡の定義。妊娠中、または妊娠終了から(分娩後)42日以内の母体の死亡。妊娠に関連して、あるいは妊娠によって増悪した病態、またはその管理(中絶手術等)に関連した病因によるものを指す。妊娠期間、妊娠部位は問わない(子宮外妊娠の卵管妊娠など)。ただし事故・偶発的な死亡は含まない


・・・

まず知っておく、用語


TBA(Traditional Birth Attendant)とは、伝統的な出産立会人(産婆)のこと。研修等を受けておらず、国家資格もない人。SBA(skilled birth attendant)とは、専門の技能を持つ分娩介助者。一定期間の研修等を受け公認された資格を持つ人。


・・・

妊産婦死亡の原因疾患


妊産婦死亡の原因疾患(WHO/UNICEF、2000〜2010年の10年間の報告)。―亰譯械機鵝↓妊娠高血圧症候群18%、Gタ叡羸筍后鵝↓で垠貍稗検鵝↓ズ廟鬘院鵝↓β召了魂閉樟椹猖苅隠院鵝↓Т崟椹魂併猖苅隠検鵝http://t.co/9wQHL3wU

妊産婦死亡の特徴。(娩経過中、また早期の産褥期に発生することが多い。一般に、原因疾患の早期発見が難しい。H症から死亡までの時間経過が短い疾患が多い。


・・・

妊産婦死亡の測定方法


妊産婦死亡を、どうやって『測定』するのか?統計の取り方。/邑動態統計:出生登録、死亡届。⊃邑静態統計:国勢調査。DHS(Demographic and Health Surveys)。ぅ轡好拭璽侫奪彬 RAMOS(出産可能年齢での死亡率調査)。Ε灰鵐團紂璽拭鴫鶺▲皀妊

妊産婦死亡率を、ある程度、正確に測定するには、人口動態統計が必要。出生届と死亡届があり、かつ死亡届に「妊娠と関連して死亡した」と記載する欄があること。先進国ではまずまず実施されているが、途上国では全く実施されていない。住民票すら持たない人が多く、生まれても死んでも届け出をしない。

妊産婦死亡率の測定。途上国では、出生届・死亡届などの人口動態統計を集計することは不可能なため、代わりに、人口静態統計を用い、そこから類推する。すなわち、5〜10年ごとに行われる(はずの)国勢調査から、出産可能年齢の女性の人口の推移や、死亡原因となる疾患の割合から類推する方法がある


・・・

人口保健調査(DHS)


人口保健調査(Demographic Health Survey、Demographic and Health Surveys、DHS)。米国のNPOが、アメリカ海外援助庁(USAID)の支援を受けて過去およそ75カ国で200回以上実施。人口だけでなく母子保健の状況も調査している

MEASURE DHS - MEASURE DHS Quality information to plan, monitor and improve population, health, and nutrition programs http://t.co/bViQRMSw

米国のNPOが実施した、人口保健調査(DHS)の、カンボジアでの2010年の結果 キーファインディング http://t.co/QsxUbr3L PDF http://t.co/IBm9wEC2 妊産婦死亡率は、206 per 100,000 live births


・・・

シスターフッド


シスターフッド法(Sisterhood method)。妊産婦死亡などの母子保健を調査するために、各家庭を訪問して調査する手法。死んだ人自体は死んでいてしゃべれないので、各家庭の女性に対し「あなたの姉妹の中に亡くなった人はいますか?それは妊娠や出産に関係した死亡でしたか?」と質問

シスターフッド法。4つの質問。。隠戯个泙農犬ていた姉妹は、あなたに何人いたか?■隠戯个泙農犬ていた姉妹のうち、今何人が生きているか?15歳まで生きていた姉妹のうち、今まで何人が死んだか?せ爐鵑聖佶紊里Δ繊妊娠中、または出産時、または出産後の6週間以内に死亡したのは何人か?

シスターフッド法。途上国では妊産婦死亡の正確な情報が得られないため、無作為抽出された各家庭を訪問し、訓練を受けた質問者が、「4つの質問」をし、その結果から妊産婦死亡率を類推する。WHOが推奨している。理由は、早く、安く、サンプル数を小さくすることができるからである。

シスターフッド法。WHO,The sisterhood method for estimating maternal mortality http://t.co/Q9hrZccC PDF http://t.co/Ho0rGD55

妊産婦死亡における、調査方法の一つ、「ニアミス」(near miss)。死んだ人には質問できないので、死にかかったが生き残った人に、どんな病気で、どんな状態で、どんな治療をうけて、それでどうなったかを、聞くこと。多数の症例に対するインタビュー調査の結果から、地域の状態を類推する。

感度と特異度。感度:ある病気に罹った人が本当に病気だったと確認できるか。特異度:ある病気でなかった人が本当に病気でなかったと確認できるか。例:妊娠中、痙攣した人が子癇だったかどうかを知るために「痙攣したか?」と尋ねた場合、「はい」の感度は約80%。「いいえ」の特異度は約100%


・・・

WHOの2010年版の推計方法


妊産婦死亡率、WHOが2010年に発表した推計方法とその結果(Trends in maternal mortality: 1990 to 2008)結果 http://t.co/k4K5SWSm 推計方法 http://t.co/Zr0HPqFm

妊産婦死亡率、WHOの2010年の推計方法。^貎妖たりGDP、■隠機腺苅杭个僚性の平均出産数(GFR、General fertility rate)、7盈を受けた出産介助者の立会の割合(SAB、SBAが立ち会うこと)。以上から推計。 http://t.co/Zr0HPqFm

妊産婦死亡率の、WHOが2010年に発表された方法の妥当性。推計するための三つの指標である、^貎妖たりGDP, 総出生率(出生数を15〜49歳までの女性の人口で割ったもの)、7盈を受けた出産介助者の立会の割合、は、それぞれが統計学的に妊産婦死亡率と相関することが判明している

妊産婦死亡率のWHOが2010年に発表した方法は妥当か?…樟榲には全く関係ない、GDPなどで推計することが可能か?⊃箏弖覯未妥当であるとする他機関などからの検証がない。8躡垢非常に大きい。ぅンボジアで出生10万当たり290となっているが、他組織のシスターフッド法では206

妊産婦死亡率のWHOの推計の問題。もし、GDP,総出生率、SBA立会割合、の三つだけで妊産婦死亡率が決まるならば、それらを上げるプロジェクトだけをやれば良いことになる。客観的に考えて必要な、妊婦健診を受けさせる、帝王切開のできる病院を作る、などは、やらなくて良いことになってしまう

妊産婦死亡率。WHO/ユニセフの共同発表で、1990年57万6千、2005年は53万5千だと推計し「ほとんど減っていない」と発表していた。だが2010年、推計方法を変更した所、2008年35万8千で「けっこう減った」と言い出した。つまり実際に減ったのではなく推計方法が変わっただけ

妊産婦死亡率、WHOの2010年版推計法。カンボジアは290、ラオスは580となっている。これだけみるとラオスは2倍悪い、と思われる。だが両者の誤差をみると、その範囲は、ほぼ重なっており、カンボジアとラオスの妊産婦死亡率の間で、統計学的な有意差は、ない。

妊産婦死亡率、WHOの2010年版推計法。ベトナムは、1990年170、2008年56。というわけで、3分の1以下に減ったように、推計値上は見える。ところが誤差を見ると、1990年は71〜400、2008年は27〜120で、微妙。重なっている部分もあり、実際に減ったかどうかは不明


・・・

WHOの2010年版の推計方法が生まれた背景


Maternal mortality for 181 countries, 1980-2008 a systematic analysis of progress towards Millennium Development Goal 5 http://t.co/TagOFifR

妊産婦死亡の推計方法を2010年にWHOが変更したが、そのきっかけとなったのは同年5月にワシントン大学が発表したランセットの論文。1980年52万6千だったが、2008年34万3千に下がったと発表。それまでWHOは50万台で不変としていた http://t.co/TagOFifR


・・・

どの地域で死んでいるか


妊産婦死亡、WHO、2008年、35万8千人が、どこで亡くなっているか? .汽屮汽魯蕋毅掘鵝↓南アジア30%、E貽逎▲献■機鵝↓ぅ薀謄鵐▲瓮螢3%、ヅ譽▲献■押鵝△覆

妊産婦死亡率、WHO、2010年版推計法による推移。1990年から2008年の間で、.汽屮汽魯蕁淵汽魯藝叔以南アフリカ)では20万人前後で不変。それどころか、むしろちょっと増えた。南アジアでは、20万人から10万人以下に半減した。E貽逎▲献△任癲■桔人から2万人に半減した。


・・・

生涯死亡リスク


生涯死亡リスク(Life time risk of maternal death)。ある村などの地域にいる女性たちが、一生の間に、何人中一人が妊産婦死亡で死亡するかで表示する。10人中一人が死亡する方が、100人中1人が死亡するよりも状況は悪いので、数字が小さい方が悪いことになる

妊産婦死亡率(MMR)と生涯死亡リスク。MMRはサブサハラは約600、南アジアは約300と2倍悪い。生涯死亡リスクはサブサハラは30、南アジアは120と4倍悪い。これはアフリカでは、出生数が多いため、妊娠出産というリスクに会う回数が多く、かつ連続出産、若年出産というリスクも多い為


・・・

妊産婦死亡率の特徴


妊産婦死亡率。‥咯綛颪任盻仞牽隠伊当たり100〜2000と、子どもの死亡率に比べると10〜100倍少ない。∋猖肝磴魍稜Г垢襪海箸困難。政府が把握する死亡統計がない。あっても不正確。ぐ幣紊里燭畤箏彝愿手法を使う。だが誤差が大きい。イ茲辰謄廛蹈献Дト評価の指標としては不適切

妊産婦死亡率という指標。A:使い方。〔簑蠅梁腓さを把握。∪策決定者や国民などに、現代世界の課題として説明するために使う。B:使ってはいけないこと。.廛蹈献Дトの効果指標(目標)にはしない。⊃年単位でグラフにつけて一喜一憂してはダメ。推計方法が変わったら、昔とは比較しない

死亡統計に含まれなかった妊産婦死亡の割合。プエルトリコ、73%(1978〜79)。ブラジル、48%(86)。アメリカ、24%(74〜78)。イギリス、22%(82〜84)。途上国だけでなく、先進国でもかなりケースが見落とされている。理由は、”堙切な堕胎、∋匍楹闇タ韻陵餞蒜卜等

妊産婦死亡率の歴史。「250人乗りの妊婦を乗せたジャンボジェットが4時間おきに墜落(1年で55万人死亡してる)」。1987年セイフ・マザーフッド・イニシアチブ。97年見直し。プロジェクトには使えない。他の指標も必要。プロセス指標の導入。2005年WHOが、ビヨンド・ザ・ナンバーズ


・・・

プロセス指標


妊産婦死亡率は、プロジェクトの指標(目標)としては、(推計値にすぎず、誤差が大きいため)全く使い物にならない。このため、代わりに、「プロセス指標」を用いる。妊産婦死亡が発生してしまう各段階に分けて、それぞれの指標の改善を目標とする。妊婦の病院への搬送、診断、治療などの各段階の指標

妊産婦死亡率に代わるプロセス指標。妊産婦死亡発生までの各段階(プロセス)をモニター(監視)してみる。々臺讃匹糧生(途上国では自宅)、医療施設へのアクセス(搬送、道路・交通機関のインフラの有無、人口あたりの施設数など)、0緡泥機璽咼垢陵用、ぐ緡泥機璽咼垢猟鷆‐況・質、など。

妊産婦死亡率に代わるプロセス指標。Guidelines for monitoring the availability and use of obstetric services UNICEF、WHO、UNFPA、1997年 PDF http://t.co/pTFM3psW

妊産婦死亡率に代わるプロセス指標。PROCESS INDICATORS Essential obstetric care (EOC) coverage、Performance of EOC facilities http://t.co/pTFM3psW


・・・

EOC(基本産科ケア)、EmOC(緊急産科ケア)


Essential obstetric care (EOC) 。1997年に、ユニセフ、WHO、UNFPAが作成。主に出産時に発生する重症合併症に対して母体救命のために用いられる「医療介入」をリスト化したもの。後にEmergency Obstetric Care(EmOC)に変更

Basic EOC:〃亟匹痢雰亳でない)抗生剤投与が可能。経管のオキシトシン(子宮収縮剤)投与が可能。子癇に対する経管の抗痙攣剤の投与が可能。ぢ枷廚亮蠅砲茲觸去が可能。セ匍榮皸篁鎚の除去が可能。Σ霆による経腟分娩が可能。以上が可能な施設を人口50万当たり少なくとも4つ

Comprehensive EOC:まずBasic EOCで可能な抗生剤・オキシトシン・抗痙攣剤の投与、胎盤などの除去、経腟分娩の介助ができ、その上で、帝王切開などの手術が可能、輸血が可能。以上の8項目を満たした施設が、人口50万当たり1施設。(ユニセフ、WHO,UNFPA)

妊産婦死亡のプロセス指標。Basic EOC施設の数(人口50万当たり4以上が適切)、Comprehensive EOCの数(人口50万当たり1以上が適切)、C詫的なEOC施設の分布(田舎にも設置)、ち簡娩の何%がEOC施設内か(15%以上が適切)(WHO,ユニセフなど)

妊産婦死亡のプロセス指標。セ魂聞臺讃匹鮖った女性の何%がEOC施設に来れるか(100%が適切)、α簡娩における帝切の割合(5〜15%の間が適切。多すぎても、少なすぎてもダメ)、EOC施設における産科合併症を持つ女性の死亡率(1%未満が適切)。(WHO、ユニセフ、UNFPA)

プロセス指標。Averting maternal death and disability(AMDD) http://t.co/LSYDdlB6 母親の死と、妊娠・出産による身体への障害を避けるためのイニシアチブ。

AMDD has long promoted emergency obstetric care (EmOC、緊急産科ケア) as a key strategy to prevent maternal and newborn death(母と新生児の死を予防するための鍵となる戦略)

妊産婦死亡に関するプロジェクトの評価は二つ。〕用性。例:分娩に訓練を受けた出産介助者が立ち会っているかどうか。産科合併症が起こった場合、近くに病院はあったか。適切性。例:帝王切開を行ったとして、それがはたして本当に必要だったのか。その実施した技術は十分に高いレベルだったのか。

妊産婦死亡を防ぐための、産科ケア(Obstetric Care)の、評価。〕用性(Utilisation)。必要な時に、帝王切開を実施することができるかどうか。適切性(Adequacy)。帝王切開が行われた場合、本当にそれが必要な疾患だったかどうか。例:胎向異常、前置胎盤など

妊産婦死亡に関係する用語。MOI: Major obstetric interventions(帝王切開など)。AMI: Absolute maternal indication(絶対的に産科的介入が必要となる疾患安堵の問題。例えば、胎向異常、児頭骨盤不均衡、前置胎盤、など。

産科介入の適切性。カンボジアのプノンペンの半径100km以内にある全ての帝王切開が可能な病院に対して聞き取り調査。2001〜03年に1200例の帝切。それを実施した理由は何だったか?帝切が可能な病院は途上国では少ないので調査対象が少なく、人・物・金・時間がそれほどかからず調査可能


・・・

産科合併症



ユニセフ、WHO、UNFPAの妊産婦死亡に関する『プロセス指標』の問題。〇魂聞臺讃匹糧生率を全分娩の15%としているが、根拠が不明。∩簡娩における帝切の割合を、5〜15%(5%未満でも、15%を超えてもいけない)としたが、その数字の根拠が不明。

産科合併症の発生率は、各国・各組織により定義や診断能力が異なるため不明だが、一応、〇听鬚錬亜ィ娃機腺院鵝∧娩前出血は2.5〜5.2%。J娩後出血は1.3〜18.9%。て饂此柄延分娩等)は5〜10%。ソ転匹瞭饂此並朧粍枉錙焚0姪))は2〜8%。セ崎鶸鏡症は1〜36%。

妊娠高血圧症候群。々盞谿機Ъ縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90以上。または収縮期血圧30以上の上昇、拡張期血圧15以上の上昇。6時間以上の間隔を空けて2回以上確認。妊娠中毒症:高血圧に蛋白尿(24時間で300mg以上)を伴う。子癇:△鉾爾Α妊娠してから初めての痙攣

子癇。妊娠中毒症(高血圧と蛋白尿)に伴う、妊娠してから初めて発症する痙攣。危険因子は、初産・初回妊娠・遺伝・カルシウム欠乏。発生率は、途上国では、1/100〜1/1700。先進国(英国)では、5/1万。症例死亡率は、途上国では、5〜30%。先進国(英国)では、2%。

(妊産婦死亡の原因となる)出血。定義:(娩前出血とは、妊娠後半期、分娩前に見られる性器出血。発生率は2.5〜5.2%。リスクは、高齢、多産等。∧娩後出血とは、分娩後に見られる過剰出血。一般に、500ml以上。発生率は1.3〜18.9%。リスクは、高齢、分娩中の子宮収縮剤投与等

難産。発生率は、2〜10%? ‘饂(Dystocia):正常でない分娩。∧娩遷延(Prolonged labour):良好な陣痛があるにもかかわらず、active phaseが12時間以上経過。J娩停止(Obstructed Labour):産道の物理的バリアによる停止。

産褥感染症。〇崎麈:分娩から24時間経過後、10日以内に、38度以上の発熱が2日間以上続くもの。∋崎麈垠貍鼻破水から産褥42日目までの間の時期に発症する性器感染症で以下の症状の2つ以上(発熱、膣分泌物異常(膿、悪臭、等)、子宮復古不全(産褥8日目までに収縮2cm/日以下)。


・・・

バイアス


「研究デザインにおけるバイアス(偏り)」 http://t.co/bnbOcyci 

バイアス(bias、偏り)。結果または推論の真実からのズレ,またはそのようなズレにつながる過程。データ収集,分析,解釈,出版,またはデータのレビューにおける傾向で,真実とは系統的に異なった結論につながりうるものすべて。系統的な誤差(サンプルサイズを大きくしても改善されない誤差)。

〜択バイアス:観察する集団が母集団を正しく代表していない。非協力者バイアス・積極協力者バイアス。ケースコントロール研究での診断バイアス等。⊂霾鵐丱ぅ▲后4兒,垢襪箸に得られる情報が正しくないために起こる偏り。思い出しバイアス(リコールバイアス)、コホート研究での診断バイアス等

母親のリコールバイアス(maternal recall bias)。例えば、先天異常のある子供を産んだ母親は,妊娠初期の曝露(非処方薬を飲んだとか発熱したとか)を正確に思い出すことができる。正常な子供を産んだ母親はそうしたきっかけがないので,妊娠初期の曝露を思い出せない結果となる

産科合併症の道程の困難さ。…蟲舛組織・研究により一定でない。適切な診断能力と、補助診断法が必要。Population-basedの情報に乏しい。す臺讃匹鯣症しても、医療施設にかかるとは限らない。つ敢困鮃圓辰討皀螢魁璽襯丱ぅ▲后僻症例と健常者で思い出す能力の偏り)の可能性


・・・

都会と田舎の格差


Maternal mortality and access to obstetric services in West Africa http://t.co/vz0Q2GzF de Bernis 妊産婦死亡率の、農村部と都市部の巨大な違いは、質の高い産科ケアへのアクセスの違いか?

Maternal morbidity and qualification of health-care workers: comparison between two different populations in Senegal http://t.co/w1PLs3ST

妊産婦死亡に関するセネガルでの研究(2000年、de Bernis)Saint Louis(都会)では、自宅分娩での妊産婦死亡率230だが、施設分娩では89と下がる。Kaolack(田舎)では、自宅分娩の妊産婦死亡率446と高いが、施設分娩でも1059とかえって倍増する。


・・・

アンメット・ニード


Unmet Need(アンメット・ニード)。課題(問題)があるにもかかわらず、それが解決されない状態。Needとは、ある専門分野から見た場合の、ある特定の集団の課題。つまり、‖仂櫃箸垢詈野、対象集団を決めることで、ニードが確定し、その後に、ぅ▲鵐瓮奪肇法璽匹判明する流れ。

unmet obstetric need network http://t.co/qzx7KpSe


・・・

外務省


外務省、新国際保健政策(2011-2015)。目標、MDGs4と5:妊産婦と新生児の死亡率削減のための効果が証明(エビデンス)されている保健サ ービスパッケージの導入、乳幼児の死亡率削減のための効果の高い保健施策の拡大。MDG6:世界エイズ・結核・マラリア対策基金を通じた支援

施設ベースの予防及び治療ケアの強化における保健サービスパッケージ。施設緊急産科・新生児ケアプラス(F-EmOC+):産褥出血予防・治療,分娩停止処置,感染症対策,新生児蘇生措置。妊産婦死亡の主な原因は,産科出血,敗血症,高血圧,分娩停止。新生児死亡の主な原因は,早産や敗血症や肺炎


・・・

女性の教育との関係


途上国において女児の初等教育就学率・中等教育就学率を上昇させると、その地域の、乳児死亡率、5歳未満死亡率、妊産婦死亡率、粗死亡率が全て下がるという報告がユニセフや世界銀行等からなされている。母親の教育レベルが高いと、衛生状態、ワクチン接種、栄養などへの関心が高まるためと考えられる


・・・

統計


妊産婦死亡率(出生10万対、世界人口白書2011).▲侫ニスタン1400、▲愁泪螢◆▲船礇稗隠横娃亜↓ぅニアビサウ1000、ゥ螢戰螢■坑坑亜↓Ε轡┘薀譽ネ、ブルンジ970、中央ア850、ナイジェリア840、マリ830、ニジェール820、ジンバブエ、タンザニア790

妊産婦死亡率(出生10万対、世界人口白書2010、UNFPA).轡┘薀譽ネ2100、▲▲侫ニスタン、ニジェール1800、ぅ船礇稗隠毅娃亜↓ゥ▲鵐乾蕁▲愁泪螢■隠苅娃亜↓Д襯錺鵐寸隠械娃亜↓┘螢戰螢■隠横娃亜↓ブルンジ、コンゴ民、ギニアビサウ、マラウイ、ナイジェリア1100

妊産婦死亡率(出生10万対、2008年WHO)は多い順に、アフガニスタン1400、ソマリア1200、チャド1200、ギニアビサウ1000、リベリア990、シエラレオネ970、ブルンジ970、中央アフリカ850、ナイジェリア840、マリ830、ニジェール820、ギニア680、日本6

アフガニスタン。平均寿命44歳(日本83歳)。5歳未満死亡率、人口千対257(日本4)。妊産婦死亡率、人口10万対1800(日本6)。15〜24歳の識字率、男49%、女17%(日本99)。小学校就学率、男65%、女40%(日本100)。中学校就学率、男28%、女9%(日本100)


・・・

さいごに


妊産婦死亡率(MMR)に関する潮流。二つの流れ。,覆鵑箸して、正確に測定しようという試みをまだ続ける人もいる。Graham Wら。■唯唯劼蓮⊆匆颪悗離ぅ鵐僖トを示すものとして政策決定者に見せ、政策に反映してもらう。逆にプロジェクトレベルでの効果判定などには使わない、と割り切る





・・・
・・・

過去の参考ブログ:


「妊産婦死亡率に関するツイート 16673字 20111006字」 山本敏晴のブログより。 ミレニアム開発目標で、2015年までに全く達成できる見込みがない、人類最大の課題の一つ。どうして改善できないのか、その問題を探ってゆく、数限りなきツイートたち。 http://t.co/vOSaZWGk

妊産婦死亡率の憂鬱(ゆううつ) 5203字 (国際協力、開発学)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65290555.html