.

長寿遺伝子


長寿遺伝子、Sir2(サーツー)。マサチューセッツ工科大学のレオナルドガレンテ博士が発見。2010年。酵母菌の寿命に関係するサーツー遺伝子というものを発見し、その後線虫にもマウスにも発見され、人体にもサーツー遺伝子に似た遺伝子があることが判明。抗加齢医学会で順天堂大学の白澤教授も

長寿遺伝子、Sir2(サーツー)。その働き。〆挧Δ鮟どするたんぱく質の活性化、∈挧死アポトーシスの制御、インスリンの生成や伝達を制御、ぅ潺肇灰鵐疋螢△寮御。カロリー制限するとミトコンドリアがNADという物質を大量に吐き出し、Sir2遺伝子にまとわりつきSir2が活性化する

長寿遺伝子。酵母ではSir2、哺乳類ではSirt1。動物実験においてカロリー摂取を抑制すると寿命が延び、この現象は酵母においても同様であることが知られている。低カロリー摂取によりインスリン分泌を抑え気味にしていると、インスリンシグナルはフル稼働しないことにより、長寿に 結びつく

長寿遺伝子。哺乳類ではSirt1。 長寿遺伝子をONにして長生きする方法?  http://t.co/UfPFpBm1 ヒストンからアセチル基を外す酵素の一つで、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)により活性化。カロリー 制限により、細胞内のNAD/NADH比が上昇

サーチュイン遺伝子(Sirtuin gene、silent information regulator gene)。酵素の一種で、老化を抑制する機能を持つタンパク質。イースト菌から発見された「Sir2」。酵母では「Sir2」、マウスでは「Sirt1」、ヒトにおいては「SIRT1」

サーチュイン遺伝子。発見したのはマサチューセッツ工科大学生物学部のレオナルド・ギャランテ教授。ショウジョウバエの寿命は30%向上、線虫の寿命は50%も増加。ヒトであれば10番目の染色体に存在。普段は活性化していない。活性化の引き金を引くのは、「少ない食料」。活性酵素を抑制するなど

老化を防ぐ遺伝子(長寿遺伝子)。順天堂大学・加齢制御医学研究所・教授・白澤卓二。皮膚や血液中にある遺伝子(DNA)「テロメア」 が、長寿の人は大幅に長く、テロメアの短縮が老化を引き起こす。 http://t.co/U1DJtZUx

・・・

リスベラトロール(レスベラトロール)


レスベラトロール(resveratrol)。「ポリフェノール」と呼ばれる抗酸化物質の一種。赤ワインなどに含まれる。動物実験では寿命を延長する効果が実証されており、老化を抑制する効果が期待できる成分として注目されている。

レスベラトロール(resveratrol)。ブドウの皮や、その他の一部の植物、果実、種子に含まれる物質。真菌の侵入、ストレス、損傷、感染、過剰な日光などに対する防衛に役立てられている。癌および心疾患の予防の分野で研究されている。抗酸化物質の一種であり、ポリフェノールの一種でもある

長寿遺伝子。哺乳類ではSirt1。長寿遺伝子をONさせる栄養素は、赤ワイン成分として口にするぶどう果皮に含まれるポリフェノールの1種である『リスベラトロール』(3,5,4´‐トリヒドロキシスチルベン)。果物の皮などにも含まれている。

長寿遺伝子を活性化する栄養素、リスベラトロール(レスベラトロール)。ブドウの果皮や種子に含まれるポリフェノールの一種であり、強力な抗酸化力を持ちガンや生活習慣病を防ぐ可能性。動物性脂肪の多い食事をしているのに心臓病の死亡率が低いフランスの状況を指す「フレンチ・パラドックス」の要因

リスベラトロール。「夢の長寿薬」とされる『サーチュイン遺伝子』の働きを強くする。ミトコンドリアは活性化すると若返りやアンチエイジングに効果がある一方でミトコンドリアが老化してしまうと活性酸素を出し、結果的に老化につながっていく。リスベラトロールのサプリメントなども出ている


・・・

世界の長寿地域


世界の長寿地域。イタリアのサルデーニャ島。100歳まで生きる確率は他の地域の3倍。長寿の秘訣は1日2杯ワインを飲むこと。同島のワインにはガンと心臓病のリスクを低くするのに役立つ「フラボノイド」という植物化学物質がほかの地域のワインよりも多。定年退職がなく90歳になっても元気に働く

世界の長寿地域。ギリシャのイカリア島。)莉喫振傳械隠横腓竜を食べる。サーモンやキス、サバ、マグロなどの魚はα−リノレン酸(ALA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富。昼寝。同島の110歳以上の「超高齢者」と90歳以上の高齢者は84%が毎日昼寝

世界の長寿地域。沖縄県。世界で100歳以上の高齢者が最も多い地域。サツマイモを主食。血液中の脂肪を低下させたり炎症を和らげたりする作用のあるカリウムやビタミンC、繊維などの栄養素が豊富。もう一つの要因は隣人との助け合い。一人の老人が経済的問題や感情的問題に陥った際、隣人のサポート



・・・

iPS細胞への老化を防ぐ遺伝子の導入


血小板、iPS細胞で限りなく増殖 京大グループ成功。2011年12月。血液のあらゆる細胞のもとになる造血前駆細胞をiPS細胞から造り、それを巨核球に分化させる。中村壮らは、細胞を増やす遺伝子と細胞の老化を防ぐ遺伝子を入れ、巨核球のもとになり、限りなく増やせる細胞をつくることに成功

ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)で血小板を大量につくる方法を京都大などのグループが開発した。血小板をつくる細胞をiPS細胞からつくる際、組み込む遺伝子を工夫することで、限りなく増やせる細胞をつくることができた。iPS細胞で課題とされるがん化の危険も避けられる。2011年12月

110歳以上の「超長寿者」の血液から、iPS細胞(新型万能細胞)を作ることに、慶応大学の広瀬信義講師と湯浅慎介講師のチームが成功。2011年11月。血管や心筋などの細胞を作って性質を調べ、ゲノム(全遺伝情報)を解析して遺伝子の特徴も明らかにする計画。長寿の秘密の解明が期待される