.

自然家族計画法。月経が終わった直後に性行為をしたら妊娠してしまった、という話を聞くことがある。通常の医学では月経開始日の14日後が排卵日であるが、時として女性の排卵周期が異常に早くなることがある。膣の入り口の粘液の性状をチェックすることで、この現象を見つけることができるとしている

自然家族計画法。仮に月経周期を28日とし、また月経を5日間とした場合、典型的な例では、6〜9日目が膣の入り口の乾燥期。10〜15日が膣の入り口の粘液が長い糸を引く時期で妊娠し易い時期。以後二日間、卵子の寿命の関係で妊娠可能。18〜28日目が再び乾燥機で妊娠し難い時期、だとしている

自然家族計画法、クレイトン・ナプロテクノロジー(Creighton Napro Technology)。上智大学・総合人間科学部・准教授 武井弥生 http://t.co/BIq8DiLN 女性の身体を知る:自然な周期をみつめて。女性の分泌物の量で妊娠し易い時期を知るという手法?

クレイトン・ナプロテクノロジー(Creighton Napro Technology、Creighton Model FertilityCare System)。 http://t.co/aVXCJC41 子宮頸管粘液を観察することにより、月経周期において受胎能力の高い時期を予測

自然家族計画法。ビリング排卵法。1976年オーストラリアのジョン&リン・ビリング両医師により記載。後にクリントンモデル妊娠能ケアシステムとして知られる。女性が自分の膣の入り口をティッシュでふき、分泌物を指で伸ばし、その伸び具合によって、妊娠し易い時期と、そうでない時期を分ける手法