.

522人

「ほめる時は、人格を褒める。しかる時は、行為を叱る。」


388人

人を説得する12原則。ゝ掴世望,塚0譴諒法は議論を避けること。誤りを指摘しない。自分の誤りを快く認める。げ困笋に話す。チ蠎蠅肯定できる質問をする。α蠎蠅肪らせる。Я蠎蠅忙廚い弔せる。┸佑凌箸砲覆襦同情する。人の美しい心情に訴える。演出をする。対抗意識を刺激


258人

「『貧困』は女性の顔をしている」 14億人の貧困層のうち、70%が女性。世界の9億人の非識字者のうちの3分の2が女性。初頭教育を受けられない1億3千万の子どものうち60%が女児。毎年50万人の女性が出産が原因で死亡。妊娠や出産時の疾病・事故による後遺症で苦しむ女性は1000万人。


244人

人を変える、9原則。デール・カーネギー。,泙宰める。遠まわしに注意を与える。まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える。ぬ仁瓩鬚擦紺娶を求める。ゴ蕕鯲てる。Χ呂なことでも全て惜しみなく心から褒める。Т待をかける。┠穃紊靴董能力に自信を持たせる。喜んで協力させる


198人

「女性が所有する『富』は、世界の1%以下。賃金量は世界の10%。だが、仕事量は70%」 農業労働の70%、食料生産の90%を女性が担っているものの、女性の労働は可視化されず過小評価。土地所有権・財産権・相続権などの法的権利が実質的に確保されていない。


188人

「人に好かれる、6原則」(デール・カーネギー、1888-1955年)。\深造粉愎瓦魎鵑擦襦⊂亟蕕農椶垢襦L樵阿賄人にとって、最もこころよい、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない。な垢手に回る。チ蠎蠅隆愎瓦鮓抜いて話題にする。重要感を与える。誠意を込めて。


88人

「やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、褒めてやらねば、人は動かず」 山本五十六(1884-1943年)、大日本帝国海軍の軍人、元帥海軍大将。「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」


86人

「人を動かす、3原則」(デール・カーネギー、1888-1955年)。“稟修眸麁颪發靴覆ぁ6貍陲盡世錣覆ぁ⇔直で、誠実な評価を与える。6い欲求を起こさせる。


66人

エアセックス (Air sex)。セックスをしている振りをする演技のことで、大げさな演技と細かい描写、そしてストーリーによって構成される。簡単に言えばセックスのパントマイムであり、表現力・想像力・構成力を超えた何かが問われる。世界大会も開催されている。シャドウファックともいう。


31人

日本の、お金の使い方。福島廃炉費用1兆円。がれき撤去費用1兆円。途上国への政府開発援助1兆円。子ども手当て2兆円。防衛予算5兆円。農業生産10兆円。医療セクター30兆円。国家予算90兆円、GNP500兆円。ところでアメリカ人の年間寄付は、34兆円ですが、日本人の年間寄付は、1兆円


20人

ODA改革。途上国からの「要請主義」を日本は謳っているが実際は異なる。多くは日本の商社か開発コンサルタント等が自社の利益誘導のため大規模インフラ計画を途上国政府にもちかけ、日本大使館に要請書を書かせている。またそれは、途上国の一部富裕層が、より豊かになることだけに貢献する可能性。


19人

牛の肝臓(レバー)の内部に食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌がいることが厚生労働省の調査で判明。2011年12月。初めての確認。O(オー)157など腸管出血性大腸菌は毒性が強く死亡する危険もあり、生レバーの提供は禁止となる可能性。肝臓にはカンピロバクター等もいることがわかっている