.

目次:

臨床心理士
認定心理士、放送大学
厚労省が精神疾患を5大疾患の一つに
国際協力


・・・
・・・

臨床心理士


民主、自民両党は、心の病を抱える人へのカウンセリングなどを行う民間資格「臨床心理士」を国家資格とする方向で調整に入った。人材を確保し専門性や能力の向上を図る狙い。「心理師」などへの名称変更も検討。2011年12月。うつ病や自殺の増加などにより心理療法のニーズが高まっているのが背景

臨床心理士(Clinical Psychologist、Certified Clinical Psychologist)。文部科学省認可の財団法人・日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格、およびその有資格者。活動領域に応じて学校臨床心理士、病院臨床心理士、産業臨床心理士など

日本臨床心理士資格認定協会 http://t.co/tTjcj70x 臨床心理士とは http://t.co/1JwbuoIw 臨床心理学に基づく知識や技術を用いて人間の心の問題にアプローチする心の専門家。文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格

岩手県教育委員会は2011年9月以降、県外から臨床心理士5人を迎えるなど沿岸部のスクールカウンセラーを増員。釜石市や大槌町の学校を回って子どもたちの震災後の「心のケア」。スクールカウンセラーの被災地派遣は2012年度以降も継続され政府は予算案に1300人の派遣費用として47億円。


・・・

認定心理士、放送大学


日本心理学会 http://t.co/DVl5f9Rs 認定心理士とは http://t.co/nmOCB40T 心理学の専門家として仕事をするために必要な,最小限の標準的基礎学力と技能を修得している,と日本心理学会が認定した人

放送大学で心理学を体系的に学び、所定の20単位を取ると「放送大学エキスパート」の証明が得られ、36単位を取ると日本心理学会の『認定心理士資格』が取得可。大学院で学んで臨床心理士資格を目指す道もあるがテレビで見れる放送大学を活用し職場のメンタルヘルス対策で認定心理士を目指す人が増加

放送大学岐阜学習センターが2011年12月、岐阜市で開いた認定心理士資格説明会に当初定員の倍の200人が参加、2012年春入学を視野に熱心に耳を傾けた。担当者は「全国の自殺者が13年連続3万人以上で、うつ病など精神疾患が急増している時代の反映か」と驚いている。


・・・

厚労省が精神疾患を5大疾患の一つに


厚生労働省の「医療計画の見直しに関する検討会」は、医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきた、癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の4疾病に新たに『精神疾患』を加えて5疾病とする決定。2011年12月。「精神疾患の医療体制構築に係る指針」を策定し都道府県において障害福祉計画等と連携

うつ病。厚労省。患者調査によると精神疾患で医療を受けている患者数は、平成11 年に204 万人であったものが、20 年には323 万人となり、9 年間で1.6 倍に増加。気分障害(躁うつ病を含む)は20 年に101 万人と2.4 倍に増 http://t.co/mSpafLau

うつ病の有病率。アメリカの「精神障害の診断と統計の手引き、DSM-IV-TR」によると1.0%〜4.9%(平均2.8%)。WHO(世界保健機構)の2001年報告書では、治療を必要とするうつ病患者が、全世界で約1億2100万人(人口の約2%)。日本は有病率2%、生涯有病率は6.5%

うつ病の有病率と自殺率。日本では時点有病率(その時点で患っている人)が、大人は2%、生涯有病率(一生の間に、一度でも患ったことのある人)は、6.5%。子どもは、児童期で0.1〜2.6%、青年期で0.7〜4.7%。うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率は約10%。

うつ病の人の割合。大企業の会社員の場合、約1%のようだ。先日、大手T社の産業医と話をする機会があったが、日本の、うつ病患者の割合は平均で2%だが、大企業は面接試験に精神科医なども参加させ、雇用をする際に、ふるい分けをしているため、一般社会における割合よりも、低くなっているとのこと


・・・

国際協力


兵庫県こころのケアセンター。JICAと協働で海外の被災地の人々の心のケア http://t.co/RIThHfES 2004年12月のスマトラ沖大地震・インド洋津波災害。国際緊急援助隊(JDR)医療チームの一員として、副センター長の加藤寛、精神科医の藤井千太、臨床心理士の大澤智子

臨床心理士、精神保健福祉士、アートセラピーのセラピストなどとして、「貧しい途上国で国際協力をやりたい!」、という人が、よく私の所に相談に来るが、「文化や宗教が異なる国で、外国人が精神療法を直接自分で行うのは困難。現地の人に、心理療法等の方法論を教え、その方にやって頂く方がベター」