.

188人

民主、自民両党は、心の病を抱える人へのカウンセリングなどを行う民間資格「臨床心理士」を国家資格とする方向で調整に入った。人材を確保し専門性や能力の向上を図る狙い。「心理師」などへの名称変更も検討。2011年12月。うつ病や自殺の増加などにより心理療法のニーズが高まっているのが背景


51人

東芝は2011年12月、トレーラーで運べる放射能汚染土壌処理装置「サリー・ソイル」を開発。土壌の放射性セシウムを97%除去。1日当たり砂場2面相当分の1.7トンの処理が可。学校などの土壌や下水処理施設の汚染灰の処理に装置と作業員を派遣し1件当たり数百万円で請け負う。除染ビジネス


48人

放送大学で心理学を体系的に学び、所定の20単位を取ると「放送大学エキスパート」の証明が得られ、36単位を取ると日本心理学会の『認定心理士資格』が取得可。大学院で学んで臨床心理士資格を目指す道もあるがテレビで見れる放送大学を活用し職場のメンタルヘルス対策で認定心理士を目指す人が増加


42人

うつ病の人の割合。大企業の会社員の場合、約1%のようだ。先日、大手T社の産業医と話をする機会があったが、日本の、うつ病患者の割合は平均で2%だが、大企業は面接試験に精神科医なども参加させ、雇用をする際に、ふるい分けをしているため、一般社会における割合よりも、低くなっているとのこと


30人

うつ病。厚労省。患者調査によると精神疾患で医療を受けている患者数は、平成11 年に204 万人であったものが、20 年には323 万人となり、9 年間で1.6 倍に増加。気分障害(躁うつ病を含む)は20 年に101 万人と2.4 倍に増 http://t.co/mSpafLau


27人

厚生労働省の「医療計画の見直しに関する検討会」は、医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきた、癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の4疾病に新たに『精神疾患』を加えて5疾病とする決定。2011年12月。「精神疾患の医療体制構築に係る指針」を策定し都道府県において障害福祉計画等と連携


23人

年金で暮らす・海外ロングステイ http://t.co/fE8CKWyV ニュージーランドが多い。、いくらで暮らせるかについては、一カ月10万円の予算ならフィリピン。一カ月20万円の予算ならニュージーランド。一カ月30万円あったらハワイ http://t.co/f9rDKgcs


21人

赤十字という団体がある。大きくなるにつれ内部に考え方の違いが生じ、国境なき医師団などが分裂。その国境なき医師団も巨大になり、多数の団体が分裂し、多数の個人が去っていった。NGO(非政府組織)は大きくなるにつれ、それを繰り返すのが宿命か。人は、共感したい心と反発する心の相克で生きる

寒さが厳しくなる時期には、高齢者が入浴の際、脱衣所と湯船の温度差で、血圧が急激に変化し、ショック状態になる、いわゆる「ヒートショック」で死亡する事故が相次ぐことから、専門家は、入浴の前に脱衣所を暖めるなどの対策をとるよう呼びかけ。寒い脱衣所で血圧上昇、熱い湯船で血圧が急激に低下。

うつ病の有病率と自殺率。日本では時点有病率(その時点で患っている人)が、大人は2%、生涯有病率(一生の間に、一度でも患ったことのある人)は、6.5%。子どもは、児童期で0.1〜2.6%、青年期で0.7〜4.7%。うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率は約10%。


・・・