.

542人

日本の産業。漫画1兆円。音楽1兆円。ゲームセンター雀荘1兆円。宝くじ1兆円。ユニクロ1兆円。5大商社純益合計1兆円。化粧品2兆円。セックス産業2兆円。暴力団2兆円。ファーストフード3兆円。タバコ売上4兆円。広告産業5兆円。公営ギャンブル5兆円。アルコール10兆円。パチンコ30兆円


234人

ウガンダで、同性愛行為に対し、死刑などの厳罰を課す「同性愛禁止法案」が成立の見込みだと2010年10月与党議員が発表。これに対し欧米政府はウガンダへの援助を打ち切る方向。また人権団体などが圧力をかけている。ウガンダで同法案が通れば、世界で10カ国めの「同性愛が死刑となる国」になる


100人

「世界中の人が日本人と同じ暮らしをしたら、地球が2.3個必要」。世界自然保護基金(WWF)は2010年「エコロジカル・フットプリント」で試算。現在、日本人が享受している「豊かな生活レベル」は、持続可能なレベルではない可能性。まず我々の生活レベルを、半分以下で我慢する必要があるかも


74人

「私には夢があります。蝶や鳥が舞う大森林を見ることです。でも毎年たくさんの動物が死に絶えています。絶滅した動物をどうやって生き返らせるか知らないでしょう?砂漠になった場所に森を蘇えらせる方法も知らないでしょう?どうやって直すかわからないものを壊すのは止めて下さい」セヴァン・スズキ


68人

クリントン米国務長官は2011年12月、同性愛者といった性的少数者の人権保護に取り組むNGOを支援するため国際基金を設置すると発表。米政府が300万ドルを出資。「性的少数者は、西洋の発明ではなく人間の現実だ。文化や政治、宗教を理由に迫害することは、人権の侵害に他ならない」と発言。


66人

癌の原因因子。ゝ扮譯械亜鵝∪人期の食事(野菜不足)・肥満30%。1親杏埖5%。ご鏡(子宮頸癌など)5〜10%。タΧ抜超5%。Σ搬歌髻憤篥繊烹機鵝О酒3%。┝匆餬从囘状況3%。放射能・紫外線2%。環境汚染・アスベスト2%。医薬品1%。食品添加物1%。


62人

1992年、リオデジャネイロで「地球サミット」が開催。12歳の少女、セヴァン・スズキが、「伝説のスピーチ」を行い、世界中の首脳を感動させ、「気候変動枠組み条約」と「生物多様性条約」を誕生させた。まさに、一人の少女が「世界を変えた日」だった http://t.co/QNGZ5h3H


58人

国連は、英語では、『The United Nations』となり直訳は、『連合国』。第二次大戦に勝った国々を指す。どこにも『国際』という言葉は入っていない。国際連合と『意訳』したのは1944年、外務省の駐英大使の森治樹。中国では直訳の連合国をほぼそのまま使っているが、それが本当。


56人

アフリカで人口が増える理由。1)男児は十歳前後で性交開始、2)女子は初潮の直後から出産開始、3)部屋が一つのため両親の性交を幼少時から見る、4)他の娯楽がないので夜は性行為、5)子は宝、一族繁栄は良いこと、6)宗教が「産めよ増やせよ」、7)多民族国家では自民族を増やすと選挙で有利

少年漫画では巨大な敵が出てきて最後に主人公がそいつを倒す。だが国際協力をやってみるとわかるが、現実世界の問題は複雑であり(自分を含めた)それぞれの人の思想の相違や利害の不一致が根本的問題だと知る。巨大な敵がいるのではない。小さい敵が70億人という人間の数だけ、その心の中にいるのだ


52人

国際協力は途上国を開発することだと思っている人が多いが、間違い。先進国の経済活動レベルは(資源の枯渇や廃棄物の浄化を考えた場合)現在の世界人口ですら持続可能ではないので、まず先進国の経済活動を半分に減らし、途上国もそのレベルまでで我慢してもらい、かつ世界で人口増加の抑制をすること


46人

同性愛が死刑となる国は9つ。サウジアラビア、イエメン、アラブ首長国連邦、イラン、アフガニスタン、スーダン、ソマリア、モーリタニア、ナイジェリア(北部のいくつかの地域)


45人

近年、望まない妊娠から、いわゆる「未受診妊婦」となり、子を産んでも「児童虐待」になるケースが問題視されている。これを防ぐための方法として、中学校の終わり、または高校の終わりごろに、自分の母子手帳を読んで、自分の母や父が、どのように自分を愛していたのかを知るきっかけを持つのはどうか


44人

日本は「少子化対策」と称して人口減少に歯止めをかけようとしているが、私は全く必要ないと考えている。日本の食糧自給率は4割、エネルギー自給率は3%で、今後、資源が枯渇してゆく中、外国から輸入をしなくても自給自足できるように、江戸時代の頃の人口、すなわち4千万人程度が日本の妥当な人口


41人

地球上で採掘されるリン鉱石の量は年間約1億5千万トンで、世界の食塩生産量よりも多い。既に品質の良いリン鉱石であったグアノは世界中で掘り尽くされた。主要産出国ではリン鉱石の輸出を規制する動き。リン資源の枯渇は地球的規模での農業生産に深刻な打撃を与え、人類の生存そのものにも重大な危機


38人

世界最大の問題が人口増加。これを止める方法の一つが、出産数の多い途上国の女性を高学歴化し、かつ会社等で働く人を増やし出産を開始する年齢を遅らせること。これを実現するために途上国でBOPビジネスをやろうかな。まず女性の職業訓練校を作り卒業生をそのまま雇用。社会的企業のモデルケースを


35人

1年以上居場所が分からず、就学が確認できない義務教育年齢の児童生徒(日本国籍)が2011年度5月現在、1183人(岩手、宮城、福島の3県を除く)で前年度の約3・6倍に上ることが文科省の「学校基本調査」で判明。「こうした子供たちがいることを区市町村で認識し、連携して対応してほしい」


32人

「ノーベル賞経済学者のアマルティア・センは、ほとんどの飢饉は食糧不足のためではなく、食糧を必要としている人に――主として彼らに購買力がないゆえに――食糧を届けられないために起きるのだと断言している」 ジョセフ・E・スティグリッツ。1943年生。ノーベル経済学賞受賞

他人の煙草の煙を周囲の人が吸い込む受動喫煙による死亡者数は世界全体で毎年60万人に達するとWHOが2010年11月に英医学誌ランセットに発表。うち16万5000人を5歳未満の子どもが占める。WHOは煙草価格の引き上げや広告の禁止など、国連の煙草規制枠組み条約に基づく法規制の強化を


30人

世界最大の問題が人口増加。ところが防げない理由は、1)キリスト教イスラム教の教派のいくつかが避妊に反対。旧約聖書に「産めよ増やせよ地に満ちよ」。2)性行為は本能。3)子は宝。4)女性の権利の一つに「出産は女性自身の判断」。5)子どもを助けるような仕事だけに国際協力に関わる人が集中

ゲイなどの同性愛者に対する偏見・差別は続いており、社会的認知はまだ低い。86カ国で同性間での性行為が禁止、得に7カ国では死刑を課す法律がhttp://t.co/Q7HS5HUF


29人

主要国の食料自給率(農林水産省、2007年)は、低い順に、1)日本40%、2)スイス52%、3)イタリア63%、4)イギリス65%、5)オランダ75%、6)スウェーデン78%、7)ドイツ80%、8)スペイン82%、9)フランス111%、10)アメリカ124%、11)カナダ168%


28人

「空気は、無料ではなかった。土も、水も、森も、林も、そして『光』さえも、決して無料ではなかったのだ。今、その勘定書が回ってきた。人間たちがこの『ツケ』を返済しないかぎり、大自然は地球の上に人間たちが住むことを許さないだろう。未来永劫、決して、許さないだろう 」 井上ひさし(作家)


27人

児童虐待防止法の施行から十年。報告のあった虐待件数は年間4万件超。十年で8倍に増加。最近の日本は少子化のため、子どもを作れという風潮が強いがそれは間違い。作っても育てる自信がない、そうした責任を持ちたくないのであれば作らないほうが理性的。なんとなく作って養育放棄するよりよほどまし

世界人口増加問題が議論されない理由。基本的に国連を始め、国際社会はアメリカが支配。その政治を影で操っているのが、ウォール街を支配するユダヤ系財閥と、キリスト教原理主義のプロテスタント福音派。これらは避妊・中絶を認めない。またカトリックのローマ法王も、避妊・中絶に基本的に反対の姿勢

国連安保理の問題。五大国にとって全く国益にならなければ議題にしない。逆にからみすぎると拒否権を発動されるか、それがわかっているので議題にしない。前者は資源のないルワンダ・ソマリアの放置。後者は米国のベトナム戦争、ソ連のアフガン侵攻、ロシアのチェチェン問題、中国のチベット弾圧など。

同性愛が終身刑となる国。シンガポール、モルディブ、インド、パキスタン、バングラデシュ、ミャンマー、ウガンダ、シエラレオネ、ガイアナ、ブリッジタウン。(いくつか、確認を要す)


26人

“ギャップ・イヤー”。内向き志向と言われる学生に対して海外留学を奨励することや、学生が国内外で長期間、ボランティア活動に参加するなど、就職前に多彩な経験が積めるよう、英国等で実施されている“ギャップ・イヤー”の導入を経団連が提言。 http://t.co/CPo9TVDZ

少子化。…拘的には世界人口増加と市場グローバル化で地球の資源は枯渇し破局。人口を20億程度にすることが必要。△世資本主義国家は国債の利率以上の経済成長をしないと破綻するため市場(人口)の拡大が必要。生産年齢人口の減少、高齢者の社会保障費の捻出のため短期的にはこちらが優先される

男性同士が正式に結婚すると健康度が高まる研究結果。「2等市民扱いをされると自己重要感は薄れる。そのような状況にいると不必要にリスクある行動をしがち。麻薬、アルコール、危険なセックス。同性愛者の男性を差別することは、終わりのない健康への悪影響を与え続けていることになる。」英国BBC

男性同士が正式に結婚すると健康が高まる研究結果。コロンビア大学ハッツェンブルーラー博士「社会の障壁を取り除くことでゲイやバイセクシャル男性の健康に寄与することがわかりました。結婚の平等はストレス関連の健康障害を減少させることで広範囲に渡る公衆衛生の向上をもたらす可能性があります」


25人

世界最大の問題だと思っているのは、1)人口増加と、2)より豊かな生活を求める人間の性質(それによる経済発展)から生じる、『資源の枯渇』。A)エネルギー源(石油等)、B)水(清潔で安価な淡水)、C)リン鉱石(人口増加を支えるための高い農業生産に必須)、のいずれも数十年で足りなくなる

「常任理事国の数を増やすことで国連が世界情勢を反映した民主的な組織になるとは思えない。拒否権を持つ五大国は今後も怪物であり続ける。大切なのはその怪物たちに柔軟性をもたらし、時代に適当するよう仕向けること。そのためには中堅国家らが有志連合を国連内に作ることが必要だ」ロメオ・ダレール

米国で同性愛の世帯数が2010年に64万6千となり、2000年の調査より8割増加したことが国勢調査局の調査で判明。2004年のマサチューセッツ州を皮切りに同性婚を合法化する州が増加。軍も2011年10月、同性愛の軍人を正式に認めた。同性愛者の世帯数の2割の13万が「結婚している」


24人

1年以上居所不明の児童生徒については各自治体のずさんな調査実態が課題。特に小学生は2011年度5月までの1年間で851人と昭和35年の調査開始以来、過去最多。愛知県272人、東京都200人など大都市に集中。理由の一つとして、母親などDV被害者と共に住民票を残したまま姿を消すケース


23人

学生が自分の母子手帳を読んだ感想「母親への感謝の気持ちでいっぱいに」「分娩に20時間もかかって痛かったけど早く自分の子に会いたいという思いの方が強かったと聞き、私もいつか赤ちゃんを産むのが楽しみに」。井上栄教授は「アイデンティティーが確立する19〜20歳で母子手帳を読むと効果的」

視力障害から失明につながりやすい目の網膜疾患「加齢黄斑変性」と「スターガート病」の患者について万能細胞「胚性幹細胞(ES細胞)」を網膜細胞に変えて移植した所、視力がある程度改善。米国の世界初のES細胞を使った臨床試験。米バイオ企業とカリフォルニア大。2012年1月。英誌ランセット

リン鉱石の枯渇。豊かな生活を求める新興国(BRICs等)の食生活の変化。肉食化。肉1kg生産に必要な穀物量は、牛肉の場合11kg、豚肉の場合7kg、鶏肉の場合4kg。つまり毎日仮に2100キロカロリーを食べようとする場合、肉類ではなく穀物をそのまま人間が食べた方が資源の枯渇を防ぐ


22人

「私には夢があります。それは、全ての生物にとっての『持続可能な世界』を作ること。そのために、1)人間の数(人口)を適正な範囲に抑えること。2)経済活動による資源の減少と廃棄物の生成を、原則禁止にすること。3)全ての生物に人権のような『生命権』を認めること」 宇宙船地球号・山本敏晴

世界の宗教人口。地球の人間が100人いたら、35人がキリスト教信者、19人がイスラム教信者、14人がヒンドゥー教信者、6人が仏教信者。 http://t.co/4YD5raBC

世界の持続可能性が崩壊する理由。/邑増加。今世紀中に百億を突破すると国連が発表。∋餮擦枯渇。水・(大量の農業生産のための)化学肥料(リン鉱石)・エネルギー資源。人は、より豊かな生活を望む習性。経済のグローバル化で途上国の資源も搾取され、また途上国の人も先進国並みの生活を望む


21人

「現在、(宗教などの理由で)同性愛を禁じる法律のある国が、80以上ある。9カ国が、いわゆる同性愛の性的志向があれば、死刑に値する、としている。これは本当に恐ろしいことだ。」 国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長・ミシェル・シディベの講演(2010/09/02)より


20人

世界人口70億。だが、地球の未来を形作るはずのさまざまな国際会議で、真っ向から人口増加に触れることはほとんどタブー。理由のひとつは、宗教的な保守派による避妊や中絶への反対。政治家たちも、頭痛の種にしかならない一方で、実際に起きるのは何十年も先の問題に取り組むことに利益を見出さない