.

概要


声帯萎縮。50歳以上の男性に多いが誰にでも起こり得る病気。|棒の場合、声帯が痩せ衰えれば、乾いた、かん高い声になってゆく。⊇性は、女性ホルモンの影響で、声帯はやせながら、むくむ。このため低い声になってゆく。原因は、素質、声使用頻度、ホルモン関係、血流、反回神経の麻痺や圧迫など


・・・

発生、音声障害


「発声の仕組み。’戮茲蠍撞のが動力源として供給され、同時に反回神経を介した命令で、両声帯を内転して声門を閉鎖し、8撞のにより声帯を振動させて音源とする。い修硫擦、声道を共鳴腔として通過し、「声」となる。」 大森孝一(福島医大、耳鼻科)

音声障害の病態。 \写臺頂燭琉枉錙∪実咾旅鼎気琉枉錙声帯の対称性の異常。じ撞曄Χμ長个琉幣紂タ翰的要因。 診断には、\爾陵靈僂陵無、喫煙歴、9頭内視鏡検査、ぅ好肇蹈椒好魁璽弩〆此↓ザ気力学的検査、Σ散訴析検査。

音声障害の原因疾患。\実咼櫂蝓璽廖↓急性声帯炎、5淦喉頭蓋炎、だ実嗚竅磧僻寝鷽牲佶竅磧法↓ス頭癌、声帯結節。Д櫂蝓璽徑誉実咫╂実唹狃漫声帯溝症、喉頭肉芽腫、機能性失声症、けいれん性発声障害、変声障害


・・・

声帯萎縮・声帯溝症


声帯萎縮(喉ニュース) http://t.co/AkWvufXi  声帯は筋肉と粘膜で構成。喉頭ファイバー検査で、声帯の辺縁部が波打っていたり弓形(ゆみなり)現象を起こしていたりすると、声帯萎縮の病名を告知。声帯の厚みが減って細くなり、声帯が閉じなくなるため、息が漏れ、かすれ声に

声帯萎縮。喉頭の触診における特徴。々綻軟骨舌骨間が狭い、喉頭周辺筋が硬い(過緊張性発声)。甲状軟骨舌骨間が狭いと、外頚動脈から分枝した上喉頭動脈の血流量が減少し、声帯や内喉頭への酸素と栄養の供給が減少。喉頭周辺筋が『硬い』場合、筋拘縮によって筋内部が圧縮され当該血流が阻害


・・・

声帯萎縮の治療


声帯萎縮の治療。声帯にコラーゲンや(自分の)脂肪を注入することが行われているが、(豊胸手術に対するすれと同じように)しばらくすれば吸収されて消えてなくなるため、一時的にしか効果がないとも言われている。このため、完治は困難とされる。

声帯萎縮に対する治療。嗄声がひどくなった場合、\実咼灰蕁璽殴鹵躰諭↓⊆家脂肪声帯注入手術、9綻軟骨形成術儀燭覆匹亮蟒僉

声帯萎縮 原因と対策、音声自己訓練法 −声帯萎縮・声帯溝症による声門閉鎖不全への対策−(独法・国立病院機構・東京医療センター・臨床研究センター・感覚器センター) http://t.co/WekDp0tH 

声帯萎縮・声帯溝症。原因の一つは、加齢や会話の減少。声帯萎縮の改善対策として、音声自己訓練法がある。自分で行なえる音声体操。一言ずつ区切ってカウントし、毎回息を吸ってから発声。乾燥する冬場は特に注意。(感覚器センター)

声帯萎縮・声帯溝症。音声障害の原因の一つ。声帯に弓状変性や溝を認める。甲状軟骨形成術I型や声帯粘膜下に脂肪や筋膜を挿入する手術が試みられている。