.

目次:

概要
ソフトバンクの呼びかけ
政府が推進
全国の地方自治体が推進
企業
メガソーラーの問題点


・・・
・・・

概要


メガソーラー。太陽光発電設備で出力が1000キロワット(1メガワット)以上のもの。再生エネルギー特別措置法の施行で、生み出した電気が割高な価格で買い取られるため建設プロジェクトが多数計画。全量買い取り制度が導入されているスペイン、ドイツ、イタリア等では数万キロワットの物が多数稼働

メガソーラー計画。〜肝未鯏杜浪饉劼貿笋襦▲愁侫肇丱鵐が売上3兆円の数%を拠出。自治体は休耕田などの情報提供、固定資産税の減額、電力会社との売電交渉。「2020年に自然エネルギー比率を10%から30%へ。休耕田・耕作放棄田の2割に太陽光パネルを設置し5千万キロワット」。孫正義


・・・

ソフトバンクの呼びかけ


ソフトバンクが自治体に連携を呼びかけ大規模な太陽光発電所(メガソーラー)の建設を検討。大阪、三重、鳥取など約15府県と自然エネルギーの普及を進める協議会を設置。府県側と協力して総額800億円を投資し、20メガワット規模の太陽光発電所10カ所を建設する構想。一般家庭6万世帯分の電力

ソフトバンクのメガソーラー計画。〃从兒唆半覆錬横娃隠嫁にも電力会社が太陽光など自然エネルギーによる電力を全量買い取る制度を導入する方針。ソフトバンクは同制度の活用を前提。⊆治体には50ヘクタールの用地選定、発電所用地の固定資産税の減額、送電線設置や開業後の送電で電力会社と折衝

ソフトバンクの孫正義社長は2012年2月、全国十数カ所以上で計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設に向けた各地の電力会社との協議について「予定通り進んでいる」。11年11月、各地の電力会社の送電網へ自社発電設備の接続を求める予備的な手続きを開始。この手続きをほぼ完了


・・・

政府が推進


政府の行政刷新会議の「規制・制度改革に関する分科会」作業部会が検討しているエネルギー分野の183項目の規制改革案。2012年2月。太陽光発電所について、面積規制を設けた工場立地法の届け出対象から外すことを打ち出した。大規模発電所(メガソーラー)の建設をし易くし、普及を促すのが狙い

経済産業省は2012年1月、大規模太陽光発電設備 (メガソーラー) の立地規制を緩和するため、工場立地法を改正。敷地面積に対して設置が可能な生産施設の面積率の上限を50%から75%へ引き上げたと発表。 今回の改正により、従来と同じ敷地面積に1.5倍の太陽光パネルを敷くことが可能に


・・・

全国の地方自治体が推進


埼玉県の上田知事は2011年5月21日、ソフトバンクの孫正義社長が提唱している大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に、県が参加する方針を表明。県内で約50ヘクタールを確保。場所は市町村と協議。建設などの費用は80億円とし、孫社長側が79億円を負担、県は約1億円を拠出する方向

新潟県を訪問した中国の駐日大使は2011年8月、県と昭和シェル石油が共同運営する「雪国型メガソーラー発電所」を見学。程大使は「大いに参考になる。中国と日本がこうした技術面で交流していきたい」と発言。電力不足が深刻化する中国やインドなどの新興国で、メガソーラー建設計画が増える見通し

中国電力(中区)は2011年12月、福山市箕沖町に建設したメガソーラー「福山太陽光発電所」の営業運転を開始。年間発電量は約368万キロワット時で、一般家庭約1000世帯の年間電力使用量に相当。二酸化炭素の削減も年約2100トン。太陽光パネル計1万6544枚、総面積約4・5万平方m

山梨県と東京電力が共同で整備を進めてきたメガソーラー「米倉山太陽光発電所」(甲府市下向山町)が2012年1月、本格稼働。最大出力は1万キロワットで内陸部では国内最大規模。福島第1原発事故で再生可能エネルギーへの注目が高まる中、県は「クリーンエネルギー先進県」に向けた取り組み

再生可能エネルギーの普及を目指し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置計画が佐賀県主導で進む。2012年1月。吉野ケ里歴史公園に隣接する神埼市の元工業用地で13年3月からの発電開始を目指す。だが吉野ケ里遺跡の保護を訴える市民団体からは「計画を白紙にすべきだ」と反対の声

京都市は2012年1月、伏見区水垂地区の廃棄物最終処分場に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置する事業者を2月から公募。市が当面は無償で用地を貸与し、選定した事業者に建設から管理、売電までの作業を手がけてもらう計画。12年12月の稼働を目指す。面積は9ha。2000キロワット

兵庫県姫路市の建設会社「美樹工業」は、再生エネルギー特別措置法に基づく太陽光からの自然エネルギーを活用した大規模太陽光発電所(メガソーラー)をつくば市花島新田のつくばエクスプレス(TX)みどりの駅周辺に建設。2012年1月着工し、法律施行日の7月の稼働を目指す。実現すれば全国初。

永光建設(帯広市)は2012年1月、帯広市内愛国地区でメガソーラー(大規模太陽光発電設備)を建設することを発表。発電量は2メガを超える2016キロワットを計画、早ければ9月の稼働。事業費は約10億円。電気の全量買い取りを電力会社に義務付ける法整備を受けて、新規事業として企画

1000キロワット以上の発電能力を持つ大規模太陽光発電所「メガソーラー」の設置計画を進める栃木県は、2012年2月から事業者の企画提案書を募集し、コンペ形式を採用。事業には予想以上の事業者が参入を表明、地域貢献や低コストのアイデアを募ることで、レベルの高い自然エネルギー利用に期待

中国電力は2012年2月、メガソーラー(大規模太陽光)発電所(出力3千キロワット)を山口県宇部市に建設すると発表。メガソーラーとしては11年12月に運転開始した広島県福山市の発電所(出力3千キロワット)に続く、2カ所目の施設。瀬戸内海に面した宇部市西沖の山の火力発電所跡地約5ha



・・・

企業


省資源システムのJCサービス(大阪)は米太陽光発電サービス大手のサンエジソンと組み大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を開始。2012年3月までに合計4万キロワット分を新潟県など国内数カ所で着工する。再生可能エネルギー全量買い取り制度の施行をにらんだ動きで、事業費は100億円超

シャープは太陽光発電所を建設し電力を販売する事業に参入する検討。2012年1月。参入を検討しているのはメガソーラーと呼ばれる大規模な太陽光発電所を建設し、その発電所の電力を販売する事業。太陽光で発電された電力の買い取りを電力会社に義務づける法律が7月に施行。安定した収益が見込める


・・・

メガソーラーの問題点


メガソーラー発電所の問題点。.瓮ソーラーの太陽光パネルを設置するための膨大な広さの土地(平地)が必要。自然保護に抵触。土地の利権で汚職。太陽光パネルの欠点。日射量と発電量と、メガソーラー発電所の施設のコストのバランス。紫外線や風雨などで設置部材が劣化。メインテナンスにコスト

内陸型メガソーラーは何が難しいのか、山梨県の実例から分かること http://t.co/UpOnh39E メガソーラー)を建設するには10ha程度の土地(平地)が必要。埋め立て地や工業団地の遊休地などを利用。内陸部の『山』では、大面積の『平面』を造成することは困難。植物の影響も

農業利権を食い物にするソフトバンク。池田信夫 http://t.co/XODLxWf2 農水省が孫正義の「電田プロジェクト」に協力するのは当然。全国の耕作放棄地は38.6万haで、農地の9.7%が遊休化。これに政府は補助金、年間2000億円を払って減反。それを孫に借りてもらえれば

メガソーラーの問題。池田信夫。農水省が耕作放棄地をソフトバンクに提供。だが耕作放棄地は山間部などに点在し、太陽光発電に適した広い土地はほとんどない。1割程度はあるが、そうした土地は、大規模農業にも向いている。また、農家にとっては、何も仕事をしないで減反補助金がもらえる現状が最高

ソーラー、風力、バイオの問題点と解決策クリーンエネルギーで世界の覇権を取れ!〜 http://t.co/8ovHUpWX JBpress(日本ビジネスプレス)