.

目次:

うつ病の統計
うつ病と、自殺との関係
内閣府の対策
厚生労働省の対策
経済的影響、経済効果
臨床心理士、認定心理士
診断・分類
原因
職場での労働者の、うつ病
治療、認知療法、認知行動療法
災害(震災)後の、うつ病
加齢男性性機能低下、LOH
注意欠陥多動性障害、ADHD
同性愛、ゲイ
国際精神保健との関係
哲学
その他
さいごに


・・・
・・・

うつ病の統計


厚生労働省の患者調査では、気分障害(うつ病・躁うつ病・気分変調症等)の総患者数は、1996年の443万人に対して、2008年に1,041万人と9年間で2.4倍と急増。うつ病等で医療機関を受診しない罹患者(上記調査に含まれない)は罹患者全体の75%を占めるとされる。つまりもっと多い

厚生労働省が3年ごとに全国の医療施設に対して行っている「患者調査」によると、平成8年には43.3万人だったうつ病等の気分障害の総患者数は、平成20年には104.1万人と2.4倍。患者調査は医療機関に受診している患者数の統計データだが、うつ病患者の受診率は低いため実際にはこれより多

うつ病。厚労省。患者調査によると精神疾患で医療を受けている患者数は、平成11 年に204 万人であったものが、20 年には323 万人となり、9 年間で1.6 倍に増加。気分障害(躁うつ病を含む)は20 年に101 万人と2.4 倍に増 http://t.co/mSpafLau

うつ病の有病率。アメリカの「精神障害の診断と統計の手引き、DSM-IV-TR」によると1.0%〜4.9%(平均2.8%)。WHO(世界保健機構)の2001年報告書では、治療を必要とするうつ病患者が、全世界で約1億2100万人(人口の約2%)。日本は有病率2%、生涯有病率は6.5%

うつ病などの精神疾患で2009年度中に休職した全国の教員は5458人と過去最高。都道府県別に教員数に占める休職者の率を見ると沖縄が最も高く、大阪や東京、広島が続く。文科省が、全国の公立小中学校、高校、中等教育学校、特別支援学校の教員について、09年度の休職者数などの調査結果を公表


・・・

うつ病と、自殺との関係


自殺の原因が特定できた自殺者のうち日本では6割以上の人が「健康問題」を苦にして自殺。健康問題のうち4割が「うつ病」。厚労省によると、うつ病にかかっていても医療機関を受診しておらず早期発見が遅れ自殺に至るまで表面化しないと。逆に米国は、早期受診が多いため、患者数は多いが自殺は少ない

厚労省。自殺率の高いハイリスク者は、〔疑者、⇔ズЪ圓覆鋲筏鐚圈↓生活保護受給者、だ鎖声栖鬼擬圈覆Δ追妥の精神疾患)。うつ病の受診患者数の急激な増加、治療を受けていない重症者の存在、精神科医療の改革と診療の質の向上が求められている http://t.co/oksj6zTL

警視庁統計における自殺の原因・動機(2009年)。自殺者32845.うち原因・動機特定者24434.うち健康問題15867(64.9%)。うち、うつ病6949(43.8%)、統合失調症1394、薬物乱用63 http://t.co/ykVMQAUr

うつ病の有病率と自殺率。日本では時点有病率(その時点で患っている人)が、大人は2%、生涯有病率(一生の間に、一度でも患ったことのある人)は、6.5%。子どもは、児童期で0.1〜2.6%、青年期で0.7〜4.7%。うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率は約10%。

放送大学岐阜学習センターが2011年12月、岐阜市で開いた認定心理士資格説明会に当初定員の倍の200人が参加、2012年春入学を視野に熱心に耳を傾けた。担当者は「全国の自殺者が13年連続3万人以上で、うつ病など精神疾患が急増している時代の反映か」と驚いている。

厚労省。『自殺対策強化月間』。例年、月別自殺者数が最も多い3月を強化月間と定め政府が地方公共団体、関係団体等と連携して広報。(欸鮟蝓精神保健福祉センター等で行っている心の健康相談を、より積極的に。◆⊆唆伴圓紡个垢襯錺鵐好肇奪廛機璽咼垢箸覆訌蠱務萋阿両貊蠅箸靴謄魯蹇璽錙璽を活用


・・・

内閣府の対策


内閣府、自殺対策基本法及び自殺総合対策大綱、『地域自殺対策緊急強化基金』 http://t.co/h2bZEJOZ 内閣府では、平成21年度補正予算において、100億円の予算を計上し、「地域における自殺対策力」を強化するため、都道府県に当面3年間の対策に係る基金。

内閣府は、自殺者が10年以上、毎年3万人を超え続けている中、『地域自殺対策緊急強化基金』を設置し、100億円余りのお金をその対策に投入した。ところが、その効果は見られず、あいかわらず3万人を超える状態が続いている。自殺原因の中で最多の「健康問題」の「うつ病等」に力をいれているが…

自殺・うつ病対策の推進について(内閣府、厚労省) http://t.co/A6bIi1dF 1998年から自殺者3万人以上が継続。2006年、自殺対策基本法。07年、自殺総合対策大綱。10年1月、厚生労働省に自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム。同年9月、自殺対策タスクフォース。


・・・

厚生労働省の対策


厚生労働省は、精神疾患をがん・脳卒中・心臓病・糖尿病と並ぶ「5大疾病」に位置づけ、重点対策を行う決定。2011年。精神疾患の労災認定件数も、途中労災認定の緩和があったものの、10年前に比べ7.3倍と急増。抑うつとの関連が深いとされる自殺も1998年に3万人を突破して以降、横這い。

厚生労働省の「医療計画の見直しに関する検討会」は、医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきた、癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の4疾病に新たに『精神疾患』を加えて5疾病とする決定。2011年12月。「精神疾患の医療体制構築に係る指針」を策定し都道府県において障害福祉計画等と連携

自殺・うつ病等対策プロジェクトチームとりまとめについて。厚労省、社会援護局障害保健福祉部精神障害保健課 http://t.co/ykVMQAUr ,Δ追詑从、▲▲襯魁璽詭簑蠡从、自殺未遂者への支援、な9臈な自殺対策、タ場のメンタルヘルス対策、μ唄崔賃里粒萋阿紡个垢觧抉

誰もが安心して生きられる温かい社会づくりを目指して〜厚生労働省における自殺・うつ病等への対策〜 ”甬攘屡の重点的実施、▲押璽肇ーパー機能の充実と地域連携体制の構築、職場におけるメンタルヘルス対策・職場復帰支援の充実、ぅ▲Ε肇蝓璽繊碧問支援)の充実、ダ鎖席欸魄緡轍革の推進

厚生労働省、自殺・うつ病等対策プロジェクトチームとりまとめについて http://t.co/aGQ0MVys 厚生労働省において「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」を設置し、自殺防止対策とあわせて、地域・職域におけるうつ病・メンタルヘルス対策の一層の充実を図っていくための検討


・・・

経済的影響、経済効果


厚労省。自殺・うつ対策の経済的便益(自殺やうつによる社会的損失)についての推計を行い、公表。2010年9月。自殺やうつ病がなくなった場 合の経済的便益(自殺やうつによる社会的損失)の推計額は、2009年の単年度で約2.7兆円、2010年でのGDP引き上げ効果は約1.7兆円だと言う


・・・

臨床心理士、認定心理士


民主、自民両党は、心の病を抱える人へのカウンセリングなどを行う民間資格「臨床心理士」を国家資格とする方向で調整に入った。人材を確保し専門性や能力の向上を図る狙い。「心理師」などへの名称変更も検討。2011年12月。うつ病や自殺の増加などにより心理療法のニーズが高まっているのが背景

「臨床心理士、認定心理士に関するツイート 20111226まで 1688字」 http://t.co/O1GAIn3w 山本敏晴のブログより


・・・

診断・分類


厚生労働省。気分障害患者数の推移。,Δ追造蓮¬鵤沓伊人。気分変調症は、約15万人。A亢棒障害(躁うつ病)は、約12万人。い修梁召蓮¬鵤極人。合計で、気分障害は、約104万人。 http://t.co/ykVMQAUr

正常なうつ状態。誰でも人生のある時期に愛情や依存の対象を喪失して抑うつ感情を経験。これを「対象喪失」と言う。近親者の死、失恋、離婚など。あるいは、引っ越し、転勤、昇進、結婚、進学など、環境や役割が変化したとき、地位や財産を失ったときや病気や事故で身体が傷ついたときにも喪失体験。

気分変調症。軽度の抑うつ気分、広範な興味の消失や何事も楽しめないという感じが、長い期間(2年以上)続く状態。人口の3%から4%は、この気分変調症にかかるという報告も。かつては「神経症性うつ病」と呼称。だが現在は、抗うつ薬がよくきく場合も多いことがわかり、うつ病の一種とされている。

気分変調性障害(気分変調症、Dysthymia)。ほぼ1日中持続する抑うつ気分が長期間続く慢性疾患。社会や家庭への不適応感や罪責感、刺激への過敏性、人や社会への怒り、社会からのひきこもり、興味の喪失、疲れ易さ、生産性の欠如。米国の分類では気分変調性障害、WHOの分類では気分変調症

季節性うつ病。ある特定の季節に症状が現れるうつ病のこと。晩秋から冬にかけて症状が現れて、春先によくなるものが多く、日照時間が関係しているといわれている。普通のうつ病と違って、過眠や過食(特に甘いものを好んで食べる)などの非定型な症状が現れることがある。

うつ病(鬱病、欝病)。気分障害の一種。抑うつ気分、不安・焦燥、食欲低下、不眠等を呈する精神疾患。米国DSM-IV-TRでは、大うつ病性障害(major depression)。WHOのICD-10では、再発性抑うつ障害(recurrent depressive disorder)

うつ病の定義。「米国のDSM-IV-TRでは、〕泙Δ諜な、興味・喜びの著しい減退、I毀欧泙燭録臾臆畭拭ぐ幣紊、「ほとんど一日中、ほとんど毎日」続いている状態を言う。ただしこれは、かなり重症の症例しか、その条件を満たさない可能性が高い。」(北里大学・精神科学教授・宮岡等)

DSM。アメリカ精神医学会(APA)が定めた精神疾患に関するガイドラインで「精神障害の診断と統計の手引き(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)」1952年に初版、現在は第四版用修正版 (DSM-IV-TR)

精神障害の診断と統計の手引き、DSM-IV-TR(2000年) Official Site - American Psychiatric Association http://t.co/apzSwAMf DSM-5(2013年発表予定) http://t.co/C40rkayv

ICD。疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)。1900年、国際統計協会が制定。現在は1990年WHO総会でICD-10

International Classification of Diseases (ICD) http://t.co/kcHdEhPl ICD-10 ONLINE http://t.co/32vmNnIP V Mental and behavioural disorders

精神医学の領域において、ICD-10は、アメリカ合衆国精神医学会の定めた『精神障害の診断と統計の手引き』第四版 (DSM-IV) と並び、代表的な診断基準の一つとして、国際的には使用されている。ICD-10の分類の5.精神および行動の障害。そのうちの、F00 - F99、が相当。


・・・

原因


1日11時間以上働く英国の公務員のうつ病リスクは、1日7〜8時間働く同僚の2倍以上だとする論文が、2012年1月25日の米科学誌「プロスワン(PLoS ONE)」(電子版)に発表。うつ病の病歴や心理的なリスク要因がない英国の公務員2100人以上を、平均で6年近くにわたって追跡調査

1日の労働時間が11時間だった人が重いうつ病を発症する確率は、7〜8時間の人の2.3〜2.5倍。理由について、仕事と家族の板挟み、ストレスホルモン濃度が高い状態が続くこと、仕事の後にひと息つく時間がないことなどの可能性を挙げた。フィンランド労働衛生研究所とロンドン大学の研究。

生活保護を受けているのは140万世帯。多くは高齢者と障害者。ところが最近増えているのは、厳しい雇用状況のため失業している「現役世代」。2011年は24万世帯に増加(1994年は6万世帯)。年齢は40代。新卒の20代でも就職が厳しい中、中高年の就職はさらに厳しい。うつ病の発症も増加

2009年足立区で30歳代男性無職の「自殺」が急増。そこで2010年から区民向け健康診断の時「心の状態」もチェックする。うつ病の症状の一つである「不眠」を項目に。また失業者に多いことから足立区はハローワーク等に悩み相談場所を設置。引きこもりからの自立を支援するNPOとの連携も検討

NPO法人ライフリンクは自殺の起きる経緯を五百の遺族のデータを使用し精神科医と弁護士が分析。4つ以上の要因が連鎖して起こるのが典型。例えば、自営業者が、多重債務で、家族が病気になりその看病疲れも重なり、生活が困窮、うつ病を発症、自殺へ。ポイントは家族・健康問題を抱えている人が4割

VDT症候群とは、パソコンなどのビデオ表示端末(Video Display Terminal)で長時間作業を続けた場合、その労働者に生じてくる、目などの肉体と、精神への影響のこと。.疋薀ぅ▲ぁ¬椶僚七譟∋詢歪祺爾覆鼻⊆鵝腰、肩のこりなど。食欲減退、不安感、抑うつ症状など。


・・・

職場での労働者の、うつ病


企業等に雇用されている人が自殺をする場合、「配置転換など職場環境の変化」があった後に自殺をした人が全体の3割。配置転換後、精神的な過労となり、うつ病を発症、同時に胃潰瘍等の心身症的な健康問題も発症、このため仕事上の結果がよりでなくなる、友人等に相談しても解決されず、そして自殺へ。

企業が社員の健康診断で「うつ病」をチェックする時のアンケート調査。1)この2週間以上、毎日のように、ほとんど1日中、ずっと憂鬱であったり沈んだ気持ちでいましたか?、2)この2週間以上、ほとんどのことに興味がなくなっていたり、いつもなら楽しめていたことが楽しめなくなっていましたか?

うつ病の人の割合。大企業の会社員の場合、約1%のようだ。先日、大手T社の産業医と話をする機会があったが、日本の、うつ病患者の割合は平均で2%だが、大企業は面接試験に精神科医なども参加させ、雇用をする際に、ふるい分けをしている場合があるため、一般社会における割合よりも、低くなる傾向

職場におけるメンタルヘルス対策等、厚労省(自殺・うつ病対策) http://t.co/aBCG6X6x 職場におけるこころの健康づくり http://t.co/NFeyuUme 職場における自殺の予防と対応 http://t.co/eS2Noqp7

2011年6月に東京電力山梨支店に勤務していた芦沢拓磨(当時19歳)が自殺したのは職場のいじめ「モラルハラスメント」が原因として、遺族が11月に甲府労働基準監督署に労災申請。遺書とブログには上司からの無視に悩む様子が記載されていた。遺族側は「モラハラでうつ病を発症し自殺に至った」

ミドルエイジクライシス。中高年男性の鬱病や不安症のこと。不況やリストラの影響で、中高年男性の自殺率が急増。要因としては、/場において、中間管理職となり、上司と部下の板挟みとなる。∋劼匹發両来に対する不安。N梢討硫雜遒良坩臓ぜ分の老後の不安。中年になると、これらの問題が増加

日本国内の外国人労働者の「メンタル・ヘルス」(精神保健)が問題に。2008年のリーマンショック以降、自動車工場等で働かされていたブラジルなどの南米から来た外国人労働者が大量にリストラされた。再就職が決まらず将来の不安が鬱積。五千人に調査した所、約1割が「自殺を考えたことがある」と


・・・

治療、認知療法、認知行動療法


うつ病の治療は、ゝ挈棔↓¬物療法、4超の再調整。現在、日本で使用可能な抗うつ薬は20種類。第1選択薬は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)。少量から徐々に増量。効果は投与後2〜4週間後に、30〜70%の確率で

うつ病の治療薬。.僖シル(パロキセチン、GSK製薬、選択的セロトニン再取込み阻害剤(SSRI))。▲献Дぅ哨蹈侫函福淵好襯肇薀螢鵝▲侫.ぅ供次■咤咤劭鼻法デプロメール(フルボキサミン、明治製菓・アボット・アステラス、SSRI)。いずれにしても、最初はSSRIを使うのが主流か

「抗うつ薬を服用して休養すれば治る可能性が高い、というのは、適切な診断の下でのみ可能。かつて『抑うつ神経症』と診断された症例がcomorbidity(共存症)を有するうつ病性障害と診断される可能性があり、その場合、薬を服用して休養しても、かえって遷延させる可能性」北里大学・宮岡等

厚労省。うつ病。うつ対応マニュアル−保健医療従事者のために− http://t.co/YJ0E7ozb 概要 http://t.co/0FmcXgxm 一次予防(健康増進、疾病予防)、二次予防(早期発見、早期治療)、三次予防(病気による障害を最小限にし制約の元で充実した生き方)

厚労省。認知行動療法はうつ病や自殺予防に対する有効性が示されている精神療法で、欧米を中心に広く行われているが、日本ではまだ十分に普及していない。『うつ病の認知療法・認知行動療法マニュアル、平成21年度厚生労働省こころの健康科学研究事業』 http://t.co/ixSklqUX 

厚労省。うつ病の認知療法・認知行動療法マニュアル。患者さんのための資料(PDF:420KB) http://t.co/CTxjjKtZ 医療従事者向けのものより、こちらの方が、わかりやすい。

厚労省。実態調査で、うつ病等の患者が医師から処方された向精神薬(抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬、抗精神病薬)を、指示された服薬量よりも過量に摂取する例。〔剤師によるリスクの高い患者への声かけ。境界性パーソナリティー障害に関する診療ガイドラインの普及。チーム医療で患者と良好な関係

麻薬指定ドラッグの「ケタミン」に顕著な抗うつ効果。うつ病治療の特効薬となるのかアメリカで研究中。ケタミン(スペシャルK、日本では麻薬指定)は、基本的に麻酔効果があるため、それ故に気分をハイにするドラッグとして闇市場に出回っている。研究の第一人者は、Sanjay Mathew


・・・

災害(震災)後の、うつ病


震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の太平洋沿岸の33市町村で、2011年4〜10月に精神疾患などによって休暇を取った職員、前年同期より70%増。1カ月以上も職場を離れる深刻な職員も7カ月で前年度の1年間に並んだ。うつ症状などで1回以上休んだ職員は、289人。前年より119人増

災害後の心理的初期支援。トラウマ後のストレス反応。多くの人に起こる「正常な」反応。だから症状や障害とは言わない。/入(事件の再体験)。回避(思い出す物を避ける)と麻痺(感情の萎縮)。2畩螻仞叩焚疉辧法と畸家娠(喪失感等)。ネ泙Δ帖平欲・睡眠障害等)。身体反応(腹痛等)

災害後の「トラウマ反応」は、PTSDだけではない。他には、,Δ追臓↓▲▲肇圈疾皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー疾患の増悪、L髪嵶歪祺爾砲茲襦下痢性疾患、感冒等への易感染性、こ稜Ч坩戮魴り返すような強迫症状、ド坩他評やパニック症状、酒・煙草・パチンコへの逃避・依存・嗜癖

災害後の心理的初期支援。災害に遭った後の『急性ストレス反応』は、誰でも起きる「正常な反応」。だから「症状」と呼んではいけない。「診断」「病気」「障害」などの観点から話をしてはならない。それらは、侵入(再体験)・回避と麻痺・過剰覚醒・悲嘆(外傷性悲嘆)・抑うつ・身体反応(腹痛等)。

災害後の心理的初期支援。被災者が自分の「思い込み」による怒りを示したら、それが正しいか間違っているかについて議論しない。多くの人は「答え」でなく、判断しないで中立に聴いてくれる人を求めている。深刻な抑うつ、適応不全を引き起こしているようなら、カウンセラーへの紹介を希望するか尋ねる

心的外傷。「もう大丈夫な状況になっても、理由なく気分が落ち込むことが続く場合もあります。夜眠れず、食欲がなく、悲観的になる、といった症状が2 週間以上続く場合です。これはうつ病の状態。ストレス反応はだれでも起きますが、それがうまく停止しなくなってしまった状態です。」日本神経科学会

サバイバー・ギルト(自分が生き残ったことへの罪悪感)を論理的に説明することはできる。ところがそれを、当事者に話したところで、なんの慰めにも、解決にもならない。サバイバー・ギルトは、不安、うつ、不眠、引きこもり、自傷、お酒などへの依存、他者の支援の拒絶をもたらし、人間関係を悪くする

災害後の心理的初期支援。支援者が経験する通常のストレス反応。/臾欧量簑蝓感情の麻痺。いらだち、怒り、欲求不満。ぅ轡腑奪、恐怖、戦慄。ズ乱、注意の欠如、意思決定の困難。身体反応(頭痛、腹痛、過敏など)。抑うつや不安。┸佑鼎あいの減少。活動性の極端な増加あるいは減少

災害後の心理的初期支援。支援者が経験する過剰なストレス反応。ゞΥ競好肇譽后別砧牢兇覆鼻法共感疲労(意欲の喪失など)。D樟棔Υ崟榲に体験するトラウマが頭から離れず繰り返される。い劼こもりと孤立。ゼ鬚覆匹飽預検睡眠の障害。В庁屬覆病仗祐愀犬量簑蝓╂篷召らくる抑うつなど

PTSDに対し、ランダム化比較試験により、エビデンス(科学的証拠)がでている治療法は、三つ。’知行動療法、■釘唯庁辧粉禝絮親阿砲茲訝Υ矯遒蛤峠萢法)、9海Δ通堯なお、各種の薬物療法や精神療法の中では、暴露療法の有効性が優れている。

災害後の心的外傷 http://t.co/42eE4k6f 子どもの心のケア http://t.co/usl5Zky6 サイコロジカル・ファーストエイド http://t.co/fg1mSUMz 臨床心理士、認定心理士 http://t.co/O1GAIn3w 山本敏晴のブログ


・・・

加齢男性性機能低下、LOH


LOH症候群とは、加齢男性性機能低下症候群(Late Onset Hypogonadism in males)のこと。男性版の更年期障害。慢性的な精神的ストレスにより、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が急激に減少。その変化により、疲労、筋肉痛、発汗、不眠、不安などの不定愁訴。

LOH(加齢男性性機能低下)症候群の診断は、1)遊離型テストステロン(男性ホルモンの一種)8.5pg/ml未満。2)AMS(aging males' symptoms)スコア(以下からなる質問票)で27点以上。心理的因子(うつ等)。身体的因子(関節痛等)。性機能因子(性欲低下等)

男性更年期障害(male climacteric)は少なくとも3種類存在する。1)男性ホルモン(アンドロゲン(テストステロン等)の低下を伴うLOH症候群(Late Onset Hypogonadism in males)。2)精神科疾患(うつ病等)。3)両者に当てはまらないもの。

男性更年期障害を訴える患者が来た場合、1)まず男性ホルモンの低下があるか?2)あればLOH(加齢男性性機能低下)症候群としてアンドロゲン補充療法も検討。3)しかし以下の副作用の可能性。A)多血症。二次的に脳梗塞等。B)睡眠時無呼吸症候群。C)前立腺肥大症で排尿障害。D)前立腺癌。


・・・

注意欠陥多動性障害、ADHD


会社にいつも遅刻する、文書のミスが多い、思いつきをすぐ言動に移す。こんな“困った大人”の背景には、発達障害の一つ「注意欠陥多動性障害(ADHD)」がある場合も。長年気づかないまま失敗などを重ね、うつ病などの二次障害が出て初めて分かるケースも。ADHDの特性に「不注意」と「衝動性」

注意欠陥多動性障害(ADHD)。発達障害の一つで主な特性に「不注意」「多動性」「衝動性」。生まれつきの脳機能のアンバランスが原因。これまで小児期の障害と考えられてきたが3〜7割は成人後も続く。浜松医大などの2011年の調査で成人の約2.1%にADHDがあると推測される研究結果。


・・・

同性愛、ゲイ


コロンビア大学の公衆衛生学科で、同性婚の法律施行をはさんだ2年間に渡って、特定の医療機関に登録した、同性愛者の男性1,211名の来院数を調査。同性婚の法律が施行された後、医療機関へ来る同性愛者の男性の来院数は、13%減少した。来院数が減少したのは、血圧の問題、うつ、適応障害など


・・・

国際精神保健との関係


「精神科医が一人しかいないラオスは、どうなってるのかなって考えた時に、もう全然、精神医療が展開できていない状況で。実は40カ国、精神科医が全くいない国があって。そうすると差別とか偏見とかが多くて、うつ病や統合失調症になったぐらいで家に(監禁されて、鎖に)つながれてたりするわけで」

「精神科医として働いていると、夜寝れない患者がいた時、朝行くと看護師から言われるのが『睡眠薬の量を増やして下さい』。なんでこの人は寝れなかったのかを看護師は忙しくて評価できない。よーく考えると50人の患者を2人の夜勤看護師でみているわけで。これは行政からなんとかしないとダメだと」

医療関係で国際協力をやりたい人はご一読を。5年をかけた超大作をアップ 「精神保健で国際協力、天使さん、国連JPOに合格しWHOへ」 その1 http://t.co/D4NZE0eZ その2 http://t.co/2YTuPxl1 その3 http://t.co/XCWbrREt


・・・

哲学


「静かな演技などありえない。心の奥底から出てくる叫びを、うっとうしいぐらい役者としての自分に求めるところがあって。学生時代、悶々として生きてた(笑)。異様に暗くて悲惨で、心の中に鬱積したものがあり。自分がどこへ行けばいいのかもがいていた。そのはけ口が『演じる』ことだった」内野聖陽

「人に褒められて有頂天になり、人にくさされて憂鬱になるなんて、およそナンセンス。なぜなら、そんなことくらいで、自分自身の価値が変わるものではない。」 立石一真(1900-1991年)。ズボンプレス等を自身で考案し飛び込み営業を繰り返して市場を開拓。七転び八起きの末、オムロンを創業


・・・

その他


文化審議会が「改定・常用漢字・表」を文部科学相に答申。2010年6月。196の漢字が追加になったのだが、その背景は、最近の人々はパソコンや携帯電話上で「手軽に変換」して漢字を入力するため、今までは使わなかった難しい漢字も多くの人が普通に使うようになった。憂鬱など、書けないが読める

新しい常用漢字、196字が追加。牛丼の「丼」(どん)、ラーメンの「麺」(めん)、カモ鍋の「鍋」(なべ)、日常の会話に使う「誰」(だれ)、「俺」(おれ)、動物の名前の「熊」(くま)、「鶴」(つる)、「亀」(かめ)、「鹿」(しか)、ゆううつの「鬱」(うつ)、韓国の「韓」(かん)、など

覚せい剤の効果は、経験したことがないような輝くような快感。眠気が消滅するため受験勉強に使用する人も。食欲中枢が麻痺するため「やせ薬」に使える。このため若い女性の使用者が増加。副作用はその後の強烈なうつ状態と幻覚・妄想。やがて使用していない時も幻覚をみるようになり家族や恋人に暴力を

ピルの副作用。従来の経口避妊薬はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の合剤。新型の緊急避妊薬ノルレボは後者のみなので副作用が少ない可能性。前者には、吐き気、腹部の張り、むくみ、血圧の上昇、乳房の圧痛、片頭痛、乳癌細胞の刺激。後者は、抑うつ、体重増加、にきび

小室淑恵(こむろよしえ)。1975年生、東京出身。99年、資生堂に入社。2年目に社内のビジネスモデルコンテストで優勝、社内ベンチャーで「育児休業者の職場復帰支援事業」。退職後、2006年に「株式会社ワーク・ライフバランス」設立。育児だけでなく介護・うつ病などの支援も。内閣府の委員

中鉢悟(ちゅうばちさとる、1969-2007年、春日亮二)。北海道出身。ゲイ用BBSを立ち上げた事業化。男性同性愛者。1999年パートナーと婚姻の代わりに養子縁組みを行い、人前式の結婚式(同性結婚)を実施、メディアで報道された。晩年はアルコール依存症・鬱病など。37歳で肺炎で死去

中国衛生部(厚労省)の海華報道官は2011年4月「陰性エイズ(陰滋病)」は『エイズ恐怖症』にすぎず未知のウイルスはいないことを発表。「メディアによって誤った情報が伝えられた」としている。エイズ恐怖症は、エイズを強烈に恐れ、焦燥感、抑鬱、強迫観念、心気症などの精神症状と行動異常。


・・・

さいごに


精神疾患とは何か? ^篥岨辧複庁裡繊砲琉枉錙陛斉輿格儖曄砲?環境に対する反応の脆弱性か?G召凌牲佚礎J質(ドパミン、セロトニン等)の量的異常か?WHOのICD分類、アメリカ精神医学会のDSM分類などの分類学か?タ翰カウンセラー・精神科医・製薬会社の顧客、癒し系産業の市場