.

目次:

ニュース
ジョン・F・ケネディ、暗殺
ピッグス湾事件、キューバ危機
ピースコー(米国平和部隊、米国青年海外協力隊)
その他


・・・
・・・

ニュース


米政治名門のケネディ家の一員、ジョセフ・ケネディ3世(31)が2012年秋の下院選で、民主党候補としてマサチューセッツ州からの立候補。故ジョン・ケネディ大統領が1946年に下院選で初当選してから、米国で名門の一家に。しかし、甥のパトリック下院議員が2011年に引退。名門復活か?



・・・

ジョン・F・ケネディ、暗殺


ジョン・F・ケネディ(1917-1963年)。1961年に米大統領に就任したが1963年にテキサス州ダラスで暗殺。第二次世界大戦では海軍中尉として戦闘。1947年、民主党の下院議員。1953年、上院議員。1960年ニクソンを僅差で破り大統領に。在任中、ピッグス湾事件、キューバ危機

ケネディ大統領暗殺。1963年11月22日(金)ジョン・F・ケネディ米大統領がテキサス州ダラスで暗殺。暗殺犯とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、ダラス市警察本部で射殺された。証拠物件の公開が政府によって不自然に制限。このため、事件の背景を含めた真相は、現在でも不明となっている

ケネディ大統領暗殺に対する軍産複合体の意を受けた政府主犯説。ベトナム戦争撤退の方針が軍産複合体の利害と対立し暗殺につながったとする仮説。具体的には、ケネディの南ベトナムからの米軍による軍事顧問団の縮小計画。後任のジョンソン大統領がベトナム戦争介入を強めたためこの仮説が支持される。

ケネディ大統領暗殺の、CIA陰謀説。1961年、キューバ革命政府を再転覆させるため亡命キューバ人部隊を米国が支援し侵攻(ピッグス湾事件)。だが惨敗。主導したのはCIAのダレス長官だったがキューバ軍の過小評価など虚偽の主張があったため、更迭。CIAも解体されようとした所、暗殺された


・・・

ピッグス湾事件、キューバ危機


ピッグス湾事件。1959年キューバ革命で米国が支持していたバティスタ政権崩壊。カストロは米国と友好を保とうとしたがCIAは共産主義者の疑いを持ち米国は国家承認せず。怒ったカストロはソ連に接近。1961年、在米亡命キューバ人部隊が米国の支援を受け革命政権の再転覆を試み侵攻したが惨敗

ピッグス湾事件。1959年、親米の傀儡政権を倒すキューバ革命が起こったが、1961年、在米の亡命キューバ人達で構成される親米ゲリラ「反革命傭兵軍」が、アメリカ合衆国の支援を受けキューバ革命政府の再転覆を試みた事件。しかし急襲は失敗し、部隊は壊滅した。この事件が翌年のキューバ危機へ

キューバ危機。1962年、米ソの冷戦が核戦争寸前に。1961年ピッグス湾事件で米国とキューバが軍事対立。1962年カストロはソ連の支援で核ミサイルを配備。CIAが空爆を主張するも、ケネディは海上封鎖と臨検を実施。結局、米ソが妥協し、キューバ侵攻しないならミサイル撤去することで決着


・・・

ピースコー(米国平和部隊、米国青年海外協力隊)


米国平和部隊(ピースコー)は1961年にケネディ大統領により創設された機関。教育や保健、農業等の分野で米国人ボランティアを派遣し草の根レベルで途上国の経済発展と生活向上をめざす。創設以来45年間で18万2,000名以上(2005年時点)を派遣。近年はHIV/エイズの予防啓発など

平和部隊(Peace Corps、ピースコー)はアメリカ政府のプログラムで、18歳以上のアメリカ人が途上国に行き、教育、青年育成、公衆衛生、ビジネス、環境などの分野で草の根レベルからサポートする。期間は2年間(+最初に3ヶ月の訓練)で、渡航費や生活費などはすべて支給。米国籍が必要

ピースコー(Peace Corps)とは、アメリカの青年海外協力隊。まず大学院に1年間行き、次に途上国へ2年間派遣され現地で実践。その後また大学院に戻って1年勉強。そうしたプログラムをアメリカの大学院がピースコーと連携して実施 http://t.co/7E40luFk

国際協力機構(JICA)は青年海外協力隊と米国政府の国際ボランティア活動機関・米国平和部隊(ピースコー)との間で、2005年10月、ボランティア活動の効率性と効果を高めるための連携に関する覚書を締結。ボランティア同士が途上国の現場レベルで情報交換しセミナーの開催などで共同して活動

政府系の国際協力ボランティア、「アメリカ平和部隊(ピースコー・ボランティア、PCV)と、日本の国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊(JOCV)について」 http://bit.ly/fwH8ie 「平和部隊(Peace Corps)」 http://bit.ly/gzL1cn

青年海外協力隊には帰国後の就職難などの問題があります。それを解決する方法を探るインタビューを実施。修士の取得との連携は?三日連続でブログにアップ 「アメリカの青年海外協力隊「ピースコー」と大学院修士の連携プログラム、その1 14680字」 http://t.co/4XGML9G7

青年海外協力隊には帰国後の就職難など問題が。解決する方法は?「アメリカの青年海外協力隊「ピースコー」と大学院修士の連携プログラム」 その1 http://t.co/kkDXTyL その2 http://t.co/agMOSxH その3 http://t.co/FyfE2XM


・・・

その他


ケネディ騎士団(ケネディナイツ)。1966年から描かれた、日本の漫画。作者は、望月三起也(1938年生)。ケネディ米大統領の遺志を継ぐ少年騎士団の話。ケネディが理想とした七つの精神とは、勇気・誇り・友情・努力・情熱・希望・誠実。メンバーを少年に限定したのは、大人は欲が強すぎるため

人権活動家のキング牧師は「ペテン師」、フランスのドゴール大統領は「病的に自己中心的な人」。ケネディ元米大統領のジャクリーン夫人(1929-1994年)が、国内外の要人に向けた赤裸々な言葉をつづった本が出版。2011年9月。外遊先で会った米国大使を交代させるよう進言するなど人事にも

故ケネディ米大統領の在任中にホワイトハウスで研修生として働いていた女性が、同大統領との不倫を告白した暴露本。2012年2月。「Once Upon a Secret:My Affair with President John F.Kennedy and Its Aftermath」