.

目次:

災害時の対策
接客業、水商売
妊娠中の感染、サイトメガロウィルス
学校教育
スタディーツアー
サッカー
ヘレン・ケラー
障害者権利条約


・・・
・・・

災害時の対策


東京都の豊島区は、区の3施設(区役所本庁舎、東部・西部保健福祉センター)に、緊急地震速報を聴覚障害者に迅速に伝えるためメッセージを電光表示する「緊急地震速報受信端末機」を設置。2012年2月。緊急地震速報は通常音声で伝えられるため聴覚障害者は情報が得られにくい。警告灯が黄色で回転

地震や津波時に警報などの重要な情報が届きにくい聴覚障害者の災害対策。宮崎の県福祉総合センター。2012年2月。東日本大震災で被災した聴覚障害者と支援者が経験を語った。「水や食べ物などの情報を得られず苦労した。周囲が聾唖者だと気付かず支援が遅れた。自分から存在を知らせることが大切」

災害後の心理的初期支援。高齢者に対する場合。…偉呂北簑蠅ある場合、低いはっきりした声で話す。∈乱した高齢者は、記憶・判断などに不可逆の問題を抱えているように見える。だが多くは一時的。4超の激変は、脱水・栄養不良・睡眠障害・持病の悪化・社会的孤立・対応できないという不安を助長


・・・

接客業、水商売


筆談ホステス。斉藤里恵のノンフィクション書籍(2009年)、および、それを元にしたテレビドラマ(2010年)。主人公の女性は、髄膜炎の後遺症で1歳から聴覚障害。聾唖。盗みを繰り返し「青森一の不良娘」に。その後、水商売に進み「筆談」でナンバー1のホステスになることを目指す。自叙伝。

聴覚障害者が接客の仕事につく喫茶店「サイレント・カフェ」。手話やイラスト付きのボードで注文を受ける。渡辺由貴は、一度は運営していた店を閉店したが、諦めず、2012年2月に東京・武蔵野市で運営を再開。カフェ・雑貨複合店舗「グランキオスク」。内閣府の「地域社会雇用創造事業」に選出

手話と筆談でお酒を。北名古屋の聴覚障害者、前田誠治(40歳)のカフェバー。前田は35歳で聴覚を失い、会社からリストラ。再就職は厳しく、夢だった自営業の道へ。2011年8月、「ろう者が安心してお酒が飲める店を」とオープン。店では昼間に、手話だけでおしゃべりする「手話べり会」も。


・・・

妊娠中の感染、サイトメガロウィルス


厚生労働省は、胎児の時に感染すると難聴や脳障害を起こす可能性のある「サイトメガロウイルス」が、新生児300人に1人の割合で感染していると発表。1986年妊婦の抗体保持率は96%だったが、2010年は66%に低下。妊婦が感染すると本人は症状がないが、胎児に難聴と脳の発達障害を起こす

新生児の難聴の発症にサイトメガロウイルスが深く関与。「胎内治療の現況(1)サイトメガロウイルス感染」 http://t.co/Zir3RaeX 先天感染による児の後障害発生頻度は、日本では1 万児あたり約10 と推定。有用な妊婦・新生児スクリーニング方法は、いまだ確立されていない


・・・

学校教育


聴覚に障害のある子どものため、先生が話した言葉を手元の携帯ゲーム機などに文字情報としてリアルタイムに表示できるシステム「こえみる」が開発。2011年2月。開発したのはNTT(東京都)で、音声認識技術を利用。実用化に向けて現在、県立鳥取聾(ろう)学校ひまわり分校(米子市)で実証実験


・・・

スタディーツアー


イベント:「障がい者とスタディツアーを考える」経験交流会 和光大学【主催】株式会社マイチケット、特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会 【内容】耳が不自由な方とともにスタディツアーの不便な点 http://t.co/Boneivh7


・・・

サッカー


ドキュメンタリー映画:「アイ・コンタクト」。聴覚障害者の女子サッカーの日本代表選手の成長する姿を描いたもの。「もう一つのなでしこ」と呼ばれる。シーンの随所で、手話でのおしゃべりや、ファッション好きな彼女たちの等身大の素顔、両親がぶつかった壁や悩みが、当事者へのインタビューで再現


・・・

ヘレン・ケラー


「人の苦しみを やわらげてあげられる限り 生きている意味はある」 ヘレン・ケラー(1880-1968年)はアメリカの教育者。生後19か月の時、高熱を出し視力・聴力・発語力を失い、以後わがままに育つ。しかし家庭教師アン・サリバンの指導で更生し、生涯を身体障害者の教育・福祉に尽くした

「人生とは思い切った冒険。さもなくば無意味。」 ヘレン・ケラー(1880-1968年)。1歳で高熱により視力・聴力・発語を失う。しかし成人後、教育者かつ社会福祉事業化となった。 「盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。」


・・・

障害者権利条約


障害者権利条約(障害者の権利に関する条約)。障害(身体障害、即ち肢体不自由、内部障害、視覚障害、聴覚障害)、精神障害、知的障害等)のある人の尊厳と権利を保障するための人権条約。2006年国連総会で採択。2008年発効。日本は2007年署名したが、批准はしていない。国内法整備の途中