.

概要
歴史
東南アジアで最も開発が遅れているのはミャンマー
経産省、ジェトロが訪問
外務省
ODA、円借款再開
EUが経済制裁を解除
人件費が安い、人口が多いので将来、巨大な市場に
企業が進出するには、インフラが未整備
各企業
ミャンマーが、企業誘致策
ジャトロファ
フェアトレード
アートセラピー
アグロフォレストリー
ユニクロのリサイクル
麻薬
中国型新植民地主義
お絵描きイベント
その他


・・・
・・・

概要


世界がミャンマーに熱い視線。。鏡號人の安い労働力。銅やニッケル、天然ガスといった鉱物資源。2な討鰐閏膕修之从兩裁を解除。づ貽逎▲献△悩遒辰疹ι覆魯潺礇鵐沺爾離瀬ΕДす舛鮖箸┐丱ぅ鵐品面へ輸出が容易。現在のバンコク近郊のレムチャバン港では南下してマラッカ海峡を通るデメリット


・・・

歴史


ミャンマー。東南アジアの北西。1989年までビルマ。首都はネピドー。旧首都はヤンゴン。11世紀、パガン朝。13世紀モンゴル侵攻で滅亡。18世紀、コンバウン朝。英国の植民地化で1885年に滅亡。英領インドに併合。1943年、日本の後押しでビルマ建国。48年、英連邦を離脱しビルマ連邦

ミャンマー。1988 年、民主化デモにより26 年間続いた社会主義政権が崩壊し、国軍がデモを鎮圧し政権掌握。90 年に現政府は総選挙を実施し、民主化運動の指導者アウン・サン・スー・チー率いる国民民主連盟が圧勝したが、政府は民政移管のためには憲法が必要として政権移譲を行わなかった。


・・・

東南アジアで最も開発が遅れているのはミャンマー


世界で最も開発が遅れているのはアフリカのサハラ砂漠以南。だが物資運搬などが難しいため日本人は東南アジア等を援助しがち。では東南アジアで一番開発が遅れているのはどこかというと、ミャンマーだ。だが「軍事政権が怖そう」と言って皆、敬遠する。その結果2番目に悪いカンボジアに「人気」が集中

東南アジア諸国のUNDP(国連開発計画)の、HDI(人間開発指数、経済・教育・医療の総合指標、2010年)の順位。下から、ミャンマー132、カンボジア124、ラオス122、東チモール120、ベトナム113、インドネシア108、フィリピン97、タイ92、マレーシア57、ブルネイ37

ミャンマー。UNDP(国連開発計画)の、HDI(人間開発指数、2010年)で、東南アジア諸国においては最下位(全世界では132位)の国。HDI値は0.451、平均寿命は61.7年、平均通学年数は4.0年、一人当たりGNI1596ドル。


・・・

経産省、ジェトロが訪問


2011年の日本からミャンマーへの渡航者数は前年比32%増の2万1千人。これまでは旅行者が中心だったが11年はビジネスマンが急増。同年9月から経済3団体が相次いで使節団を派遣。12年3月ジェトロ主催の投資視察団がヤンゴンへ。商社やメーカーなど約40社で官民による最大規模の視察団

ジェトロは今後、日本企業がミャンマーでの事業展開や進出を検討する動きが加速すると判断。近くヤンゴンでレンタルオフィス事業を開始。2012年2月。ミャンマー国家計画経済開発省投資企業管理局(DICA)と投資促進の支援で覚書を交わした。企業が自社拠点を設置するまで、事務処理や情報収集

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、ヤンゴン・ミャンマーにおいて、日本企業製品を紹介する展示会「Japan Festival 2012」を3月に開催。ミャンマーにおける日本企業のビジネス拡大を支援するのが狙い。展示品は、家電、オフィス機器、ソーラーパネル、ミシン、化粧品、食品など

「アメリカは約25年ぶりにミャンマーに大使を派遣することを決めたし、ヨーロッパの国々も投資や支援の機会を増やす考えよ。日本も2011年は外務大臣、2012年は経済産業大臣が訪問して、ミャンマーと活発に交流しようとしているわ。」 日経、子ども向け


・・・

外務省


外務省、日・ミャンマー投資協定(予備協議の開催)2012年2月 http://t.co/TVSr3qcZ 

外務省、玄葉外務大臣のミャンマー訪問(結果概要)2011年12月 http://t.co/sJusVazk 貧困撲滅,地域格差是正に資する保健,環境,防災(堤防の復旧)分野,農業分野について議論。玄葉大臣は,工業化について,市場経済体制の構築を支援する旨

「大メコン経済圏(GMS)南部経済回廊の現状 バンコク〜シアヌークビル〜プノンペン〜ホーチミンへ至る1,150Km〜」カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムのメコン川流域ではGMS(Greater Mekong Subregion)http://t.co/qwNwzbX

外務省、ミャンマー経済改革支援プログラム(東京ワークショップの開催)2011年11月 http://t.co/fhlItjjB ミャンマーの若手行政官等約30名を日本に招聘。JICAを実施機関として開催。経済・金融、貿易・投資・中小企業振興及び農業・農村開発等の知見を深める

外務省、ミャンマーとの経済協力に関する政策協議の開催(結果)2011年11月 http://t.co/PTo3P5e8 我が国の対ミャンマー経済協力方針の下で実施可能な案件の形成等を含め,同国の持続的な経済発展を視野に入れた援助政策について幅広い議論

日・ミャンマー外相会談。2011年10月。「4項目の施策」のフォローアップ。/妖交流,経済協力,7从僉きな顕集鯲。人的交流については,引き続き閣僚レベルを招聘。国民民主連盟(NLD)関係者も。経済協力については,市場経済体制の構築を支援し「人材開発センター(日本センター)」

外務省、日・ミャンマー外相会談及びワーキング・ディナー(概要)2011年10月。我が国は地政学的に重要な位置にあるミャンマーとの関係を重視。民主主義的な価値観を地域の一員であるミャンマーとも共有したい。スー・チー女史との直接対話等を評価 http://t.co/NBbFUTFR

2010年11月、メコン地域における官民協力・連携促進フォーラム、第9回日本側作業グループ会合が外務省で開催。メコン地域諸国(カンボジア,ラオス,ミャンマー,ベトナム,タイ)におけるインフラ案件等について。 http://bit.ly/ajfHhZ

外務省、メコン地域における官民協力・連携促進フォーラム、第9回日本側作業グループ会合が外務省で開催。2010年11月。メコン地域諸国(カンボジア,ラオス,ミャンマー,ベトナム,タイ)におけるインフラ案件等について。 http://bit.ly/ajfHhZ


・・・

ODA、円借款再開


日本のODAの歴史は、1)1954年、ビルマ(ミャンマー)等の東南アジア諸国へ戦後賠償として無償資金援助。2)1962年OECF(海外経済協力基金)が設立され有償資金援助(円借款)が拡大。タイドのため日本企業が海外進出。3)1980年代以降、有償はアンタイド化。無償はまだタイド。

ミャンマーへのODA。資金協力は1954 年の「日本・ビルマ平和条約及び賠償・経済協力協定」に始まり、経済協力としての資金協力は、有償資金協力は1968 年より、無償資金協力は1975 年より。ただし、ミャンマーには延滞債務があるため、1987 年以降有償資金協力の新規供与は無い

ミャンマーへのODA。2009 年度。〔欺資金協力。WHOが定める結核蔓延国に指定されており対策が急務。「結核対策薬品機材整備計画」により成人用抗結核薬1 年分を供与。技術協力「農業普及人材育成計画プロジェクト」、「主要感染症対策プロジェクト」、麻薬対策、などの人材育成を実施

外務省、ミャンマー連邦共和国に対する無償資金協力2件に関する交換公文署名式(「中央乾燥地村落給水計画」及び「人材育成奨学計画」)2011年9月。6億2,900万円、2億6,000万円。3月に民政移管され、スー・チー女史が解放されたため支援 http://t.co/yHH45Kt1

玄葉光一郎外相は2011年10月、ミャンマーのワナ・マウン・ルウィン外相と東京都内で会談。二国間会談を目的とした首脳や外相の公式訪問は1995年以来16年ぶり。玄葉は会談で一部を除き中断していた政府の途上国援助(ODA)の再開を表明。「民主化と国民和解に向けた具体的前進を評価」。

玄葉光一郎外相は2011年10月、ミャンマーのワナマウンルウィン外相と会談。政治囚釈放など民主化に向けたミャンマーの取り組みを評価。民主化弾圧への制裁措置として中断していた水力発電所の補修や人材センター建設への政府開発援助(ODA)を再開するため、調査団を出す意向を伝えた。

ミャンマーへの日本の政府開発援助(ODA)の再開。2011年10月。2003年の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーの拘束で中断していたバルーチャン第2水力発電所の補修計画や、2007年の反政府デモ弾圧で中断した人材育成開発センターの建設の再開を表明。2011年度中に現地調査

日本の対ミャンマーODA再開へ向けた両国の事務レベルによる政策協議、2011年11月、ミャンマーの首都ネピドー。バルーチャン水力発電所の補修や、人材開発センターの創設などがODA対象案件として話し合われる見通し。日本はスーチーが拘束された2003年以降、人道支援を除くODAを凍結

野田佳彦首相は2012年4月下旬にミャンマーのテインセイン大統領を日本に招いて会談。ミャンマー政府が進める民主化と国づくりを支援するため、凍結していた円借款を再開。大統領は4月21日に東京で開かれる「日メコン首脳会議」に出席。日本政府は経済支援を強め、日系企業の進出などを後押し


・・・

EUが経済制裁を解除


欧州連合(EU)は2012年1月の外相理事会で、ミャンマーへの経済制裁の一部を緩和することで合意。政治犯の釈放や少数民族との対話など、民主化へ向けた改革が進んでいることを歓迎。まず、テインセイン大統領のほか、2人の副大統領、閣僚らに対するEUへの渡航禁止措置を解除する方針。


・・・

人件費が安い、人口が多いので将来、巨大な市場に


「ミャンマーの働く人のお給料は中国と比べてもずっと安いから、日本企業が世界へ輸出する家電や自動車などをつくる工場もできるかもしれないわ。それに、ミャンマーは人口が6千万人を超えているから、経済が成長すれば、消費が増えるミャンマーの人たち向けのビジネスも広がる可能性があるわ」 日経

チャイナ・プラスワン。労働者の賃金からみても中国から移動する時期か。月額賃金は、北京で380ドル、上海で300ドル、大連で220ドル。ASEANでは、ジャカルタ(インドネシア)150ドル、ハノイ(ベトナム)100ドル、プノペン(カンボジア)60ドル、ヤンゴン(ミャンマー)20ドル


・・・

企業が進出するには、インフラが未整備


各国の電化率に関係するenergy development index。低い順、1)コンゴ民主共和国、2)モザンビーク、3)エチオピア、4)ミャンマー、5)タンザニア、6)ケニア、7)トーゴ、8)エリトリア、9)ザンビア、10)カンボジア http://t.co/yQHmco4


・・・

各企業


味の素は、ミャンマーで、うま味調味料「味の素」について輸入販売の前提となる同国食品医薬品局の認可を取得したと発表。2012年2月、今後、同国での事業再開に向け、販売体制などについて検討。同社は1996年にミャンマー味の素を設立したが、規制を受けて2000年に休眠会社となっていた

軍事政権から民政移管し経済成長が期待されるミャンマーに「みずほフィナンシャルグループ」が進出を決めるなど、大手銀行の間ではこれまで営業拠点がなかったアジアの国々に進出する動き。2011年12月。人件費が上昇している中国に代わる新たな生産拠点としてミャンマーに日本企業の関心がある為


・・・

ミャンマーが、企業誘致策


ミャンマーの外貨誘致策。2012年2月。テイン・セイン大統領が民主化と同時に経済改革。外国投資法を改正。免税措置など国外からの投資優遇。石油・ガス・レアアースなど資源・エネルギー分野を中心に投資を促す。経済特区を整備し、製造業や情報技術(IT)関連企業の呼び込み。証券取引所も整備

ミャンマーのテイン・セイン大統領は「北朝鮮から核兵器を調達していない。根拠のない言い掛かりだ」として北朝鮮との核協力疑惑を否定。2012年1月末。米国は制裁解除の条件として北朝鮮との軍事協力を中止するよう求めている。大統領は経済面でも改革を進め、近くミャンマーに証券取引所を設置


・・・

ジャトロファ


実践環境研究所は2011年5月にミャンマーと共同で非食用植物のジャトロファの種からバイオディーゼル燃料(BDF)を抽出する事業へ。ミャンマー国内に抽出装置を設置。抽出したBDFはミャンマー政府が利用し抽出後に出る炭化した種を日本で活用。生産能力が毎時150KLの装置を無償で提供。

「ジャトロファ(ナンヨウアブラギリ)、資源植物のツイート 20111207まで 2077字」 http://t.co/lYRXikPv 山本敏晴のブログより


・・・

フェアトレード


カレンシルバー。タイやミャンマーなどの国境付近に住む民族、カレン族が作る銀細工のアクセサリーのこと。日本ではフェアトレード品として、あるいは通常の商品としても販売されている アジア雑貨 http://t.co/M1LTXbPa Ag47 http://t.co/633Uqr5w 

タイに住むカレン族。カレン族はタイ北西部とミャンマー東部にまたがって暮らす山地民族。伝統的に、未婚女性は白のワンピースの衣装を着て、結婚すると赤のツーピースになる。日本人がイメージするのは、首に輪をつけ、シルバーアクセサリーを身に着けるものだが、居住地域によって異なる。


・・・

アートセラピー


アートセラピーで国際協力。「地球市民ACTかながわTPAK」は、フェアトレードとの融合。タイ・ミャンマーの女性や子どもにアートセラピーとして携帯ストラップ、ブレスレットを作成させ、日本で売る。綺麗なビーズを数珠つなぎにしてゆくと心が和む。 http://bit.ly/cNdblj

「地球市民ACTかながわ/TPAK」とは、神奈川県のNPO法人。1991年にタイにある2千人の孤児院を訪れた3人が、国際協力の必要性を知り、帰国して設立。以後タイ、ミャンマー、インドの山岳少数民族や農村部の貧しい子ども達の、栄養と就学支援 http://www.tpak.org/


・・・

アグロフォレストリー


アグロフォレストリーが初めて政策的に行われた『タウンヤ・システム』は1806年ミャンマーで開発。チークが育つまでの間、林床にマメ類やトウモロコシなど一年生の農作物を間植。チークが育つまでの除草の手間を農業によって省き、かつ農作物の収入を得ながら、最終的には樹木伐採による利益を得る


・・・

ユニクロのリサイクル


ユニクロの全商品リサイクル活動。2006年から着なくなった服を持ってきてもらえれば店頭で回収。90%はリユースでUNHCR等を通し難民キャンプ等へ(アフガン46万点、ネパール42万点、グルジア28万点、ミャンマー20万点、タイ20万点など)。10%はリサイクルで発電や化学繊維に。


・・・

麻薬


『黄金の三角地帯』。ミャンマー、ラオスとの国境に近いタイのチェンセン。かつて世界的なケシ産地だった時の呼称。1970年代から代替作物への転換を勧めた。ところが今度は、ミャンマーから「ヤーバー」と呼ばれる錠剤タイプの覚醒剤が流入。ミャンマーの反政府組織が資金調達のため麻薬生産を拡大

国連薬物犯罪事務所(UNODC)は2011年版世界薬物報告。ヘロインやアヘンの原料となるケシの主要栽培国であるミャンマーで10年のケシの作付面積が(過去15年間で最も減少した06年比で)77%増加。世界最大の栽培地であるアフガニスタンでは(近年で最大だった07年に比べ)36%減少


・・・

中国型新植民地主義


中国型新植民地主義とは2000年に北京で開催された第1回中国アフリカ協力フォーラムの前後から、欧米と異なり(アフリカ政府の)民主改革への条件は付けないまま支援をすることにより、アフリカから石油・レアメタル等の資源を独占的に獲得する外交手法。幹線道路などの巨大インフラ建設も独占した

「民主化運動を武力で抑えたミャンマーのことを批判して、アメリカや日本など多くの国が貿易を制限したり、援助を少なくしたりしていたのよ。一方で、中国などの一部の国とだけつき合うようになり、世界の中で孤立していったわ。」 日経、子ども向け

ミャンマーの首都ネピドーで2011年12月、メコン川流域6カ国による第4回大メコン圏(GMS)首脳会議が開かれ、域内の成長促進と貧困削減を目指す2012年からの10カ年計画に合意。同国のほか、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム各国首脳と中国の戴秉国国務委員(副首相級)らが出席。


・・・

お絵描きイベント


お絵描きイベント「ミャンマー編」を公開。軍事政権として恐れられ、欧米からの経済制裁にもあってきたため、東南アジアで最も開発が遅れている国。ところが、ここ最近の急速な民主化と、豊富な天然資源の存在で、世界が注目。この国の「大切なもの」は何? http://t.co/JzOE3jPi


・・・

その他


森林面積の減少面積(FAO、 2000〜2005年、万ha/年)、1)ブラジル310、2)インドネシア187、3)スーダン59、4)ミャンマー47、5)ザンビア45、6)タンザニア41、7)ナイジェリア41、8)コンゴ民主共和国32、9)ジンバブエ31、10)ベネズエラ29